FC2ブログ

議論するだけ無駄な日本学術会議

Oa47mrz-690x238.jpg
いまだ無駄な議論をしている日本学術会議
知れば知るほど共産党などが権威を欲しいために存在していると言わざるえません。
彼らは何のために存在するのでしょうか?学者の国会と言いながら推薦方式の全人代と化しており、共産党の影響を大幅に受けている危険な組織に成り下がっています。
そんな組織に存在価値があるのか?という話を突き付けられている事が判らないのでしょうか?
誰にも相手にされてない問題をテレビにて流すマスゴミも同じ穴の狢なのでしょうね。


そして野党は貴重な国会の審議時間をこの下らない話で浪費しています。
菅首相の答弁は「紙を読んでいるだけ」 立民・枝野代表
 立憲民主党の枝野幸男代表は4日午前の衆院予算委員会で自身の質疑を終え、国会内で記者団の取材に応じた。菅義偉(すが・よしひで)首相の答弁について「官僚答弁にもなっていないような、紙を読んでいるだけ」と批判した。「自身が高らかに掲げた脱炭素社会や学術会議(の新会員候補の任命見送り)について、肝のところを何も答えていない。残念な45分間だった」とも振り返った。
 枝野氏は9月に衆参150人規模で発足した野党第一党のトップとして、「事実上の党首討論」(立民幹部)との位置付けで質疑に臨んだ。学術会議、原発政策、新型コロナウイルス禍における一人親家庭支援について質問した。

何も答えていないって人事の件は何も言う事はない、公表しないという話を最初にしているんだけど聞いていないのはあんたの方ですよね。

で、人の話を聞いていない枝野は平気で人を貶める最低な人間です。
学術会議任命見送り、首相答弁は「支離滅裂」 立民・枝野代表が批判
 立憲民主党の枝野幸男代表は3日、日本学術会議の会員任命拒否問題について、2日の衆院予算委員会での菅義偉(すが・よしひで)首相の答弁姿勢を批判した。北海道留萌市で記者団に「支離滅裂で聞かれたことに全く答えていない。これだけ前例と異なることをしながら何の説明もしないのは許されない」と述べた。4日の衆院予算委で、任命拒否問題などに関し、首相をただす意向だ。
だからなに?というレベルの話です。誰にも相手されていない事をグダグダ言うのは何故なのでしょうね。
モリカケ桜の次は共産化した学術会議ですか?こいつらどうにかしろって感じです。
無駄な時間を浪費するならやめろって感じですね。

任命しているという意味を勘違いしていませんか?流れてきた名簿を何の審査もなく認めろっておかしいと思わないのでしょうか?
学術会議 自民 下村氏「そのまま任命では任命権ないのと同じ」
「日本学術会議」の会員任命をめぐって、自民党の下村政務調査会長は北海道苫小牧市で講演し、「推薦された人を毎回そのまま任命すれば、総理大臣に任命権がないのと同じだ」と指摘し、政府の対応に問題はないという認識を示しました。
この中で下村政務調査会長は、6日までの衆参両院の予算委員会での質疑について「野党側の質問は『日本学術会議』のことばかりで、政権の支持率を下げようというねらいがあるのだろう。有権者から『ほかに議論すべきことがある』という指摘を頂いたが、まさにそのとおりだ」と述べました。
そのうえで下村氏は、「日本学術会議」の会員任命について、「任命権は総理大臣が持っているが、推薦された人を毎回そのまま任命していたら、任命権はないのと同じだ。取捨選択するのが本当の任命権であり、あるべき改革を求めていくための選択だ」と指摘し、政府の対応に問題はないという認識を示しました。
そして下村氏は、「『推薦した人を全員任命しないのはけしからん』と言うのであれば、欧米のように民間組織になって任命制をやめたらよいのではないか」と述べ、政府から独立した組織にすることも含め、「会議」の在り方を検討する考えを示しました。

そもそも税金を使って公務員になるのに選挙も何もなく人選が学術会議の意のままになるなんておかしいと思いませんか?
推薦で決まるって事はおかしな人間であってもなれるって事ですよね。
それを一般的に利権と言うのではないでしょうか?で、共産党が入り込んでいるって事です。

なんでも管でも自由を!とか差別を!とか言えば人が黙ると思っているのでしょうか?
いい加減、馬鹿を相手にするのはめんどくさいですね。
自民・伊吹氏「学問の自由といえば、ひれ伏すのか」 学術会議で苦言
 自民党の伊吹文明元衆院議長は5日の二階派(志帥会)会合で、日本学術会議の会員任命見送りをめぐり、野党などが政府対応を批判していることについて「『学問の自由』といえば、みんな水戸黄門の印籠の下にひれ伏さないといけないのか」と苦言を呈した。
 また、学術会議会員が特別職の国家公務員であることを指摘し「一方的に政治的な問題について声明を出すとか、学術会議の肩書を持って政治的な発言をすることは自粛しないといけない」と語った。

そもそも学術会議は学問の自由を束縛している存在であり、自由って言っているのは自分たちは自由にさせろ、でも自分の思想と異なることに対しては圧力を掛けよう、って人間達です。
そんな人間が自由をっておかしくないですか?自由にするというのは責任を負う事でもあるのです。
それを怠っている人間が何を言っているのでしょうね。

世論調査でも学術会議はいらない、見直す必要があるという人が多いのもマスゴミは隠したがります。
菅内閣支持率57% 7ポイント下落 学術会議任命拒否「問題」37% 毎日新聞世論調査
 毎日新聞と社会調査研究センターは7日、全国世論調査を実施した。菅内閣の支持率は57%で、内閣発足直後の9月17日に行った前回調査の64%から7ポイント下落した。不支持率は36%(前回27%)だった。
 日本学術会議の新しい会員として推薦された6人の任命を菅義偉首相が拒否したことについて、「問題だ」と答えた人は37%で、「問題だとは思わない」は44%、「どちらとも言えない」は18%だった。「問題だ」と答えた人の8割近くが、菅内閣を「支持しない」と答えており、任命拒否問題が支持率低下の一因となったようだ。首相は任命拒否の理由を明らかにしていない。ただ、支持率の下落は7ポイントにとどまっており、この問題への批判は広がりを欠く面もあるようだ。
 菅政権が学術会議のあり方について見直しを検討していることについては、「適切だ」が58%で、「適切ではない」の24%を上回った。「わからない」は18%だった。野党は「論点のすり替えだ」と批判するが、学術会議の改革を求める声も強いことがうかがえる。
 菅内閣を支持すると答えた人に理由を尋ねたところ、「政策に期待が持てそうだから」が35%(前回35%)で最も多く、次いで「安倍政権の路線を引き継いでくれそうだから」が29%(同30%)、「首相の人柄に好感が持てるから」が25%(同27%)、「自民、公明の連立内閣だから」が6%(同5%)の順だった。
 支持しない理由では、「安倍政権から代わり映えしないから」が35%(前回61%)、「政策に期待が持てそうにないから」が31%(同20%)。前回8%だった「首相の人柄が好きになれないから」は23%に増えた。「自民、公明の連立内閣だから」は9%(同10%)だった。
 菅政権の新型コロナウイルス対策については、「評価する」は34%、「評価しない」が27%、「どちらとも言えない」が39%だった。安倍政権の新型コロナ対策は、9月8日の前々回調査では「評価する」が29%で、「評価しない」47%を大きく下回っていた。「どちらとも言えない」は24%だった。
 調査は、携帯電話のショートメール機能を使う方式と、固定電話で自動音声の質問に答えてもらう方式を組み合わせ、携帯726件・固定314件の有効回答を得た。【伊藤奈々恵】

学術会議の見直しに対して適切と思う人が過半数います。で野党は何を求めているのでしょうね。
国民の代表とは言えない野党ども、社会を混乱させたいだけなのでしょうね。

学術会議の内部を知っている人はこのように語ります。
会員のマインドは「左寄り」で「唯我独尊」、日本学術会議は民営化して一から出直すべき 唐木英明元副会長が激白
 衆院予算委員会は2日午前、菅義偉首相と全閣僚が出席して基本的質疑を実施。日本学術会議の会員任命見送り問題や改革方針をめぐって、与野党の論戦が本格化した。こうしたなか、学術会議の副会長を務める(2008年10月から3年間)など、この組織を見続けてきた東京大学の唐木英明名誉教授(78)が、夕刊フジのインタビューに応じた。「政府も学術会議も現状では不幸だ。学術会議は完全民営化して、一から出直すべきだ」と激白した。
 日本学術会議は1949年、GHQ(連合国軍総司令部)内の左派勢力の支援を受け、政府機関として発足した。特定の政治勢力の影響が指摘されているが、実態はどうだったのか。
 唐木氏は「(学術会議の歴史などを調べたが)発足当初から、組織の性格はほぼ決まっていたようだ。会員の基本的マインドは『左寄り』で『唯我独尊』。組織力のある政治勢力が次々と関係会員を送り込んだためだ。当然、政府からの諮問は減った。現在も、特定の政治勢力の影響が完全に切れたわけではない」と語る。
 学術会議内にも、組織改革の動きがあった。
 唐木氏によると、2005年に議論になったという。当時、有識者会議が学術会議に対し、「俯瞰(ふかん)的な観点から体制を変革すべきだ」「今後10年以内に、より適切な設置形態のあり方を検討する」との方針を打ち出し、学術会議も努力はしたが、10年経っても「現状維持」のままだった。
その後、学術会議に改革機運はなくなり、かつての反体制的な組織に先祖返りしたようだ。17年に『軍事目的の科学研究を行わない』という趣旨の声明が出たのは、その表れだ」(唐木氏)
 菅首相は任命見送りについて「総合的、俯瞰的(な判断)」と語っているが、学術会議の改革方針でもあったわけだ。
 学術会議の梶田隆章会長は「会員の選考方法」や「情報発信力」などの検証を進めている。年内にも政府に報告する考えだが、どうなりそうか。
 唐木氏は「税金が投入された政府機関が反政府的行動をするのは、政府にとって不幸だ。一方、学術会議は政府の信頼を失い、諮問を出されることもほとんどなくなった。これは学術会議にとって不幸だ。学術会議がシンクタンクとして生き残りたいのであれば、やはり民営化しかない。海外のアカデミーと肩を並べて活躍する研究者が出るのが理想であり、梶田会長の指導力にかかっている。左派野党も、任命見送りばかりではなく、学術会議のあり方を考える論戦をすべきだ」と語っている。

学術会議が反日組織であることは宿命づけられているって事ですね。そもそも日本の発展に寄与すると言いながら日本を駄目にするための方針を打ち立てているって事です。
なんて最低な組織なのでしょうね。

日本学術会議は科学分野、技術分野だけで再出発すべきだと思います。
憲法学や人文学などの文系学問の人数比率も減らす必要がありますね。
あと、レッドパージは必須です。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/11/13 06:00
コメント:

管理者のみに表示