FC2ブログ

信用されない新聞記者たち

211225900_203096161738714_1185318124968165769_n.jpg
マスゴミの劣化を感じる今日この頃です。
なんでもかんでも反対反対の野党どもに忖度して報道の自由を行使するマスゴミ達ですが、最近、その野党のレベルの低さに引っ張られてか、もしくは元々なのか判りませんけどどうも低レベルな報道しかできていません。
しかも菅総理や西村大臣の様に真面目な方々は何とか対応しようとしてレベルを合わせて発言しているからおかしなことになってきています。
麻生さんや安倍さんの様にしっかりとした心をもって対応していればこんな事にはならなかったとも思います。
特に菅総理は男系継承者を第一義とする政策を出すなど真面目に取り組んでいたからこそ残念であります。

さて、そのマスゴミの低レベルさが浮き彫りとなった犯罪がありました。
旭川医大「無断録音された」 北海道新聞社に抗議文送付
 旭川医科大学(北海道旭川市)の校舎内に許可なく入ったとして、北海道新聞社の記者(22)が建造物侵入容疑で大学関係者に現行犯逮捕された事件で、旭川医大は24日、記者が会議内容を無断で録音していたとして、同社に抗議文を送ったことを明らかにした。
 記者は22日午後に大学関係者に逮捕され、道警旭川東署に引き渡された。署によると、記者は取材のため、関係者以外立ち入り禁止の看護学科棟4階に立ち入っていたという。学内ではこの日、不祥事が相次いだ吉田晃敏学長の解任を議論する学長選考会議が開かれていた。
 朝日新聞の取材に対する旭川医大の回答によると、職員が選考会議の会議室から廊下へ出ようとしたところ、扉の隙間から会議内容を録音していた記者に出会った。職員が身分や目的を尋ねたが明確な返答がなく、逃げ去ろうとしたため、学外者が無許可で建物内に侵入したと判断し、警察へ連絡したとしている。
 旭川医大は北海道新聞社に抗議文を送り、校舎内に立ち入った理由などを確認している、としている。
 また、旭川東署は24日午後に記者を釈放し、発表した。今後は在宅で捜査を続けるとしている。
 北海道新聞社法務広報グループは「現時点で事実関係が不明で、旭川医大の見解や記者の釈放についてはコメントできない。逮捕の経緯などを記者に確認し、読者には紙面で説明する」としている。(井上潜、斎藤徹、本田大次郎)

無断で侵入して盗聴していた記者、職員が質問したのに逃げ出した卑怯者って事ですね。
記者の実名を出さないのもおかしな話です。会社として責任を負うってスタンスなのでしょうか?
マスゴミだからと言って甘い顔されるわけないのにね。

で、北海道新聞がこんなコメントを出しました。
記者逮捕を受け北海道新聞社が検証記事掲載
北海道新聞社は、記者が立ち入り禁止となっていた大学の建物に入って取材中に逮捕されたことについて、「記者教育に問題があった」などとする検証記事を掲載しました。一方で、取材中の逮捕は遺憾だとした上で、「今回の事件にひるむことなく国民の知る権利のために尽くしていく」としています。
北海道新聞社の入社1年目の記者は先月、旭川医科大学で行われた学長選考会議の取材中に、立ち入りが禁止されていた大学の建物に入ったとして建造物侵入の疑いで逮捕されました。
その後、釈放され、警察が在宅で捜査を続けています。
これについて北海道新聞社は、記者本人や上司から聞き取るなどした検証記事を7日の朝刊に掲載しました。
それによりますと、この記者は当日、建物2階付近の廊下で会議の参加者が通りかかるのを待つよう指示されたということです。
その後、誰の指示かは分からないものの、会議が行われていた4階に向かうよう言われ、部屋の外からスマートフォンで会議の音声を無断で録音したということです。
当時、大学側からは建物に入らないよう報道各社に要請がありましたが、現場の記者たちには十分共有されていなかったということです。
検証記事では、記者が無断で録音したことについて、「社内の取材ルールで無断録音は原則行わないと定めているが、指導が徹底されていなかった」としています。
情報共有や取材手法、記者教育の点で問題があったとしたうえで、指導するべき報道部の上司の関与が不十分だったと結論づけました。
一方で、「当時は大学側の取材対応が十分だったとは言いがたく、会議の出席者に個別取材するなど様々な手法を駆使するなかで取材中の記者が逮捕されたことは遺憾と言わざるを得ない」としています。
そして、「今回の事件にひるむことなく国民の知る権利のために尽くしていく」と結んでいます。

記者たちに情報が共有されていなくて犯罪を犯しているのにそれに負けないように尽くすって勘違いも甚だしいですね。
社員教育もなっていないって個人の責任にしていますけど、指示があったというからには上層部の問題ですね。

こんな馬鹿げた報告に対して身内からも批判が出ているようです。
北海道新聞は「調査報告の体をなしていない」元記者の識者が批判
 北海道新聞の女性記者(22)が取材の際、国立大学法人旭川医科大(北海道旭川市)の建物内に無断で侵入したとして建造物侵入容疑で現行犯逮捕された事件で、同社は7日、経緯や見解をまとめた「社内調査報告」を公表した。この調査報告について、北海道新聞の元記者で、北海道警裏金問題の取材班代表として新聞協会賞などの受賞歴がある高田昌幸・東京都市大教授(調査報道論)は毎日新聞の取材に「調査報告の体をなしていない。市民の支持を得る気がない」と批判した。理由を詳しく聞いた。【山下智恵/デジタル報道センター】

 ――北海道新聞が調査報告書を公表しました。どう評価しますか。
 ◆まず最初に、調査報告なのに調査の主体が書かれていない。誰が調査したのかわからない。もし本来は調査対象であるはずの編集局幹部が調査の主体であれば、もはや調査と言えません。調査報告の体をなしていません。
 調査報告を紙面とホームページ上の会員向け記事でしか公表していないことも問題です。いわゆる公に知らせていないのです。この問題を道民や道外の市民、報道界、問題に関心を持つ人に広く知らせようとする意思を感じません。
 このネット全盛時代に何を考えているのか。紙面で報告すればよいとはならない。問題を小さく小さく終わらせたいという会社幹部の意思があまりにも露骨で情けないです。

 ――調査報告は、逮捕を遺憾とし、取材手法に問題があったとの見解です。
 ◆「遺憾」とは「思い通りに行かずに残念に思うさま」です。では思い通りとは何なのか。無事に見つからずに取材ができることなのか、見つかっても逮捕されないことなのか。見つかりさえしなければよかったのか。よく分かりません。
 そして取材活動中の記者が逮捕されたという事態について、当事者でありながら、事案に対する評価が書かれていません。逮捕は不当なのか、やむを得なかったのか。評価のないことが報告書の最大の欠点です。
 取材経緯も説明になっていません。例えば、現場となった4階に記者を行かせる指示を誰がしたのか「はっきりしません」と。その程度の社内取材もできないなら、報道機関を名乗る資格などない。もはやお笑いです
 逮捕されたのは試用期間中の新人記者です。調査報告には「キャップや別の記者から、校舎内で身分を聞かれても、はぐらかすように言われていた」と記されています。こんな指示を現場で受けたら、新人は普通言い返せません。それを分かっていながら「経験を積ませたかった」と言って行かせたと。一種のパワハラだと思います。
 大学職員に見つかった際、記者が名乗らなかったのも、こうした指示を守ろうとしたからでしょう。これは会社全体の問題です。
 それなのに、調査報告は責任を旭川支社報道部のキャップや記者に押し付け、そのうえで記者教育が必要だと言っている。現場にしたら「冗談じゃない」と叫びたくなるでしょう。一連の取材行為と逮捕という事態をきちんと自己評価できない幹部にこそ問題があると思います。教育が必要なのは幹部でしょう。

 ――自己評価や説明の不足はどんな結果を招きますか。
 ◆権力を監視する役割のためなら何をやってもいいというわけではありません。当たり前のことです。人を傷つけて秘密文書を取ってくるわけにはいきません。記者も報道機関も社会の一構成員です。
 でも、実際には報道機関側は「取材の自由」を錦の御旗(みはた)にし、市民からは「報道目的なら何をやってもいいと思っているのか」と批判されている。市民と報道機関の間にものすごく深い溝ができています。それを埋める努力は、報道機関側がしなければならない。北海道新聞社は今回の調査報告で、その努力の成果を示す必要がありました。
 この時代、説明責任を十分に果たせない報道機関はジャーナリズムの担い手にはなれません。市民の支持を得られない報道や取材手法は成り立ちません。市民の支持があってこそ権力監視は成り立つ。そこを北海道新聞の幹部は理解できていないのでしょう。
 この調査報告で説明責任を果たしたと幹部が思い、これで終わらせてしまうのであれば、北海道新聞はやがて大変な事態に陥るでしょう。
 まずは記者会見をすべきです。本件について、大学側はすでに記者会見で答えています。北海道新聞も会見して、「どっちが正しいか、読者、道民の皆さん、判断してください」と言えばいいのです。

 ――記者逮捕の是非については現状どう判断されますか。
 ◆北海道新聞が当時の様子を子細に説明しない限り、私には判断できません。北海道新聞は、旭川医科大の取材対応が今回不十分だったとも言っていますが、具体的に何がどう不十分だったかも説明していません。常人逮捕で身柄を引き渡された以上、警察は粛々と逮捕の手続きを進めるでしょう。仮に逮捕が不当だと言うなら、北海道新聞は事実に基づいて、その上で「逮捕は不当」と評価し、主張すればいい。私も含め、市民の判断はそれからです。

とまあ、メタンメタンにされていますね。
報道機関が傲慢なのは震災の取材などで市民などから向けられている不信の目と同じなのでしょう。
むしろいない方がましと思われている節もあります。
東日本大震災でも阪神大震災でも普賢岳の噴火でも記者がやらかしている傲慢な行為に対して厳しい目が向けられているのです。

しかしながら同じ穴の狢って事でしょうね。
産経新聞はこんな程度しか報道していません。
北海道新聞の女性記者、取材中逮捕 調査結果「情報共有に問題」
北海道新聞社は、女性記者が旭川医科大で取材中に建造物侵入の疑いで逮捕された経緯などを7日付朝刊に掲載した。関係した記者らの聞き取り調査で把握した事実経過を説明し、情報共有や記者教育に問題があったとの見解を示した。
記事によると、逮捕された入社1年目の記者は6月22日、旭川医大の学長解任を審査する会議を取材。新型コロナウイルス感染対策のため、大学側が構内への立ち入り禁止を報道各社に通知する中、先輩記者が校舎内に入るよう指示。記者は会議が行われているとみられる4階の部屋を見つけ、ドアの隙間にスマートフォンを近づけ無断で録音した。会議室から出てきた職員に見つかり曖昧な返答を繰り返したため、身柄を旭川東署に引き渡された。
小林亨編集局長は「記者教育や組織運営のあり方などを早急に見直し、再発防止に努める」としている。

まあ、朝日などでは美人局を行って官僚から情報を抜き出す手法が確立しているとか何とか
数年前にそれで起訴された記者がいたけどどうなったのでしょうね。
このような事が続いている、改善しないからマスゴミって言われてしまうのですよ。

結局自浄作用のないマスゴミ達、誰かから言われるか、捨てられない限り改善できないのかもしれませんね。
そんな会社は社会に必要なのでしょうか?しっかりと考える必要があります。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2021/07/14 06:00
コメント:

管理者のみに表示