fc2ブログ

日本が相手にしなくなった韓国

10365879_505297429597392_3570638685272920760_n.jpg
日本を憎んでいるはずなのに密入国や不法入国を行ってきた朝鮮人達
済州島での共産党弾圧から日本に逃げてきた事例もあり、約60万人もの難民を日本は受け入れています。
それだけの人数の難民を受け入れているのに国際社会的に難民が少ない国と言われる謂れはありませんよね。
ちゃんと在日朝鮮人達の処遇を国際社会に知らしめていきましょう。
そして生活保護を受けている在日朝鮮人を保護難民として認定し、日本は難民を受け入れていないという謂れのない中傷を否定していきましょう。

そして現代においてまた朝鮮半島の景気が悪化し、日本に流れてくる朝鮮人が増えています。
賭博大国・韓国に暗雲が迫る 低所得層まで「借金して株投資」の異様 ヨダレを垂らして見つめるハゲタカファンド、続く亡国の進撃
 韓国人は昔から賭博が大好きだ。政府系機関はこれまでに何度か、「韓国人の賭博中毒者比率は欧米の数倍」と警告してきた。だが、いま問題なのは、海外にサイトを置いた違法なネット賭博、あるいはカジノや公営ギャンブルではない。“株式賭博”だ。
 「投資」という言葉とは、およそ懸け離れた熱狂に支配されている。低所得層まで「借金してでも株だ」と動いている。
 しかし、借金して買ってももうかるような株がそうはあるはずがない。いずれ大破綻が来る。大規模な「徳政令」(=国庫による個人債務の買い上げ)が必至となるだろう。そして、国家財政も大破綻へ…亡国への進撃が続きそうだ。
 韓国人は「危機をチャンスに変えよう」という言葉が大好きだ。この言葉の背後にあるのは「一発逆転」を狙う賭博気質だ。
 借金してでも株式投資の風潮は、実は初めてのことではない。
 ▽「借金までしての株投資」ビッグラリーへの期待感で急増(東亜日報2010年12月13日)
 ▽借金して株式投資をする低所得層が急増(東亜日報・韓国語サイト13年2月12日)
 ▽「借金による株式投資」が過去最高とは(朝鮮日報15年4月18日)
 いずれも韓国総合株価指数(KOSPI)が急角度で上昇した時期だ。
 それらの時期と比べれば、20年末から今日に至るKOSPIの上昇は「超々急角度」だ。そして、不動産価格の高騰と、若い世代の貧困化が背景にある。
 ようやく就職できたが、いつクビになるかもしれない非正規職。その安月給では不動産投機はとてもできない。ただ、株なら少しは買える。この際、苦しい生活を続けるより、できる限りのカネを借りまくって、株で当てれば「三放世代(=恋愛、結婚、出産の夢を放棄せざるを得ない貧しい若者)」からニューリッチに転身できるぞ…。
 まさに、「危機をチャンスに」「一発逆転」を狙う“株式賭博”なのだ。
 「20歳代の株式中毒3倍増」(中央日報21年2月28日)、「40%が株式投資する韓国の20歳代」(中央日報21年5月4日)という記事には驚かされる。貧しい若者たちまで株を買っていることに触発されて、中高年齢層も走る。「株を買っておかないと負け犬になるだけ」と考えるらしい。
 みんなが株購入に熱中しているから、KOSPIはジグザグこそあれ、右肩上がりを続ける。だから、ますます“株式賭博”に手を出す韓国人が増える。
 この状況を、ハゲタカファンドはヨダレを垂らしながら見詰めているのではないだろうか。
 米国のインフレ懸念と金利引き上げへの動きもある。韓国の消費者物価も、21年4月は前年同月比2・3%上昇した。2%台は2年5カ月ぶりだ。
 どうやら、韓国株式市場の上に暗雲が漂い始めたのではないだろうか。
 韓国の20年末の国家債務は国内総生産(GDP=1924兆ウォン=約184兆円)を上回った。家計債務もGDPにほぼ等しい水準にある。
 そこを株式相場の急落が襲ったら…。その惨状は想像するのも厭(いと)われる。(室谷克実)

地道な積み上げを否定する韓国人と言うよりも地道な試行錯誤をする余裕がないのか一発逆転を夢見てパリパリ精神で行動しているとしか思えません。
進化って一瞬んで行われるわけではなく少しずつ改善させていくものなのです。
それが判っていないって感じですよね。

そんな韓国人が罪の意識もなく罵倒できるのが反日政策です。
とうかそのようなものでストレス発散しないと持たないって事なのでしょうね。
常に恨むのはエネルギーが必要です。でも他に怒りをぶつける対象がいないのでしょうね。
「汚染水」「放射能」で反日連鎖が拡大する韓国
 東京電力福島第1原発処理水の海洋放出決定を受け、韓国で各方面からの反発が連鎖的に拡大し、反日機運が高まっている。韓国メディアは処理水をいまだに「汚染水」と呼び、「汚染水放出は地球で最も大きな井戸である太平洋を汚染させる行為」という「井戸汚染論」が拡大中だ。釜山(プサン)地裁には放出禁止訴訟が起こされ、複数の地方自治体が連携して反対運動を始めた。漁民の海上デモや学生の集会が行われたのに加え、来年の大統領選の有力候補が日本への抗議の先頭に立ち、反日を人気取りに利用している。
韓国政界「東京五輪ボイコット」 振り上げたこぶしの行方
東京五輪のホームページ(HP)の日本地図に竹島(島根県隠岐の島町)が掲載されているとして、韓国で「五輪ボイコット」を求める声が広まり、韓国政府が動き出した。元首相や前首相に続き、鄭義溶(チョン・ウィヨン)外相も「可能な限り最大限に強力な措置を取る」と強硬発言。国内向けの政治パフォーマンスから本気度が上がっている。韓国では日本批判なら何を言っても許されるという「反日無罪」が国民感情だが、政府がさらにこぶしを振り上げれば、落としどころが難しくなる。韓国の「五輪ボイコット」は本気なのか、虚勢なのか。

始まりは著名な反日学者
加藤勝信官房長官は5月28日の記者会見で、韓国の丁世均(チョン・セギュン)前首相や李洛淵(イ・ナギョン)元首相が、東京五輪の公式HPの地図から竹島を削除しなければ五輪をボイコットすべきだと発言していることについて問われ、「引き続きわが国の領土・領海・領空を断固として守り抜くという決意のもと、冷静かつ毅然(きぜん)と対応していきたい」と述べた。日本政府は韓国側の削除要請を「受け入れられない」と拒否している。

さて、このような記事がいま韓国ではたくさんありますね。まあ、今までも多かったのですが、日本政府が韓国に対して譲歩しないという姿勢をはっきりと言う事は素晴らしい事だと思います。
勝手にボイコットしてくださいって話ですね。

そんな韓国人を尻目に日本政府は韓国政府を相手にしない事を決めました。
政府、日韓首脳会談を設定せず G7開催時、歴史問題で
 日本政府は、韓国の文在寅大統領がゲストとして出席する英国での先進7カ国首脳会議(G7サミット)に関し、事前に日韓首脳会談を設定しない方針を固めた。複数の日本政府筋が5日、明らかにした。歴史問題で韓国から実効性のある打開案は示されておらず、菅義偉首相が対話に臨む環境は整っていないと判断した。短時間接触についても、応じる必要はないとの消極論が政府内に根強い。
 関係者によると、日本政府は韓国側に首脳会談を打診していない。韓国側も会談を日本政府に持ち掛ける構えを見せておらず、双方がいずれもトップ対話を提案せずにサミットを迎える公算が大きい。

宿題の回答を出せない奴の相手をしている暇はないって話です。
いい加減、韓国は日本との約束を守らないと相手にされない事を理解してほしいですね
反日無罪の反日教育がこの状況を作り出しています。しっかりしてほしいものですね。

反日なのに日本に頼る韓国、恥ずかしくないのでしょうか?
国民感情を無視しているのですが、まあ気にした韓国人的に負けなのでしょうね。
韓国政府、「協力を願う」日本のルネサスなど自動車用の半導体メーカーに公文書
韓国政府が海外の主要車両用半導体メーカーを相手に、車両用半導体の円滑な国内供給に向け協力を願う、公文書を発送していたことが分かった。
 関係部署は25日、「産業通商資源部(経済産業省に相当)は最近、このような内容の公文書を各国の外交公館を通じて、主要車両用半導体メーカーに送った」と明らかにした。
 同部が公文書を送った業者はオランダのNXP、ドイツのインフィニオン、日本のルネサスなど、韓国の自動車メーカーと取引関係にある5~6社だという。
 今回の公文書には、韓国の自動車産業がこれまで車両用半導体企業と共に成長してきただけに、車両用半導体の需給不足の中、円滑な供給に協力してほしいという内容や、今後の協力増進について盛り込まれているという。
 最近、車両用半導体の需給難が長期化し、現代自動車(HYUNDAI)・起亜(KIA)をはじめとする韓国の自動車メーカーは工場中断と再開を繰り返している状況だ。そのため韓国政府は主要国や企業と車両用半導体の供給に関して協議を続けている。
 関係部署の関係者は「これまで韓国の自動車産業と相互の信頼を通じ、共に成長・発展してきただけに、現在困難に直面する車両用半導体の供給が、円滑に行われるよう要請したと聞いている」と述べた。

相互信頼、良い言葉ですが韓国人が言うのは間違っていると言わざるえませんよね。
こんないい加減な事ばかりやっている国が何を言っているの?と言わんばかりです。
日本人の嫌韓の割合が大きくなっている事を実感できないのでしょうか?
コロナ禍だから判らないって事かもしれませんね(笑)

約束を守らない民族朝鮮人、でも他人が儲ける事を妬むその歪んだ精神
日本人とは相いれないですね。朝鮮人が改善させないと日本は相手をしない、これで行きましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2021/06/11 06:00
コメント:

管理者のみに表示