FC2ブログ

人の意見に不寛容なLBGT論者

189052726_916395782545629_9008297264133225987_n.jpg
現在国会で議論されているLBGTへの差別法案
そもそも個人的な性癖と病気を一色単にして議論しているところに無理があります。
そしてこともあろうに性的異常者が社会的権利を求めているというのも問題ですね。
別にそこにいる事に対してなんの差別もありません。しかし婚姻という制度に性的異常者を組み込めというのは話が違います。
結局権利が欲しいだけで周りの理解が欲しいとは思えないのですよ。
なんでそんなことをしているのか?障碍者利権拡大を行おうとして社会からバッシングされている社会党の幹部を見ていても自分たちの意見を強制するけど、他人の意見は聞かないという考えがあるとしか思えませんね。

さて、議論されているLGBT法案、やっぱり合意には至りませんね。
自民、LGBT法案の了承見送り 「差別許さず」に異論
 LGBTなど性的少数者をめぐる「理解増進」法案について、自民党は20日、与野党の修正合意案の了承を見送った。「差別は許されない」などと盛り込まれたことに、保守系議員らから否定的な意見が相次いだためで、週明けにも再度議論する。
 法案をめぐっては自民、立憲、公明、共産、国民民主、維新、社民の各党が法律の目的と基本理念に「性的指向及び性自認を理由とする差別は許されないものであるとの認識の下」などと加えることなどで修正合意し、今国会での成立をめざしている。
 自民党はこの日、性的指向・性自認に関する特命委員会と内閣第1部会の合同会議を開き、修正案をはかったが、加筆された文言に対し、「差別だと訴える訴訟が増えて社会が混乱する」といった反対意見が相次いだ。「差別」への言及がなかった自民党の当初案に戻すべきだとの意見もあったという。

ほら、トイレにLGBT用のトイレがないのは差別だとか言っている馬鹿がいましたけど作ったはいいけど誰も使わなかったという事例がありましたよね。
女性と言って男性が女性用の浴場に入ろうという事件も発生する可能性が否定できませんし、差別先進国である欧米では女性の中に元男性のスポーツマン?が紛れ込んで女性が競技に勝てないと言う事も問題視されています。

生物的にも生産性がないLBGT、子供を作ることが出来ない、、未来のないのに投資しろと言う理論もおかしな話です。
LGBT「種の保存背く」と発言 簗衆院議員が自民会合で
 自民党の簗和生衆院議員(42)=栃木3区=が20日の党会合で、LGBTなど性的少数者を巡り「生物学上、種の保存に背く。生物学の根幹にあらがう」といった趣旨の発言をしたことが分かった。複数の出席者が21日、明らかにした。簗氏は共同通信の取材に「会議は非公開のため、内容や発言について答えるのは差し控える」とのコメントを出した。
 LGBTの存在自体を否定する問題発言として批判が出るのは必至とみられる。
 自民党では過去にも杉田水脈衆院議員が性的少数者のカップルに関し「生産性がない」と寄稿し、非難を受けた。

LBGTの存在価値って何のことでしょうね。存在する意義はその性的乗車にだけあると思いますが、社会的になんかよい事があるのでしょうか?
そんなことありえませんよね。社会を混乱させるだけですし、要らん差別が増えるだけの制度だと思います。

山谷さんもこのように話しています。
自民・山谷氏「ばかげたこと起きている」 性自認めぐり
 自民党の山谷えり子元拉致問題担当相は19日、党内の会議で、自分の性別をどのように認識しているかを意味する「性自認」をめぐり、「体は男だけど自分は女だから女子トイレに入れろとか、アメリカなんかでは女子陸上競技に参加してしまってダーッとメダルを取るとか、ばかげたことはいろいろ起きている」と発言した。
 性自認をめぐっては、戸籍上は男性だが女性として生きる性同一性障害の経済産業省職員が、女性トイレの使用を制限される差別を受けたなどとして国を訴えた。2019年12月の東京地裁では、経産省の対応は違法として国に132万円の賠償を命じた。判決は「トランスジェンダーが働きやすい職場環境を整える重要性が日本でも強く意識されるようになっている」と指摘した。その後、敗訴した国と勝訴した職員の双方が東京高裁に控訴している。
 LGBTなど性的少数者に関し、超党派の議員連盟が、「理解増進」法案の今国会での成立を目指しており、20日に自民党内で法案審査を予定している。
 これに対し、山谷氏は、法案の目的と基本理念で「性自認を理由とする差別は許されない」とされている点を問題視。「このまま自民党として認めるにはやっぱり大きな議論が必要。しっかりと議論することが保守政党としての責任だ」と語った。

ほら出たよ、体は男性だけど心は女性と言って女性トイレに入ろうとする馬鹿が
男性トイレで個室に入ればいいだけではないでしょうか?自分いもついてるんですよね?
なんでそんな我儘に対応しないといけないのでしょうか?
自分で対応を考えたらどうなのでしょうね。このようなふざけた人間がいるから理解が進まないのですよ。

実際に昔からLGBTであった人は現在の社会運動と一緒にされたくないという気持ちが大きいようです。
LGBTが嫌いなセクマイ 「勝手に代表しないで」活動家嫌いの本音
(抜粋)
3.非寛容すぎる
主張の攻撃性が強すぎるのではないか、異なる意見に耳を傾けていないのではないか、といった指摘です。
「(LGBT活動家は)他者差別的な人達」(40代、近畿在住、ゲイ)
「LGBTを認めないのは差別と声高に叫ぶLGBTもまた逆差別だと思っている(LGBTを受け入れられない人に対する)」(30代、南関東在住、バイセクシュアル)
筑波大学に通うゲイの男性(22)は、
「たしかに、自分たちの活動を正しいと思っていて、自分たちに肯定的な意見しか聞かない人たちは、いる気がします
と、話します。
もちろん、この男性の体験談で、一般論ではありません。
「海外と比べて、日本のLGBT団体や『アクティビスト』と呼ばれる人たちは、活動の視点が偏っていると感じます。LGBTのことしか考えていない。自分だって、他の分野で同じような偏見をもっているかもしれないのに。本当に多様性を実現したいなら、障害者とか、他のフィールドの視点も入れて考えるべきです」
男性は、こうした視点の偏りはおかしいのではないか、という立場のLGBT団体に所属していたこともあるそうです。
「活動家」を「警察官みたい」と評する人もいました。
東京に住む派遣社員のゲイ男性(33)です。
「(活動家は)いないと困る存在です。秩序を守るためには必要な存在なんだけど、時々『摘発』をやりすぎるというか、疎ましさを感じちゃう。みんな、すいている道で常に時速30キロを守って走るわけじゃないですよね。その構図と似ている気がします」

ようは自分たちの考えだけで他人への迷惑を一切考えない視点の低い人々が騒いでいるって事です。
そのような人が中心となって法律を作り上げても別の差別が出来るだけって事ですよ。

そのような差別を認識できていない人がこのような馬鹿げたことを議論の俎上に上げるのです。
【独自】日本人との「同性婚」が海外で認められた外国人パートナーに在留資格…政府検討
 政府は、同性婚が認められている外国で日本人と結婚した外国人同性パートナーに、日本での在留資格を認める方向で検討に入った。日本人が帰国した場合、パートナーに「特定活動」の在留資格を付与することを検討している。同性婚を認める国が増え、運用改善を求める声が出ていた。
 出入国管理法では、日本人と結婚した異性の相手は「日本人の配偶者等」の在留資格で国内に居住できる。一方、日本では同性婚は認められておらず、外国で結婚しても「配偶者」の在留資格は与えられない。パートナーが日本に居住するには、ビジネス分野などの別の在留資格が必要になる。
 政府は同法の運用を変更し、婚姻関係を証明する外国の公的文書などがあれば、「特定活動」を適用する方向だ。ただし、日本の法律上の婚姻関係を認めるわけではない。「特定活動」は、法相が個別に活動内容を判断して在留を認める資格で、「ワーキングホリデー」などが該当する。
 一方、外国籍同士の同性カップルは、双方の本国で同性婚が有効なら、いずれかがビジネス分野などの在留資格を持つ場合、パートナーに「特定活動」の在留資格が付与される。法務省が2013年、「本国と同様に安定的に生活できるように」と認める通達を出した。出入国在留管理庁によると、通達以降、20年までに93件の付与例があった。
 法務省によると、日本人と外国人のカップルにも認めるよう要望が同省に寄せられ、在留が認められなかった同性カップルが国を提訴した例もある。NPO法人「EMA日本」(東京)によると、同性婚を認める国は20年5月現在、米英など欧米を中心に約30か国で、増加傾向にある。

たった93件ですね。無視して良いレベルですね。
社会不安を作り上げる方が問題ではないでしょうか?
外国人が日本の制度を悪用して問題になった事件は数多くあり、いまも問題が尾を引いています。
入管法の法改正も行わないといけません。こんな無駄な議論をする暇があったら日本国民の為の制度を作り上げることに注力してもらいたいものですね。

結局、このような人々を認めて社会混乱が生じているのは権利を主張するからです。
そこにいたいならいればいいのですよ。誰も差別なんかしません。それを差別と感じるならその人の感覚がおかしいのです。
優遇されないのは差別ではなく、特別扱いしない=普通の人として扱われているのです。
その事を理解してほしいところですね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2021/05/27 06:00
コメント:

管理者のみに表示