FC2ブログ

男を下げた維新の会

129577394_2809995255987429_5658744900712718941_n.jpg
大阪が医療崩壊しそうという情報が飛び交っていますけど、世界的に見て陽性反応者の数は低迷しています。
なのになぜ医療崩壊しそうなのでしょうか?他の国ではそのような話は出ておらず、陽性者反応が出る人間は急速に増えています。
医療関係者に疲れを訴える人も出ており、それをマスゴミが騒ぎ立てて維新の会が口先だけの対応をしているのでしょうね。
そんな中、大阪都構想とかいう感染拡大に寄与した選挙をやった維新の会、万死に値するって感じですね。

さて、そのような状態でありながら情報の精査が出来ない素人専門家が幅を利かせています。
【花田紀凱の週刊誌ウオッチング】〈800〉コロナ「専門家」が多過ぎる!
 だいたい一国の総理が桜を見る会前夜祭の収支まですべて把握しているハズもないだろう。秘書な任せているに決まっている。
 政治資金収支報告書の修正、せいぜい会計責任者の略式起訴程度で終わる話。そんなに大騒ぎする話か。
 『週刊文春』(12月10日号)は「本誌だけが書ける『桜捜査』全内幕 安倍『秘書のせい』3つの嘘」と居丈高。
 だが、黒川弘務検事長定年延長も、8月28日の安倍晋三総理辞任表明も〈現職首相として、捜査のメスが入るという最悪の事態を切り抜け〉るためのように書くのは強引過ぎる。
 今井尚哉内閣官房参与をつかまえて「国民は『安倍さんは嘘をついていた』と受け止めるのでは」と直接、聞いているのはさすが。
 今井氏の答え。
 〈「事務所から明確に『(ホテルへ)支出はない』と回答があった。僕の認識では、安倍さんも確たる思いで答弁されていたはず」〉
 コロナ問題では『週刊新潮』の一貫した「恐れ過ぎ」報道が際立つ。
 今週(12月10日号)も「報道されない『高齢者の死亡率激減!』 演出される『医療崩壊』」と題し〈これはもはや人災である〉と断定。
 〈結論を先に言えば、いまの日本の感染状況で医療崩壊するとしたら、どうかしている。(中略)要は、医療側の受け入れ態勢を整えずに、飲食店に尻拭いを強いている、と言っても過言ではない状況である。〉
 詳しくは記事をお読みいただきたい。
 『文春』は「『コロナは怖くない』を徹底検証する」と逆方向から迫る。
 両誌、全く別の医師たちに聞いている(ひとりもダブっていない)ので、正直、どちらを信ずべきか難しい。

結局自分で調べて結論を出さないと意味ないですね。
専門家と言いながらデータを確認しない人も多いです。なんせ医師会会長がPCR検査のCt値が他国と違う事について知らないとか平気で言うからです。

まあ、そんな中論文すら読めないような人が総理に期待していたと言っても誰も信じませんね。
立民・福山幹事長「菅内閣、期待から失望に」
 立憲民主党の福山哲郎幹事長は4日、菅義偉内閣の発足後初めての国会論戦が行われた臨時国会を振り返り、「菅内閣のデビューは期待から失望に変わった。とても残念に思う」と語った。国会内で記者団の取材に応じた。
 立民など4野党による会期延長の申し入れは、衆院で与党などの反対多数で否決された。福山氏は「新型コロナウイルスの感染拡大の中、わずか41日間で(国会を)閉じることは到底納得できない。厳しい国民生活への手当てなど審議をしなければいけないことは山ほどある」と政府・与党を批判した。

普段は審議拒否をして仕事してないのにこんな時だけ仕事してますアピールですね。馬鹿ですね。本当に馬鹿ですね。
憲法審議会を今まで邪魔してきた民主党、自衛隊に誇りを持ってもらえるような体制にしていかないといけないのに何もしていないですね。
なんでこんな奴らが国会議員なのでしょうね。

そういえば自衛隊の初任給を上げるための法律に反対している勢力が自衛隊を便利な道具として使おうとしています。
岸防衛相、自衛隊看護師派遣「要請をそのまま受け入れるのは困難」
 岸信夫防衛相は8日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大で医療体制が逼迫(ひっぱく)している大阪府と北海道旭川市に対する自衛隊の看護師派遣に関し「医療支援の内容について、具体的な調整をしている」と述べた。
 その上で「(自治体からの)要請をそのまま受け入れるのはかなり困難を伴う」とも指摘し、派遣規模を絞り込む考えも示唆した。

この大阪府への派兵ですが自衛隊出身の髭の隊長はこのように吉村に対して注意しています。
自衛隊派遣要請に「便利屋ではない」“ヒゲの隊長”が大阪・吉村知事に苦言
防衛省は北海道旭川に自衛隊看護官を派遣
東京では8日、新たに352人の新型コロナウイルスの感染が確認された。一方、北海道は旭川市への自衛隊派遣を要請。これを受けて防衛省は北海道に災害派遣命令を出した。

岸信夫防衛相:
北海道に対する応急的な医療支援が必要との判断に至ったことから、早ければ12月8日中にも災害派遣により自衛隊の医療支援チームを派遣することと致しました。
防衛省は国内最多となる病院クラスターが確認されている北海道旭川市に対し、自衛隊看護官を派遣することを決定した。
その旭川市では、12月8日も過去最多となる50人の感染と6人の死亡が明らかになった。
防衛省は15日からの運用を前に、看護師が50人ほど不足している「大阪コロナ重症センター」にも自衛隊看護官を派遣する方針だ。

岸信夫防衛相:
医官・看護師等の人的支援を許す限り支援を提供し、重症者・死亡者の発生を可能な限り食い止める。
自衛隊看護官どのような存在なのか
では、医療現場に派遣される自衛隊看護官とはどのような存在なのか?
看護官が所属する陸上自衛隊衛生科の職業紹介動画では、ヘリコプターによる患者の移送や治療など有事に備えた訓練が繰り返し行われていた。
実際に看護官として10年間働き、大学病院での勤務経験もある女性は一般の看護師との違いをこう語る。

元自衛隊看護官・大久保美帆さん:
危機管理はやはり一般の病院の方よりかはできているとは思います。どんどん臨機応変に作戦を変えたりということは訓練でも有事の際でもそうなっていますので、慌てたりというのはそこまではないと思うのですけれど。
これまでも自衛隊はダイヤモンドプリンセス号への対応に約2700人を派遣。また。クラスターが起きた沖縄県の病院支援や中国武漢からの帰国者らへの対応に当たってきた。
こうした活動における自衛隊の感染はゼロだ。

自衛隊の派遣要請について大阪府の吉村知事は「最後の手段」と危機感を示している。
大阪府・吉村知事:
自衛隊が最後の手段なわけですから、最後の手段のお願いもしているので。
しかし、大阪府の派遣要請に”ヒゲの隊長”こと陸上自衛隊出身の佐藤正久議員が「自衛隊は便利屋ではない」と苦言を呈した。「何人でもいいからではなく、この病院に看護師約何人とか、施設消毒等具体的なものが必要」と必要な人員などを具体化してから要請すべきと指摘した。
これに対し吉村知事は「便利屋と思ったことは一切ありません」と反論し、防衛省とは水面下で調整を進めており、会見では具体的な数に触れなかっただけだとした。

そして8日の会見でも…
大阪府・吉村知事:
便利屋かと僕が思っているかのごときのツイートだったので、「やっぱりそれは違いますよ」ということは申し上げた方がいいかなと。僕らはお願いしている側なので、どういう思いでしているのかというのは誤解があってはいけませんから。
看護官の派遣で逼迫する医療体制をどこまで立て直すことができるのか?派遣は12月8日にも始まる。

平時にぎりぎりで運営しているので緊急時に破たんするのは判り切っていた事です。
でも、その対策を行わないのが維新の会です。コストカットで利益を上げる事を命題として掲げている事がそもそもおかしいのですよ。
何考えてやっているのでしょうね。

そして因果関係が判っておらず、もっと問題である外国人の入国緩和に言及しないのが維新の会です。
吉村洋文知事 大阪府のGoTo一部除外に「今の状況では延長すべきと考えている。国が最後、決めること」
 大阪府の吉村洋文知事(45)が9日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)にリモート出演。政府の「Go To トラベル」事業から、大阪市発着の旅行が15日まで一時除外されていることについて言及した。
 吉村氏は「今は社会経済を動かすことが非常に大事。感染症対策も大事。そこのバランスが非常に大事なんですが、今は大阪においてはブレーキをかける時期だということで大きく方針決定しているし赤信号もつけている状況なのでGoToについては今の状況では延長すべきと考えている。国が最後、決めることですが」と述べた。
 また、15日まで同市の北区、中央区の酒類を提供する飲食店に午後9時までの時短営業を要請していることは「時短要請については別の判断もある。そこは1つ1つ丁寧に判断していきたい。感染状況を見て判断したい」とした。

あくまでも自分は責任ないって感じですね。で、知事としての責任はどう考えているのでしょうね。
まあ、私は維新の会嫌いですし、どうでもいいのですが、故郷の大阪が破壊されるのを見ていて良い気はしません。

議会で創価学会と手を組んで大阪のお金を奪い取ろうとする維新の会、いい加減にしてもらいたいものですね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



国防 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2020/12/16 06:00
コメント:

管理者のみに表示