中共の虐殺行為

先日からウイグル教会のカーディル氏が来日されています。
前日発生したウイグル人への不当な弾圧についてきちんと日本の報道局は報道しません。

唯一、中共大使館前にて抗議活動があったことしか報道されていません。
在日ウイグル人らが中国大使館前で抗議活動
 6月26日、中国の新疆ウイグル自治区で35人が死亡した暴動に関連して、日本に住むウイグル人や日本人の支援者が、30日午後、中国大使館の前で抗議活動を行いました。
 東京都内にある中国大使館前で抗議活動を行ったのは、日本に住むウイグル人と日本人の支援者らおよそ20人です。
0ccb478b.png

 抗議活動は、来日中の『ウイグルの母』ラビア・カーディル氏が呼びかけたもので、カーディル氏は、テロリストであるという口実でウイグル人を弾圧することをやめることや、新疆ウイグル自治区で発生した事件を国際社会に公表することなどを求める声明文を大使館のポストに投函しました。
 事件が起きたのは6月26日、新疆ウイグル自治区のトルファンで、武装した集団が警察署や地元政府のビルを襲撃しました。この暴動で、ウイグル族の住民や警察官、武装集団などを含む合わせて35人が死亡しました。
 カーディル氏は、「26日に起きた事件を中国政府は『テロ事件』と公表したが、中国の殺りくだ」と非難した上で、「中国政府は事件の真相を世界に明らかにする責任がある」と述べました。
 (今回の事件について?)
 「悲惨な事態です。中国政府はウイグル人に対して武力を使って弾圧している。私は日本に住みながら、毎日、寝食不安で祖国の今の悲惨な状況を注目している」(在日ウイグル人)
 (今後、どのように支援を?)
 「現地で行われている弾圧について知ってもらうことが第一。本来彼らの地域であるにもかかわらず、そういう政策になってしまったという理不尽さが理解されていけばいいかなと思う」(日本人の支援者)
 新疆ウイグル自治区では、2009年7月にウルムチで漢族とウイグル族との大規模な暴動が起き、2000人あまりの死傷者が出ました。中国で多数派の漢族に対する少数民族・ウイグル族の不満は強く、2009年の暴動から4年になるのを前に、新疆ウイグル自治区では緊張が一層高まっています。(30日18:09)

自国が武力制圧されており、法律も無視され、人権も弾圧されている現状で満足している人はいません。
また、ウイグル族などいません。ウイグル人が正式な名称です。漢民族というのもいません。漢字をつかう民族なだけです。ウイグル人はきちんと自分の文字を持っています。
942007_207949009357148_231787453_n.jpg

さて、先日高田純教授からウイグルでの核汚染についての報告会がありました。
本来なら低線量の放射線は体に良いのに福島原子力発電所の災害での破損に対しては大江健三郎などが恐怖感だけ煽り科学に基づかない政治的判断がなされています。
復興支援の名のもとに復興の邪魔がなされています。
... 一生で100ミリシーベルト、これを100年で割って一年1ミリシーベルトというイデオロギーにより避難区域が設定されているので復興が進まない、
私は被災地に行って直接放射線量を測定し、被災者にそのまま話しています。
いま、福島をそのままにしておくと偽造された歴史を作られます。
まさに歴史の捏造が目の前で行われています。
福島において放射線で亡くなった方はいません。
医療弱者が避難所へ連行され、満足な薬も医療器具もなく亡くなった方は70名ほどいます。
この時指揮をとっていた民主党に高市議員を非難する資格はありません。その民主党の不備を報道しなかったマスコミにもありません。
l_65180e06f8b1390dfa4b22dc7116685cf2efc9ed.jpg

中共は東トリキスタンでの核爆発にて被爆で亡くなった方々のことを一切公表しません。
タリム盆地は現在でも残留放射線量が大変多いです。
今は少なくなっていますが、10年前は危険区域でしたでしょう。
通常、核実験では実験場への人の立ち入りを拒否し、中の人を避難させた状態で行います。(ソ連もそうです)
しかし、中共は普通に暮らしている人の上で核爆弾を爆発させています。これは核実験ではなく殺戮以外の何者でもありません。
ウイグルでは19万人もの人が核爆発でなくなっています。
これは調べることができた範囲だけで実際にはこれ以上と言われています。
しかし、これらのことは中共が崩壊しない限り大体的調査は出来ません。
l_abac27b11fab932446482e068fb28a357f549bd1.jpg

そのシルクロードのドキメンタル番組を撮影し、報道したNHKは犯罪番組を作ったと言われてもおかしくありません。
チャイナの放射性ストロンチウムが日本人の骨格に含まれている量は中共の核実験の時期とリンクして増減しています。
中共の核武装を喜び日本の脱原発論者の大江健三郎は中共のスパイである。その証拠に昭和35年8月に訪中しています。
日本の中にもスパイが大勢います。
情報の隠蔽が日常茶飯事で行われておりその代表格はNHKです。

世界で最も非道な国家が核武装をしています、
アジアの平和の為に日本がなすべきことは
1、正しい歴史観
2、スパイ防止法と核抑止力
3、自主憲法
です。

科学というものは人のためにあるべきものです。
そのために科学者の調査は人に信用されたものでなくてはなりません。
そのための表題:人道科学です。
福島を人道科学で支援します。

最後に20キロ圏内を安全にすることができます。
というよりもそれほど危険ではありません。
その証拠に牛たちは生きています!

現在の反原発の論理は感情論から抜け出せておりません。
私はあの人災である福島原発の当初からあの場所で生きている牛や鳥に対して動物実験による長期的なデータ収集を行うチャンスだと主張しています。
まず、恐るのであればその対象物のことをきちんと理解することが最初に行う第一歩です。
それを行っていない、科学者は科学者ではありません
きちんと責務を果たすべきです。

以前、何故か高市議員が原発事故での死者はいないと言ったことに対して政界、報道機関などが言語弾圧を行いました。これに対して確かに現地での感情論はわかりますが、精査する義務のある報道機関や少しでも可能性を見つけて復興に繋げる義務のある政治家達に感情論に走る理由はありません。
彼らは義務を行わずにバッシングしているだけです。
彼らの主張している避難時の死者は原発の問題ではなく政府がきちんと避難指示を出さなかった無責任な態度が引き起こした人災です。きちんと理由を明確にして言わなければなりません。

以上、宜しくお願い致します。
(ブラッキー)
banner.gif
スポンサーサイト
エネルギー | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2013/07/24 06:00
コメント:

管理者のみに表示