fc2ブログ

ようやく前に進んだ、処理水の放水

トリチウム各国排出データ-1
先日、環境大臣が逃げまどって全く仕事をしない件で菅総理がようやく動くことになりました。
環境大臣として第一線で活躍しなければならないのに国民の負担を増やす政策しかできていなかった小泉進次郎
他人の嫌がるこそを率先してやると言いながら科学的にも世論的にも問題のない福島第一原発における処理水の放水
仕事が出来ない事をアピールするためなのか判りませんが、レジ袋やフォークなどを無料で配らない事に神経をとがらせており、
日本は全くやっていないごみの海洋投棄、埋め立てで使用して海に溶け込んでいくマイクロプラスチックを抑制しようとする行動をとっています。
日本が原因の自然界へのプラスチック影響はどのくらいなのでしょうね。
そんな計算も出来ていない人間に舵を取らせるほうがおかしいと思います。

まあ、馬鹿がいつも邪魔しており、自分たちの責任で非難させられたことを棚に上げて政府を批判する姿は滑稽です。
「漁師をばかにしているのか」立民・枝野代表、原発処理水海洋放出に
 立憲民主党の枝野幸男代表は10日、東京電力福島第1原子力発電所で増え続ける処理水を海洋放出する政府の方針について、地元への説明が不十分だとして「政府は福島県民、漁師をばかにしているのかという怒りでいっぱいだ。県民の声を無視し、結論ありきで走っている」と批判した。遊説先の長野県松本市で記者団の質問に答えた。
 安全性や風評被害が生じる可能性、処理水の保管状況に関する説明がほとんどなされていないと主張。「放出自体が良い悪いではなく、原発事故の被災者をばかにするような措置であり、許されない」と語った。

あれだけ説明しているのに一切覚えていない民主党議員、そっちの方がおかしいのではないでしょうか?
世の中舐めていますよね。
自分が幹事長で何をしていたか覚えていますか?
菅直人は何をしたか覚えていますか?外国人献金で辞職を迫られていた時ですよ。

あれだけ議論して海洋放水しかないという結論に達しか経緯すら確認しない人間が何かほざいています。
立民・福山幹事長、海洋放出ありきと批判 「探求すべきだ」
 立憲民主党の福山哲郎幹事長は13日、政府が東京電力福島第1原発の処理水を海洋放出することを決めたことについて「海洋放出ありき」と批判した。増え続ける処理水をどのように解決すべきか問われると「あらゆる方策について科学的見地に基づき、まずは探求すべきだ」と述べた。国会内で記者団に語った。
 福山氏は国民や福島県民への説明が十分に行われていないと主張。海洋放出は30~40年続く見通しだと指摘し、「国民の理解も進んでいない。風評被害対策の具体策もなし。こうした状況での放出決定は非常に遺憾だ」と述べた。
 解決策については「まずは探求すべきだ」と強調。同原発で処理水の保管限度が近づいている問題は以前から課題だったと指摘し、「なぜこれまで何もしなかったのか。国民の理解を得る努力をしたのか」と政府の対応を疑問視した。

国民世論はすでに海洋放水で問題ないという結論が出ています。
何故世界中で行われている海洋放水が日本だけやってはいけないという結論になるのか教えて欲しいですね。
ちいとは頭を使ってもらいたいものです。

民主党と連動するように特定亜細亜が騒いでいるようです。
中国外務省「一方的に決めた」 処理水放出決定に懸念
 中国外務省は13日午前、日本政府が東京電力福島第1原発の汚染処理水を海洋に放出する方針を決めたことに「深刻な懸念」を表明した。
 13日の声明では「国際社会や近隣諸国と十分な協議をしないまま、汚染処理水の放出を一方的に決めた」と日本政府を非難したうえで、「海は人類共同の財産であり、日本国内だけの問題ではない。日本側が責任を認識し、国際社会や市民の深刻な懸念に対応することを強く求める」とした。

「容認できず」「深刻な懸念」 韓国と中国、相次ぎ批判―原発処理水海洋放出
 【ソウル、北京時事】韓国政府は13日、日本政府が原発処理水の海洋放出方針を決めたことについて「絶対に容認できない措置」と反発し、「強い遺憾」を表明した。中国外務省も同日、「深刻な懸念」を示す談話を発表した。
韓国外務省、処理水放出に「深刻な憂慮」 協議なしの決定「受け入れ難い」
 韓国政府は関係部署で対応策を協議した後、首相の下にある国務調整室の具潤哲室長が記者会見。具氏は日本の決定が「周辺国家の安全と海洋環境に危険をもたらすだけでなく、日本の最隣国であるわが国との十分な協議や了解なしに行われた一方的な措置だ」と批判した。
 さらに被害防止に向けた具体的措置を日本に強く求めると強調。国際原子力機関(IAEA)など国際社会に韓国の懸念を伝え、汚染水処理過程の情報公開と国際的な検証を求める方針を示した。
 中国外務省の談話は、中国など周辺国との協議を経ずに一方的に海洋放出を決めたのは「極めて無責任だ」と批判し、「勝手に海に排出してはならない」と迫った。事態の進展を見極めて対応する権利を「留保する」とも述べ、これまで以上の強い姿勢を打ち出した。
 さらに談話は「日本が自らの責任を認識し、国際社会や周辺国家および国民の深刻な懸念に必要な回答を出すよう強く促す」と主張した。

そもそも何処にも相談しないで放水している特定亜細亜の連中がそれを言う資格は全くありません。
自分たちが何を言っているのか判ってもいないのでしょう。

因みにアメリカやIAEAなどは今回の日本の決定を評価しています。
処理水放出「世界基準に合致」 米政府が評価
【ワシントン時事】米国務省のプライス報道官は12日、日本政府が東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を決定したことについて声明を発表した。「独特で困難な状況において、日本は透明性を保ち、世界的な原子力安全基準に合致した手法を採用したようだ」と評価した。
 声明は、処理水の扱いに関し「日本政府が幾つかの選択肢と影響を比較考慮したことを米国は認識している」と説明。海洋放出の有効性を監視するため「継続的な調整と意思疎通」を日本に求めた。ブリンケン国務長官もツイッターで「透明性ある取り組みに感謝する」と表明した。

IAEA、技術協力を表明 海洋放出、「国際慣行に沿う」
 【ベルリン時事】国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は13日、日本政府が東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出を決めたことを受けて声明を出し、放射性物質のモニタリングなどの技術協力を提供する用意があると表明した。海洋放出は「技術的に実行可能で、国際慣行に沿う」としている。
 韓国など周辺国が懸念を示す中、IAEAの関与は、国際社会への透明性を確保するために重要な意味を持つ。
 グロッシ氏は「日本政府の決定は、廃炉作業の一段の進展に向けた節目になる」と評価。海洋放出について、「安全性や環境への影響の評価に基づいた規制の下、世界で日常的に行われている」と指摘した。一方で、福島第1原発は「水量の多さという点で、特別で複雑な事例」になっているとも認めた。その上で「すべての利害関係者」が関与し、透明性を確保して放出作業を進めるべきだと強調した。

NHKなどのマスゴミが処理水を汚染水と言って混同させる手口が非常に長きにわたり行われてきました。
捏造慰安婦もしかり、出稼ぎ労働者訴訟もしかりです。
そのような捏造を行い風評被害の増大化を狙っているのはマスゴミなのです。

敵は判っています。どのようにして料理できるかの段階に来ていると私は思います。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



技術 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2021/04/18 06:00
コメント:

管理者のみに表示