fc2ブログ

オリンピックを悪用するものたち

20200504121504s.jpg
平和の祭典であるオリンピック、参加することに意義があるという言葉を開催者は残しています。
しかしながら政治的な主張を行う場として、金儲けの道具として使用されているという事実が存在します。
それを主導しているのは所謂マスゴミ達ですね。
世界のマスゴミ達がオリンピックを金儲けの道具として扱い、特別扱いを求めて醜い姿をさらけ出しています。

そして選手として選ばれていないのに日本で働きたいからと言って不正を働き来日する外国人が居ました。
失踪の五輪ウガンダ選手、帰国で「危険な目にあうおそれ」 難民弁護団が行政の対応を批判
東京五輪の事前合宿(大阪府泉佐野市)から行方不明となり、その後、保護されて、難民申請をもとめたとされるウガンダ選手団の選手が帰国したとの報道を受けて、「全国難民弁護団連絡会議」は7月27日、記者会見を開き、日本政府や大会組織委に申入書を提出したことを報告した。
東京五輪・パラリンピックで来日した選手らが難民申請を希望した場合は、難民としての審査を受けるために最大限の援助をすることなどを要請している。
提出は7月22日付。大会組織委、内閣総理大臣、法務大臣、総務大臣、警察庁長官、東京都の公安委員会にメールで送ったうえで、27日に改めて郵送したという。

●大使館の説得を受けてウガンダに帰国した選手
難民申請をもとめたとされるのは、7月16日に大阪府泉佐野市の合宿所から一時失踪したジュリアス・セチトレコ選手だ。
同20日に三重県で発見され、翌21日、東京・渋谷署で難民申請の意向を示したが、ウガンダ大使館による説得を受けて、その日の夜に成田空港から帰国したと報じられている。
連絡会議の世話人をつとめる児玉晃一弁護士は、21日に渋谷署で、選手との面会をもとめたが、担当する大阪府警は応じなかったという。
また、その場に身分証をつけた泉佐野市の職員とみられる人物らがいたため、尋ねると「ここにいますよ。難民申請はしないことになりました」などと言われたという。
ほかにも、職員らが、ウガンダ大使館職員と肘でハイタッチしているのを目撃したそうだ。
児玉弁護士は、帰国した選手が、ウガンダ政府から危険な目に遭わされるかもしれないと危惧する。
そのうえで、五輪のサポートのために協力してきた泉佐野市とウガンダ大使館が、共同して帰国の説得にあたったのだろうと推測する。
「市役所や警察のかたが難民の問題について詳しくないことはある意味しかたない。しかし、難民申請の意向を示した人を大使館の人に会わせるのはとんでもないことだと知ってほしい」(児玉弁護士)

●要請の趣旨
(1)難民認定申請者の意向を有する選手らには、難民としての審査を受ける機会を保障しなければならない。
(2)公的機関が、選手らの難民認定申請の希望を把握した場合、弁護士や支援団体に連絡すること。
(3)日本政府は、帰国した選手の追跡調査をおこなうこと。

この弁護士団は何も確認せずに犯罪者の利権を求めて様々な事を行っている連中です。
似たような事例として不法滞在している外国人に対して仮病をさせてなんの手当も出来ないまま亡くなった件があります。
素直に言う事を聞いていれば生きていたのに仮病を使わせて日本に対して難民ではないのに難民申請させる目論見だったと聞きます。
自分たちの主張を通すために、人の命を犠牲にした利権団体です。

結局、このウガンダの選手は日本で働くために計画して入国したそうです。
失踪選手、ウガンダで訴追 出場へ共謀容疑、母は無実訴え
 【カンパラAFP時事】東京五輪の事前合宿中に失踪し、発見後にウガンダに帰国した重量挙げ男子のジュリアス・セチトレコ選手(20)が、出場をめぐる共謀容疑で訴追された。
 弁護士が28日明らかにした。
 セチトレコ選手は帰国後、カウンセリングを受けると本国政府は説明していた。ところが、弁護士によると、警察に身柄を拘束されて28日に訴追。保証金を納付して保釈された。本人は「5日ぶりに自由となり、喜んでいる」という。
 失踪をめぐり、ウガンダ政府は日本側への謝罪を強いられた。捜査当局は、出場資格を満たさない可能性を認識しながら、代表チームに参加できるよう政府当局者と共謀した疑いがあると主張。一方、母親は「無実だ」と訴えている。
 
結局、日本に来たかったという事でしょうね。
三重で発見されたという事で何らかの働き口があったのかもしれませんね。
弁護していた弁護団なんかいえや~

今度はベラルーシの選手が亡命してきました。
IOC、ベラルーシ選手は「安全」 日本当局が近日中に対応―東京五輪
 国際オリンピック委員会(IOC)のマーク・アダムス広報部長は2日午前の記者会見で、第三国への亡命を希望しているベラルーシ代表のクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(24)と接触したことを明らかにした上で「彼女の身は安全で、現在当局下に置かれている」と述べた。
 また、「IOCは彼女との対話を続ける。近日中に日本当局が次の対応を決めるだろう」と語った。

日本に丸投げかよ!って結局、法律に則って別の国に亡命したそうですね。
元々政府に対して批判的な事を言っていたらしいです。

さて、このようなジェノサイドを行った人間のマークを付けている選手もいて非常に困る状況になっています。
IOC 中国選手が表彰式に毛沢東バッジで事実関係調査
国際オリンピック委員会(IOC)のアダムス広報部長は3日の記者会見で、2日に行われた自転車トラック女子チームスプリントで金メダルを獲得した中国代表の鮑珊菊、鍾天使の両選手が、「建国の父」毛沢東のバッジを付けて表彰式に出たことについて事実関係を調べていることを明らかにした。
表彰式での今回の行動は政治的、宗教的、人種的な宣伝活動を禁じる五輪憲章第50条に抵触する可能性がある。
アダムス氏は「中国オリンピック委員会に報告を求めている」と説明し、中国側の回答を待っていることを明かした。

支那では中共の一党独裁を壊すために毛沢東が讃えられていたとか何とか、自国民を世界一殺害した独裁者として有名な人物です。
因みに二位はスターリンらしいですね。
まあ、なんにせよジェノサイド、大量殺害を行った者である毛沢東は世界の敵ですね。
今行われているウイグルやチベット、モンゴルの人権問題を拡散したい目論見かもしれませんが、表彰台ではそのような主張は禁止です。

アメリカでも馬鹿がいるようですね。
オリンピック アメリカの選手が表彰式で抗議行動 IOCが調査
1日に行われた東京オリンピックの陸上女子砲丸投げの表彰式で、銀メダルを獲得したアメリカの選手が、両手を頭上で交差させて「抑圧された人々」への連帯を示す抗議行動を行いました。
オリンピック憲章で禁止されていた差別などへの抗議の意思を示す行動は試合前の競技会場など一部の場面で緩和されましたが、表彰式では禁止されていて、IOC=国際オリンピック委員会が調査しています。
1日、国立競技場で行われた陸上女子砲丸投げで銀メダルを獲得したアメリカのレーベン・サウンダース選手が、表彰台でメダルを首にかけた後、写真撮影の際、両手を頭上に挙げて交差させ「X」の形を表すポーズをとりました。
AP通信によりますと、サウンダース選手は「抑圧されたすべての人々が出会う交差点」を表したと説明し、こうした人たちへの連帯を示す抗議行動をしたということです。
オリンピック憲章では、人種差別などへの抗議の意思を示す行動を含む政治的、宗教的、人種的な宣伝活動を禁止していましたが、IOCは、選手との対話を重ねてきたIOCのアスリート委員会からの要望を受けて、東京大会では記者会見やインタビューのほか、試合前の競技会場や選手紹介の場面ではこうした行動を可能とするよう一部、憲章を緩和していました。
一方で、表彰式では現在もこうした行動は禁止されています。
東京大会では、サッカー女子の試合前に日本を含む複数の国の選手が片ひざを地面について人種差別への抗議を表す行動を取りましたが、表彰式でのこうした行動は初めてです。
IOCのマーク・アダムス広報責任者は2日の会見で「アメリカのオリンピック委員会や世界陸連と連絡を取り合っている。全容を確認してから判断したい」と述べ、調査を進めていることを明らかにしました。

USOPC 平和的なものであれば制裁科さない
USOPC=アメリカオリンピック・パラリンピック委員会は、アメリカの選手たちが今大会で抗議行動を行った場合も、人種差別の撤廃や社会正義を訴える平和的なものであれば選手に制裁は科さないという方針を示しています。
オリンピックでの抗議行動をめぐっては、1968年のメキシコ大会で表彰台に上ったアメリカの黒人選手が、黒人差別への抗議として頭上に拳を高く突き上げ、大会から追放された例があります。
USOPCは、その後も長年にわたって抗議行動を認めないIOCの考えを支持してきましたが、去年、黒人差別の撲滅を目指す「ブラック・ライブズ・マター」運動が全米で大きく広がったことを受け、IOCに対して大会期間中の抗議行動を認めるようオリンピック憲章の改正を求めています。

不通に追放でしょうね。黒人の利権拡大を目論み、社会を混乱させたBLMなんて関係ありません。
規則を守れない人間にこのような平和の祭典に参加する資格はないというだけの話です。
主張するなら勝手に自分の舞台で行ってください。

このように平和の祭典を悪用する輩は後を絶ちません。
自分の主張を受け入れない人間は悪だというマスゴミ達の身勝手は主張に踊らされているだけかもしれませんね。
本来の姿に戻せるなら戻したいですね。
来年の北京オリンピックは中止になることでしょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2021/08/08 06:00
コメント:

管理者のみに表示