FC2ブログ

人が大切にしているものを侮辱する芸術なんて必要ありません。

skujynhe.jpg
我が国の国家元首である天皇陛下を侮辱する作品を並べて芸術と言って税金からお金を渡した愛知県知事
それに対して国民の怒りが爆発し、この展示会は中止となりました。
人が大切にしているものを侮辱しているものを芸術と呼ぶ手法、このような人は国民から嫌われるって事が判っていませんね。
判らないからそのような事が出来るってことも言えると思いますが、そんな人間にはなりたくありませんね。

さて、そのような人間達と一緒にされたくありません。
日本国史学会はアイチトリカエナハーレを糾弾しています。
あいちトリエンナーレは「国民の心情傷付けた」 日本国史学会が声明
 昭和天皇の肖像を燃やすような作品などが展示され物議を醸した芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の実行委員会が、未払いとなっている芸術祭の負担金の一部を名古屋市に支払うよう求めて提訴した問題で、日本国史学会(代表理事・田中英道東北大名誉教授)は9日、提訴を取り下げるよう求める声明を発表した。理由として、実行委の請求に法的根拠がないことや、問題のある展示に公金を支出することの不当性を挙げている。
 声明では、実行委が展示内容について名古屋市長に知らせなかったことを「名古屋市民の信頼を裏切る背信性の高いもの」と主張。負担金の交付を取り消す条件に該当しており、実行委の請求を「法的根拠は認められない」としている。
 声明は、芸術祭の出品作についても問題視。昭和天皇の肖像を焼いたような動画を「多数の国民の心情を傷付ける表現が意図的に用いられており、こうした表現を公金支出によって奨励した実行委の行為は、これにより心情を傷付けられた多数の国民に対する責任をも免れない」と指摘。公金の支出は「正当化されない」とした。
 昨年8月から10月まで行われた芸術祭では、企画展「表現の不自由展・その後」に昭和天皇の肖像を焼いて灰を足で踏みにじるような動画のほか、元慰安婦を象徴する「平和の少女像」などが出品された。抗議が殺到し企画展は開幕3日で中止となる騒動が起きた。
 名古屋市の河村たかし市長は展示内容を問題視し、芸術祭の負担金1億7102万4000円のうち3380万2000円の支出を留保した。これに対し、愛知県の大村秀章知事が会長を務める芸術祭の実行委は5月、支払いを求めて名古屋地裁に提訴していた。


芸術だからと言って何やっても良いと言う訳ではありません。
国民からいただいた税金を使うだけの意味が問われています。

愛知県知事への糾弾も行われております。
高須院長が“あいちトリエンナーレ”問題で大村知事を糾弾「税金のばらまき許せん!」
 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(75)が17日、ツイッターを更新。大村秀章愛知県知事(60)と河村たかし名古屋市長(71)が対立する“あいちトリエンナーレ”問題で、大村知事を徹底糾弾した。
 高須院長は「『騙された!』河村市長の叫び。トリエンナーレ詐欺。反日プロパガンダの展示会に、ばらまき交付金、名古屋市二億、愛知県六億 これは我々の血税だよ! 汗水たらして働いて納めた税金を気前よくばらまく大村愛知県知事。僕は許せん」と、大村知事の責任を追及した。
 愛知県の高額納税者である自身は以前、脱税で起訴され、20億円もの追徴課税を支払った過去がある。身に覚えがないと最高裁まで争ったが、結局は有罪が確定した。この苦い経験から税金については、人一倍厳しい目を持っている。
 この問題は、昨年開催された国内最大規模の現代芸術の祭典「あいちトリエンナーレ」(3年に1回開催)の展示内容を巡って勃発した。
 津田大介氏が芸術監督を務めた同イベントの一企画「表現の不自由展・その後」で、慰安婦像の設置、昭和天皇の写真を燃やして足で踏みつける映像、特攻隊員らを「まぬけな日本人」と称する展示などが行われ、抗議が殺到。脅迫状も届き、一時的に中止に追い込まれた。
 会長代行を務めた河村市長は「当初は違うものが申請書に出ていた。だから隠していたということ。公共事業で税金、補助金が使われている。こんなに政治的に偏ったものにお金を払えない。反日テロのようなものと皆さん言われる」と訴え、負担金の未払い分3300万円を「断固として払わない」と突っぱねたため、県と市の争いの舞台は法廷へと移っている。
 高須院長は考えを共にする河村市長の言葉に心を打たれ、今月初めから私財を投じて大村県知事の解職を求めるリコール運動を開始。作家の百田尚樹氏、政治評論家の竹田恒泰氏、ジャーナリストの有本香氏、武田邦彦中部大特任教授ら“応援団”も加わり、“大村包囲網”を敷いている。
 県は同イベントの名称変更を検討しているが、高須院長はこれに対しても「名前変えて逃げ切るつもりか」と怒りをあらわにしている。

テロリストに税金を投入するっていうのが意味が分かりません。
反日=テロリストでいいと思います。反社会的組織に資金援助を行っている疑いがあるって事です。
日本人を貶めるなら日本政府からの支援を受けないで頂きましょう。
許せないというのが普通です。

そして逃げようとする愛知県の反社組織達がいます。
「あいちトリエンナーレ」名称変更検討 新名称は公募の方向 愛知県
 再来年開催予定の「あいちトリエンナーレ」について、愛知県が名称を変更する検討を始めたことがわかりました。
 関係者によりますと、愛知県は「あいちトリエンナーレ」の名称変更の検討をはじめ、新たな名称は公募などで決める方向で調整を進めるということです。
 また6月の補正予算案に、トリエンナーレの組織委員会の立ち上げや芸術監督の選任などの準備費用として、3800万円あまりを計上する予定でしたが、これを半額程度に減額し、芸術監督の選考スケジュールを延期することも検討する考えです。
 去年開催された「あいちトリエンナーレ」をめぐっては、慰安婦を象徴する少女像などを展示した企画展が一時中止になるなど混乱し、負担金をめぐって、実行委員会が名古屋市に対して未払い分の支払いを求めて提訴しています。

天皇陛下の御真影を燃やして踏みにじることが芸術なんて胸張って言えるのでしょうか?
人を侮辱するのもいい加減にしてもらいたいものですね。
そんなことやっているから支持されないのですよ。

芸術するのを辞めろとは言いません。しかし人様のお金でその人が大切なものを侮辱するようなものが許されるって思う方がおかしいです。
もっと考えてもらいましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| コメント:(0) | 2020/06/21 06:00
コメント:

管理者のみに表示