「原爆投下は神の罰」

先日このような新聞記事が出たことは記憶に新しいと思います。
「原爆投下は神の罰」
この記事に対しあまり動かないと評判の外務省、大使館が抗議を上げました。
原爆投下は神の罰」、記事で無差別爆撃を支持 日本大使館抗議
 【ソウル=加藤達也】韓国の中央日報が日本への原爆投下を「(神の)懲罰だ」とする記事を掲載し、在韓国日本大使館は22日、同紙に抗議した。
 問題の記事は20日付で、安倍晋三首相が東日本大震災の被災地視察で航空自衛隊松島基地を訪問した際、操縦席に座った空自機の番号が「731」だったことを取り上げ、細菌兵器を研究したとされる旧日本陸軍の部隊名称と同一だとして非難し、日本の反省が足りないと主張する内容だ。
183624_393245090788914_582776185_n.jpg

 さらに、大規模空襲や原爆投下を神による「過酷な刑罰」としたうえで、第二次大戦末期のドイツ・ドレスデンへの空襲を「ユダヤ人の復讐(ふくしゅう)だ」、広島、長崎への原爆投下については「日本軍国主義へのアジア人の復讐だった」と主張。非戦闘員への無警告、無差別の大規模殺傷という事実も「国家を改造して歴史を変えた」と支持している。
 記事は、「日本に対する火雷(爆撃)が足りないと判断するのも神の自由だ」と日本への軍事攻撃を肯定する主張で締めくくられている。

 執筆した同紙の金(キム)●(ジン)論説委員(53)は過去に「大韓言論賞」の受賞歴もあり、韓国では優れたジャーナリストの一人とされている。
※●=王へんに「進」


有無、原爆は神の刑罰ですか・・・
大規模空爆はアメリカ軍が行った行為ではなく神の神兵が行ったことだとでも言うつもりなのでしょうか?
ここらへんの思考回路が理解できませんね。
当時、韓国という国は存在していませんでした。朝鮮半島の人たちも日本人として一緒に戦っていました。
その事実を忘れてこのような事をかけるのでしょうか?
靖国神社には朝鮮人も2万人祀られています。
そのことを知らないのか、知っててなお冒涜してるのか・・・
200px-Prince_Lee_Woo_01.jpg
李鍝殿下は原爆に被爆して亡くなられています。
彼にも神罰があったのでしょうか?

李鍝殿下
日本統治時代の朝鮮で生まれる。1917年に興宣大院君の孫(父・李堈の従兄弟)李埈鎔の養子となり、雲峴宮の第4代宗主となる。李埈鎔が“公”の称号を保有していたことから、以降“李鍝公殿下”と呼ばれるようになる。
1922年に日本へ渡って学習院初等科に入学、その後陸軍中央幼年学校を経て、1933年に陸軍士官学校(45期)を卒業し、野戦重砲兵科に進んだ。
1935年、朝鮮貴族朴泳孝侯爵の孫娘である朴賛珠と結婚する。賛珠との間に二男(李淸、李淙)を儲けた。
1941年に陸軍大学校(54期)を卒業した。
1945年8月6日、広島に置かれた第二総軍の教育参謀中佐であった李鍝は、馬に乗って司令部への出勤途中、福屋百貨店(爆心地から710m)付近で原爆投下に遭った。鍝は被爆後もそのまま西方へ馬を飛ばしたが、力尽きて本川橋西詰(橋桁の下とも)でうずくまっているところを同日夕刻発見され、ただちに市内似島の病院に収容されたが、翌7日午後4時過ぎに死亡した。死後、陸軍大佐に進んだ。

朝鮮の公族も日本と一緒に戦いました。

物事には言ってもいいことと悪いことがあると思います。
この件はどちらなのでしょうか?
判断するのは自分です。
少なくとも私は容認できません。
かの国はどこに向かいどこへ行ってしまうのでしょうか?
わかりませんが、隣の国としては大変迷惑な存在です。他人にすがり他人を罵倒するだけの存在なんていりません。
付き合い方を考える必要があります。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2013/06/08 06:04
コメント:

管理者のみに表示