FC2ブログ

悪夢の菅政権

10556274_681280888653486_225120956384690793_n.jpg
また一つ悪夢の民主党政権の際のお荷物が明らかになりました。
一色さんが命を張って国民に知らせてくれた支那漁船による敵対行為
様々な憶測が飛び交っていましたね。どこかの代議士は銛で海上保安員が刺された映像を見たとか言っていましたね。
そんなことは一切ありませんでしたけど、漁船が突っ込んできた映像は確認できました。
その漁船の船長などを逮捕したにも関わらず当時の政権である菅政権は検察が圧力に負けて解放したとか嘘を言っていました。
検察が政治的意図で判断してはいけない、当たり前の事ですが、当時の副総理である枝野や官房長官の仙谷などが嘘を国会で話していました。
それが前原の話から嘘であったことがばれたそうです。
本当に民主党政権はひどいものでしたね。二度とあのような奴らに国の運営を任せてはいけません。
自民党の新総裁が決定したら解散総選挙を行い壊滅させる必要があると感じます。

その前原の話はこのようなものです。
船長釈放「菅直人氏が指示」 前原元外相が証言 尖閣中国漁船衝突事件10年 主席来日中止を危惧
 前原誠司元外相が産経新聞の取材に対し、10年前の平成22年9月7日に尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の領海内で発生した海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事件で、当時の菅(かん)直人首相が、逮捕した中国人船長の釈放を求めたと明らかにした。旧民主党政権は処分保留による船長釈放を「検察独自の判断」と強調し、政府の関与を否定してきたが、菅氏の強い意向が釈放に反映されたとみられる。
 前原氏によると、国連総会に出席するための22年9月21日の訪米出発直前、首相公邸に佐々江賢一郎外務事務次官ら外務省幹部とともに勉強会に参加。その場で菅氏が公務執行妨害容疑で勾留中の船長について「かなり強い口調で『釈放しろ』と言った」という。
 前原氏が理由を聞くと、菅氏は同年11月に横浜市でアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議があるとして「(当時の中国国家主席の)胡錦濤(こ・きんとう)が来なくなる」と主張。中国側は船長の釈放を要求し、政府間協議や人的交流の中止などさまざまな報復措置をとっていた。釈放しない場合、胡氏が来日しなくなることを懸念したとみられる。
 前原氏は「来なくてもいいではないか。中国が国益を損なうだけだ」と異を唱えたが、菅氏は「オレがAPECの議長だ。言う通りにしろ」と述べた。前原氏はその後、当時の仙谷由人官房長官に「首相の指示は釈放だ」と報告した。
 当時の外務省幹部も「菅首相の指示」を認めた。菅氏は産経新聞の取材に「記憶にない」と答えた。
 事件は22年9月7日、尖閣諸島沖の日本の領海内で発生。中国漁船が海保の巡視船2隻に相次いでぶつかり、海保は8日未明に船長を逮捕した。その後、中国側はレアアース(希土類)の対日輸出停止や中国内での邦人拘束といった対抗措置をとり、那覇地検は24日、勾留の期限を5日残して船長を処分保留で釈放することを決定。那覇地検は理由として「日中関係を考慮」などと説明した。

下らん男だな菅直人、福島原発の事故も実際には菅直人の人災と言われています。非常事態のフローが服られていたにもかかわらずそれを無視して勝手な解釈を行い、現場や社会を混乱させた人物です。
普段から文句ばかり言う人間は詰まらん奴らだと言う事ですね。

当時の官房副長官はこのように話しています。
尖閣衝突事件の船長釈放 当時官房副長官の福山氏、「菅元首相の指示」に明言避ける
 立憲民主党の福山哲郎幹事長は8日の記者会見で、平成22年9月に尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の領海内で発生した中国漁船衝突事件で、当時の菅直人首相が中国人船長の釈放を指示したとする前原誠司元外相の証言について、明言を避けた。福山氏は事件当時、官房副長官を務めていた。
 福山氏は「(法相による)指揮権を発動したわけではない。首相がどう言おうが、そこは司法手続きの問題だ。指揮権発動以外、介入しようがない」と述べ、船長釈放に菅元首相の意向は反映されていなかったとの認識を示した。
 当時の対応について「国益的に何か損なった、中国に対して弱気だったということではない。日本の司法手続きを完結させたということは非常に大きなメッセージだった」とも語った。
 漁船衝突事件をめぐっては、当時外相だった前原誠司衆院議員が産経新聞の取材に対し、菅元首相が「かなり強い口調で『釈放しろ』と言った」と証言した。

先日も法律無視をしていた民主党、全く説得力がありませんね。
当時も法律を無視して機密文書を破棄したり、議事録を取らなかったりと平気で規則違反を繰り返していました。
判っていた事ですが、菅直人が支那人を不法に関与して釈放させたと言う事です。
その釈放された船長は祖国で英雄視されているそうですね。最低最悪な菅政権でしたね。
87fad08fa243820682d89a4374802448_400.jpg

当時の検察の理由が出てきたそうです。
中国船衝突事件の船長釈放「尖閣守るため」 当時の検察判断理由判明
 平成22年9月に尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件で、逮捕した中国人船長を処分保留で釈放した那覇地検の判断について、当時の最高検内部で「尖閣を中国から守るためでもある」との理由が示されていたことが分かった。複数の検察関係者が明らかにした。那覇地検は当時、「日中関係を考慮」と説明したが、詳細な理由が明らかになるのは初めて。
 最高検は船長の処分をめぐり起訴と不起訴の両面から検討。衝突時の映像などの証拠があり起訴は可能だったが、当時の菅直人首相ら官邸側から「釈放せよ」との意向が伝えられたという。外相だった前原誠司衆院議員も、釈放が「菅首相の指示」だとしている。
 このころ尖閣周辺に中国の漁船群が存在し、起訴すれば上陸強行の懸念もあった。さらなる強硬な対応も想定された中、官邸や外務省は対策に乏しく、菅氏周辺からは「混乱してまともな対応はできないだろう」との見通しが伝えられた。
 起訴すれば日中関係がさらに悪化し、経済や文化などあらゆる分野で関係がストップすることも予想された。公判で中国側が尖閣の保有を強硬に主張すれば、控訴審、上告審を含め判決確定に5年以上かかるとみられ、中国側が邦人4人を拘束した事案もあった。
 検察内部では法相の指揮権発動を求め、政治主導で不起訴処分とする選択肢も検討されたが、政治介入に前例ができるとの理由で反対された。結果として検察当局は不起訴を選択した。
 「法と証拠」に基づく検察が政治的な背景を考慮するのは異例だが、当時の状況を知る検察関係者は「政権には尖閣を守るための情報も装備も覚悟もなく、国民世論も十分醸成されていなかった。国益を考えれば司法の見えのために大事な領土を捨てることはできなかった」と話している。

政権に覚悟がないから検察も起訴できなかったと言う事のようですね。
たいした政権だ事で、いい加減な奴らを政権に持つと困りますね。

前原は亡くなっている仙谷へこのような言葉を投げかけています。
前原氏「仙谷氏への筋違い批判が心に」 尖閣衝突 産経に語った理由を投稿
 前原誠司元外相は8日、平成22年9月7日に尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖の領海内で発生した海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事件に関連し、自身のツイッターに「官房長官は総理の女房役。しかし、尖閣の中国漁船衝突事案に対する仙谷由人官房長官に対する筋違いの批判は、実情を知っている者として、ずっと心に引っかかっていました」と投稿した。
 前原氏は産経新聞の取材に、逮捕された中国人船長の釈放を当時の菅(かん)直人首相が求めたと説明。「泥をかぶったのが仙谷氏だった」と明かしていた。
 前原氏はツイッターで「今回、産経新聞の取材に応じたのは、仙谷先生に対する思いがあったからです。しかし、あの世に行った時、仙谷先生に叱られるかもしれません。『前原よ。墓場まで持っていかんかい』」とも投稿した。

亡くなった方を思えるなら今生きている私たちがどのようにすればよいかも考えてもらいたいですが、まあ仕方ないでしょうね。
政権への批判を受けるのが官房長官の仕事ではないでしょうか?
恨むなら菅直人や枝野、福山などを恨んだほうがよさそうなものですね。

次々に明らかになる民主党政権の悪行、負の遺産が重くのしかかっています。
それを払しょくしないといけませんね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/09/13 06:00
コメント:

管理者のみに表示