fc2ブログ

なかなか暑い夏になりました。

safe_image.png
安倍総理が辞任を発表して様々な動きが出てきましたね。
民主党はまた合流するようですし、共産党は相変わらず志位の独裁が続いています。
社会党は党として認められる5人を下回ると言われており、自民党は総裁選で様々な動きが出てきています。
台風が来ており、様々な対策も行われており、なかなか忙しい夏になりましたね。

そんな夏ですが武漢ウイルスの影響が出ており、景気が悪いという結果になっています。
猛暑とコロナ、ダブルパンチの夏
 記録的猛暑に新型コロナウイルス感染拡大とダブルパンチに見舞われた今夏。天候不順で野菜の価格が高騰して暮らしが圧迫される一方で、長引く自粛ムードの中でレジャーは縮小傾向になった。異例ずくめの夏は、どんな爪痕を残したのか。

野菜は高騰、氷は売れず
 キャベツ2分の1個198円-。大阪市内のスーパーに並ぶ高値の野菜を前に、主婦(37)がため息をついた。「高くて買うのをためらいます」
 近畿農政局によると、29日時点の大阪市中央卸売市場の野菜の価格は、キャベツ平年比165%▽ハクサイ同158%▽ダイコン同123%など、葉物野菜を中心に高騰。7月の長雨で日照不足となる一方、8月は猛暑となり生産量が減ったためだ。同局の担当者は「今後も平年より高い価格が続くだろう」と話す。
 気象庁によると、8月の平均気温が東日本で平年より2・1度、西日本で1・7度高くなった。昭和21年の統計開始以来、東日本は最も高く、西日本はこれまで最高だった平成22年と並んだ。さらに、観測史上初めて8月は全ての日で、全国のいずれかの地点で猛暑日に当たる35度以上となった。

 酷暑でも夏の風物詩である氷は需要が伸び悩んだ。
 「売り上げは半減した」。老舗氷販売店「日本氷業」(大阪府吹田市)の担当者は話す。新型コロナの影響で、取引先の飲食店やバーが営業自粛や時短営業に追い込まれた。さらに、夏祭りといった屋外イベントも軒並み中止に。「いくら暑くても、業界はどこも厳しい」とこぼす。

観光需要は落ち込み
 例年は多くの人が繰り出す夏休み中のレジャーも様変わりした。
 第5管区海上保安本部によると、新型コロナ感染拡大防止のため、管内70カ所の公設海水浴場のうち、約6割が開設をとりやめたが、白(しら)良(ら)浜(はま)(和歌山県白浜町)など開設に踏み切ったところでは一部で密集・密接に近い様子もみられた。
 ただ、外出自粛ムードによって、観光需要全体は落ち込んだ。近畿日本ツーリストによると、7~9月の旅行商品の予約状況は例年夏に人気の沖縄、北海道が前年同期比2割程度。担当者は「マイカーで行ける近場での旅行を選ぶ方が多かった」と振り返る。
 この夏を、どのように過ごす人が多かったのか。
 ディスカウントストア「ドン・キホーテ」などを展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスによると、緊急事態宣言全面解除後の6月は「巣ごもり消費」が縮小する一方、コロナ下の熱中症対策として扇風機などの販売が伸びた。「スポーツ・レジャー用品」部門は前年同期比8・9%増で、特に、バーベキューセットなど屋外レジャー用品が売れた。7月は空気清浄機の売り上げも好調だったという。
 打撃を受けた観光業界では、自宅で過ごす人向けのサービスを充実させる取り組みも。民泊仲介「エアビーアンドビー」では、お化け屋敷や花火などの夏の風物詩をオンラインで中継し、参加者がバーチャル体験できる取り組みを有料で始めた。担当者は「コロナ時代の新しいエンターテインメントのあり方を提案したい」と話している。
日本総研の若林厚仁・関西経済研究センター長の話 「消費の盛り上がりが乏しく、全体的に厳しい夏だった。秋以降は緩やかに持ち直していくとみられるが、コロナ前に戻るのは令和4年以降になるだろう。一方でコロナ下で生まれた良いサービスもあり、生き残るために今後は積極的に取り入れていく必要がある」

なかなかどこの企業も厳しいのでしょうね。やってらんね~という話も出てきていると思います。
テレビなんかではそんな特集をしていたりしますね。あいつらは他人の不幸がうれしいのでしょう。
それが飯のタネになっているのですから( ^ω^)・・・

さて、自民党の総裁選ですが立候補者が大体決まったそうですね。
菅官房長官に岸田さん、そして自民党が苦労していた時に離党して小沢と一緒に後ろから批判していた石破です。
【総裁選を追う 9月3日】各陣営動き加速 日本の虫歯は「定期検査」「経済格差」
自民党総裁選は3日、官房長官の菅義偉の陣営が初の選対会議を実施し、元幹事長の石破茂が選対事務所を開設、政調会長の岸田文雄が政策集を発表するなど各陣営が動きを加速した。(田中一世、大島悠亮)

■午後2時 谷垣氏、菅に「国民に安心感」
 前日は帰宅が深夜になった菅だが、3日午前9時ごろ、首相官邸に入る足取りは軽かった。
 午前10時、菅を支持する5派閥の幹部らが官邸の隣にあるホテルに集まり、選挙戦の態勢を協議した。駆け付けた菅は拍手で迎えられ、「全身全霊をかけて取り組む」と誓った。
 11時29分に始まった官房長官としての定例記者会見では一転、総裁選の争点に関する質問を「ここは政府の会見なのでコメントは差し控えたい」とかわした。
 午後2時、前総裁の谷垣禎一を都内の自宅に10分ほど訪ねた。谷垣は谷垣グループ(有隣会)特別顧問である。同席した衆院議員の牧原秀樹によると、新型コロナウイルス対応に触れて菅にこう言葉をかけた。
 「陣頭指揮を執ってきた菅氏の決断は国民に安心感を与える。がんばってください」
 菅は「コロナ対策が進むように力を尽くしていきたい」と応じたという。
 菅支持の牧原は、菅と谷垣が並んで映る写真を公開した。ただ、谷垣グループは総裁選で自主投票を決めており、もともと宏池会(現岸田派)の谷垣は岸田に近い。面会に同席した他の2人(元五輪相の遠藤利明と元防衛相の中谷元)はそれぞれ岸田と石破に近く、同グループは混とんとしている。

■午後3時半 石破氏事務所開き「気分晴れやか」
 石破は午前10時、30年以上続けている週に1回の歯の定期検診のため、国会内の歯科診療所を訪れた。政治生命をかけた勝負の最中もペースを崩さない。記者団に「日本の虫歯はどこにあるのか」と質問された石破は思わず笑いだした後、こう答えた。
 「定期的にきちんと見ていかないと。放っておくと大変なことになりますよ、ということですよね」
 午後1時からは衆院議員会館の党所属議員の事務所を回り、「宜しくお願い致します」と直筆のあいさつ文を書き添えた名刺を渡して支持を呼びかけた。過去の総裁選出馬の際はあいさつ文がなく「気配りがない」と指摘されていた。
 3時半、国会近くのホテルで選挙対策本部の事務所開きを終えると「さわやか、晴れやかな気持ち」。
 圧倒的な劣勢だが石破は明るく、陣営にも悲壮感はない。ある側近議員は「うちはギスギスするにも、人数が少ないから」と笑い、「菅政権」誕生に向けて主導権争いがみえる菅陣営をあてこすった。

■午前10時 岸田氏会見「妻に強くない」
 岸田は午前10時、政策集発表の記者会見に臨み、中間層への経済支援やデジタル化を推進する新組織の発足など独自施策を打ち出した。首相の安倍晋三(党総裁)からの禅譲がなくなり、気持ちを切り替えて「岸田カラー」を打ち出したようだ。
 「私は妻には強い立場にはない」。記者会見では、自身は亭主関白ではないと否定する場面もあった。
 その理由は2日未明のツイッター。手料理を作ってくれた妻への感謝の言葉を添えて夕食時の写真を投稿したところ、自身が席に座り、妻が立っていたことから「対等ではない」などと批判的なコメントがいくつも寄せられた。
 知名度に欠ける自身の人柄や私生活をアピールするつもりが、思わぬ批判を受ける結果に。記者会見では「あれから食事が始まるので、必ず家族は同じ食卓につく」と説明した。
 午後3時には東京都千代田区の日本歯科大付属病院を視察した。石破同様に「日本の虫歯」を記者団に問われると真顔で「課題ということであれば経済の格差問題、新たな成長エンジン、社会保障の持続可能性…」と並べ立てた。
 虫歯談議は菅にも波及した。午後4時の官房長官としての記者会見で質問されたが、「私の立場でコメントするような問題ではない」と一蹴。いつものスタンスを崩さなかった。

岸田さんは何で批判されなければならないのでしょうか?そんな暇な人たちがいるから世の中争い事が無くならないのですよ。
他人は所詮他人です。人の関係に口出しすんなよ馬鹿が!
谷垣さんが総裁選に出てくれれば私は押すでしょうね。あの逆境の中、自民党をまとめ、災害対策を必死になって行い、安倍政権の復活ののろしにもなりました。
事故にあわれて動けなくなったことが非常に残念だと思います。
出来れば復帰していただきたいものですね。

今回の自民党の総裁選では党員の投票権はないという話になったそうですね。
これまでも突然の総裁選ではありましたので仕方ないでしょう。全員に投票してもらうのは相当時間がかかりますし、準備も掛かります。
緊急時にそのようなやり方をすることを謳っているので仕方ないでしょう。
自民党以外の人間が偉い騒いでいるそうですが、仕方ないと思います。
少なくとも独裁をしている共産党や横領するなく投票もあるかどうかわからない民主党に文句を言われる筋合いはありませんね。
後任選び、スピード重視 党員投票見送りに異論―自民総裁選
 安倍晋三首相の後任を選ぶ自民党総裁選について、執行部は党員投票を伴わない両院議員総会で実施する方向だ。新型コロナウイルス渦中のため政治空白期間を短縮する必要があるとの理由だ。ただ、党内からは広く党員も全員参加して選ぶべきだとの声が上がっている。
 党則は、総裁が任期中に欠け緊急を要するときは両院総会で後任を選べると定める。この場合、有権者は党所属国会議員と都道府県連代表各3人で、100万人を超える一般党員は対象外だ。
 過去には2007年に安倍氏、08年に福田康夫首相(当時)がそれぞれ辞任した際にこの規定を適用。告示から10日程度で両院総会を行った。国会議員票と党員票を同数で扱う通常形式より議員票の比重が格段に重くなり、「派閥の論理」が色濃く反映される。
 総裁選の形式を一任されている二階俊博幹事長は28日、「時間が十分あれば党員投票は考えるべきだが、そこに至るかどうか」と述べ、慎重姿勢を示した。下村博文選対委員長は29日、都道府県連が党員への調査をしているとして「党員の意向を含めた選挙はできる」と強調した。
 二階氏周辺も「コロナがあるので大規模な総裁選はできない」と指摘する。執行部が簡易な形式を選ぶ背景には、出馬を目指す石破茂元幹事長が全国的に根強い人気を保っているため、石破氏が有利な状況になるのは極力避けたいとの思惑もあるようだ。
 これに対し石破氏は、日本テレビ番組で「国会を今やっているわけではなく、首相は次が決まるまでやると言っている」と語り、党員投票は可能と主張した。
 執行部への異論は石破氏だけでなく、若手からベテランまで広がっている。小泉進次郎環境相は28日、党員投票を提唱。小林史明青年局長もブログで「党員投票は郵便。コロナ禍でも密を避けながら意思表示は可能だ」と指摘した。青年局長経験者は連名で党員投票実施を求める署名活動を始めた。ベテラン議員は「次の衆院選で勝つには党員投票で有権者に人気のある人を選ぶべきだ」と訴える。

どちらの意見もよくわかりますが、党員に人気があるだけで総裁を決めてよいのでしょうか?
様々な要素がありますよね。それを含んで選んでいかないといけません。
一般的に一般国民に人気が高いのは令和おじさん事、菅さんでしょうね。残念ながら岸田さんはあまり表に出ない人なので人気はないでしょう。石破?あれはマスゴミが持ち上げているだけで自民党が大変だったころに離党して見捨てて後ろから批判していたような人間です。人気あるとは思えませんね。

さて、総裁選は多分菅さんになることでしょう。菅内閣( ^ω^)・・・
いやな内閣を思い出してしまいました(´;ω;`)ウゥゥ
その総裁の最初の仕事は衆議院解散と言われています。
今のうちに民主党を解体して日本が好きな人に議員になってもらうのが自民党次期総裁の最初の仕事です。
それを恐れている民主党はこんなことを言っています。
「抜き打ち解散」を牽制 立民・安住国対委員長
 立憲民主党の安住淳国対委員長は2日、安倍晋三首相の後継を選ぶ臨時国会が16日に召集される方向となったことを受け、「(内閣の)体制が新しくなり次第、しっかりとした本格論戦をしていきたい」と述べた。
 その上で、次期首相が早期の解散・総選挙に踏み切る可能性を念頭に「(国会論戦は)やらざるを得ない。それを無視していきなり『抜き打ち解散』というのは国民の理解を得られない」と牽制(けんせい)した。
 自民党の小林史明青年局長らが総裁選で党員投票を実施するよう求めたことについては、「政界の暴れん坊」との異名をとった浜田幸一元衆院議員を引き合いに出し、「もっと元気よくやるのかなと思ったが、浜田先生のような元気さは全くない。青年の主張みたいにただ言って終わりではね」と苦言を呈した。
 いずれも国会内で記者団に語った。

因みに牽制にも何にもなっていません。
政策で語れない人間がそんなこと言っても、じゃあ何をやるんですか?で終わります。
PCR検査のいい加減さをしっかりとわかっていてそんなこと言えるのでしょうか?じゃあ、中共への脅威の話ですか?
あの国がどんな国かよく知っていてそのように言えるのでしょうか?

何もできない民主党になんか言われたくありませんし、自民党以外の人に自民党の総裁選に対して苦情を言うのはおかしいです。
自民党は自民党の横領に沿って総裁選を行ってもらいたいものですね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/09/08 06:00
コメント:

管理者のみに表示