fc2ブログ

ついている河野太郎

241485788_2734908466808369_6377991470167329861_n.jpg
総裁選が活気付いています。
高市さんの支援に安倍前総理などの保守層が付き、岸田さんには自分の会派などが付いてきています。
そして台風の目と言われている河野太郎には様々なものたちが憑いてきているようですね。
一体だれが総裁になるのか?日本を支えることが出来るのかが自民党員の覚悟が示されようとしています。

さて、自民党の混乱ぶりが出ている記事がありました。
菅首相“二階斬り”、岸田氏“改憲主張”…9・29総裁選前に自民党内大動乱 石破氏も出馬に色気 中堅・若手議員は次期衆院選にうろたえ
 自民党は総裁選(9月17日告示、29日投開票)を前に、大動乱に突入した。菅義偉首相(総裁)は衆院選前に、権力集中への批判が噴出していた二階俊博幹事長を交代させる検討に入った。岸田文雄前政調会長は「憲法改正に取り組む」として、保守層の支持拡大を狙う。過去4回総裁選に挑戦した石破茂元幹事長も出馬に色気をにじませ、高市早苗前総務相は「日本初の女性宰相」を目指す。一部の世論調査で、菅内閣の支持率が30%以下の「危険水域」まで落ち込み、選挙に弱い中堅・若手は狼狽(ろうばい)しているが、重要なのは日本を取り巻く国際情勢が激変するなか、日本の平和と安定を維持できるリーダーだ。総裁選と次期衆院選を勝ち抜ける候補は誰なのか。
 菅首相は30日午後、官邸の一室で、二階氏と側近の林幹雄幹事長代理と向き合った。首相にとって二階氏は、昨年の総裁選でいち早く「菅支持」を打ち出し、当選の流れをつくってくれた「恩人」である。
 ただ、二階氏は幹事長在職期間が5年を超え、野党議員を引き入れる拡大路線や各地での公認争いの火種をつくる強引な手法で党内の反発が強かった。加えて、「親中派のドン」として、保守陣営とは距離があった。
 岸田氏が「党役員任期の変更」を掲げ、事実上の「二階降ろし」を打ち出すなか、菅首相としては総裁選の焦点に「二階氏の処遇」が残るのを防ぐため、先に幹事長交代を打ち出したようだ。衆院選後に、衆院議長や副総裁などで処遇する可能性もある。
 二階氏は党役員人事をめぐり、「自分には遠慮せず、気にせずに人事を行ってほしい」と語ったという。
 菅首相は最近元気がなかったが、久しぶりに凄みも見せた。
 30日午前、総裁選への出馬意向を示していた下村博文政調会長を官邸に呼び出し、「出馬断念」か「政調会長辞任」を迫った。下村氏は、菅首相に任命された政調会長だけに、「出馬すれば『令和の明智光秀』になる」との指摘があったが、出馬を翻意したという。
 岸田氏は30日、国会内で安倍晋三前首相、麻生太郎副総理兼財務相と相次ぎ会談し、支援を要請した。安倍氏は党内最大派閥の細田派に影響力を持ち、麻生氏は第2派閥の麻生派を率いる。
 安倍、麻生両氏は現時点で、「菅支持」の姿勢を崩していないが、岸田氏は「首相になれば憲法改正に取り組む」と安倍氏に伝えたという。保守陣営の支持を期待したものとみられる。
 高市氏は30日、電話などで国会議員や関係者に協力を呼び掛けた。9月1日発売の月刊「正論」や、今月発売の同「Hanada」のインタビューでは、「現状の閉塞(へいそく)感を打破する」「日本を守り未来を切り拓く」などと語っている。
 一方、石破氏は同日、総裁選への対応について「白紙」と記者団をけむに巻きつつ、不出馬を示唆したとの一部報道には「示唆した覚えはない」と語り、出馬への色気を隠さなかった。
 そのうえで、菅首相について、「誰がやっても(新型コロナ禍で)極めて難しい時期だ。全身全霊でやってきた」「世論調査の数字が悪いから(首相を)代えるということは慎むべきだ」と述べつつ、「もう一歩、国民の心に響く姿が求められている」と批判した。
 党内で政権批判を繰り返してきた石破氏が出馬すれば、「反石破」議員が結束する可能性がある。
 菅首相は休日もほぼとらず、分単位の激務をこなしているが、新型コロナ対策には国民の不満が強い。官僚原稿を棒読みするような発信は、国民の心に響かなくなった。
 自民党内では、内閣の支持率急落や、菅首相の地元・横浜市長選での惨敗結果を受け、中堅・若手議員が「このまま衆院選に突入すれば何十人もの仲間が討ち死にする」「派閥政治で首相の再選を決めれば自民党は見捨てられる」などと、醜くうろたえている。

 ◆伊藤氏「首相撤退もある」有本氏「高市氏の出馬不可欠」
 自民党内の動乱をどう見るか。
 政治評論家の伊藤達美氏は「菅首相は、二階氏を交代させて『自民党への批判をすべて背負ってもらおう』というのだろうが、目先だけだ。次期衆院選の大勢に影響はなく、負けが少なくなるだけだ。中堅・若手に期待値がある岸田氏でも厳しい。現段階では、菅首相よりも有利の情勢とみられる。石破氏は模様眺めだが、『後ろから鉄砲』を撃つ体質は変わらない。二階氏が推薦人を回せば、菅首相の浮上も考えられる。一方、菅首相が『自分の任期を全うした』と名誉ある撤退をする可能性も選択肢としてまだある」と語る。
 菅政権への厳しい見方はほかにもある。
 ジャーナリストの有本香氏は「菅首相が、二階氏交代を『選挙で有利になる策だ』と思ったとすれば、あまりに遅すぎる。一時的に関心を集めても、世論の『菅批判』はそれ以上に厳しい。国民にコロナ対応で給付金を再交付するなどアナウンスしない限り、衆院選に勝つのは難しいだろう。岸田氏は『憲法改正をやる』と言ったそうだが、出馬会見では『考える』と言っていた。信用ならない。なぜ、党執行部時代に本気で取り組まなかったのか。実行力は疑問だ。総裁選は、日本の針路をぶつけなければ意味がない。国家観を語れる高市氏の出馬がいまこそ、より不可欠になった」と語っている。

高市さんが有力な候補と言う事の用ですね。
逆に石破が出ると河野太郎の影が薄くなりそうな感じですね。
まあ、石破は出ないんですけどね。
岸田さんが憲法改正を言い出したのは高市さんの保守人気に乗っかろうという算段でしょうか?
色々とありますね。

二階の後任に石破や小泉が候補に挙がっているそうです。
二階幹事長 後任に石破氏?進次郎氏の名前も
 菅総理大臣は総裁選を前に二階幹事長の交代など人事の刷新を行う方針ですが、一方で二階幹事長側は、なぜ交代を受け入れたのでしょうか。国会記者会館から報告です
 (政治部・原慎太郎記者報告)
 実は、この幹事長の交代については菅総理の方から人事を刷新したいと話を切り出したそうです。
 それに対して二階幹事長は「総理の思う通りに、思い切ってやったらいい」と伝えたということです。
 自身の交代については「5年を超えたあたりで、ちょうどいい区切りだ」という趣旨の話を周辺にも漏らしています。
 一方、菅総理は関係者によりますと、すでに人事構想に入っているということです。
 総裁選や衆議院選挙も迫っているなかで幹事長を交代するということなので、政権運営に直結する人事だといっても過言ではありません。
 幹事長というのは党内の人事と財布を握るわけなので、党内ににらみがきくような重鎮じゃないと務まらないという側面があります。
 総理側近は今回の人事について「自分に足りない部分を取り込もうという人事になるだろう」と解説していて、31日になって後任の幹事長人事を巡って様々な名前が飛び交い始めています。
 例えば女性で現在、幹事長代行を務める野田聖子さんをそのまま幹事長に昇格させればいいんじゃないかや、世論の人気が高く経験者でもある石破茂元幹事長の名前も挙がっています。
 菅総理側からすると、石破元幹事長を起用すれば総裁選への出馬の芽をつぶせるという面もあるので、同じ理由で岸田前政調会長の名前も挙がっています。
 さらに、国民的人気の高い小泉進次郎環境大臣の起用を求める声もあり、ひょっとしたら“サプライズ人事”がある可能性もあります。
 菅総理としては人事を刷新して総裁選や衆議院選挙という一連の流れに弾みを付けたい狙いがありますが、新しい顔ぶれに問題が出てくれば、かえって支持を落としかねないリスクもあり、慎重に人事を行う考えです。

石破、野田、小泉・・・ないわ~
小泉って環境大臣で宇宙人ぶりを見事に発揮して批判されている人間ですよね。
まったく環境の事を考えずにパフォーマンスに走る様を見て誰が支持するのでしょうか?私には理解できませんね。
野田は野田で旦那さんの暴力団問題が全く解決していませんし、ネットワークビジネスから推薦されている経緯もあります。
駄目駄目ですね。

その小泉は石破が河野太郎の後援に回ることに対して擁護しているようです。
自民・小泉氏、河野氏支持表明 石破氏との連携批判に「理解不能」
 小泉進次郎環境相は14日、地元の神奈川県横須賀市で記者会見を開き、自民党総裁選(17日告示、29日投開票)に立候補を表明している河野太郎行政改革相を支持する意向を明らかにした。小泉氏は「河野氏のような強烈な個性を持つ個人が躍動できる、懐の深い自民党に変わらなければいけない」と訴えた。
 小泉氏は、河野氏が党内で距離を置く議員も多い石破茂元幹事長に公然と支持を求めたことに、「自然なことだ」と語った。石破氏と疎遠な麻生太郎財務相率いる麻生派出身の河野氏なだけに、今後を懸念する声もあるが、小泉氏は「『石破さんが応援するなら河野太郎はやりたくない』なんて理屈は理解できない」と言い切った。
 これに関連し、最大派閥の細田派がこの日、高市早苗前総務相と岸田文雄前政調会長の支持を決めたことについて「言い換えれば『河野太郎は絶対だめだ』ということ。そのこと1点をもって、誰が自民党を、日本を変えられる新しいタイプのリーダーか明らかだ」と強調した。
 一方、政策面については言葉を濁すいいぶりも目立った。河野氏が「脱原発」の持論を封印しているとの指摘には「国民、党員の支持を基盤にした改革に対する挑戦を続けなければいけない」とかわした。森友学園への国有地売却をめぐる公文書改ざん問題について、河野氏が再調査を「必要ない」と説明した点について、「未来に向けて、将来に向けた課題に最大のリソースを割きたい」と述べるにとどめた。
 河野氏が自身のツイッターで特定の人からのアクセスを制限する「ブロック機能」をたびたび使うことについては、「政治家はものすごい罵詈(ばり)雑言もあびる。自分の精神的な健康を守るためにもブロックすること、私は支持します」と擁護した。(戸田政考)

石破は自民党が苦しかった時に火中の栗を拾って自民党を日本を支えた谷垣さんを裏切った男です。
その事を麻生さんが許すとは到底思えません。そして私も許される行為だとは思えないのです。
麻生さんの支持を得れなかった河野太郎が縋りついたのかもしれませんね。

存在感がない野田は出馬したのでしょうか?
野田氏“出馬”か「河野つぶしだ」有利は岸田氏?
 自民党の総裁選挙を巡り、野田聖子幹事長代行の出馬が取り沙汰されていますが、最新の情勢はどうなっているのでしょうか。国会記者会館から報告です。
 (政治部・原慎太郎記者報告)
 野田幹事長代行は15日も推薦人集めを行うとともに打ち出す政策の準備を進めていて、子ども政策を中心に訴えていく考えです。
 野田幹事長代行が出馬することになれば候補者が4人となり、票が割れていずれの候補も過半数を獲得することができず、上位2人による決選投票になる可能性が高まるとの見方も出ています。
 決選投票になれば国会議員票の比重が一気に増すので、地方票で優位に立って1回の投票で当選したい河野行政改革担当大臣には不利な展開が予想されます。
 河野陣営からは「野田さんが出たら絶対に当選は遠のく」「これは完全に河野をつぶす動きだ」という声も漏れてきています。
 一方、野田幹事長代行が出馬すれば決選投票で有利になるとみられるのが国会議員票で支持を広げている岸田前政調会長です。
 岸田前政調会長を巡っては、15日も谷垣グループがグループとして支持することを決定しました。
 野田幹事長代行はこれまでも直前まで出馬を模索し、推薦人が足りずに断念を繰り返してきた経緯があり、他陣営からの切り崩しの恐れもあり、ギリギリまで調整が続きそうです。

うーん、河野太郎崩しって言いますが、野田が選挙人を集めるためには二階の協力が必要でしょうね。
って事は党員の支持が集まらないって事でして、あまり意味のある行為とは言えないでしょうね。
女性票って言いますが、高市さんが選挙人70名以上で立候補しているので票は流れないでしょうね。
誰が得するのかな?よくわかりませんね。

総裁選に出るために信念を曲げている河野太郎、様々な面でついているのでしょうね。
果てさてどうなる事やら
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2021/09/18 06:00
コメント:

管理者のみに表示