FC2ブログ

大村知事の辞任請求なるか?

EOcMRR4UcAAIDjP-690x385.jpg
辞めればいいって話ではないのですが、そのまま居続ける程有害な人もいるのも事実
何かあれば責任を負う必要があるのもまた事実、国民を愚弄し説明も行わないでそのままいつ付ける売国議員
売国知事が多いってのが日本ではありえるのが悲しいところですね。
心に日本がない人間を選んでしまったという失敗が響いているって事でしょう。

さて、その選ぶために公平中立に情報を出す義務を負っているマスゴミ、偏向報道しかしていないという指摘が昔からあります。
そのマスゴミの犯罪がここのところ多く世に出てきていますね。隠蔽が出来なくなってきているのでしょう。
不正受給の社員2人を懲戒解雇 沖縄タイムス社と関連会社 役員報酬もカット
 沖縄タイムス社(武富和彦代表取締役社長)は8日、新型コロナウイルス持続化給付金などの不正受給を認めた総務局付の40代男性社員を懲戒解雇処分にすると発表した。関連会社のタイムス印刷(瑞慶山秀彦代表取締役社長)も8日、同給付金を不正申請した30代男性社員を懲戒解雇処分した。
 さらに「報道機関の信用を大きく損なう不正な行為に至ったことの経営責任」をとって沖縄タイムス社全取締役の報酬カットを発表した。報酬カットは、武富和彦社長が月額報酬の20%を3カ月▽瑞慶山秀彦専務(タイムス印刷社長)は同15%を3カ月▽石川達也総務局長は同10%を2カ月▽比嘉敏幸読者局長と与那嶺一枝編集局長は同10%を1カ月。
 同社は40代男性の処分理由について、「当該男性社員の不正受給発覚後、本人が不正受給を認めたため、不正な受給、融資に至った経緯や動機などを聴き取り、社内規定(懲戒規定)に照らして厳正に審査し、臨時取締役会で処分を決定した」とした。40代男性社員は給付金と融資資金について返還あるいは返還手続き中だとしている。
 処分の発表にあたり同社は「このたびの弊社社員の不正受給は、新型コロナウイルスの影響で困窮する人たちを支援、救済する制度を悪用したあるまじき行為。社会の公器として人々の知る権利に応え、社会が公正・公平であるように大きな責任を担う新聞社として、多くの読者や県民、国民、関係者の信頼を裏切り、多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」とのコメントを発表した。
 社員の不祥事に関連して同社は9月30日に「新型コロナウイルス給付金等の社員不正受給に関する第三者を交えた特別検証委員会」を設置。組織的な課題や再発防止策について議論している。

いつも実名報道にこだわっているマスゴミが名前を隠蔽しています。どんだけ北居ないのでしょうね。
被害者を匿名にしてほしいという家族の願いを無視して金儲けの為に実名報道をおこない、犯罪者の名前を隠す犯罪推進企業と言っても過言ではありませんね。
下らない、非常に下らないです。

暴力に対抗する為にペンを使うとか言っているのに実際には陰険な嫌がらせや恫喝、そして暴力をふるうようになったマスゴミ
東京新聞が厚労省に謝罪 記者が取材で暴力的行為 
 東京新聞記者が9月、厚生労働省の職員を取材した際、机をたたいて怒鳴るなど暴力的な行為をし、編集局は厚労省に謝罪する文書を出した。
 記者は社会部に所属する40代の男性。新型コロナウイルス対策として、政府が全世帯に配布したマスクの単価や規格決定の経緯を調べるため、厚労省に情報公開請求。不開示を受けて、担当部署の職員に8~9月に2度取材した。
 このうち9月4日の取材の際、記者が「ばかにしているのか」と大声を出して机をたたいたり、職員の資料を一時的に奪ったりした。取材時間は3時間45分に及んだ。
 厚労省から、業務に支障が生じたとして編集局に抗議があった。
 加古陽治編集局次長の話 職員の方々を傷つけたことを深くおわびします。記者は取材から外しました。厳しく対処し、再発防止を徹底します。

流石に擁護できませんね。民主党もそうですが官僚への暴力が日常化しているような気がします。
無責任に批判だけすることが常態化してしまったマスゴミ連、社会のゴミにふさわしい言動ですね。

さて、先日から行われている天皇陛下への侮辱をおこない、先祖を罵倒した作品を税金で展示した名古屋トリエンターレ、それをめぐっての応酬が行われています。
そして名古屋市長は知事に対して辞任請願を行いました。
河村名古屋市長、大村愛知知事の辞職請願を提出 芸術祭めぐり
 名古屋市の河村たかし市長は25日、愛知県の大村秀章知事の辞職勧告決議を求める請願を県議会事務局に提出した。理由として芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の市の未払い負担金を巡る訴訟や企画展「表現の不自由展・その後」の展示内容を挙げ「知事としてふさわしくない」と指摘した。
 河村市長は昭和天皇の肖像を燃やすシーンが含まれる映像作品など不自由展の展示が政治的中立性を欠くと問題視し、留保していた負担金約3380万円の不支出を表明。大村知事が会長を務めるトリエンナーレ実行委員会は5月、支払いを求めて市を提訴し、法廷闘争に発展した。
 大村知事をめぐっては、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が解職請求(リコール)に向けた署名活動を開始。河村市長も支援を表明している。

こんな下らない作品を税金で展示すると言う事は愛知県が天皇陛下を侮辱することと何ら変わりありません。
いい加減にしてもらいたいものですね、日本が好きでないのに日本の税金に集らないで頂きたいです。

大村知事のリコールですが成立寸前のようです。
大村知事リコール運動“お辞め下さい”署名100万人の勢い!? 高須院長「勝利は目前」
 愛知県の大村秀章知事(60)へのリコール運動を展開している「高須クリニック」の高須克弥院長(75)は5日、自身のツイッターで目標としている「署名数100万人」が達成する目安にあると投稿した。「お辞め下さい大村秀章愛知県知事 愛知100万人リコールの会」は、今月中旬にも集まった署名簿の数を発表する予定という。
 高須院長は同日、「大村愛知県知事100万人リコールの戦況が次々に僕のもとに報告されている」とツイートしたうえで、「リコール署名者100万人も過半数達成しそうだ。勝利は目前です」と発信した。
 大村知事は、昨年の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で、昭和天皇の写真をバーナーで焼き、その灰を足で踏みつけるような映像作品などの公開を認めた。
 これに反発して始まったリコール運動は、選挙のため署名活動が開始されていない一部自治体を除いて今月25日に署名活動が終了する。
 同会事務局は「思った以上に県民の反応がある。高須院長や名古屋の河村たかし市長が署名活動を行うと、3時間で500人ほどの署名が集まる。駆け込みで署名簿が集まるとも予想される」と語る。
 同会はクラウドファンディングで活動資金を募っているが、5日までに目標の約62%を達成している。

というかまだ半分なんですね。これからが厳しいのではないでしょうか?
50万を突破だけでもすごいのですが、目標値に行けるまで気を張っていかないといけません。
敵は様々な工作活動を行って妨害活動を行っているそうですね、暴力沙汰にもなっているとの事、頑張ってもらいたいものです。

辞めればいいものではありませんが、責任を負う必要がある人がそれを背負ってやめるのは意味があります。
心に日本がある人になりましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/10/13 06:00
コメント:

管理者のみに表示