fc2ブログ

離れていく国

117834352_931107280703336_7072144407609811949_n.jpg
今年の夏も暑いですね。
様々な事が発生しています。東京ではこの猛暑であるにもかかわらず居酒屋などが22時で閉店させられており、消費活動が低迷しています。意味のない規制を行い、騒ぐだけ騒いで自分の責任ではありませんという知事達がおりますが、このような無責任な知事を選んでしまった国民の責任は大きいと言わざるえませんね。
はてさてどうなることやら

さて、夏と言えば斜め上の国が日本にかまってほしそうにする時期ですね。
間違った歴史認識、事実よりも自分の信じたい歴史を正史とする国、物語と歴史を勘違いしている国でもあります。
韓国与党 安倍政権に慰安婦・強制動員被害者への謝罪求める
【ソウル聯合ニュース】韓国の与党「共に民主党」は「光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)」を翌日に控えた14日、安倍晋三政権に旧日本軍の慰安婦被害者と強制動員被害者に謝罪するよう求めた。
国会で開かれた共に民主党の最高委員会議で発言する金太年院内代表=14日、ソウル(聯合ニュース)
 同党の金太年(キム・テニョン)院内代表は党最高委員会議で、「日本政府は慰安婦被害者に対する責任と強制動員被害者に対する個人請求権を一日も早く認めるべきだ」として、「歴史を否定し続け、責任を回避すれば、韓日関係は未来に進めない」と指摘した。また、「過去の歴史を口実にした経済報復は自由公正貿易に正面から反する悪い行為」とし、「未来志向の韓日関係の修復のため、韓国に対する輸出規制措置も直ちに中止するよう強く求める」と述べた。
 朴洸オン(パク・グァンオン)最高委員は「東京新聞が『足を踏んだ人は踏まれた人の痛みが分からない』として日本社会に警鐘を鳴らしたが、安倍政権は75年が過ぎた今もその痛みを認識していない姿を見せる」と批判。「安倍政権は三菱(重工業)が大法院(最高裁)の判決を受け入れ、被害者に心から謝罪して賠償するよう、自ら乗り出すことを促したい」と述べた。

出稼ぎ労働者と売春婦へ何を謝罪するのでしょうか?いい加減に出来ませんか?
両方とも日韓合意や日韓基本条約で終わった話であり、韓国国内の内政問題です。
日本が口をだしていくわけには行きませんし、国際条約を守らない国ともなれば介入せざるえません。
韓国としては日本と断交を決断する為にやるか、それともやらないかしか選択肢がないのです。
ボールは韓国が持っている事をお忘れなく

文大統領になって反日が暴走しているように思えますね。何がしたいのでしょうか?
“反日暴走”韓国・文政権が仕掛ける「対日世論工作」予算3倍増の異常! ウソとデマだらけ…室谷克実氏が新著で対処法指南
韓国事情に精通し、夕刊フジで「新悪韓論」を連載するジャーナリスト、室谷克実氏の新著『韓国のデマ戦法』(産経新聞出版)が31日発売された。「反日」で暴走する文在寅(ムン・ジェイン)大統領率いる韓国が仕掛ける「対日情報心理戦」の実態をあらわにし、日本や日本人がどう対処すべきかを指南している。

韓国 慰安婦問題 文在寅大統領
 「日本のマスコミは、文大統領が共産主義者であることを伝えない」「レッド・コリアの出現は間近だ」
 室谷氏は、こう警鐘を鳴らしている。
 注目の新著は、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射事件や、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)廃棄決定の舞台裏を解説しながら、同国であふれる「ウソ」や「デマ」に迫る。
 韓国人の思考方式も紹介しているが、日本人には理解困難だ。
 例えば、「『泥棒』と言われたら『お前こそ泥棒だ』と言い返せ」という処世訓がある。自分に非があっても謝らず、相手の度肝を抜いて、うやむやに終わらせる。何かあれば相手に謝罪を強要し、謝罪があると自分は「被害者」ヅラして、相手を徹底的に責め立てるという。
 室谷氏はこの典型が「慰安婦問題」だという。朝日新聞が「大誤報」を認めて、2015年の日韓合意で「最終的かつ不可逆的に解決」しているが、文政権はいまだに日本側に謝罪を求め続けている。
 韓国・平昌(ピョンチャン)の植物園に最近、慰安婦像に土下座する安倍晋三首相を模した「永遠の贖罪(しょくざい)」という像が設置された。日本側は猛烈に批判しているが、文政権は放置している。
 室谷氏は「像の題名に、韓国人の精神文化が表れている。韓国とは割り切って付き合うべきだ。隣国の左翼指導者は、日本人には思い付かない発想をする。彼らのデマやウソを突っぱね、どう対処すべきか学ぶためにも、本を手に取ってほしい」と語っている。
 同著の帯には「韓国の対日世論工作予算、前年比3・3倍」と記されていた。日本の一部メディアや識者が、韓国に大甘な理由が分かった。

韓国人の精神性は理解できませんね。
自分と言うものが他人との比較でしか見れないと言う事なのでしょうか?
相手と手を取り合うのではなく張り合っていくことを是とする国民性と言えばいいのでしょうね。

しかし、韓国は日本を気にし過ぎではないでしょうか?
韓国でも朝鮮戦争で戦った英霊に対して感謝の念を持ちますよね。それと同じことをやっているだけなのになぜかニュースにしてしまっています。
新型コロナ流行でも集まる…靖国神社200メートルの列、軍服着て「天皇陛下万歳」
太平洋戦争敗戦記念日(日本では終戦記念日)の15日、新型コロナウイルスの流行にもかかわらず、靖国神社には一般参拝客が集まった。
記者が神社を訪れた午後2時ごろには炎天下で参拝を待つ一般客の行列が長く伸びていた。神社の拝殿から正門前の鳥居までざっと見積もって200メートルを超え列だった。

◇マスクして汗流しながら…「新型コロナウイルスで帰省断念」
この日東京だけで385人の新型コロナウイルス感染者が出るなど大規模感染が広がっており、閑散としているだろうという予想は完全にはずれた。
神社側では新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として参拝客の間隔を維持するようにした。この日東京の昼の最高気温は36度で、市民はマスクを使ったまま炎天下で汗を流しながら参拝の順番を待った。
50代とみられるある夫婦は、「毎年8月15日に来るがこれほど人が多いのは初めて。普通は30分ほど並んだが、今年は1時間40分も並んでようやく参拝した」と話した。
新型コロナウイルスの感染拡大で帰省をあきらめた代わりに神社を参拝に来た人もいた。ある50代の女性は「毎年家の行事のため来られなかったが今年は新型コロナウイルスで帰省できず靖国に来た」と話した。
3歳の息子を連れてきた30代の夫婦は「息子に先祖を大切にしなければならないという思いを伝えたくて来た。新型コロナウイルスが心配だったが来てみたかった」と話した。
神社側は正確な参拝客数を明らかにしていない。神社関係者はただ、「正確な参拝客数は翌日知ることができる。間隔を置いて立っており多く見えるのかもしれない」と話した。
バズフィードジャパンはこの日参拝客数が昨年の半分水準である2万4000人ほどだと伝えた。平日だった昨年8月15日には約4万9000人が靖国を訪れたが、今年は土曜日だったことに加え、「戦没者慰霊週間である8~16日の分散参拝を事前に呼び掛けたため」ため」(神社関係者)と分析した。

◇毎年現れる右翼会員「天皇陛下万歳」叫ぶ
旧日本軍の陸軍服と海軍服を着た右翼団体会員らも毎年神社に現れる。彼らは小銃と旭日旗などを持ち、「天皇陛下、万歳、万歳、万歳」と叫んだ。午前中には別の右翼団体会員30人ほどが日本の国歌である『君が代』を斉唱した後、明治天皇当時に皇国臣民を育てるために採択された教育勅語を暗唱した。
ある60代女性は「米中対立や中国の尖閣諸島(中国名・釣魚島)侵犯など、ユーチューブを通じて日本が危険な境遇に置かれていることをよくわかっている。今年は特に先祖に国をよろしくお願いすると祈るため参拝にきた」と話した。
この女性は「自衛隊が憲法に明記されておらず、尖閣諸島に中国漁船が侵犯しても領土を守ることができない」として改憲を主張することもした。

◇「神社参拝の周辺国の反発理解できない…先祖賛えるのがなぜ悪い」
自身の祖父が合祀されていると明らかにした30代の女性は、「戦争で死んだ先祖を賛えるのは良いことではないのか」と記者に問い直した。
この女性は「政治家の参拝は別の問題だが1人の国民として神社を参拝することに対し周辺国が反発するのは理解できない。韓国や中国などで批判が出ているのは互いに考える正しい歴史が異なるためだと思う」と話した。

◇閣僚4人参拝で「最多」…「女性版安倍」稲田元防衛相も
この日閣僚4人がそれぞれ靖国神社を参拝した。小泉純一郎元首相の息子の小泉進次郎環境相と萩生田光一文部科学相、衛藤晟一領土問題担当相、高市早苗総務相だ。
閣僚が参拝をしたのは4年ぶりで、4人も参拝したのは初めてだ。閣僚になる前にも靖国神社を参拝してきた小泉環境相は「不戦の誓いは一議員であろうと大臣であろうと変わらない」と話した。高市総務相は「国のために命をささげられた方をどのように慰霊をするかというのは、それぞれの国の国民が判断すること」と話した。
また「女性版安倍」と呼ばれる稲田朋美自民党幹事長代行(元防衛相)も靖国神社を参拝した。
安倍晋三首相は高鳥修一自民党総裁特別補佐官を通じ自民党総裁名義で私費から玉串料を奉納した。
「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」は新型コロナウイルス感染拡大を理由に集団参拝計画を中止した代わりに、会長である尾辻秀久元参議院副議長と事務局長である水落敏栄参議院議員が代表として参拝した。

東京都千代田区にある靖国神社は明治維新後に日本が起こした多くの戦争で死亡した246万6000人の英霊を祀る施設で、帝国主義侵略戦争の象徴と呼ばれる。特に太平洋戦争を導いて戦後の極東軍事裁判(東京裁判)で死刑宣告を受けた東條英機元首相と無期禁固刑を宣告され獄死した元朝鮮総督の小磯国昭元首相らA級戦犯14人が合祀されている。

そもそも東京にいて靖国神社に行かない国会議員がいる事の方が理解できません。
韓国はそもそも味方であり、共に戦った仲であるはずです。朝鮮戦争の際に活躍した人々も元日本軍であり、日本の士官学校や匪賊討伐で名を挙げた人も大勢います。
その事が判っていないのでしょうか?
そして共産党軍と日本軍は戦争というものすら起きていません。日本が戦ったのは国民党軍、即ち台湾です。

日本国民が国家議員を見て情けなくなる日でもある8月15日、保守系議員と言うのがこれほどまでに少ないのか!と思う日でもあります。
自民保守系グループが相次いで靖国参拝
 終戦の日の15日、自民党の保守系グループが相次いで東京・九段北の靖国神社を参拝した。
 自民党の稲田朋美幹事長代行は自身が会長を務める「伝統と創造の会」のメンバー11人とともに参拝した。稲田氏は記者団に「今年は参拝される方が少ないように見受けられたが、素晴らしい青空の下で静かに参拝することができて非常に感謝している」と語った。
 小泉進次郎環境相ら安倍晋三内閣の閣僚4人が参拝したことについては「非常に理解できる。こういった不透明な状況の中において、政治家としての役目を果たすという誓いのお気持ちがあったのではないか」と語った。
 これに先立ち、高鳥修一筆頭副幹事長が代表世話人の「保守団結の会」も17人が参拝した。高鳥氏は「祖国に尊い命をささげられたご英霊に対して心から敬意と感謝、そして哀悼の誠をささげるために参拝した」と語った。
 保守団結の会は、安倍首相に対し、靖国神社参拝を求めている。高鳥氏は「靖国参拝は8月15日だけではないので、春、秋の例大祭でも引き続き求めていきたい」と述べた。

600人いる国会議員の中でいくらコロナ禍があったとはいえ、この人数は寂しいものですね。
せめて半数は参拝してほしいところですが、お盆休みとあって地元に帰っている国会議員もいるようですね。
地元で護国神社に参拝している議員もおりますので一概には言えません。地方議員の会も参拝しているはずです。
ニュースになるようなことではないという人もおりますが、それはそれで悲しいことだと思います。

コロナ禍で忙しい大臣は翌日の16日に参拝されたそうです。
《独自》西村経済再生担当相が靖国参拝 16日に 「静かな環境で慰霊」
 西村康稔経済再生担当相が16日に東京・九段北の靖国神社を参拝したことが17日、分かった。私費で玉串料を奉納した。関係者が明らかにした。
 現職閣僚では、小泉進次郎環境相、萩生田光一文部科学相、衛藤晟一領土問題担当相、高市早苗総務相の4人が15日に靖国神社を参拝し、4年ぶりに終戦の日の閣僚参拝となった。
 関係者によると西村氏は静かな環境で慰霊したいとの意向を持っており、16日に参拝したという。
 安倍晋三首相は第2次内閣発足から1年となる平成25年12月26日に靖国神社を参拝したが、それ以降は参拝を見送っている。

静かな中で参拝したいというのはよくわかる理由ですね。
でも今年は比較的静かに参拝で来たような気がします。
分散で参拝と言うのも良い事ですね。

靖国神社参拝で一喜一憂する韓国、それを記事にするマスゴミ
粛々と参拝する日本国民、騒ぐ反天連などの反社会勢力たち
静かに参拝したいものです。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/08/23 06:00
コメント:

管理者のみに表示