fc2ブログ

何でこう馬鹿なのでしょうね。

爆弾酒
写真を整理していたら韓国のお酒が出てきました。
爆弾酒とか呼ばれるソジュとビールを混ぜたお酒です。
薄いビールにアルコールを追加して呑むというお酒の楽しみ方が一切判っていない飲み方になります。
そもそも味の違いって判ってんのかな?と思っていますけど、本人たちは酔えればいいって感じなんでこのような飲み方が流行るんでしょうね。
ゆっくりとお酒を楽しむという余韻を知らないお子様のような飲み方です。
まあ、そんな話題は置いて於いて、久々に韓国の話題に触れましょうね。

さて、韓国が一方的に約束をやぐり続けているにも関わらずなんの対応もしない事に対して日本は突っぱねています。
首相、韓日議連会長と面会 徴用工問題「韓国側が考え方示して」
 菅義偉(すが・よしひで)首相は13日、来日している韓国の国会議員でつくる韓日議員連盟の金振杓(キム・ジンピョ)会長らと官邸で面会した。首相はいわゆる徴用工問題を念頭に「日韓関係は厳しい環境にある。関係改善を図っていくことをわれわれは考えているが、韓国側に考え方を示してほしい」と述べた。
 金氏は「韓国側としても、日韓両首脳が決断しやすい環境作りを目指していきたい」と応じた。面会後、同席した日韓議連の額賀福志郎会長が記者団に明らかにした。

自分たちが問題を作っているのに解決の道筋を作ってほしいという韓国勢
いい加減自分の尻は自分で拭えって感じですよね。

出稼ぎ労働者訴訟にて三権分立が~とかほざいていた韓国の法務省は検事総長の職務を停止させました。
これって司法介入じゃないのかな(笑)
韓国法相 尹検事総長に職務執行停止命令=尹氏「法的に対応」
【ソウル聯合ニュース】韓国の秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官は24日に記者会見を開き、尹錫悦(ユン・ソギョル)検事総長の懲戒を請求し、検事総長の職務について執行停止命令を出したと発表した。法務部長官が現職の検事総長に対し、職務の執行停止を命じたのは初めて。
 秋氏は「これまで法務部は検事総長のさまざまな不正疑惑に関して直接検証を進め、その結果、深刻かつ重大な不正を多数確認した」と説明した。
 職務を停止した理由として、報道機関の代表との不適切な接触や、総合編成テレビ局「チャンネルA」の記者が検察高官と親密な関係にあることをちらつかせ、文在寅(ムン・ジェイン)政権の有力者らと親交があるとされる人物に与党有力者の不正情報を提供するよう脅迫した事件の捜査妨害など、六つを挙げた。
 秋氏は「今回の懲戒請求に含まれていない他の不正疑惑についても厳正に真相を確認する」とし、「検事総長の不正を予防できず、迅速な措置が取れなかったことで、国民に心配をかけて申し訳ない」と述べた。
 一方、尹氏は秋氏の記者会見直後にメディア向けにコメントを出し、「検察の政治的中立を守るため、これまで一点も恥じることなく検事総長の任務を全うしてきた」とし、「違法・不当な処分に対し最後まで法的に対応する」と強く反発した。

韓国ですねっていうだけしかありません。
誰が大統領になっても最終的には逮捕されている現状を考えると韓国ですねってしか言えませんね。
まあ、いつもの事です。李氏朝鮮時代から全く変わりのない国民性ってやつでしょうね。

まあ、在日日本大使にこんな奴を選ぶような奴らです。基本的に姑息なのですよね。
【独自】駐日大使内定の姜昌一氏「態度変えたのではなく、日本の偽ニュースに釈明」
 次期駐日大使に内定した姜昌一(カン・チャンイル)氏(前・共に民主党議員)は2日、アグレマン(駐在国の任命同意)が出る前に日本メディアと接触して日本に関する自身の過去の発言について釈明したことに関連し「日本で私に関する不正確な記事やフェイクニュース、憶測が流れており、それを正すために日本メディアに事実をそのまま説明したものだ」と明らかにした。

■自国で報道されたニュースを信頼できますか? 韓国は最下位、日本は…
 これは、姜昌一が本紙との電話インタビューで「一部では、(私が)駐日大使に指名されたことで態度を変えたと言っているが、これには同意しない」とした上で述べたものだ。姜昌一氏が先月23日に次期駐日大使に内定して以降、国内メディアのインタビューに応じたのは今回が初めてだ。
 姜氏は今月1日、ソウルに駐在する日本の特派員との懇談会を開催し、ロシアと日本が領有権をめぐって争う「クリル列島(日本名:千島列島)」や「日王・天皇の呼称」の問題に関する過去の自身の発言について、積極的に釈明した。大使内定者がアグレマンの前に赴任国のメディアと接触し、釈明に乗り出すのは異例のことだ。
 姜氏は「2011年にクリル列島の国後島を訪問し『日本が第2次大戦で敗れ、ロシアに島を奪われ占有された』という趣旨の話をしたが、十分に伝わらなかった」として「クリル列島はロシアの島と言ったわけではない」と述べた。その上で「このように事実と異なる内容が日本で広まっているため、ソウルにいる日本の記者たちを招待して事実を説明したものだ」と釈明した。
 姜氏は「天皇」という呼称に関しても「大学教授時代から私は、日本の国王は世俗的な政治権力の意味よりも宗教的側面があるため、日本語の通り「天皇(てんのう)」と呼ぶべきだと主張しており、実際に今もそのような立場だ」として「ただし政治家であるため、日王と呼んできた」と述べた。その上で「しかし今後は政治家ではなく大韓民国政府の大使になるので、わが政府の公式な呼称に従って日王を天皇と呼ぶべきだと日本メディアに述べた」と説明した。
 姜氏は、最近韓国政府が対日関係改善に対する努力を一段階強めたことに関して「来年は日本で東京五輪もあり、バイデン(米次期)政権も韓米日の円滑な関係を望んでいるため、ここにきて政府の対日外交が急激に動き出している」と説明した。
 姜氏は「政府は、韓日関係を改善する意志が明らかなように思える」として「私も自分が駐日大使に内定したという知らせを聞いて本当に驚いた」「率直に言って私はいわゆる『親文』(文大統領の熱狂的支持者)ではないじゃないか」と述べた。その上で「政界にいるときは、政府側に対日外交政策に関して苦言を呈することも多かったし、常に韓日関係を正常化しようという立場を取っていた」として「韓日の問題に関しては、私と政府は非常にいい関係というわけではなかった」と述べた。
 姜氏は「それにもかかわらず私を駐日大使として派遣しようと決めたということは、日本との関係を正常化しようという文在寅(ムン・ジェイン)大統領の意志が強いという意味だと考えられる」として「朴智元(パク・チウォン)国家情報院長が訪日したこと、私を駐日大使に内定したことなど、この一連の状況は韓日関係を打開したいという意志が反映されたものと考えられる。『姜昌一・駐日大使』が正にそのメッセージの一つ」と述べた。

人を敬う事が出来ない人間が敬ってもらえると思わない事ですね。
言い訳ばかりして何の開設策も持ってこない奴らです。何考えて生きているのでしょうね。

で、だ、韓国では日本の開発した農作物が人気になっているそうです。
“日の丸サツマイモ”韓国で人気 日本から密輸 無断で栽培
25日は、「韓国に密輸された日本のサツマイモ」を、FNNソウル支局・渡辺康弘支局長がお伝えします。
韓国では、「べにはるか」という日本が開発した品種が人気なんですが、実は、日本の品種開発者には使用料が1銭も支払われることなく、韓国で無断栽培されているんです。
いったいなぜなのか、ポイントは「法律改正で日本ブランドは守れるか?」です。

ひとえに韓国人に著作権問う考えが欠落しているってだけの話です。
その為に種子改正法案が可決されました。いろいろと異論はありますが、開発品を守るために必要な法案です。

なんだかんだと言って我儘な朝鮮人達、
いい加減に判らせてあげましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/12/09 06:00
コメント:

管理者のみに表示