本日より参議院選 公示

本日より、参議院選が開始されます。
前回の会期末に野党が出した問責決議案、これは許されるものではありません。
私たちはこのようなくだらないことを繰り返さない様にきちんとした人を国会に送り出さなければなりません。
l_26312fed32872cb7d78f4d8d24f3cc082fa727ac.jpg

しかし、各党で所謂タレント候補というものが多く出馬しています。
これは国民に対しての人気取りを行っているに過ぎず、そのタレント候補が国会議員に向いているからではありません。
何故、各政党がそのような擁立を行うか!それは単に国民のレベルが低いからにほかなりません。
国民はきちんと人物を判断して投票しなければなりませんが、そのようなことに興味のない国民が多すぎることが原因です。
先の東京都の議員選を見てもらえればわかります。最初から自民党の圧勝が予想されていました。
ある友人は面白くないと言って選挙に行きませんでした・・・
投票は国民が政治に対して意思を発言する方法の一つです。(決して唯一の方法ではありません)
他にも政治家のところに意見を言いに行く、署名を集めお願いに行く、国民投票に行くなど意思を伝える方法はありますが一番簡単な方法です。

今、日本は大変な岐路にたっています。
自虐史観。憲法を作ってくれてありがとう、教育基本法もありがとう、と押し付けられたものを大事に守り続け、「反省します、悪いことをしました」と延々教育され牙を抜かれた状態が日本なのです。日本人はこれほどの戦争だったにも関わらず、終戦教育だけに終始し、敗戦の悔しさを学んでいないと思います。夫や息子の帰りを待つ女性、年老いた両親、小さな子供という非戦闘員の頭の上に落とされた核兵器、踏みにじられた命の尊厳を取り戻さなければなりません。

日本人が敗戦を直視せず権力になびく国民性だったわけではなく、計り知れない威力をもった「原爆投下」の恐怖により多くの日本人は大和魂までをも粉々に打ち砕かれたのかもしれません。
しかし、日本は他国に侵略などしていません。南京事件も捏造です、日本はどこの国も植民地にはしていません。慰安婦などは捏造で、当時は合法の軍隊対象の売春婦です。
日本はなんらの恥じることはありません。ただ戦争に負けたということです。負けてから70年近くになります。戦争を知らない我々以降の日本人が、いつまでも負の財産を抱えることは必要ありません。

私たちはきちんとした議員を私たちの代表として国会に送り出す義務があります。
輿石東や鳩山由紀夫などの売国奴のような人間を、日本人として恥を知らない人を議員にしては逝けません。

私たちは二人の国士を応援しています。
赤池先生の解説

赤池まさあき先生
 粘り強く、行動派であり、その言葉は護国の人々の胸に染み込むように行き渡ります。
その意思は単に国のため国民のために発揮されます。
 山梨県の自民党の分裂を避けるために当選確実と言われていた先の衆議院議員選挙を後輩に譲り、
自らの力で議員へとなることを決意した方でもあります。
 伝統と創造の会の事務局長など在野中にもかかわらず多くの方から支持されており、その行動力は日本国内は問わずニューヨーク支部があるように海外でも知れ渡っています。
 過去には一年生議員であるにもかかわらず、小泉政権の女性天皇につながる典範改定に反対しており国のために必要な行動力を持った国士です。
彼の政策は
・日本復興を柱として人づくリに取り組みます。
・自分の国は自分で守る態勢づくりに取り組みます。
・力強い日本の経済の復活に全力を尽くします。

『国づくりは、地域づくりは、人づくりから』の思想を掲げ今まで活動しており安倍総理の美しい日本を取り戻す活動の片腕になれる政治家となることでしょう。

images7

中山恭子先生
 上品で優しい語り口から発せられる 凜とした国家意志。
 北朝鮮から漸く帰国した拉致被害者を、犯罪者国家に阿って再度送り返そうとする外務省を押さえ、国家の意思として断固として護り抜きました。
 ウズベキスタン大使時代にも、国際テロ組織に拉致された邦人を、直接犯人グループに会い救出したこともあります。
 武力の後ろ盾もないまま、命の危険を冒して犯人と交渉した胆力・・・一議員のみならず閣僚、いや総理大臣になって戴きたいほどの方です。
 サッチャーの様な・・・ではありません。“サッチャーが中山恭子氏のような政治家”というべきです。

お二人共拉致問題解決に注力している議員です。
今は、古屋国家公安委員長が頑張っていますが、その力になれる方々と信じます。

ここで勝たなくては日本が今まで以上に危険な状態になる可能性すらあります。

私たちには国士を選ぶ以外に道がありません。
皆さん、宜しくお願い致します。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
自民党 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2013/07/04 06:00
コメント:
No title
 参議院全国区は、支持する政党名でも候補者名を記入しても良いだそうです。
 候補者名が記入されていれば、その候補者の得票になりますが、政党名ではその全候補者の順位に従って比例配分されます。
 私は、候補者名を書くつもりです。

 それよりももし投票率が低いと、組織票が相対的に台頭し、とんでもない人や党が出てくる恐れがあります。
 周りの人によくよくご注意下さい。

 無関心が“拉致”や“尖閣”や“所謂性奴隷”や“南京”などの問題と同じように、無自覚のうちに利敵行為にされてしまうことを・・・。
 民主主義の落とし穴・・・無関心!
 

管理者のみに表示