FC2ブログ

相変わらず朝鮮人です。

10154371_568183553294697_139166196_n.jpg
自分たちに自身がないのか、よく突っかかってくる朝鮮人達
一体何がそうさせるのでしょうね。
竹島を実効支配しており、不法占拠を日本に問われて反論しているも黙って至れない性格なのでしょう。
事あることに政治利用、パフォーマンスを行っては世界から糾弾されています。
日本海を東海と言って世界中に喧嘩を売ってアメリカから糾弾されたりと協調性のない国民性が露見しており、世界からは心の狭い人々という評価を頂いているようです。

そんな朝鮮人達の存在意義は何なのでしょうか?
先日も自分たちの活動が否定される事態となりました。
米政府が1952年発行した海図に「Take Shima」…「竹島を日本領と認識」
 領土問題などを研究している「日本国際問題研究所」(東京)は、竹島が日本領と記載された米政府が1952年に発行した海図を、新たに発見したと発表した。16回目を迎える22日の「竹島の日」を前に、島根県庁第3分庁舎の竹島資料室で複製を展示している。
 研究所の依頼を受け、島根大法文学部の舩杉力修ふなすぎりきのぶ准教授(歴史地理学)が調査し、昨年秋から米、英の海図や航空図を約30点収集。うち米国の古書店で購入した52年10月発行の縮尺約647万分の1の海図「北太平洋 北西部」に、「Take Shima」と日本名で記載されていた。
 今回の海図に国境線は記されていないが、日韓境界付近の地名を見ると、日本側の島々は日本名、朝鮮半島側は現地名で記されており、舩杉准教授は「米政府が当時、竹島を日本領と認識していた」とみている。
 また、海図は、日本の放棄する領土を確定したサンフランシスコ平和条約が同年4月に発効した直後に作製され、「条約の内容を反映していると考えられる」とした。竹島を日本領と記した米政府の航空図はこれまでにも複数見つかっており、舩杉准教授は「日本の主張を補強する資料が見つかった。竹島の日に合わせて、広くアピールしていきたい」と話している。
 竹島資料室は午前9時~午後5時で、火曜定休(23日は開室し、24日休み)。

李承晩が44名を殺害して不当選挙したあ竹島、しかも日本におけるr朝鮮人犯罪者の開放も要求してきたのです。
そんな朝鮮に対して軍隊を持たない日本は何もできませんでした。自衛隊すらなかった頃の話です。
事実を訴えて不法占拠している犯罪者を退治していきましょう。

その朝鮮人達ですが、人には責任を押し付けますが、自分たちの責任には無責任が基本です。
放射能が日本直撃!? 韓国の“原発危機” 「ケンチャナヨ運転」で世界トップ水準と妄信 12年の事故の損傷、未だに復旧せず
 日米の外務、防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2、16日)では、「日米韓の連携強化」が確認された。ただ、数々の「反日」暴挙を放置してきた文在寅(ムン・ジェイン)大統領率いる韓国を、そう簡単に信用することはできない。そもそも、25日に聖火リレーがスタートする東京五輪についても、隣国は最近まで「放射能五輪」などと揶揄(やゆ)してきた。ところが、何と韓国の原子力発電所自体が危険だという。ジャーナリストの室谷克実氏が衝撃の事実に迫った。
 韓国の原発が危ない。原発技術そのものの低さ、不良部品の採用、オペレーターの未熟さと、危険不感症による「ケンチャナヨ運転」(=まあいいや運転、大丈夫運転)などが重層的に積み上がっているからだ。
 韓国の原発は、釜山(プサン)市周辺に密集している。大規模事故が起きたら、日本列島は偏西風に乗った放射能に直撃される。どんな対策を講ずればいいのか、見当すら付かないが、日本政府部内から「韓国の原発の危険性」を指摘する声がまったく聞こえてこないのは不可解極まりない。
 韓国の経済界と保守系紙は、「韓国の原発技術は世界トップ水準」という“神話”に膠着(こうちゃく)されている。誰かが言い始めたウソを何十回も書いているうちに、すっかりその気になってしまっているのだ。
 反日派が「朝鮮の少女が日本軍に強制連行されて慰安婦になった」と大声で叫んでいるうちに、学術的疑問すら拒否する“慰安婦神話”が出来上がったのと同じメカニズムだ。
 韓国の原発の国産化率は6割程度だ。核心部品は国産化できていない-。この1点だけ見ても「原発技術は世界トップ水準」とは大ウソと分かりそうなものだが、“神話”にドップリ漬かっていると分からないらしい。
 中央日報(2021年3月9日)の「韓国原発、大規模な地震・津波・戦争でも安全」という見出しの記事の背後にも“神話”が脈打っている。
 昨年9月には、台風14号の影響で、韓国の原発24基のうち、13基が停止した。発電所内部と周辺の送受電線に海水の塩分が付着したためだ。原発は冷却水排出のため、海岸線に造られる。だから塩害防止措置は基本中の基本だ。が、事実として塩害から守れなかった。
 ところが、台風の直後、中央日報(20年3月10日)は「原発が自動で停止したのは正常稼働していること」とするソウル大教授の見解を伝えた。
 19年5月のハンビッ原発事故では自動停止しなかった。「10日午前10時30分。制御棒制御能力測定試験中に原子炉の熱出力が事業者の運営技術指針書制限値の5%を超過して約18%まで急増。午後10時2分になってようやく原子炉を手動停止」
 これも中央日報(19年5月21日)の記事だ。あの時に比べたら「正常」とでも言いたいのだろうか。
 19年の記事には、「関連免許がない職員が制御棒を操作した」「当時の現場運転員は関連規定を熟知していなかった」とある。驚くべき危険不感症、「ケンチャナヨ運転」が行われているのだ。
文政権は「脱原発」を掲げながらも、「韓国の原発技術は世界トップ水準」という“神話”は否定していない。それで、「優秀な韓国原発の購入を」と世界でセールス活動をしている。その点、左翼紙ハンギョレは“神話”を明確に否定している。
 「台風のたびに原発不安」(21年3月12日)は、中央日報の「…戦争でも安全」の記事を完膚なきまでに打ちのめしている。
 長文のため紹介しきれないが、例えば、「12年に月城(ウォルソン)1号機に濾過(ろか)排気装置を設置するための基礎工事の過程で、使用済み核燃料プール下部の遮水幕に穴が開く事故が起きた。この損傷部はいまだに復旧されていない」。読むほどに背筋に冷たいものを感じる。
 文政権の「韓国内での脱原発」は、廃炉第1号決定過程での経済性データの捏造(ねつぞう)疑惑、風力・太陽光など電力補完策の失敗で揺らいでいる。
 日本政府はとりあえず、「危険な韓国原発」をしっかり監視し、その結果を随時、日本国民に公表すべきだろう。(室谷克実)

相変わらずの国ですよね。いい加減な国ですよね。本質を考えないで騒いでいるだけの下らない国ですよね。
いい加減な国に対してしっかりと反論していくことが必要でしょう。

そんないい加減な奴らがいまだ外国人として特権をもらっているほうがおかしいのです。
そのおかしな民族がこんな映画を作って差別を訴えているそうですが、そもそも3代にわたって外国人が日本に居座っているのもおかしいですし、日本人と義務が違うので権利が違うのは当然の事です。
“在日コリアンとして生きる” 映画で伝える
京都の在日コリアンの大学生たちが自主映画を製作しました。
映画に登場するのは、日本の友人の何気ないひと言に傷つきながらも、自分のルーツと向き合い続ける在日コリアンの若者たち。
主人公を演じた、男子大学生の思いを取材しました。

自分たちの歴史に誇りが持てないので自信につながらない、なので傷つくって事ですよね。
所詮、在日朝鮮人は外国人であり日本人ではありません。
そんな当たり前の事で傷付く方がおかしいと言う事が判っていませんね。
このような勘違いを糺さない事には朝鮮人はいつまでたっても受け入れられません。
何故なら自分たちが日本の文化を受け入れていないからです。

朝鮮人達のラフプレーで日韓友好試合が台無しになったケースもあります。
「マナーすらない」 韓国MF、冨安顔面流血の“ラフプレー”を母国批判「国民が激怒」
 森保一監督率いる日本代表は25日、国際親善試合で韓国代表と対戦し、3-0と圧勝した。センターバック(CB)で先発フル出場を果たしたDF冨安健洋(ボローニャ)は無失点に貢献したが、後半23分に相手選手が振り上げた手が顔面に直撃し、口を裂傷する場面があった。韓国メディアは「マナーすらなかった」と取り上げている。
 欧州組も招集される日韓戦は、2011年8月の国際親善試合(3-0)以来、約10年ぶりとなった。冨安はDF吉田麻也(サンプドリア)とCBでコンビを形成して先発出場。試合は前半17分にDF山根視来(川崎フロンターレ)、同27分にFW鎌田大地(フランクフルト)、後半38分にMF遠藤航(シュツットガルト)がゴールを奪い、クリーンシートで完勝した。
 そんななか、0-2で迎えた後半23分の場面に韓国メディアが注目。韓国が日本陣地に攻め込んだ際、MFイ・ドンジュン(蔚山現代)の振り上げた手が冨安の顔面に当たり、冨安は口を抑えながら転倒。流血が確認されたため、一時的にピッチを離れることになったが、大事には至らず、数分後にピッチへと戻った。
 この場面を受け、韓国メディア「WIKITREE」は「マナーすらなかった。韓国選手のパンチで日本選手が負傷」と見出しを打ち、「冨安はイ・ドンジュンの腕が当たって倒れた。血を流し、歯が折れていないか確認する素ぶりも見せていた」と、状況を説明した。
 また、「このシーンはすぐさまネットで拡散され、韓国国民が激怒した。『マナーすらなかった』『恥晒しだ』『なんであんなことするのか』『親善試合でこれはなんだ』と怒りを吐き出していた」と言及。対戦相手を負傷させる振る舞いに、母国サポーターからも批判が寄せられているという。

朝鮮人達のラフプレーは今に始まったことではありません。
2002年のワールドカップでも大いに話題になりましたよね。
朝鮮人達の教育を変えていく以外に道はない、他人のせいにして自分は悪くないという感覚を無くすこと以外に手はないと思います。

支那人にも批判されているようです。
「韓国選手はなぜこれほど汚くなれるのか」=日本戦のラフプレーを中国メディアが批判
サッカーの日本代表対韓国代表の国際親善試合が25日、日産スタジアムで行われ、日本が3-0で韓国に勝利した。
序盤から試合を支配した日本は、16分に大迫勇也のヒールパスから代表初出場の山根視来が豪快にたたき込んで先制。27分にはカウンターから鎌田大地がゴール左隅に決めてリードを2点に広げる。
前半をシュート1本に抑え込まれた韓国は、後半にやや攻勢に出るも動きは重く。逆に日本が38分にコーナーキックから遠藤航がヘディングでダメ押し点を挙げ、3-0で快勝した。中国のニュースサイト・騰訊網に掲載された記事は「日本サッカーはアジアで頭一つ出た存在。韓国はソン・フンミンがいたとしても役には立たなかっただろう」と伝えた。
また、試合のハイライトを見た中国のネットユーザーからは、「日本はすごいな」「日本の層の厚さよ。韓国までもが引き離されている」「日本の出来は素晴らしかった。韓国とはレベルが2つくらい違う」「日本はフィジカルでも韓国に負けなくなった。技術は元々ある。アジアNo.1はでまかせじゃない」「韓国サポーター『横浜から泳いで帰ってこい』」「というか、グラウンドの芝の質がすごく良い。中国にはこんなスタジアムない」といった声が寄せられている。
このほか、スポーツメディアの捜達足球は、「友誼試合(親善試合)が友尽試合(友情が尽きる試合)に変わる!韓国代表は本当に汚い」と題する記事を掲載。この試合の68分に、韓国代表のイ・ドンジュンが後方に振り上げた左手が冨安健洋の顔面に当たり流血した出来事に言及し、「0-3で敗れたほかにも、韓国は非常に恥ずかしい場面を生み出した。イ・ドンジュンが故意の肘打ちを冨安に見舞ったにもかかわらず、レッドカード(退場)を逃れた。親善試合で韓国選手はなぜこれほど汚くなれるのか。イは直後に冨安を気遣うふりまでして見せた」と伝えた。
このプレーについては中国のネットユーザーからも「韓国の伝統芸能」「いつもの韓国」「ラフプレーも世界遺産に申請しては?」「(サッカーの)技術はやっぱり武術には勝てない」「だから韓国とは試合をしない方がいいんだよ」といった批判が相次いでいる。(翻訳・編集/北田)

まあ、言われても仕方がないと思います。いつもの事です。
スポーツで勝てないから暴力をふるうのは朝鮮人の伝統等言っても過言ではないと思います。
日本も戦後その暴力に悩まされてきました。それを是正するためにも日本を取り戻さないといけませんね。

で、案の定朝鮮人同士でもいざこざが起きています。
「代表チームの胸に日章旗?」…韓日戦3-0完敗後に爆発した韓国ネットユーザー
下らないので載せませんが、まあ馬鹿らしいことでうだうだいっていますね。

いつもの事、伝統行事、人に罪を擦り付ける、自分は責任ない、様々な評価を頂いている朝鮮人達
卑怯者のレッテルを張られていますが、それは自分たちの行動の結果と言う事でしょうね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



教育 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2021/04/02 06:00
コメント:

管理者のみに表示