fc2ブログ

世論操作を行っていた立件共産党

china-mainichi1-690x479.png
こちら中共が賄賂を贈っている世界中のメディアへの買収費用だそうです。
日本では毎日新聞が多額の金を中共からもらっており、中共に悪影響のある報道は行わないという偏向報道を行っています。
日本の公共の資産である電波を格安で使用しているメディアが公平で中立な報道を行わずに反日報道を行っている事はもはや公器として存在できないと言わざるえません。
なのでテレビを見ない人が増えてきたのはそのような理由なのでしょうね。

さて、そのオワンコメディアに対してネットメディアに投資が集まっています。
その中で立件民主党が世論操作の為に出資している事が判明しました。
【お詫び】立憲民主党から1000万円もらっていた疑念のあるCLPに失望すると共に、出演者として反省しています
Choose Life Projectというテレビ、映画、ドキュメンタリーを制作している有志で始めた動画配信プロジェクトがある。代表の佐治洋さんは、TBSの報道番組を制作していたが、インターネット上に公共放送を作りたいと制作会社を退社した。
私は、佐治さんからTBSの番組で若者の投票率をあげるプロジェクトについて取材を受けたことがある。佐治さんは投票率をあげたいという思いの強い方だ。
CLPはクラファンで数千万円というお金を集め、マンスリーサポーターがおよそ2千人ほどいた。お金を特定のスポンサーからもらうのではなく、市民から集めることで中立性を担保しながらも、継続的なお金で持続可能な番組作りができる。NHKのディレクターで限界を感じ、社会問題解決型の番組を作りたいと時事YouTuberに転身した私にとっては、仲間であり、憧れるようなところもあった。
私は何度か番組に出演していた。そして、私のYouTubeに代表の佐治さんにでていただいたこともある。
だが、立憲民主党から代理店経由で1000万円もらっていた疑いがあり、よく出演していた小島慶子さん、津田大介さん、望月衣塑子さん、などが抗議声明をだした。

よくある左翼の内ゲバですね。
分け前のもらえない人たちが訴えたって事でしょうね。
広告代理店に対して6億入っているそうですし、そのお金の配分でもめているのでしょう。
まあ、そんな印象です。
「立民が資金提供」 出演者がネットメディアに抗議
国会議員や有識者が議論するインターネット報道番組を制作、配信する「Choose Life Project(CLP)」が、立憲民主党から番組制作費名目で計1000万円以上の資金提供を受けながら事実関係を伏せていたとして、出演者でジャーナリストの津田大介さんら5人が5日、抗議声明を出した。「特定政党から番組制作に関する資金提供を受けていたことは報道倫理に反する」としている。
CLPは元テレビディレクターらが平成28年に立ち上げ、立民の枝野幸男前代表を含む与野党幹部らが法案について議論する番組や、安倍晋三元首相が主催した「桜を見る会」をめぐる問題の特集などを配信してきた。
声明などによると、立民から資金提供があったとされるのは、令和2年春から約半年間。CLPは同時期に、クラウドファンディングで「自由で公正な社会のために新しいメディアを作りたい」と訴え、3100万円超を集めていた。

モリカケ桜の喧伝を行っていたメディアみたいですけど、あんなもん誰も問題視していませんよ。
伸びすぎた蕎麦を食べて美味しいという人はいませんよね。
それと同じで同じことを繰り返し言っても証拠がない以上誰も効く耳を持つわけありません。
100回嘘を言っても嘘は嘘です。

立件共産党の党首はこのことに対して前の人がやったから知らないという無責任な対応を取るようです。
立憲・泉代表「知らなかった」 ネットメディアへの資金提供問題
 立憲民主党の泉健太代表は7日の記者会見で、同党がネットメディア「Choose Life Project」(CLP)に資金提供していた問題について、「知らなかった。少なくとも現執行部では行っていない」と述べた。西村智奈美幹事長に調査を指示したことも明らかにした。
 立憲による資金提供の期間について、CLP側は、2020年3月から始まり、同年夏ごろに資金繰りのめどがついたため、立憲側に終了を申し出たとしている。このため泉氏は、立憲の結党は20年9月であることを踏まえて「旧立憲は解散し、新たな政党としてできあがっている」と説明し、いまの立憲との関連性が低いことを強調した。そのうえで「(こうした問題は)あまり聞いたことがない」と語った。
 この問題をめぐっては、当時執行部だった福山哲郎前幹事長が資金提供を認めたうえで、「番組内容などについて関与したものでない」などとするコメントを発表している。(小手川太朗)

なんの言い訳にもなりませんね。第一誰がそんな言い訳を聞いて納得するのでしょうか?

因みに幹事長は認めているそうですよ。連携不足ですね。
立民の資金提供問題 福山前幹事長「理念に共感」
国会議員や有識者が議論するインターネット報道番組を制作、配信する「Choose Life Project(CLP)」が、立憲民主党から番組制作費名目で計1千万円以上の資金提供を受けながら事実関係を伏せていたとされる問題をめぐり、福山哲郎前幹事長は6日、「フェイクニュースに対抗するメディアの理念に共感したため、広告代理店と制作会社を通じて番組制作を支援した」とするコメントを発表した。
福山氏は「自立できるまでの期間だけ番組制作を支援することとし、その後自立でき、支援の必要がなくなったとして先方から申し出を受け、支援は終了した」と説明した。その上で「理念に共感して番組制作一般を支援したもので、番組内容などについて関与したものでない」と強調した。

という事ですね。メディアの独立を訴える会社の経営にお金を出して勝手にやって頂戴、配慮は不要よって言っても誰も信じませんよね。
だって立件共産党ですもの

そういえば自民党の金権腐敗政治の象徴であり、自民党で働くだけの能力のないやつがこんなことをほざいています。
立憲民主・小沢一郎氏、再起動 政権取るまで生涯現役
 「選挙の神様」が、よもやよもやの敗北だった。立憲民主党の小沢一郎衆院議員(79)のことである。昨年10月の衆院選では小選挙区で初めて敗れ、辛くも比例復活で18回連続当選。さぞかし気落ちされているだろうと思い、ご本人を直撃すると、「もう一度政権交代するまで引退できない」と言った。剛腕政治家、いよいよ再起動である。
 「50~60歳より下の有権者は、僕の顔を直接見たことがないという人がほとんどなんだ。この三十数年、選挙中でも地元に帰っていなかった。これまではそれでも勝てたけれども、今回はそうはいかなかった。皆とのつながりを怠った結果ということだな」。永田町の議員会館の事務所。久しぶりに小沢さんに向き合うと、小選挙区での敗因を淡々と語った。

だそうです。比例復活でぎりぎりだった選挙結果をもってこのような発言がよくできるものですよね。
訳判らん奴らって感じです。

まあ、立件共産党を応援しているマスゴミはどんどン衰退しているそうですけどね。
フジテレビ社長 希望退職者募集は「希望者は次なる生活ビジョン描いたら?という制度」
 フジテレビの金光修社長が8日放送の「週刊フジテレビ批評」に出演。昨年11月に同社が発表した希望退職制度について言及した。
 金光社長は、「働いてきた仲間たちが、今後、経験やスキルを生かせるような職場を用意できるのかという5年後、10年後の問題を考えたときに、それを有意義に生かせないのだったら、新しい生活をするチャンスを援助するということ」と説明した。
 同社が発表したネクストキャリア支援希望退職制度は、勤続10年以上で今年3月時点で満50歳以上の社員を対象としている。再就職の支援を実施するともしている。
 金光社長は、「希望する人だけなので、希望する人がいたら、特別加算金を用意しますので、次なる生活ビジョンを描いたらどうでしょうかという制度」と定義した上で「一方で、若い人は少ないので、それとあわせて、中途採用を積極的にやっていくという組み合わせです」と社員の若返りをはかる狙いも示唆した。
 金光社長は、1983年に同局に入社。90年代は編成担当として「カノッサの屈辱」や「カルトQ」「料理の鉄人」などを企画した。

結局、マスゴミの人は集まらなかったそうですね。
他の業界で働ける自信がないスキルがない人が多いという事でしょう。
まあ、そんな狭い業界で働いているとそうなるでしょうね。

世論操作を行っていたマスゴミや新たに世論操作を行おうとしていた立件共産党は敗北しました。
今後中共と相対する必要がありますが、その前に日本の癌である敗戦利得者を切り離していきましょう。
それを国民が選択するという意思を示す時だと思います。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2022/01/12 06:00
コメント:

管理者のみに表示