FC2ブログ

命を守るための行動とは

187640042_3562114530560243_7931004784491411596_n.jpg
マスゴミ達の目や声だけを信じてパフォーマンスに走る政治屋が多い今日この頃ですね。
非常時にその人の本性が出るっていうのがよくわかります。
一年以上前から言っているように人間の免疫力を高めるための食事を心がけて、適度な運動、適度な仕事、笑いながら生活できる環境があればそう簡単には武漢ウイルスに感染しません。
お酒も浄化作用があるようですし、緑茶の殺菌作用も素晴らしいものがあります。
西洋の人間が多く亡くなっているのは日頃の衛生環境が悪いのと食生活にあると私は感じておりますね。
だって、太っている人が多いし、野菜を中心にして食べていないですからね。インスタント食品も多そうですよ。
日本の様にバランスの良い食事を心がけていけばよい話ですね。
それが出来ていないから陽性反応を出している人が多いですし、感染者から亡くなる人も多いのでしょう。

さて、台湾で増えてきている武漢ウイルスの陽性反応者、中共が支那のワクチンを提供しようとしていますが、台湾は断固拒否するようです。
台湾、中国のワクチン支援表明に「偽の善意いらない」
(台北中央社)中国が台湾にワクチンを提供する姿勢を示したのに対し、対中政策を担当する大陸委員会は17日夜、「偽の善意を示す必要はない」とした。また、中国大陸が邪魔さえしなければ「われわれは信頼性がより高いワクチンをより早く国際社会から入手できる」との立場も示した。
中国の台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室は17日夜、台湾の新型コロナウイルス感染拡大に言及した上で、大陸側は台湾の人々がウイルスに勝つため最大の努力をしたいと表明。「当面の急務は島内の政治的な障害を取り除き、多くの台湾同胞にワクチンを打たせることだ」との考えを示していた。

WHOに参加出来ないのは中共の妨害の為と言われています。そんな中共が手を差し伸べるふりをしても意味がありません。
しかも中共が武漢ウイルスを世界にまき散らしている実態があります。それを無視して中共に感謝しろっていう方がおかしいのではないでしょうか?まさに偽善ですね。

日本国内でもワクチン接種に対してマスゴミが妨害しようとして捏造をばら撒いたり不正を働いていたりと倫理観が欠けた奴らが見受けられます。
しかし、ワクチン担当大臣が責任を負うと言う事で効率よいワクチン接種に移行しつつありますね。
河野氏、首長のキャンセル分接種「私が責任を取る。どうぞ遠慮せず」
 河野太郎ワクチン担当相は21日午前の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチンに関し、自治体の首長らがキャンセル分を接種し、批判を集める事案が全国各地で相次いでいることを念頭に「批判を恐れて廃棄することがないように自治体の裁量で廃棄しないで有効活用してほしい。自治体がやったことで批判があれば、それは私が責任を取る。どうぞ遠慮せず貴重なワクチンを使ってほしい」と語った。
 河野氏はまた、「いくつかの自治体や保健所などで接種券がない人には打てないという誤った指導を行っていたところがある」と指摘。その上で「誤った指導で貴重なワクチンが廃棄されるのは極めて許しがたい状況だ。保健所や自治体は認識を新たにしてほしい」と述べた。
 接種券を持っていない人への接種については「しっかりと接種記録を取って、後日(接種記録の管理システムに)入れていただければいいだけの話だ」と説明した。

ワクチンを余らせて廃棄するよりは接書させた方が良い、当たり前の話です。
悪平等よりも効率の良い接種を優先するという当たり前の事が出来ない、出来る環境にさせたくなかったマスゴミ達の敗北ですね。

そしてマスゴミや共産党の妨害があったにもかかわらず速やかに自衛隊による集団接種が粛々と行われました。
きょうから東京・大阪の大規模ワクチン接種センターが開始
 東京と大阪に設けられた新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターが、きょう午前8時からオープンします。
 きょうから稼働するのは、自衛隊が運営するワクチンの大規模接種センターです。対象はまだワクチンを打っておらず、接種券を持つ65歳以上の高齢者で、事前予約が必要となります。
 きょうから1週間については、東京会場は東京23区の住民、大阪会場は大阪市民に対象が限定されていて、初日のきょうは東京でおよそ5000人、大阪でおよそ2500人が接種を受ける予定です。また、31日から来月6日までの予約がきょうからホームページとLINEで募集されます。
 東京は午前11時ごろから、大阪は午後1時ごろから受付を開始し、対象はそれぞれ東京都民と大阪府民にまで拡大されるとしています。(24日00:00)

この集団接種に対してマスゴミは大手町の駅が複雑で時間がかかったという訳の分からない批判をしていましたね。
その位批判が出来ないって事です。
自衛隊を常に批判していたマスゴミ達、ここで批判すると共産党と同じって事が公になるからかもしれませんね。

日本は世界に比べて非常に軽症です。アメリカが渡航中止勧告を出したそうですが、それでも人口比でアメリカの10分の1でしかありません。ワクチン先進国と言われているアメリカでは毎日万単位で感染者が出ています。日本は・・・まあ1000くらいですね。
無駄なPCR検査をやっている日本はそんだけなのですCT値もおかしなくらい高く設定しているのにその程度なのですね。
その状況を分析して情報を発信していた人がマスゴミや野党の圧力で馬鹿らしくなって辞任したそうです。
「さざ波」「屁みたい」 高橋洋一氏が内閣官房参与退職
 政府は24日、高橋洋一内閣官房参与が同日付で退職したと発表した。高橋氏は21日付で自身のツイッターに新型コロナウイルスの緊急事態宣言について「欧米から見れば戒厳令でもなく、屁みたいなもの」と投稿していた。
 菅義偉(すが・よしひで)首相は24日、都内で記者団に「今回(ツイッター投稿が)あったので、本人から『大変申し訳ない。訂正をしたい』とおわびを申し上げている。『これ以上ご迷惑をかけることはできない』ということで辞任した。大変反省されておられた」と述べた。
 高橋氏は9日付のツイッターでも、インドや欧米各国と日本の感染状況を比較した上で「日本はこの程度の『さざ波』。これで五輪中止かというと笑笑」と投稿。立憲民主党と共産党は14日、衆院内閣委員会に高橋氏の出席が認められなかったことを理由として途中退席していた。

実際、欧米の100分の1でしかない武漢ウイルスの感染者数
その事実を発信していたら政権運営に支障をきたすとなってしまいました。
というか、野党やマスゴミは異なる意見を全く聞かん馬鹿チョンですね。

命を守るためには生活を守らなければなりません。
生活を行うには消費活動も必要ですし、飲食店はお客さんが入らなければなりません。
その為の行動を起こしていく必要があります。
飲食店を守ることも 日本の「いのち」を守ること
【地域経済の復活なしに日本再生はあり得ない】
「グローバル化とデジタル革命以後の現代日本において、GAFAのようなグローバル企業が誕生したとしても、もはや大きな雇用は生まれない。一方、ローカル経済圏で8割の人は働いていて、彼らが確かな待遇を得られる社会になれば日本は再び豊かさを取り戻す
これは、冨山和彦さんと田原総一朗さんが共著「新L型経済」(角川新書)で述べておられる一節です。
この「ローカル経済圏」を支える代表的業界には、小売りや建設などと並んで飲食業界があります。そして今、飲食業界で働く多くの人たちが、コロナウイルスの感染拡大防止の掛け声に押されて、なすすべもなく仕事を追われ、人知れず苦しみを募らせています。

【ローカル経済を壊しているのは、誰か】
公表されている資料から、例えば兵庫県の感染経路別患者数※1のパーセンテージを見ても、家庭52.1%、職場16.2%、福祉施設7.5%などに対して、飲食店は最下位のわずか2.9%です。にもかかわらず、飲食店にはコロナウイルス感染防止策として極めて厳しい営業時間制限などが掛けられています。
しかし、制限を課している職員の人たちそのものが、深夜遅くまでの会食を続けていたことが、誰もこの制限の実効性を信じていない証左です。
感染者が出たからこの事実が明るみになっただけで、これ以外に相当数の「掟破り」もあったと思えます。結局、信じてないのに、いじめの様に、飲食店は時間制限など押し付けられる。

【このままでは、飲食店がコロナ禍の最大の犠牲者に】
度重なる営業時間制限や酒類提供の中止などにより、全国の飲食店は疲弊し破滅の淵に立たされています。このままでは多くの飲食店の閉店や倒産が避けられません。飲食店の閉店や倒産はそのまま、各店に酒類や食材を卸している納入業者の疲弊や連鎖倒産、そしてそこに関わる人たちの失業や困窮に結びつきます。世界でもっとも安全で豊かな外食文化と評されるまでになったわが国の飲食業界のバリュー・チェーン、長年にわたる関係者のたゆまざる努力のたまものが、この数か月で急速に破綻し、崩れはじめています。
日本人的美徳なのか、飲食店から公には反発が少ないのが現状です。しかし、食を通じて世界に日本の魅力を伝えてきた飲食店が、声も上げられないまま次々に店を畳んでいくのは、なんとも耐えられないことです。

【ゼロか100ではない。感染も倒産も抑えるために、意味のある制限策に見直して欲しい】
このたびの制限策が、さまざまな飲食店を一括りにして同じ制限時間で押し切ってしまっていることにも疑問を感じます。「一律20時閉店・酒提供19時ストップ(または酒の提供自体を禁止)」では、飲食店の存続が困難となるばかりか、制限時間を一律にすることが店内や交通機関に密状態を作る原因にもなっています。他の先進国では、レストランの稼働席数を50%までに抑えるなど※2の条件をつけながら、客席入れ替え・回転可能な営業を認めるなど、飲食店の負担をすこしでも和らげるための政策が行われているところもあります。飲食店の営業時間の制限を、感染対策の状況に応じて、そしてその業態や内容に応じて、より合理的なものに見直すことを、切に提言したいと思います。

【飲食店を守ることも、「いのち」を守ることにつながります】
医療現場のひっ迫、医療従事者の負担を少しでも和らげるために、感染対策が喫緊の課題であることは言うまでもありません。私たちもその対策に対して出来る限りの協力をするとともに、前線で戦っている医療従事者の皆様に対して敬意と感謝を持ち続けなくてはなりません。
しかしながら地域経済を支えている人々の最低限の雇用を守りながら感染対策を進めることも、「いのちを守る」という点で重要性に変わりはありません。グローバル大企業が担う「二割の雇用・三割のGDP」だけでは、日本の地域社会は支えられません。私たちの願いは、飲食店の経営が最低限の健全さを保ち、飲食店が雇用の受け皿であり続けることです。コロナ禍による経営破綻と生活破綻の連鎖を、何とか防ぎたい。地域社会を支えている声なき多くの人たちの「命」も、救いたい。そう、願っています。  
私たちは、日本の飲食店の「いのち」と共にあります。

これが本当に命を守るために必要な事です。

いい加減目を覚ましていただきたいものです。
対して陽性者を出していない飲食店をいじめるよりも一年間なんの協力もしてこなかった医師会の重鎮
苦情批判ばかり言って自分たちは遊び惚けているマスゴミや腐れ野党ども
政府が幾ら言ってもマスゴミの捏造報道が怖いからと言って言う事を聞いてしまっている官僚達
誰が命を一番考えているか、皆で考えていきましょう。
命は金で買えないと言いますが、金があれば助かる命があります。
経済活動を行わなければ明日のご飯がない人も大勢います。
批判ばかり言って何の生産性もない人と現状に対して最善を尽くして歯を食いしばっている人、どちらを優先しましょうか?
考えていきたいものです。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2021/05/30 06:00
コメント:
在日帰化のコリアン系移民が秘密に大量殺人をしている
『日本よ何処へ』様より
石橋学記者が事務所付近に出没
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53379942.html?1621707366#comment-17
コメント欄の重要書き込みを閲覧してみてください。
『韓国本土のコリアンマフィアの子孫が、
日本に帰化して警察官・警察官僚に採用されている。』
『在日帰化コリア系移民に、
日本民族が秘密に大量に殺害されている。』


管理者のみに表示