fc2ブログ

さざ波程度で騒ぎ立てる馬鹿ども達

182987454_4031081816957521_6277531690587433111_n.jpg
あれだけ権限のない日本政府に対して特に大きな不満もなく方針に従って武漢ウイルスと戦っている日本人達
そのおかげで世界的には奇跡と言えるほど感染者数が少ない状況があります。
そしてなぜかわかりませんけど無料のPCR検査センタがあってそこで簡易検査で右往左往している馬鹿達が多いってのも不思議な話ですよね。
普通のサラリーマンはそんな無駄な検査にかまっている暇はありません。
そのような無駄な検査で一々騒いでいるマスゴミ達に野党たち、日本に必要ありませんね。

そんな人たちが通常の死者を馬鹿にしているのに政府関係者が発言した科学的なデータを基にした発言に対していちゃもんを付けています。
日本の感染は「さざ波」 内閣官房参与の高橋洋一氏がツイート、菅首相は「答弁控える」
 内閣官房参与を務める高橋洋一嘉悦大教授が10日までに、インドや欧米各国と日本の新型コロナウイルス感染状況を比較した上で「日本はこの程度の『さざ波』。これで五輪中止かというと笑笑」とツイッターで発信した。これを受け10日、野党やインターネット上では「亡くなった人への配慮を欠く」との批判が強まった。菅政権は「高橋氏個人の主張」などとしてコメントを避けた。
 高橋氏は経済・財政政策を担当する参与として、菅義偉首相に助言する立場だ。首相は10日の参院予算委員会で、発言への見解を問われ「個人の主張についての答弁は控える」と述べ、五輪に関しては全く相談していないとも強調した。
 加藤勝信官房長官も記者会見で「個人としての発言」としてコメントを回避。一方で「(コロナで)1万人超が亡くなっている。ご冥福をお祈りし、療養されている方にお見舞い申し上げる」とし、医療や介護の現場で奮闘する関係者に感謝の意を表明した。
 共産党の志位和夫委員長は「多くの人々が苦しみ命が失われていることへの想像力も、痛みもない人物を、この国の政策決定に関与させてはならない」とツイートし、辞職を求めた。
 批判は政界以外にも広がった。タレントのラサール石井さんはツイッターで「一日で百人以上死んでいるのに『さざ波』というのか。一つ一つが命だ」と非難した。(共同)

で、年間どれだけの人が病気で亡くなっているのでしょうね。一万人以上ですよね。
他の病気ではなく勝手に武漢ウイルスにされてしまっている人が大勢いる事も知っていますよね。
大体、武漢ウイルスって突然死亡する病気でしたよね。いつの間にか変わっているのは何故でしょうか?
確定検査に使えないPCR検査なんかをやって何の意味があるのでしょうか?
命を軽んじて政権批判に使用している腐れ左翼達の方がよっぽど命を粗末にしていると言わざるえませんね。

口先だけで何もしない民主党の党首、その核マル派の小間使いが維新の会のパフォーマンスに対して喧嘩を吹っかけていましたが、枝野自身実際には何もしていませんよね。
その事に対して維新の会の奴が反論しています。
枝野氏の「一番悪い」に吉村・大阪府知事が反論「事実誤認だ」
 大阪府の吉村洋文知事は11日、立憲民主党の枝野幸男代表が新型コロナウイルス感染拡大による府の病床逼迫(ひっぱく)に関し「一番悪いのは府知事だ」と非難したことに関連し、「(すぐに使える)運用病床は感染者数に応じて減らすが、確保病床は減らしていない。事実誤認がある」と反論した。府庁で記者団に語った。
 枝野氏は10日の衆院予算委員会で、府が2度目の緊急事態宣言が解除された3月1日に重症病床の確保数を3割減らす通知を出したと紹介し、明らかな判断ミスだと主張。「残念ながら無責任な知事もいる。政府はしっかり対応すべきだ」と皮肉った。これに対し吉村氏は、3月1日の新規感染者が50人程度で、解除後に一時重症者も減ったとし、枝野氏の認識に誤りがあると指摘した。
 吉村氏は変異株の感染拡大速度について「感染リスクは認識していたが、具体的なデータに基づく予測は難しかった」とし、「しっかり病床を確保して、できる限りの対応をしたい」と述べた。

反論の論点が異なりますね。まず陽性者と感染者をしっかりと分離して考えない事にはこのコロナ禍は終わりません。
感染者の数は大して多くないのです。第二類感染症になりえないくらいに少ない死者数なのに何馬鹿なこと言っているのでしょうね。
いい加減な事を言って政府の邪魔をして府議論すらさせなかった野党どもに何か政府を批判する権利はありません。
議論に参加しない野党ほど無駄な存在はないでしょうね。

とか思っていたら逃げ出した維新の会に対して院政を引いている奴が場外乱闘を試みています。
橋下徹氏が吉村知事批判の枝野代表に苦言「法制度を作ってこなかった国会議員が一番悪い!」
 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)が10日、自身のツイッターを更新。大阪・吉村洋文知事を批判した立憲民主党の枝野幸男代表に苦言を呈した。
 枝野代表は10日の衆院予算委員会集中審議で、新型コロナ感染拡大で医療崩壊しつつある大阪について「一番悪いのは大阪府知事」と名指しで批判した。
 枝野代表の発言について橋下氏は「空き病床を強制的に確保し続けるための法財政制度、病床を機動的に強制的に増やすことができる法制度、府民の社会経済活動を強制的に停止できる法制度を作ってこなかった国会議員が一番悪いんだろ!」とし、病床確保のための強制力を持った法制度作りを怠った国会を問題視。政府与党、野党を含めた国会議員全員に責任があると指摘した。

反対ばかりに回って議論させなかった野党、批判を恐れて強行採決をしなかった与党、マスゴミを利用してパフォーマンスしかしてこなかった野党、どれも等しく責任があります。
与党だけの責任ではなく法律を変えていない日本の政治に問題があると言う事です。
憲法改正を行わない限り、いや行っても問題は発生します。でも、少しでも改善させていくべきだと思っています。

で、相変わらず人権無視の入管法の改正に意味もなく反対する野党、本当に人の心がありませんね。
立憲・枝野代表「12日の採決は応じるつもりない」入管法改正案
 立憲民主党の枝野幸男代表は9日、国会で審議中の出入国管理及び難民認定法改正案について、自身のユーチューブの番組で「12日の(衆院法務委員会での)採決に応じるつもりはない」と述べた。野党は名古屋出入国在留管理局で収容中のスリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)が亡くなった問題を巡り、入管側の対応を問題視し、死亡の真相究明と慎重な審議を要求している。
 改正案は在留資格がない外国人の帰国を徹底させる内容。枝野氏は「私たちはまず、死亡事案についての実態解明、情報提供をしっかりとすることが議論と採決の前提だということで、採決には応じられないという姿勢だ。他の野党と連携、協力をして、何とか実態解明をさせること、問題点について十分な議論をすることを徹底して求めていきたい」と述べた。
 その上で「与党は12日に採決をしたいという空気は伝わってきているが、これに応じるつもりはない。これは私の考え方だし、党の公式見解だ」と断言した。
 出入国在留管理庁がまとめた中間報告書などによると、ウィシュマさんは2021年1月中旬から、嘔吐(おうと)や食欲不振、体重減少、体のしびれなどを訴え始め、「容態観察」のため監視カメラ付きの単独室に移された。健康上の理由で一時的に収容を解く仮放免や、外部病院での点滴などを求めたが認められなかった。【宮原健太】

法律を犯した人間が収容されて亡くなった件となんども否定されている難民申請を繰り返し申請できなくなる入管法改正では議論の土壌が異なります。そんなことすら判らないのでしょうか?
批判する為に批判する民主党の政策提案、くそくらえです。
人の命を軽んじている民主党の腐れ野党どもに対して天誅を喰らわせたいところですね。

このような腐れ外道たちがいるから日本の政治がおかしくなっているのですよ。
そんな下らない政治屋に対して糾弾していきましょう。
中国に抗議できない国会議員はいらない
 世界のどの国よりもわが国日本は人権尊重や民主主義擁護に努めなければならない。
 第一の理由は、604年に聖徳太子が定めた十七条の憲法以来、明治天皇の五箇条の御誓文まで、その語彙を用いたわけではなかったが、人権尊重も民主主義もわが国の国柄の核を成す価値観であるからだ。
 第二の理由は、わが国は戦後憲法で「戦力」の保持を禁止し、自衛隊は基本的に警察法によってしか活動できない国だからだ。国民幾百人もが北朝鮮に拉致されていても、わが国は主体的に動けない。安倍晋三前首相も菅義偉首相も、常に拉致は許されざる人権侵害でテロであると国際社会に訴え、力を貸してほしいと要請してきた。いま眼前で中国共産党政権が凄まじいウイグル人弾圧を行っている。チベット人もモンゴル人も同じ被害に遭っている。香港人も民主化を求める漢人も同様だ。日本人拉致を人権侵害として国際社会の助力を仰ぐ日本が、中国政府の人権弾圧に口を噤つぐむなど断じてあってはならない。

 ●中身の薄い人権弾圧非難決議案
 現実は、しかし、信じ難い状況にある。5月10日現在、わが国政府は先進7か国(G7)の中で唯一、中国に対して何の制裁もしていない。立法府も立ち上がっていない。
 わが国の国会には、チベット、ウイグル、南モンゴルの3つの超党派議員連盟が存在する。3議連はジェノサイドに認定された中国政府の人権弾圧に関して抗議の国会決議案を4月末にまとめたが、その内容には落胆するしかない。
 新疆ウイグル、チベット、南モンゴル、香港で人権問題が発生している旨、明記したのは当然だが、そこにミャンマーが加えられ、中国のイメージが薄められた。非難決議案には中国の国名は一切出てこない。
 北朝鮮以外の特定国を名指しで非難することを避けてきたのが国会の伝統だという理由だそうだ。それにしては今回、ミャンマーの国名が入っている。要は大国中国を名指しするのを恐れているのである。

 ●全会一致の陋習を破れ
 ミャンマーを加えよと主張したのは立憲民主党だが、受け入れたのは自民、公明の与党だ。受け入れ理由として彼らはまたもや、全会一致を宗むねとする国会決議の伝統を持ち出すのだ。旧来の陋ろう習が大事な価値観を阻むのであれば、そんなものは破り捨てよと教えた五箇条の御誓文を想い出すべきだろう。情けないのは中身の薄いこの案でさえ、いつ決議されるか、未定であることだ。
 厳しい価値観の対立の中にある国際社会で日本の進む道は明らかだ。まず普遍的価値観を高く掲げる。次に軍事力行使において限界多くして機能しない憲法の改正手続きを進めることだ。その前に日本の価値観を表明し、中国政府に抗議することが欠かせない。それができないのであれば、立法府議員の存在価値は無きに等しい。(了)

情けない政治家は必要ありません。何としても日本の伝統を守っていかなくてはなりません。
その為に下らない事しか言えないような国会議員には選挙にて落としていかなくてはいけないのです。
その前段としての解散総選挙、オリンピックが開催されたのちに行われた際に下らない野党議員は、自民党でも媚中派議員は落選させていかなくてはなりません。

例年の死者数を遥かに下回っている日本の年間死者数、これは武漢ウイルスに依り外出を減らしたから、感染予防の為に手洗いうがいを進めたからと言われています。
その程度で死者が減る感染症がエボラ出血熱と同じというのがおかしいですし、それ以上に騒ぎ立てる馬鹿マスゴミ達に対して責任を取らせていく必要があるでしょう。
さざ波程度で騒いでいる馬鹿達に対してしっかりと対応していきましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



自民党 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2021/05/14 06:00
コメント:
ついに勇気ある医師達が動き出しました。嘘つきメディアの言葉に恐れないでください。
ついに勇気ある医師達が動き出しました。嘘つきメディアの言葉に恐れないでください。
(愛信ビデオ・ファイル・ボード)

詳細
健康管理士 小太郎のつれづれ医師たちの告発が始まりました!

貴方の周りのインターネットに無縁の人たちに置きビラを読んでもらって
コロナ・ウイルス詐欺の3つの注意点を知ってもらいましょう。
置きビラの印刷見本はこちらをクリックして下さい。
http://aixin.jp/axbbs/kzsj/lbktr/chapter1.htm
置きビラの印刷方法はこちらをクリックして下さい。
http://aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi

詳細
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4_hdir.cgi
愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12674357061.html

管理者のみに表示