fc2ブログ

安倍元総理 靖国神社参拝

119732388_3243796302410457_293236038051775288_o.jpg
安倍元総理が靖国神社に参拝し、退任の報告を行いました。
日本が抑止力を持ち、海外にいる法人を独自の力で救出できる体制を整えるまで就任中に参拝するのは難しいでしょうね。
小泉が就任中に参拝しましたが、その後参拝していませんし、その参拝前にも行っていたという事を聞いたことがありません。
橋下のようにポーズだけだったのでしょうね。

世間ではこのように報じられています。
安倍前首相靖国参拝 菅政権への「負荷」避け時期を判断
 「平成25年12月、第2次安倍政権がスタートして1年で靖国神社のご英霊に報告に行ったので、きょうはご英霊に、政権を終えて退任したと報告した」
 安倍晋三前首相は19日、周囲にこう語った。持病悪化で辞任を決める前の8月上旬には、在任中に靖国を参拝するかについてこう意欲を示していた。
 「それは、もちろん考えなければならない」

 それが結局、退任後の参拝となったのはなぜか。安倍氏は退陣表明後の9月上旬には、在任中の靖国参拝を勧められても首を縦に振らず、こう述べた。
 「ここで私が行くと、次の(菅義偉)政権に負荷をかけることになる。それに退任直前に行くと、それは(英霊の追悼目的よりも)かなり自分自身のためということになる」
 日本の領土内にある靖国神社に、外国から「行くな」と言われて日本の首相が参拝できないのはおかしい。戦没者の慰霊、鎮魂はリーダーの責務だという考えは、もともと安倍氏の持論であり信念だった。
 日本と戦争をしていないにもかかわらず中国に便乗して靖国参拝に反発する韓国はともかく、中国要人に対しても安倍氏は直接、参拝の意義や目的などを説明し、議論してきた。
 靖国参拝を毎年続けた小泉純一郎政権で自民党幹事長を務めていたころには、中国の王毅駐日大使(現外相)と激論を交わして言い負かし、最後には王氏がこんな捨てゼリフを残して去ったこともある。
 「(中国の反発は)理屈じゃないんですよ…」
 だが、首相の靖国参拝が国際社会で、実際に政治問題化してきたのも事実だ。25年の参拝時には、中国や韓国だけでなく米オバマ政権もこれを強く批判し、駐日大使館を通し日本に対し「失望」を表明している。

 そのとき、米政府による失望表明を主導したのが現在、米大統領選の民主党候補であるバイデン前副大統領だという事情もある。
 安倍氏は今回、自分が在任中に参拝することで、余波を菅政権が被ったり、外交上の手足を縛られたりするような事態は、避けなければならないと判断した。(阿比留瑠比)

難しい判断です。行けという人は大勢います。それもわかりますし、いけない理由もわかります。
うるさい人が大勢いる、人にやさしくない人間が社会を牛耳ろうとしています。
日本は優しい人が多いのですが、その声は小さいです。優しいが故小さいのかもしれませんね。

うるさいと言えば支那人や朝鮮人が日本に注文を付けることが多いですね。
ウンザリします。
退任直後に靖国神社を参拝した安倍元首相に対し、「深い懸念と遺憾を表する」=韓国政府
韓国政府は19日、安倍晋三元首相が靖国神社を参拝したことと関連して、「深い懸念と遺憾を表する」との立場を明らかにした。
政府はこの日午後、キム・インチョル外交部(日本の外務省に相当)報道官名義の論評を出し、「安倍晋三元首相が、日本の植民地侵奪と侵略戦争を美化する象徴的施設である靖国神社を退任直後に参拝したことについて、深い懸念と遺憾を表する」と明らかにした。
続けて「韓国政府は、日本の指導すべき人々が、歴史を正しく直視して過去の歴史について、謙虚な省察と真の反省を行動として示すとき、周辺国と国際社会が日本を信頼できるという点をもう一度厳重に指摘する」と強調した。
この日NHKの放送などによると、安倍晋三元首相は、午前にツイッターを通じて、第二次世界大戦の戦犯らが合祀されている靖国神社を参拝したと明らかにした。安倍晋三元首相は、再び政権を握った翌年の2013年12月に靖国神社を参拝したことがあるが、韓国・中国などの国際社会から強い批判を受けると、その後は主要行事の度に玉串料を奉納することで参拝の代わりとしてきた。

そもそも参拝の目的は慰霊と顕彰です。今回は報告です。
決して朝鮮が言うように戦争賛美ではありません。狂った価値観を押し付けないで頂きたいものですね。

憲法を改正し、他国に対して抑止力を持つ、せめて軍事費を国家予算の2%まで上げるなどの事を行わないと総理の靖国神社参拝は実現できないでしょう。
その土壌である世論を作るのが国民の役目です。
人に頼らずに自分で出来る事をやっていく国にしていきましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/09/22 06:00
コメント:

管理者のみに表示