FC2ブログ

自分の管理が出来ていない人々

93060855_680585482773836_3199205934882619392_n.jpg
中共が隠蔽しようとして失敗した武漢ウイルス
その対応に世界中が困っております。
しかしながら日本は重傷者、死者共に非常に少なくなっており、最近では一日当たりの死者は一桁後半まで落ち込んでいます。
これも日本の高度な医療体制、国民一人一人の意識によるものなのでしょう。
ヨーロッパやアメリカ、アフリカなどではまだまだ終息していない武漢ウイルス、もう少しで乗り越えられそうですね。

そんな中、荒稼ぎしているはずのホストクラブがつぶれて犯罪に走る人間がいるそうです。
コロナでホストクラブ潰れ、窃盗で逮捕
 高齢女性からキャッシュカードを盗んだとして、自称・元ホストが警視庁に逮捕されました。「コロナでホストクラブが潰れ、やってしまった」と供述しています。
 逮捕されたのは、住所・職業不詳の自称・元ホスト、竹本勉容疑者(25)で、先月8日、東京・文京区の80代の女性の家に「保証協会の関係者」と名乗って訪れ、キャッシュカードを盗んだ疑いがもたれています。
 警視庁によりますと、竹本容疑者は口座から200万円を下ろしていましたが、女性が「保証協会にしては髪型がおかしい」と考え通報し、事件が発覚しました。
 取り調べに対し、「勤めていた歌舞伎町のホストクラブがコロナで潰れ、収入がなくなり、やってしまった」と容疑を認めているということです。(08日22:14)

ホストクラブって粗稼ぎしているイメージがあるんですけど収入がなくなってこんなに早く金がなくなるものなのでしょうか?
そもそもホストクラブに行っている間に貯金を作らないのでしょうか?社会人としておかしな人ですね。

ホストではないですけど、こんな犯罪も横行しているようです。
グループでホテルへ→因縁つけカネ要求 出会い系飲食店で相手物色? 被害相次ぐ、都内の女ら関与か
 インターネットの出会い系サイトや飲食店で知り合った女らとホテルに入った男性が「警察に通報する」と脅され、現金を脅し取られるなどする被害が東京都内の繁華街で相次いでいることが8日、捜査関係者らへの取材で分かった。警視庁は、似た手口の恐喝未遂容疑で逮捕した女2人が、一部に関与した可能性があるとみて裏付けを進める。
 捜査関係者らによると、恐喝未遂の疑いで逮捕されたのは、都内に住む20代の女2人。6月ごろ、ネット上で知り合った男性らと新宿区のホテルへ同行した際に男性らに「現金を出せ。警察を呼ぶ」などと因縁をつけ、示談金名目で数十万円を脅し取ろうとした疑いが持たれている。
 関係者によると、女らは出会い系サイトなどでグループによる交際相手を募集する一方、「相席」の形で出会いの場を提供する飲食店などでも相手を探していたという。金銭を受け取り男性らとわいせつな行為をし、無断で撮影されるなどした場合に因縁をつけ、示談金の名目で金品を脅し取ろうとしたとみられる。
 捜査関係者によると、都内の繁華街では、同様の手口で男性に因縁をつけ、現金を脅し取るなどする事件が発生。被害者が、警察の捜査で経緯を詳細に聞かれることを恐れ、届け出ていない可能性があり、潜在的被害が広がっている恐れもある。

美人局って事でしょうね。いつの時代も同じことが行われているって事ですよね。
歌舞伎町は犯罪のるつぼとか言われているそうですけど、怖いところですね、欲望が渦巻く街って事でしょう。

その歌舞伎町を管轄する新宿区では武漢ウイルスではなく、普通の風邪に掛かってもお金もらえるって事で多くの無症状の人が検査を受けに行くようになっているそうです。
コロナ感染なら「見舞金」10万円…新宿区、在住者対象
 東京都新宿区は、区内在住の新型コロナウイルス感染者を対象に、1人当たり10万円の見舞金を支給する方針を固めた。感染すれば本人だけでなく家族も就労などが制限されるため、生活を支援したい考えだ。
 区内の感染者は10日時点の累計で463人に上り、世田谷区の491人に次いで都内で2番目に多い。新宿区によると、区内では3月下旬から繁華街の飲食店などで感染が拡大。その後、いったん減少に転じたが、現在は再び繁華街で若年層の感染が増加している。
 区は保健所の調査で、感染者本人と濃厚接触者の家族が、仕事を休まざるを得なくなって生活が困窮している状況を把握。収入が減って苦しくなった家計を助けることにした。
 区の担当者は「消毒液やマスクの購入に充てるなど、少しでも生活費の足しにしてほしい。なるべく早く手元に届けたい」と話している。区は、関連経費を盛り込んだ今年度一般会計補正予算案を開会中の区議会定例会に近く提出する。

そもそもこのお金、本当に新宿区の国民に渡されているのでしょうか?
そもそも武漢ウイルスであるか否か判っていないのに無作為に検査して何の意味があるのでしょうか?
感染している人の8割が20代、30代ですよね、果たしてこのような給付金を渡す必要があるのでしょうか?
飲食業は厳しいと言われていますが、入っている店は入っていましたし、閑古鳥が鳴いている店は泣いていました。
店のあり方のような気がします。

病院などは名前が公表されているのにホストクラブは公表されないのもおかしな話です。
知事は10万円もらえるからコロナに掛かるというのを否定していますが、全く信用なりませんね。
東京・歌舞伎町ホスト感染「共同生活が原因」「10万円目当て」を否定
 東京都新宿区歌舞伎町のホストクラブなどを中心に新型コロナウイルスの感染が広がっていることについて、新宿区の吉住健一区長が8日、TBS系「ひるおび!」にリモート出演し、「(感染が広がったのは)ホストが共同生活をしていることが大きい」との見方を示した。店を訪れた客に広がるよりも、ホストの間で感染が広がっている例が多いという。
 吉住区長は、感染したホストたちの多くは、勤務後も一緒に飲食し、共同で暮らしていると紹介。「店が終わった後にご飯を食べたり飲みに行ったりしてマスクを外したり、騒いだりして飛沫(ひまつ)感染している恐れがあるのではないか」と話した。
 また、番組出演者の八代英輝弁護士が「ホストがPCR検査を受けて陽性になると協力金10万円をもらえる、お互い移しあって10万円もらった方がいいんじゃないかみたいな話が蔓延(まんえん)していると聞いたことがある」と述べ、「見舞金目当てにホストが集団検査に協力している」とするネット上の噂の真偽を直撃。
 吉住区長は、区が出している「生活見舞金」の対象は「緊急事態宣言が出された4月7日以前に新宿区に住民票がある人」であり、「これまで支給が決まった二百数十人の多くは医療従事者や公務員である」と噂を否定した。
 番組では、区が歌舞伎町の元ナンバーワンホストで現在はホストクラブを経営する手塚マキさんに協力を求め、検査への協力態勢を築いたことなども紹介された。

どうもこれからの話と今までの話を混在させているように思いますね。
今までは医療関係者が多かったですけど、経済を回すようになってホストクラブで集団感染している事が批判されているのです。
そして休業要請に従わなかった店に対して営業禁止を通達すればいい話なだけなのになんでその話が出てこないのでしょうか?
身勝手な人たちによって広がるウイスる、それが武漢ウイルスではなくても不安になる人は多いです。

区が強硬策に出るようですね。発生したホストクラブに50万渡して渡したんだから休業しろと要請できるようにするようです。
東京都、ホストクラブなどに休業協力金50万円支給へ
 新型コロナウイルスの感染が拡大しているいわゆる「夜の街」に関連する店に対し、区などが個別に休業要請を行ったうえで東京都が、50万円の協力金を支給する方針を固めたことが分かりました。
 東京では連日、ホストクラブやキャバクラなど、接待を伴う飲食店に関連する人の感染が相次ぎ、確認された感染者の中では、4割ほどに上っています。
 こうした事態を受け、区などが感染者が出た店に対して個別に休業要請を行い、協力金を支給する場合、都が、区などに50万円を補助する方針を固めたことが関係者への取材で分かりました。以前のような幅広い休業要請は避け、業態や店舗を絞ることで経済への影響を抑えたい考えです。
 都は、この他、中小企業向けの家賃支援なども盛り込んだ3000億円規模の補正予算案を9日夕方発表する方針です。(09日11:20)
これで申請しに来ない倶楽部は闇営業をしていると言う事に繋がりますし、脱税なども監視できますね。
このような闇家業は支那や朝鮮の資金にもなりますので潰した方が良いと思います。
潰せるんだったら50万は安いと思います。昔行われた歌舞伎町の一層清掃と同じことです。

一人一人の行動がウイルスの拡大を防いでいます。
しっかりと行動に責任を持っていきましょう。
(ぶらっきー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/07/15 06:00
コメント:

管理者のみに表示