FC2ブログ

鹿児島 霧島神宮

DSC_2691.jpg

                            二ノ鳥居

鮮やかな朱色が美しい。

DSC_2701.jpg

                            社殿と門守神社


霧島神宮は、天孫降臨 迩迩芸命(ニニギノミコト)を祀るお社です。

霧島神宮は創建が6世紀という古い歴史を誇る神社です。
高千穂峰山頂にありましたが、噴火によりたびたび火災にあい、
次にその西の中腹、そして高千穂河原へ移り、
1484年に今の場所へ移って来ました。

現在の霧島神宮の社殿は1715年に島津藩主の島津吉貴が建立したものです。

ニニギノミコトが皇室の祖神であり、
その後、男系継承が連綿と続いて現在の天皇陛下につながっているとされます。

畏くも昭和天皇陛下には、二度にわたる御親拝を賜っておられるそうです。



DSC_2699.jpg

                               勅使殿(下の拝殿)

朱塗りのあでやかな社殿、美しい神社は西の日光とも称せられているそうです。

5月4日、沢山の参拝客が並んで順番を待っていました。

風格と気品を兼ね備えた、この神宮のお社前に、立つと、とても素晴らしく、
身が引き締まる気持ちになりました。

何とも言えない空気感が漂っていました。



DSC_2705.jpg


DSC_2704.jpg
                      
                                  神樂殿



DSC_2697.jpg

                   御神木の杉

霧島神宮内にある御神木の杉は、樹齢約800年と推定され、

南九州の杉の祖先ともいわれています。


坂本龍馬が日本人としてはじめて新婚旅行に来た場所でもあります。


DSC_2708.jpg

                               霧島神宮展望台からの桜島


(スカーレット)

スポンサーサイト
神社 | コメント:(0) | トラックバック:(1) | 2012/06/17 16:14
コメント:

管理者のみに表示
トラックバック:
                            二ノ鳥居鮮やかな朱色が美しい。                            社殿と門守神社霧島神宮は、...