fc2ブログ

役に立たなかった大阪モデル

EiB6QYVU0AAhSfB.jpg
コロナ禍を利用して名を上げようと必死になる政治家たち、小池知事はその無知に対して説明せずに言い逃れに周知しようとして失敗しています。
大阪の吉村は大阪モデルとか言って太陽の塔と通天閣をライトアップして警告を発しようとしましたが、そんなもん見る人が少ないことを考えておらず結局パフォーマンスでしかありませんでした。
結果、社会を混乱させただけに過ぎず全く役に立たなかった知事達の活動、国の方針が一番役に立ったという結果が出ております。
そもそもPCR検査を充実させても全く意味がない事に気が付かないのがおかしいでしょうね。
定点検査にしか使えない検査を確定検査に使用しているという基本を判っていないPCR教団の人たち、マスゴミに踊らされた結果と言う事でしょうね。

さて、大阪と言えば朝鮮人による犯罪が多いことで有名ですね。
また在日朝鮮人による犯罪が摘発されました。
女性の首絞めて現金奪った疑い 韓国籍の59歳男を逮捕 大阪・ミナミ
大阪市中央区で、20代の女性の首を絞めて現金1万5000円を奪った疑いで、韓国籍の男が逮捕されました。
強盗の疑いで逮捕されたのは、大阪市生野区に住む韓国籍の白承貫容疑者(59)です。
白容疑者は9月17日、大阪市中央区島之内のマンションのエントランスで、女性(26)に「お金ちょうだい。殺すぞ」などと言って首を絞めて押し倒し、現金1万5000円を奪った疑いがもたれています。
女性にケガはありませんでした。
警察によると、白容疑者と女性は面識がなく、周辺の防犯カメラの映像などから、白容疑者が浮上したということです。
警察の調べに対し、白容疑者は「全部否定します」と容疑を否認しています。

また朝鮮人による犯罪です。
このような不逞外国人は強制送還が適当でしょうね。それを拒む人は被害者の人権を損なう行為をしている事に気が付かない人なのでしょうね。
いい加減にしてもらいたいものです。
大阪の為政者はこのような不逞外国人に対して生活保護を行うのではなく帰国事業を行う事が求められていますが、どうもおかしなことをしているようですね。

一度住民投票にて敗北した都構想、負けたのになぜかまた住民投票を行おうとしている維新の会
無駄を省くと言いながら大阪の資産をうっぱらう事しかしない政策で誰が付いて行くのでしょうか?
このような評価が出ています。
大阪都構想の「バージョンアップ」とは市民をだます詐欺度アップ!
 政令指定都市の大阪市を廃止する「大阪都構想」が最終局面を迎えた。府議会は8月28日、大阪市会は9月3日、大阪市を廃止し四つの特別区に分割する計画をまとめた「特別区設置協定書」を承認。大阪市選挙管理委員会は9月7日、大阪市民対象の住民投票を10月12日告示、11月1日に投開票の日程で行うと決めた。住民投票で賛成多数になれば、大阪市は約130年の歴史に終止符を打つ。

大阪市民をだます手口が巧妙に
 大阪都構想は2015年5月17日の住民投票で反対多数となったにもかかわらず、大阪都構想が党是である地域政党「大阪維新の会」は、「バージョンアップ」を掲げて復活させた。2017年6月に特別区設置協定書を作成する「大都市制度(特別区設置)協議会」(通称、法定協議会)が再び設置され、紆余曲折を経て2度目の住民投票が目前となった。
 では、今回の特別区設置協定書が本当にバージョンアップしたのかと言えば、大阪都構想の抱える矛盾はそのままであり、大阪市民が大損害を被る構想なのは同じである。ただし、今回の特別区設置協定書は、ぼろを隠す大がかりな仕掛けが施されている。バージョンアップとは、大阪市民をだまし切って住民投票で「賛成」させるための手口が巧妙化したことに他ならない。
以下省略

住民投票で負けたのですからその政策は受け入れられなかったと言う事です。
なのにまた同じ政策を出すというのは憲政史上初めての事ではないでしょうか?
何度も出来るっていうのがおかしいと思いませんか?しかも全く内容が変わっておらず無駄を省くと言っていますけど、今現状二重行政はないと言っています、調整できるなら現状のままでいいのではないでしょうか?
少なくとも縄張り争いを止めればいいだけの話です。話し合いで何とでもなるならあえて壊す必要はありません。
下らない事をやっている維新の会、いい加減に故郷を壊さないでもらいたいものです。

都構想で重要となる収入の一つに株の配当があるそうですが、各企業が減益なのにそれを根拠にしているのはおかしいという話があります。
大阪市営地下鉄が民営化されてサービスが低下しているのに増益になるとでも思っているのでしょうか?
「都構想」黒字収支の根拠に大阪メトロの配当金 メトロ社長「知らなかった」
いわゆる「大阪都構想」の制度移行後、「財政が黒字になる」と大阪府市が試算した根拠として、大阪メトロの収益が大きく見込まれていることについて、大阪メトロの河井社長は7日、「メディアから問い合わせがあるまで知らなかった」と明らかにしました。
7日午後、大阪市役所で大阪メトロの経営に関する意見交換会が開かれ、冒頭で大阪メトロの河井社長が新型コロナウイルスによる乗客の減少などの影響で、現在も厳しい経営状態が続いていることを報告しました。その後、大阪市を廃止して4つの特別区に再編するいわゆる「大阪都構想」をめぐり、大阪府市が試算した2025年の制度移行後の、15年間の4つの区の「財政」の見通しについて、自民党・前田和彦市議が言及。「(特別区の)収支が黒字となる根拠として、新型コロナウイルスの影響がなかった去年4月時点での大阪メトロの中期経営計画をもとにした配当金などが大きく見込まれていることを知っていたか」と質問したところ、河井社長は「知らなかった」と回答。8月11日に財政の見通しが公表される前に大阪府市から事前に連絡はなく、試算の公表後、メディアからの問い合わせで初めて知ったことを明らかにしました。これを受けて、前田市議は「大阪市が勝手に(収益を見込んで)数字を使っていることになるが、(特別区の財政運営が黒字となる)この数字に大阪メトロは責任をもてるのか」と追及。大阪メトロの河井社長は「大阪メトロの経営計画は2025年までのものなので、それ以降の見通しはわからない」と答えました。大阪メトロは新型コロナウイルスの影響で、今年4月から6月までの営業収益が前の年に比べて約42%減少し、62億円の赤字となっています。河井社長は今後の経営計画について、現時点では不透明で具体的な数字を算出できないとした上で「厳しいシナリオを想定しながら、アフターコロナの新しい生活様式にも対応できるよう本質的な改革をして、配当をしっかり増やせるよう全力を尽くしたい」と話しました。

こんな不確定なものを財源として計算している維新の会は大丈夫なのでしょうか?
コロナ禍で減収と言うのは仕方ないかもしれませんが、外国人に頼る政策は頼りになりません。
ましてや支那人が相手で儲けていた節があります。駄目駄目だと思いませんか?

その維新の会に対して事実を基にアンケートを取ると訴えられたという記事がありました。
維新 都構想ビラ配布団体を告発
いわゆる「大阪都構想」をめぐって、大阪市内の団体が配ったビラや冊子に、住民投票に否定的な意見とともにクオカードのプレゼントが記載されているとして、大阪維新の会は、買収の疑いで警察に刑事告発しました。
大阪維新の会によりますと、大阪・西淀川区の団体が市民に郵送したビラや冊子に、都構想の住民投票の実施に否定的な意見とともに、「抽選で30人に1000円分のクオカードがあたるクイズ『都構想』があります」と記載されていたということです。
これについて、大阪維新の会は、公職選挙法で禁止されている買収にあたる可能性があるとして、10日、今井幹事長が大阪府警察本部を訪れ、刑事告発しました。
このあと、今井氏は記者団に対し、「こうした事例が許されれば、クオカードや商品券、現金を使ったクイズで住民を導くことにもなりかねない。公正な住民投票を行うためにも告発した」と述べました。
一方、団体側は、NHKの取材に対し、「住民投票や都構想に賛否を表明するものではなく、この時期に住民投票を行うことの是非や、都構想自体について深く考えてもらう機会になればと思っていた。なぜ告発されたのかわからない」と話しています。

とか言っていますが、吉村知事は支援者にクオカードを配っていたことで有名です。
それと何が違うのでしょうね。都構想を否定するアンケートを取ったことが原因としか思えません。
他の意見を聞くことなく自分の話だけを進める維新の会、民主主義を否定していると思いませんか?
話し合って結論を出すのが民主主義です。それが判っているとは思えませんね。

イソジン吉村と言うあだ名まで出来た大阪知事ですが、この製薬会社の社長が維新の会を押している事は割かし有名です。
イソジン吉村知事 論文まで引用しうがい薬固執の悪あがき
 今月4日、ポビドンヨードを含むうがい薬で「コロナに打ち勝てる」と胸を張り、批判を浴びた大阪府のイソジン吉村知事が反撃に出た。
 22日、自身のツイッターに〈米国感染症学会の機関誌に7月29日に公開された独ルール大学(編集部注:ウルム大学の誤りか?)による新型コロナウイルスにおけるうがい薬を用いた殺ウイルス効果の研究レポート原文〉と投稿。研究チームの論文を添付し、うがい薬に「殺ウイルス効果」が認められたことをにおわせている。この論文、どんな内容なのか。
「うがい薬に使われる化学物質の効果を試験管とシャーレの中で調べたものです」とは、ハーバード大学院卒で医学博士・作家の左門新氏(元WHO専門委員)だ。
「実験は感染者の喉から採取した新型コロナウイルスを培養し、うがい薬に含まれるヨードなど8種類の物質に浸しました。その結果、新型コロナウイルスの周囲の殻の部分にある突起物『スパイク』が壊れる現象が認められた。このスパイクによって他人に感染することから、ウイルスの感染力が弱まったというのです」
 ただし、人間の喉で調べたわけではない。

■「殺ウイルス」は言い過ぎ
「繰り返しますが、あくまでも試験管とシャーレでの実験。感染者にうがいをさせて他人への感染力を調べたわけではない。論文の執筆者も、これからヒトを使って臨床試験をする必要があると記しています。吉村知事は『殺ウイルス』という言葉を使っていますが、壊れたのはあくまでもスパイクを含む殻の部分で、ウイルスの核であるRNAは破壊されていない。だから、『失活』と表現するのが適切です」(左門新氏)
 イソジン知事の悪あがきか――。

イソジンを使って消毒すればウイルスが減ることくらい小学生でもわかる話ですし、PCR検査を逃れるためにやっているだけとも言えるでしょうね。
お酒で喉のアルコール消毒を行っていると言っている人と変わらないレベルの話です。
下らない奴らですね。このようなパフォーマンスだけしかできない奴らが私は嫌いです。

結局政府方針以上の対策を取れない知事、権限がないとか言いつつも馬鹿な事をやっている人がいるってだけの話です。
橋下は何を考えているのでしょうね?院政を引きたいと言う事でしょうね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/09/23 06:00
コメント:

管理者のみに表示