fc2ブログ

展望の暗い斜め上の国

c4f5d9c7-s.jpg
8月15日 日本の戦闘終結の火が今年もやってきましたね。
多くの国会議員が靖国神社もしくは護国神社に参拝し、英霊の御霊へ国を守る事を誓っていると信じています。
閣僚が靖国神社に参拝したことがニュースになっていますが、そもそも特定日に行かなくてはならない理由はあまりないと私は思います。常日頃から近くを通った際に参拝するという事で良いのではないでしょうか?
私はその考えで護国神社に参拝しており、他の神社も良く参拝します。
別に特別な事ではなく当たり前の事をやっているというだけの話なのです。

さて、暑い夏ですね。
今年も特定亜細亜だけが日本人が英霊に対して顕彰の誠を捧げてはならないという馬鹿げた主張をしています。
韓国政府 靖国神社参拝・供物奉納に「深い失望と遺憾」
【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部は15日、日本の閣僚が「終戦の日」に合わせて靖国神社を参拝したことについて、「過去の侵略戦争を美化し、戦犯が合祀(ごうし)された靖国神社に日本の政府指導者がまた供物を奉納し参拝を繰り返したことに深い失望と遺憾の意を表す」とする報道官論評を出した。
 論評は「日本の責任ある人物が歴史に対する謙虚な省察と真の反省を行動で見せることを促し、こうした姿勢が基盤となるとき、未来志向の韓日関係を構築し、周辺国の信頼を得ることができる」と強調した。
 共同通信によると、菅義偉首相が靖国神社に供物を奉納し、安倍晋三前首相、小泉進次郎環境相、萩生田光一文部科学相が同神社を参拝した。
 13日には岸信夫防衛相と西村康稔経済再生担当相が参拝。外交部は同日午後、在韓日本大使館の熊谷直樹総括公使を呼んで厳重に抗議した。

因みに日本には戦犯という存在はいません。日本国の意思決定機関である国会で彼らの罪は償われています。
というか、戦後できた法律で戦中の犯罪?を裁く事後法でアメリカがリンチを仕掛けてきたというのが歴史の真実ですね。
むしろ一緒に戦った韓国が何言ってんでしょうね。ってのが日本の意見だと思います。

竹島を不法占拠されている日本の島根県ではこのような話が出てきています。
中韓への利敵行為をやめ歴史問題を克服する道
「竹島を考える」という名のコラムであれば、竹島の領有権問題のみを論ずるものと多くの読者諸氏は想像されるかもしれない。だがそれは少し違っている。初めに、その理由について触れておきたい。
2003年11月15日、島根県の隠岐諸島で「竹島・北方領土返還要求運動島根県民会議」主催の講演会が開催された。これが05年3月16日、島根県議会が2月22日を「竹島の日」とする「竹島の日を定める条例」(「竹島の日」条例)を成立させるきっかけとなった。
講演会には同県選出の国会議員と当時の澄田信義知事(故人)をはじめ、県会議員や地元の方々2千人余が集(つど)った。そこで私は「竹島問題で日本は韓国に勝てる」と話したのだ。

この先は有料記事なので自ら確認をお願いします。
そもそもテレビや新聞などの反日組織が中韓に有利な情報しか流さないというのがおかしいのですよね。
何でそんなことが出来るのか私には理解できませんよ。

そして韓国は自分たちが約束を破っている事を忘れているかのように日本に対して様々な要求を行ってきます。
韓国、文氏が日本に対話呼び掛け 歴史問題で解決策言及なし
 【ソウル共同】日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」を迎えた韓国のソウルで15日、政府式典が開かれ、文在寅大統領は日韓の懸案や国際的課題への共同対応のため「対話の扉を常に開けている」と強調した。日韓が知恵を出し合って共に困難を克服し「隣国らしい協力の模範を示すようになることを期待する」とも述べた。
 来年5月で任期を終える文氏の最後の光復節演説。元徴用工訴訟や従軍慰安婦問題を念頭に、日韓の歴史問題に関し「国際社会の普遍的な価値と基準に合った行動と実践で解決していく」と述べたが、解決策への具体的な言及はなかった。

そもそも8月15日は天皇陛下が戦闘行為を止めよと御聖断された日であり、朝鮮半島のそれに従った日なだけであって、韓国として独立させられてのはずっと後になります。
その事を忘れているんじゃないのかな?アメリカに独立させられたというのが韓国の歴史です。
しかも、自分たちが日本との約束を破っているので話に応じてもらえないだけなのに何言ってんでしょうね。

その文大統領の最後の演説がこちらです。
文大統領、最後の光復節演説 打開策なき「未来志向」訴えた背景は
 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は15日、日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の演説で、日韓の懸案や国際的な脅威に対応するため「対話の扉は常に開けている」と述べた。だが徴用工や慰安婦などの歴史問題の解決に向けた具体的な言及はなく、任期末まで9カ月弱となった文政権下での解決が難しいことも浮き彫りにした。北朝鮮との対話再開に向けた具体的な提案もなかった。政権最後の光復節演説が、具体案なき「未来志向」の訴えにとどまった背景は――。

対日批判避け、「管理モード」に
 日韓関係について、文氏は昨年の演説では徴用工問題を挙げて「いつでも日本政府と向き合う準備ができている」と対話姿勢を表明した。しかし、今回は「ただすべき歴史問題については、国際社会の普遍的な価値や基準に合った行動と実践で解決していく」と述べたものの、徴用工や慰安婦という言葉を使わず、新しい提案もなかった。
 淡々とした表現の背景にあるのは、対日関係改善にかじを切ったものの、韓国国内での調整に手をこまねいている現実だ。
 文氏は今年1月の記者会見で、元徴用工訴訟で敗訴した日本企業の韓国にある資産を現金化する手続きについて「望ましくない」と発言。凍結状態にある2015年の慰安婦問題解決のための日韓合意も、政府間の公式合意として「(解決への)土台にする」と述べた。日本政府が「元徴用工への損害賠償を含む請求権問題は1965年の日韓請求権協定で解決済み。ボールは韓国側にある」との立場を崩さないことを踏まえ、軌道修正を図ったものだった。

結局未来志向と言う過去の清算が出来ていない、自分のやったことに対して責任を持たない人間が難解っているだけに過ぎません。というのが日本の見方です。
約束を守らない人間と幾ら協議しても意味がありませんしね。

しかもこの大統領、実は親日だったって報道がなされているようです。
文在寅の「ヤバい嘘」… じつは「文在寅は“家族ぐるみで親日”だった」疑惑がいま韓国で話題沸騰中!
文在寅に、まさかの「親日嫌疑」!
 文在寅大統領は政権樹立以来「親日清算」を掲げ、日本統治時代の痕跡を徹底的に排除しようとしてきた。
 韓国で言う「親日派」とは、現在日本との友好関係を進めようとしている人ではなく、日本統治下の朝鮮で日本当局に協力した人々を指している。
 左派人物にとって親日の基準は、左派市民団体の民族問題研究所が作った「親日人名辞典」に登載されているか否かであり、「共に民主党」(以下”民主党“)候補者が自分たちに都合がいいように親日を批判することで、2020年4月15日の総選挙では与党の勝利に貢献した。
 その後、韓国の内政は、若者の置かれた現状に対する不満、公正性が一層失われたことに対する不満から与党に逆風が吹いている。したがって、次期大統領選挙における最大のテーマは、どの大統領候補が国民生活の向上に効果的に対処するかである。
 しかし、今の与党には有効な対策はない。そこで民主党と左派陣営では再び野党に対する「親日」批判を強め、野党系の大統領候補を陥れようとしている。
 そうした中、文在寅氏自身に「親日」の嫌疑が欠けられている。


文在寅の「父親は親日」論争が急浮上してきた
 韓国のインターネットメディアで、崔在亨(チェ・ジェヒョン)前監査院長の祖父である崔秉圭氏(故人)が1937年に朝鮮総督府の地方諮問団体である江原道会(江原道議会に相当)議員に出馬して落選した後、1939年に旧満州国の牡丹江省海林で朝鮮居留民団団長を務めていたことを根拠に親日議論を提起した。
 これに対し、崔前院長は「特定の職に就いていたからといって親日と定義することはできない。そのような論議ならば農業係長をしていた文在寅大統領の父親も親日派論議から抜け出すことはできない」と応じた。
 これは祖父の崔秉圭(チェ・ビョンギュ)氏の独立運動が捏造であり、むしろ親日活動をしていたとする報道に対する反論の過程で出てきた発言である。この崔前院長の発言に対して、青瓦台は即座に反論に乗り出した。
 8月10日、大統領府青瓦台の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官は会見で「崔前院長が、文大統領の父親が興南で農業係長をしていたことも親日派論議から抜け出せないと言及した。崔前院長側が本人の議論を釈明しながら大統領を引き込んだことは大統領候補として非常に不適切な行動であることを肝に銘じるよう望む」と述べた。
 青瓦台の核心関係者は、報道官の発言との関連で「大統領の意向が反映されている」として大統領の指示に基づく発言だったことを示唆した。

立派な「親日」分子
 青瓦台の高官は「崔前院長のファクトと一致しない言及、不適切に大統領を引き込んだ側面に対して遺憾を表明し、不適切な行動を指摘したもの」だと述べた。
 文龍炯(ムン・ヨンヒョン)氏は1920年生まれだから、農業係長になるには若すぎるという指摘であろうが、朝鮮半島出身者の中ではエリートといえる高卒であるから、あり得ない話ではない。
 実際に文氏の略歴はどうだったのか。文氏は日本統治時代に興南町事務所で農業係長を務め、50年の国連統治下で農業課長を務めた。高校を卒業したというから中産階級だったので親日疑惑が生じる。
 太平洋戦争が勃発し、戦時総動員体制を整えた日本統治下の朝鮮半島では食糧供出などが行われた。農業関連の公務員は穀物を収奪して、日本に提供する任務を担った。これは十分に親日といえる行動であろう。
 しかし、「親日人名辞典」を編集した民族問題研究所は、日本統治下、生計型の末端公務員まで親日派に追い込むのは拡大解釈だと都合のいい解釈をし、文在寅大統領の父親を庇っている。
 1950年の国連統治下でも農業課長を務めたためもあってか、米軍が咸鏡南道興南で展開した撤退作戦で使われた「メロディス・ビクトリー」号に文在寅大統領の両親も乗船して巨済島に避難した。
 こうした文氏の履歴を見れば、文氏は立派な「親日」分子であろう。

文在寅氏一家の「親日行動」
 文在寅氏は父親が日本統治時代の農業係長だったことには触れたがらない。
 しかし、文在寅氏自身が親日家族の一員だとするならば、「親日派清算」で、自分は除いた他の親日一家を攻撃するのは、文在寅氏とその追従者の得意とするネロナンブル(「自分がやればロマンス、他人がやれば不倫」)を端的に示したものということができよう。
 18年9月に野党議員が文在寅氏の経費(17年5月ー18年8月)を調べたら、すし店だけで473回、合計632万円を使っていたそうである。
 長女ダヘ氏が留学していたのは日本の国士舘大学。ダヘ氏は日本の武道に興味を持っていたため国士舘大学を選んだようである。
 文大統領の夫人は結婚直後釜山に居住していたが、その際日本の伝統茶道裏千家の教室に通っていた。
 文氏の長男は日本のアニメにハマり、小遣いをすべてアニメビデオの購入に充てていた。
 文在寅氏は民族主義的傾向が強く、大統領になる以前から日本に対して強硬な姿勢を取ってきた。朴槿恵時代にあった教科書では日本の植民地時代に関する記述があったがこれを不満とし、使用禁止にしている。しかし、文在寅氏や家族は日本文化に親しんできた。
 文在寅氏が、親日批判を繰り返すことに違和感を覚えざるを得ない。

「救国の英雄」も“親日”として冷遇される韓国
 文在寅氏と与党民主党が野党候補に対する親日批判をエスカレートさせるのを防ぐ意味でも今回の指摘のような反論を繰り返すことは防御に役立つだろう。
 ただ、「親日」論争が大統領選挙の最大のテーマとならないよう気をつける必要がありそうである。
 韓国では、意外な人が親日の烙印を押されている。このような人まで「親日」とする国は韓国以外にはないだろう。それも文在寅氏とその追随者の異常さがなせる業である。朝鮮戦争で韓国を北朝鮮の侵攻から守り、「救国の英雄」とされる白ソニョプ元陸軍大将までも「親日狩り」の対象としているのが文在寅氏とその追従者たちである。
 白将軍は韓国が日本の統治から解放された後に韓国軍の創設に関わり、1950年に勃発した朝鮮戦争では、北朝鮮軍の南進を防ぎ、アメリカを中心とする連合軍と共に北朝鮮軍を北側に押し戻した。
 連合軍が「総崩れ」しかかった場面で、師団長として自ら突撃したという逸話が残っており、1953年には韓国初の陸軍大将となった。白将軍は陸軍参謀長、合同参謀本部議長などを歴任した。
 当時、弱かった韓国軍の中で北朝鮮軍を撃退したのは白将軍の第1師団くらいである。米軍の信頼が厚く、白将軍の死去後、ハリス駐韓大使(当時)は「心が痛い。白将軍が懐かしい」と哀悼の意を表明した。

文在寅政権は「異常な政権」
 しかし、白将軍は日本統治時代、満州国の間島特設隊に服務したことがあり、同部隊は日本からの独立を目指す朝鮮武装勢力を弾圧する任務があったといわれることから、与党・民主党などの左派勢力は、白将軍に「親日派」の烙印を押している。
 白将軍の死去に際し、丁重な哀悼の意を表明した米国とは異なり、韓国大統領府は「申し上げる言葉はありません」と冷淡な対応を示した。文在寅大統領自身2019年の海軍士官学校の卒業式で、「日本軍の出身でない者だけで創設されたのは海軍だけ」と発言しており、軍備増強においても海軍を優先しているような感がある。
 焼香所の設置においても、元女性秘書からセクハラを理由に告訴された直後に自殺した故朴元淳(パク・ウォンスン)市長の焼香所はソウル市が設置して「公葬」となったが、白将軍の焼香所は当局が設置を禁止し、保守系団体が警察による阻止を振り切り設置を強行したものであった。
 白将軍の埋葬地についてもソウルの国立墓地ではなく、大田の国立墓地である。ソウルの国立墓地には、国家の功労者や朝鮮戦争の戦死者など17万人が埋葬されているが、白将軍に対して韓国政府は場所がないという理由で拒否し、大田に埋葬された。
 大田も国立墓地ではあるが、白将軍の同僚や部下はソウルの国立墓地に埋葬されており、白将軍もソウルの国立墓地に埋葬されなかったことを残念に思っていることだろう。
 文在寅政権が異常な政権だということはこのことからも明らかであろう。

「反日の闘志」も「親日」って…
 李承晩大統領は上海臨時政府の初代大統領に参加した独立運動家である。
 ただ、文在寅氏をはじめとする左派政権の人々は李承晩氏を独立運動の英雄とは認めたくないのだろう。 
 李承晩氏は、多くの独立運動家と対立していた。そうした中で李氏が臨時政府の大統領に選ばれたのは、米国ウィルソン大統領と人脈があったためだといわれている。
 国際連盟による朝鮮の委任統治を提案した折、左派からは強い反発を受け、第2の「李完用」(朝鮮併合を受け入れた時の首相)と非難された。次第に臨時政府からは浮き上がり、上海を去った。その後米国でのロビー活動に専念してきた。
 李氏はその知名度とは裏腹に独立運動の主流を歩いてきたわけではない。朝鮮の解放後、李氏はマッカーサーの専用機に搭乗して帰国するや米国の意を受けて「建国準備委員会」とも距離を置き、反共統一を掲げた。当時、韓国の独立運動は即時独立を求める民族派の金九や中道派の呂運亨、左派の朴憲永といった活動家が米国と対立していた。
 李氏は日本統治時代朝鮮半島にいたことはほとんどなく、地盤もなかった。反日民族派の金九による親日派粛正に恐れをなした日本統治時代の対日協力者が李の支持基盤となった。
 「光復会」の金元雄(キム・ウォンウン)会長はそうした経緯もあり、李承晩初代大統領を「親日派」と指摘した。李元大統領が初代政府の内閣において日本統治時代に日本に協力した人物を起用したことが根拠である。
 その李承晩氏は、1952年に日韓間の境界線である「李承晩ライン」を引き、竹島の実効的支配を開始するとともに、多くの日本人漁民を抑留したことから、日本では反日の代表的人物として知られるようになった。日韓で評価が全く異なる事例である。

尹錫悦氏に対し「親日」批判攻勢
 最近、尹錫悦(ユン・ソンヨル)氏の支持率が低下傾向にある。
 尹前総長は4日、釜山日報とのインタビューで原発の安全性について、
 「わが国に入ってくる原発はチェルノブイリとは違う。今後作られる原発は安全性問題がないと思う」「福島原発は爆発したのではない。地震と津波があって被害が大きかったが、原発自体が崩壊したのではない。したがって、放射能流出は基本的になかった」といって大きな論議を呼んだ。
 これは政府の強引な脱原発政策を批判したものであったが、与党の候補は尹錫悦氏の親日発言として非難した。
 李在明京畿道知事キャンプのチェ・ジウン報道官は「尹前総長の発言は日本の極右勢力の主張と同じだ」と述べた。
 丁世均元首相はフェイスブックに「福島汚染水放流主張で公憤を買っている日本首相の話かと思った」と書いた。
 韓国で福島原発処理水の安全性問題がクローズアップされている時にこうした発言は軽率の批判を免れないだろうが、尹氏の発言を「親日」と批判することは故意に尹氏に親日の烙印を押したいということだろう。

「親日批判」するウラで…
 大統領選では「歴史認識論争」が本格化している。
 尹前検事総長が文在寅大統領の対日外交を非難すると、与党側は一斉に尹氏を「親日」と責め立てた。
 与党の最有力候補の李在明氏京畿道知事は「大韓民国の建国は親日勢力と米占領軍の合作だ」と述べ大韓民国の国体を否定した。
 今後の大統領選の論点が本来の国民生活の向上から親日論争に切り替えられないよう望みたいものである。

日本の事がよっぽど気になるのでしょうね。比較対象としての日本が無ければ何も出来ないって事なのかもしれませんね。
そして文大統領は親日と言うよりもお寿司大好きってだけなのかもしれませんよね。一日一回以上食べている計算になります(笑)
これが韓国社会の現状なのでしょう。街を歩けば日本食を見つけることが出来ます。
そしてたくさんの人が出入りしています。
まあ、自業自得でしょうね。

未来志向とか言っているにもかかわらず過去しか見えていない韓国
日本に迷惑をかけないでもらいたいものですね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2021/08/21 06:00
コメント:

管理者のみに表示