fc2ブログ

自民党の精神を取り戻そう

578357355s.png
一年前に安倍総理が病気を理由に辞任して、菅総理となりましたね。
私は大して期待していなかったのですが案の定って感じになりました。
まあ、そんなもんなのかもしれませんね。しかしながら政府は武漢ウイルスに負けじと頑張っているイメージです。
まあ、無責任に騒ぎ立てるマスゴミや腐れ野党どもの方が罪は重いと考えています。

さて、にわかに自民党内部で総裁選への戦いが始まったようです。
高市早苗氏が堂々の“かませ犬”宣言 文藝春秋で総裁選出馬意向表明の真意
 菅政権の支持率が軒並み、過去最低を更新。NHKが10日発表した支持率も過去最低の29%、逆に不支持率は52%と過去最高となった。NHK世論調査で支持率30%割れは、2012年の自民党の政権奪還以来、初めて。

「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃
 五輪開催強行で祝祭ムードのまま、秋の総選挙になだれ込む。そんな政権浮揚の悪だくみも感染大爆発で消滅。菅首相周辺が9月の自民党総裁選の延期を模索する中、10日発売の「文藝春秋」9月号で「総裁選に出馬します!」と手を挙げたのが高市早苗前総務相だ。
 高市氏は「日本経済強靱化計画」と命名し、大胆な「危機管理投資」と「成長投資」の必要性を主張。「中国共産党が日本社会への浸透と工作を仕掛けてくる可能性がある」とし、その「リスクの最小化」に向けた法整備と体制強化を目指すなど右派色の強い政権構想を披露している。
 現在、高市氏は無派閥。立候補に必要な「推薦人20人」を確保できるかが、今後の焦点だ。
「安倍前総理に近く、後ろ盾になってもらって出身派閥の細田派から推薦人を借りるしかない。安倍さんの了承を得ない限り、立候補は困難です」(自民党関係者)

■「スガのガス抜き」
 安倍前総理は「日本初の女性首相」候補として、稲田朋美元防衛相を寵愛してきた。だが、最近は選択的夫婦別姓やLGBT支援を巡り、脱・保守色を強める稲田氏に距離を置くようになっている。
「5月に月刊誌で安倍さんが『ポスト菅』候補に挙げた4人にも、稲田さんの名前はなかった。結果、稲田さんに期待した党内右派の間で『高市さんこそ、われわれの女性代表』とおだてる風潮が高まったのは事実。本人も勘違いしているのかもしれませんが、安倍さんの推す4人には高市さんも入っていない。安倍さんが推薦人を回すとすれば、菅総理の無投票再選批判を封じ込める理由以外には考えにくい」(別の自民党関係者)
 高市氏本人も“かませ犬”の自覚があるのか、文藝春秋では、菅首相が発信力を失っているのは「全党員の審判を受けて選出された経験がない」からだと指摘。まずは党員が参加する形での総裁選実施を訴えた。はたして高市氏程度で「スガのガス抜き」が務まるのか……。

毎年靖国神社に参拝している人としていない人を見比べてどちらが総裁にふさわしいかを考えてみましょうか?
稲田さんは変なところに持ち上げられている節がありますよね。
女性だから総裁になれないではなく人望や調整能力がないからなれないのですが、どうも世間はそれを認めたくないのでしょう。
必死に女性を持ち上げて人気を取ろうとしている節があります。
他に候補者が居なければ高市さんでもよいかな?と思いますね。

そういえば靖国神社に参拝しない人は日本の総理にふさわしくありません。
大東亜戦争を正面から戦わなかったものたちに批判されるいわれはありません。
靖国神社参拝 首相は内政干渉を退けよ
終戦の日の8月15日、靖国神社に萩生田光一文部科学相、井上信治万博相、小泉進次郎環境相が参拝した。新型コロナウイルス禍で分散参拝が呼びかけられている中で、岸信夫防衛相と西村康稔経済再生担当相は13日に参拝した。
菅義偉首相は参拝を見送り、自民党総裁名で玉串料を奉納した。終戦の日前後の参拝を在任中控えた安倍晋三前首相の対応を踏襲した。
中国とロシアの外相は16日に電話会談し、菅首相の玉串料奉納や閣僚らの参拝を批判した。王毅中国外相は「A級戦犯」を祀(まつ)る靖国神社への参拝は「国際正義への挑戦だ」と反発した。韓国外務省は「深い失望と遺憾の意」を表明した。これらの反発は内政干渉であり、到底容認できない。
東京裁判の「A級戦犯」合祀(ごうし)を理由にした参拝反対論は国内外に存在する。だが、日本が独立を回復した昭和27年4月前後から4回に及ぶ「戦犯」釈放を求める国会決議で名誉は回復された。刑死・獄死した「戦犯」の遺族にも年金が支給されてきた。合祀を理由にした反対論は筋違いだ。
先の大戦中に外相を務め、「A級戦犯」として禁錮7年となった重光葵(まもる)は昭和25年に釈放され、31年には外相として国連総会で日本の国連加盟受諾を演説し、各国代表団から拍手で迎えられたことを知らないのか。
靖国神社参拝に対する中露韓の内政干渉に政府は抗議しなければならない。
伝統文化に従って戦没者の慰霊と顕彰を行うことは、どの国も行っている大切な礼節といえる。

昨年9月の就任以来、菅首相が一度も参拝していないのは残念だ。在任中に安倍前首相は平成25年12月の1回、小泉純一郎元首相は毎年1回の計6回参拝した。菅首相は秋の例大祭などの機会をとらえ、参拝してもらいたい。
靖国神社は、わが国の戦没者追悼の中心施設である。尊い命を捧(ささ)げた英霊にとって、靖国神社に祀られることは自明だった。
岸防衛相は参拝後、「国のために戦って命を落とされた方々に尊崇の念を表すとともに哀悼の誠を捧げた」と語った。「不戦の誓いと国民の命、平和な暮らしを守り抜く決意を新たにした」と表明したのは、国防の責任者にふさわしい。その言葉を菅首相からも聞きたい。

このように当たり前の事を当たり前のように言う事がどれだけ難しいのか、よくわかる事ではあります。
しかしながらこの呪縛を解き放たない事には日本の未来が危ういと私は思います。
日本は日本で重要視しなければならない伝統と文化が存在します。
それをおざなりにして馬鹿に遠慮しているのが今の自民党等言えるでしょう。

そんなことすれば自分たちの存在意義が亡くなることは必至です。
憲法改正、慰安婦、皇位継承 衆院選にらみ保守層取り込み
菅義偉(すが・よしひで)政権が皇位継承や憲法改正、歴史認識問題など国の根幹にかかわる政策で積極姿勢を見せている。安定的な皇位継承策を検討する政府の有識者会議では旧宮家の男系男子の養子縁組などを初めて選択肢として位置づけたほか「従軍慰安婦」という用語は不適切とする答弁書を閣議決定した。衆院選が目前に迫る中、保守層の支持を固めたい狙いも透ける。
首相は7月26日発売の月刊誌「Hanada」のインタビューで、憲法改正について「新型コロナウイルスに打ち勝った後に、国民的な議論と理解が深まるよう環境を整備し、しっかり挑戦したい」と語った。憲法改正は自民党の党是とも強調し、次期衆院選に向けてアピールした形だ。
昨年9月に発足した菅政権は携帯電話料金の引き下げなど国民の生活に身近な課題を優先するイメージが強かったが、保守層が望んできた課題に答えを出そうとする姿勢も目立つ。首相に近い保守系議員は「思想というよりも日本の将来を左右する課題に地道に取り組むのが菅流だ」と解説する。
保守層から「大金星」と評価が高いのが、「従軍慰安婦」という表現は不適切との答弁書を閣議決定したことだ。「従軍慰安婦」は強制連行説と結び付けて使われることが多い戦後の造語だが、今回の閣議決定で中学、高校教科書への記載は難しくなりそうだ。
安定的な皇位継承のあり方についても、戦後、連合国軍総司令部(GHQ)により皇籍離脱を余儀なくされた旧宮家の男系男子が皇籍に復帰する道を開きつつある。政府の有識者会議の専門家ヒアリングでは旧宮家の皇籍復帰案に賛成する意見が相次ぎ、政府への最終報告にも盛り込まれる見通しだ。側近議員は「男系継承を確固とする方策について、首相は自ら成し遂げるという強い意志を感じる」と語った。
ただ、政権内には、過去に例がない「女系天皇」を容認する声も強い。母方にのみ天皇の血筋を引く女系への皇位継承は別の王朝を作ることと同義だとの懸念もあるが、政府高官は「そもそも男系で継承していくことは生物学的に無理だ」と周囲に漏らし、女系にも皇位継承資格を拡大すべきだとの持論を披露する。首相の懐刀の河野太郎行政改革担当相も過去に女系天皇を容認する立場を表明している。
男系継承維持の道筋を確固たるものにする旧宮家の皇籍復帰案が実現すれば、歴史的な偉業となる。だが、結果が出せない場合は、憲法改正や歴史認識問題でも同様に自民党の岩盤支持層であるはずの保守派から離反を招きかねない。

このような勘違いが居るから自民党が統制撮れていないと言われるのだと思います。
歴史上いないものを新しく作って実績になるとでも思っているのでしょうか?
女性差別っていうけど、男性ほどの実績があるのでしょうか?そのような問題だと私は思います。

高市さんが次期総裁にふさわしいというアンケート結果があるそうです。
次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
 菅義偉首相の自民党総裁任期満了(9月30日)に伴う総裁選が注目されている。新型コロナウイルス対策への不満・不安などから、一部の世論調査で菅内閣の支持率が30%を下回る「危険水域」に突入したためだ。すでに下村博文政調会長と高市早苗前総務相が出馬の意欲を表明し、岸田文雄前政調会長を推す声もある。夕刊フジでは公式サイトzakzakで、この4人から選ぶなら誰がふさわしいか緊急アンケートを行ったところ、衝撃の結果が出た。
 「総裁として(自分が)出馬するのは、時期が来れば当然のことだ」
 菅首相は17日の記者会見でこう語った。

 一方、下村氏と高市氏は19日、二階俊博幹事長にそれぞれ出馬の決意を伝えた。岸田氏は同日、自ら率いる派閥の会合後、記者団に「総裁選は自民党が幅広い選択肢を示す大切な時だ」と意欲を見せた。
 夕刊フジのアンケートは20日午前8時半過ぎから実施した。同日午後7時までに2625人が回答した結果は別表の通り。
 何と、高市氏が81%もの支持を集め、菅首相の11・9%を7倍近く引き離しているのだ。
 高市氏は10日発売の「文藝春秋」9月号に「総裁選出馬宣言」という論文を寄稿し、菅内閣を支持するとしつつも、複数候補による政策論争を希望した。国民の生命と財産、領土・領海・領空を守り抜く決意とともに、政権構想の一部である「日本経済強靭化計画」が記されていた。
 アンケートの回答者からは、《これが普通の調査結果でしょう》《自民党のイメージを変えるには、女性で爽やかにいった方がいい》《現実は菅総理の再選だが、理想は高市さん。政策も国家観も申し分なし》などと、高市氏に期待する声が上がった。一方、《二階幹事長がいなければ誰でもいい》《全員不適合》との意見や、4人以外に、安倍晋三前首相や河野太郎ワクチン担当相、岸信夫防衛相の名前も挙がった。
 今回の結果をどうみるか。
 ジャーナリストの有本香氏は「自民党支持の保守層は、菅政権を全否定はしないが、国が目指すべき方向性を明瞭な言葉で語る高市氏を求めているようだ。(無派閥である)高市氏が、総裁選出馬に必要な推薦人20人を確保するハードルは低くはない。ただ、党員投票も含めた形になれば有利ではないか。『日本初の女性首相』が誕生するかは世論次第だ」と語っている。

二階が自民党の癌であるというのには賛同する以外にありませんね。
だって必要ないんだもんね。
それでも高市さんが良いのかは判りません。

高市さんが正式に総裁選に出る事を発表したそうです。
高市氏が総裁選出馬正式表明「同志に政策伝え、賛同お願いする」
自民党の高市早苗前総務相は26日、菅義偉首相の総裁任期満了(9月30日)に伴う総裁選に出馬する意向を正式に表明した。党本部で記者団に「今日がいよいよキックオフだ。精いっぱい、多くの同志に政策を伝え、賛同をお願いに上がりたい」と語った。
総裁選で訴える政策に関しては「安倍晋三内閣のやり残し案件がいくつもある」と指摘。物価安定目標のインフレ率2%や中国への技術流出を防ぐための法整備などを挙げ「安倍氏はやろうと思っておられたが、その時間がなかった。しっかりと引き継いでいきたい」と語った。
また、先の通常国会で見送られた中国・新疆(しんきょう)ウイグル自治区などでの人権侵害行為への非難決議については「中国政府の人権侵害に対して決議を行うべきだ。ミャンマーに対してできて、中国に対して行わないのは、国際社会から日本は人権侵害に全く関心がないのかと見られかねない」と訴えた。
また、出馬に必要となる党所属国会議員20人の推薦人に関しては「多くの同僚議員から激励の電話を頂戴している。その先生方と連携しながら態勢をしっかりと整えていく」と述べるにとどめた。

今現在候補として挙がっている人たちの中で一番しっかりとしていると思います。
下村さんはいまいち信用なりませんし、かといって卑怯者の石破は相手になりません。
何でしょうね。このグダグダ感は・・・

自民党を正当な政党に戻さなければ日本が持ちません。
そして確かな野党も必要だと思います。橋下の院政が引かれている維新、池田大作の呪縛に囚われている創価学会、民主党や共産党なんて論外です。
しっかりとした政治家を選んでいきましょう。
それが国民の義務です。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2021/09/01 06:00
コメント:

管理者のみに表示