FC2ブログ

日本と断交したがっている韓国

65968046_2250270465088295_6989474278219448320_n.jpg
韓国の危機を助けてきた日本、大東亜戦争の際に一緒に戦い勝利できなかったことからの償いなのでしょうけど、日本は韓国が困った際、常に手を差し伸べてきました。
それに増長した韓国は困ったら日本が助けてくれると考えて無茶な事をしては日本にしりぬぐいさせてきましたね。
日本は手のかかる弟って感じで助けてきましたが、最近はいい加減に我儘言うなと突き放してきました。
その結果、にっちもさっちもいかなくなった韓国は他の国にも迷惑をかけるようになりましたね。
でも、日本は韓国を助けようとはしません。甘やかしてはいけないという考えがあります。
その結果が今の戦後最悪の日韓関係に繋がっていると思います。

さて、その事で困るのは在日朝鮮人って事のようですね。
このコロナ禍で200人の集会を行って創価学会なども動員された会合に出席していた民団の代表がこんなことを言っています。
「民団の建物に石が飛んできて…僑胞の死活かかっている」
呂健二民団団長インタビュー
 12日、東京都内の帝国ホテルで在日僑胞社会を代表する在日本大韓民国民団(民団)の新年会が、200人余りが出席した中で開催された。新型コロナウイルス緊急事態宣言が出た状況にもかかわらず、日本側からは連立与党を組む公明党の山口那津男代表、日韓議員連盟の額賀福志郎会長ら与野党の中堅議員19人が出席した。しかし、新年会には昨年とは異なり、文在寅(ムン・ジェイン)大統領のビデオメッセージがなかったほか、南官杓(ナム・グァンピョ)駐日大使の姿もなかった。
 呂健二(ヨ・ゴニ)在日本大韓民国民団(民団)中央本部団長(73)は同日、新年の辞で、韓国の裁判所の慰安婦賠償判決後、「日本で暮らしている100万人の在日僑胞の生活と未来が再び不安になるのではないか」と強い口調で不満を口にした。「最近の状況は1973年の金大中(キム・デジュン)拉致事件以降で最悪だ。日本で暮らす私たちは安定した生活を望んでいる」と韓国政府が一日も早く問題解決に乗り出してくれるよう促した。韓国政府から毎年80億ウォン(約7億5700万円)の支援を受けている民団の団長が、新年会で公に不安を訴えるのは珍しいことだ。13日、民団団長事務室で同団長に会い、その理由を尋ねた。

以下省略
在日朝鮮人が嫌われている理由はすぐに暴力に訴える事ですね。
昔から粗暴で人に迷惑をかけて特権を得ようとしていた事が今でも嫌われる理由です。100万人もいて42万人が生活保護って噂があるくらいですもんね。そんな人間を日本に住まわせる理由は何があるのでしょう。
という背景が嫌われている理由の一つになります。

このように日本の教育方針に従っていないで権利を受ける資格がないのにごねれば何とかなると考えている思考回路も嫌われている理由の一つになります。
コロナ給付金 なぜ私たちは「線の外側」なのか 朝鮮大学校生の訴え
 新型コロナウイルスの影響でアルバイト収入が減少するなど、学生も厳しい生活を余儀なくされている。政府は困窮した学生への支援策として最大20万円を支給しているが、全ての人に公平に行き届くわけではない。中でも厳しい状況に立たされているのが、朝鮮大学校に通う在日朝鮮人の学生たちだ。支援の枠外に置かれ、申請すらかなわない状況が続く。これは妥当な線引きなのか。【金志尚/統合デジタル取材センター、後藤由耶/写真映像報道センター】

「各種学校」理由に申請認めず
 「失望と怒りがこみ上げてきます」
 東京都小平市にある朝鮮大学校のキャンパス。政治経済学部で学ぶ4年生の李(リ)さん(21歳、女性)が深いため息をついた。バッシングやヘイトスピーチが懸念されるため、名前は名字まで、顔出しはしないという条件でインタビューに応じてくれた。
 コロナ禍を受け、政府は昨年5月、大学生らの学習環境を支えるための「学生支援緊急給付金」を創設した。バイト収入が5割以上減り、学費の支払いが難しくなった学生のうち住民税非課税世帯に20万円、それ以外の学生には10万円をそれぞれ支給している。対象は国公私立大(大学院含む)▽短大▽高等専門学校▽専門学校▽法務省告示の日本語学校――で、制度設計を担った文部科学省は「最大限枠を広げた」と強調する。約530億円の予算を確保し、留学生を含む対象者を計約43万人と見込んでいる。
 だが、この中に朝鮮大学校の学生は入っていない。「各種学校」に分類されることを理由に、政府が申請自体を認めていないからだ。李さんの怒りの矛先もこの「門前払い」に向かう。「コロナによる不安や悩みは私たちも日本…

学校と言う教育機関ではないのに申請して通るって考える方が理解不足です。
大学生になってもその事が判っていない方がおかしいのではないでしょうか?
留学生に甘い対応をしている事もおかしいと言われているのに対象外である私塾に行っている人を対象に出来るわけありません。
そんな事すら理解できないのでしょうね。いい加減にしてもらいたいものです。

本当に朝鮮人の動きを見ていると日本と断交したがっているとしか思えません。
先日批判が殺到した次期在日韓国大使がこんなことを話しています。
日韓「共存共栄へ努力」 韓国新駐日大使の姜氏
【ソウル時事】韓国の姜昌一・新駐日大使(68)は17日、赴任前に日本メディアとオンラインで記者会見し、日韓関係は「1965年の国交正常化以降、最悪の状況だ」と指摘した上で「『共存共栄』の未来志向の関係構築という任務を受け、使命感を持って努力していく」と述べた。
 元徴用工や元慰安婦問題をめぐって悪化した日韓関係は改善の糸口が見えない状況だ。こうした中、姜氏は文在寅政権下で3人目の大使として22日に着任する。
 文大統領は14日、姜氏と面会し、関係発展で役割を果たすよう期待を表明。姜氏によると、文氏は懸案に関し、日韓当局が対話を通じて解決策を用意すべきだと強調する一方、東京五輪開催など「協力すべき部分はしていくべきだ」と話した。

日韓当局が話し合いを通じて解決すべきと言うのはいいのですが、努力すべき韓国がこの状態では何の説得力もありませんね。
「日韓」間で交わされた条約を破ることを気にしない「文在寅」にならう韓国の裁判所
韓国の個人請求権は日本には関係ない
 国家間で交わされた条約が重い意味を持つことは誰もが理解していることだが、韓国に限ってはそうでもないようだ。文在寅政権になってその傾向はエスカレートし、過去の政権時の裁判所の判断をひっくり返し続けている。

略奪や人権蹂躙を行ったのだろうか
慰安婦支援活動には注力してきた
 日本は国際慣例に従って「日韓併合条約」は基本条約が発効した65年12月から将来に向かって無効になると考えるが、韓国は1910年に遡って条約の締結自体が無効だと主張する。
 合法的に締結された約定の破棄を厭わない、韓国独自の解釈である。
 そもそも日本は略奪や人権蹂躙を行ったのだろうか。
 日本による統治を韓国は植民地支配だと主張する。
 ある国が他国を支配する目的と手法は大きく2つに分けられる。
 まずは、本国と異なる制度が導入される1国2制度で、支配国は武力や買収、懐柔などによって他国の支配権を手に入れる。
 被支配地、すなわち植民地は本国の利益のために存在し、一般に資本の投入は最小限に抑えられる。
 現在、カナダやオーストラリア、ニュージーランドなど英連邦の独立国は、独自の憲法や自治権を有するが、国家元首は英国王で、英国から派遣された総督が国王を代行する。
 現在、総督の権限は儀式程度にとどまるが、本国が連邦の国々に関与できる一方、かつて植民地だった連邦各国は英国の政治に関与できない。
 もう一つは領土拡大だ。植民地と同様の手段で手に入れた被支配地域を本国に近い水準まで引き上げて編入する1国1制度で、主にフランスが採用している。
 カリブ海のマルティニークやフランス領ギニアなど、かつてのフランスの植民地は海外県としてフランス国会に議席を持ち、本国政治に関与する。
 日本も1国1制度が基本である。
 明治政府は琉球国を併合し、また江戸幕府が一部を支配していたアイヌの居住地をなし崩し的に併合した。
 琉球国を沖縄県、アイヌの居住地を北海道として本国に編入し、明治時代の半ばまでに本国と同じ制度を導入、1国1制度を整えた。
 韓国や台湾の併合も同様だ。

 朝鮮半島を支配下に置いた後、学校を建設して教育を施し、インフラを整備したが、最終目的は編入で、当時の日本政府は、日本人と朝鮮人の結婚を奨励して同化政策を推し進めた。
 朝鮮人が日本の良民となることを求めた政府が、その朝鮮人を搾取対象とすることなどありえないのである。

隠蔽と歪曲、無理を通せば…
『反日種族主義』の共著者である李宇衍(イ・ウヨン)が著した『ソウルの中心で真実を叫ぶ』によると、「欲しがりません勝つまでは」「贅沢は敵だ」というスローガンを掲げた当時の軍事政府は、国民に貯蓄を奨励し、朝鮮人を含む労働者の賃金の一部を強制的に貯蓄させた。
 多くの朝鮮人が現金収入を求めて募集に応じ、炭鉱労働に従事したが、過酷な労働に耐えかねて、逃げ出した者も少なくない。
 さらに、日本がポツダム宣言を受諾して、敗戦が決まると職場を離れて帰国する人が続出した。
 退職積立金や強制貯金など、退職に伴う金銭を受け取らずに帰国した不二越の労働者は485人に上り、同社は未払い金9万325円24銭を供託した。
 正規の手続きで退職すれば、賃金や退職金、強制貯金は支払われたが、夜逃げ同然で行方知れずとなった労働者に支払うすべはない。
 不二越の供託金は1人平均186円余りで、現在価値に換算すると37万2000ウォンだ。
 先述の通り、その270倍の支払いを命じる判決が下されたわけだが、未払い金はいうまでもなく日韓請求権協定で消滅している。
 元朝鮮半島出身労働者や元慰安婦が日本にカネを要求し、韓国の裁判所が認める背景に、隠蔽と歪曲、無理を通せば道理が引っ込む韓国社会の悪癖がある。
 韓国政府は、「65年の日韓基本条約で日本から支援を得たことと請求権が消滅したこと」を国民に知らせなかった。
 基本条約の締結に際し、日本は統治によって被害を受けた韓国人に直接補償を行うと提案したが、韓国側は韓国政府に一括で支払うことを要求し、日本側はこの要求を受け入れた。
 日本が個人への補償金を支払ったことが明るみに出ると韓国政府は、国民に補償金を支払うことになる。
 韓国政府は補償金を日本から受領したことを隠蔽して、産業育成やインフラ整備、国の事業に流用した。

裁判官の心に訴えるか否か
炭鉱に徴用された朝鮮人と紹介されたが、後に大半が日本人と判明
 韓国政府が交渉関連の外交文書を全面的に公開したのは、締結から40年経過した2005年だった。
 公開した盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権は首相の傘下に設置した特別な組織を通じ、「強制動員被害者は協定で解決済みだが、日本軍慰安婦や原爆被害の賠償請求権は未解決だ」という独特の解釈を明らかにした。
 以後、朴槿恵(パク・クネ)政権までは、日本製鉄や不二越など、労働者の補償問題は請求権協定で解決済みという立場を韓国政府は維持してきた。
 しかし、文在寅(ムン・ジェイン)が大統領に就き、韓国最高裁はこれをひっくり返したことになる。
 筆者はかつて、韓国人の法律家に韓国の裁判について聞いたことがある。
 原告と被告のいずれが正しいかという客観的な事実は2の次で、いずれの主張が裁判官の心に訴えるか否かで判決が下される例が多いという話だった。
 日本は日韓請求権協定を掲げるが、韓国の裁判所は、国家間で交わされた約定反故を厭わない弁護士出身大統領に倣っている。

こんな無茶苦茶な事を平気で行っている文大統領、国家間の約束を守ろうとしないいい加減な事をやっているのです。
それでいて日本からの支援金を集ろうとしているtが如くいちゃもんを付けているのです。

そんな無茶苦茶な韓国に対して擁護してきた日本のマスゴミもいい加減に三下り半を突き付けるようになりました。
ブレーキなき文在寅政権
 いわゆる日本軍慰安婦の実態については近年、韓国でも客観的な研究が進んでいる。例えば、古書店に埋もれていた朝鮮人慰安所経営者の日記(1次史料)からは、週末の映画観賞など日常生活の一端が読み取れる。
 そうした中、日本政府に韓国人元慰安婦への損害賠償を初めて命じる判決を8日、ソウル中央地裁が下した。国家は他国の裁判権に服さない「主権免除」という国際ルールに反した判決は、韓国内でも物議を醸しているという。
 私が特に「おや」と思ったのは、判決文に「事実認定」と呼ばれる最も基礎的な部分が見当たらないことだ。
 原告12人のハルモニ(おばあさん)がいつ、どこで、誰に、どのように慰安婦にされたのか。日本政府からどんな損害を被ったのか-である。
 裁判所は、判決全文ではなく、内容を要約した要旨を公表した。その冒頭に、強いて言うなら事実認定に当たる部分を短く、原告側の請求内容として記している。<原告らは日本帝国に誘拐や強制移動させられ、慰安所で暴力、拷問、性的暴行を受けた>
 大雑把に過ぎる。日本軍関係者を名乗る吉田清治氏(故人)による慰安婦狩り証言などが影響していると考えざるを得ない。1980年代以降、日本の一部メディアが取り上げながら、事実無根であることが後に判明した証言だ。
 もし細かい事実認定をしているのなら堂々と公表すればよい。日韓の歴史認識を巡っては、これまで多くの場合、ファクト(事実)は、ないがしろにされてきた。
 判決後には、不可解なことが起きた。5日後に予定された同趣旨の訴訟の判決言い渡しが突然、延期された。韓国紙は、主権免除を認めなかった判決が米国などでも報じられたことに慌てたのではないか、との見方を伝えた。
 慰安婦への賠償は、日韓請求権協定(1965年締結)の交渉過程では韓国側も求めなかった。公娼(こうしょう)制があった戦中の商行為で、給料も支払われていたため補償問題として認識されなかったからだ。
 だからこそ日本は、人道的立場から政府主導で基金をつくり、村山富市氏ら歴代首相が一人一人に謝罪の手紙を送り、2015年の日韓合意では10億円を支出した。
 全て承知の上での今回の判決だろう。文在寅(ムンジェイン)政権は三権分立にのっとり、司法判断を尊重するという。ならば聞く。徴用工訴訟で判決を遅らせたとして、韓国前最高裁長官の逮捕を許したのは誰か。
 これ以上、日韓関係を悪化させて何が面白い。 

妄想だけで日本を貶めている韓国政府、大統領、韓国国民
それを庇ってきた日本のマスゴミもとうとうあきれ返ったと言う事でしょうね。
そのような人間達を、我儘な人々を誰が助けようと思うのでしょうか?
いい加減にしてもらいたいものですね。

誰からも見捨てられた韓国、断交を願っているとしか思えない行動
いい加減自立してもらいたいものですね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2021/01/21 06:00
コメント:

管理者のみに表示