fc2ブログ

情勢が様々変わる世界の勢力争い

伝説の男 菅直人
大阪梅田で街頭演説を行う元総理の菅直人
誰にも見向きもされていない落選請負人ってことでしょうね。
これが東日本大震災の人災ですよね。
こんな奴が総理だったというのは日本の黒歴史以外の何物でもありません。
このような立憲共産党が日本の足を引っ張っている、その事実をしっかりと考えましょう。

さて、世界は腹黒いというのはもはや常識ですね。
支那では特許なんて関係ないということで日本が開発した果物が量産されており、価値が減っている状況のようです。
「シャインマスカット」中国流出で損失100億円 農水省試算
ブドウ「シャインマスカット」の中国への無断流出によって、品種育成者が得られるはずの許諾料換算で、少なくとも年間100億円の損失が発生しているとの試算を農水省がまとめた。中国の生産者が種苗を正規に購入し、現地で栽培されたと仮定して試算した。同省は、こうした品種流出による経済損失の防止へ、品種の育成者権を管理・保護する専門機関の設立を検討する。
 「シャインマスカット」は農研機構が育成した品種。2021年4月の種苗法改正で、農作物の新品種に海外への持ち出し制限を付けられるようになったが同品種は改正前の16年ごろから無断で海外に流出。中国では栽培面積が急拡大し、20年に少なくとも5万3000ヘクタール、日本の栽培面積(19年に1840ヘクタール)の29倍に相当する。
 中国国内のブドウ全体の面積に占める同品種の割合から推計した生産量に、同品種の市場出荷価格(1キロ当たり340円)を乗じ、出荷額を計算。許諾料を出荷額の3%と仮定し、許諾契約ベースの損失額を試算した。

育成者権の管理・保護機関検討へ
 政府は20日に改訂した輸出拡大に向けた実行戦略に「育成者権管理機関」の設立検討を明記した。品種の育成者に代わって専任で知的財産権を管理・保護する役割を担う。
 同省は、開発者ごとに行っていた監視などをまとめることで「違法事例の発見も効率化できる」(種苗室)とみる。フランスの専門機関を参考に具体化の検討を進める。フランスの機関は国内外の4400品種を管理し、年間100億円程度の許諾料収入を得ている。

支那人は国際的な約束を守れない典型的な盗賊です。それを知っているのでしょうか?
知っていれば支那との交易をやらない、最低限にするという手法がとれるんですけどね。
やらなかったというのは長期的に見る目がなかったということでしょう。

さて、支那への包囲網として作られたクワッド、それに対して中共は抗議を行っているそうです。
中国、日本公使に抗議 クアッドに「強烈な不満」
 【北京時事】中国外務省は24日夜、劉勁松アジア局長が在中国日本大使館の志水史雄特命全権公使と緊急に会談し、日米首脳会談や日米豪印4カ国の枠組み「クアッド」首脳会議に関し、「日本側の誤った言行に厳正な申し入れを行い、強烈な不満と深刻な懸念を表明した」と発表した。
 4カ国首脳は同日、中国の台頭を念頭に「あらゆる威圧的行動に強く反対する」ことなどを確認していた。
 日本側の発表によると、志水氏は「中国側の申し入れは受け入れられない」と反論した。
 
日本が主導して作った中共包囲網です。中共が抗議してもなんの意味もありません。
むしろ効いていることを示しているだけの話ですよね。

日本はアメリカに対して韓国が約束を守らない国ということを明言して、台湾防衛を一緒にやりましょうと約束を取り付けます。
日米会談舞台裏 首相、日韓問題でバイデン氏を説得
岸田文雄首相とバイデン米大統領が23日に行った首脳会談は、軍事や経済面で日米の脅威となっている中国への対応に多くの時間を割いた。さらに、首相はいわゆる徴用工訴訟や慰安婦問題を抱える韓国について、国家間の合意を無視してきた過去の経緯を挙げながら、日韓の関係改善に前のめりになるバイデン氏を説得した。
両首脳は東京・元赤坂の迎賓館でワーキングランチも含めて2時間以上会談した後、共同記者会見に臨んだ。日米のプレスや政府高官が見守る中、バイデン氏は中国が台湾に侵攻した場合に軍事的に関与するか記者に問われ、断言した。
「イエス。そういう約束だ」

台湾有事が迫っているという認識は誰しもが持っていると思います。ロシアの侵略を食い止め、撤退させて領土を分割
北方領土と樺太を奪還してシベリアまで割譲しましょう。そうすれば中共は侵略するリスクを考えて出てこれない可能性が高くなります。

この会談の際にアメリカ大統領は日本に対して戦勝国連合の常任理事国入りを支持すると表明しました。
それになぜか韓国が反応、なんででしょうね。
バイデン大統領が日本の安保理常任理事国入りを支持、韓国ネットは怒り「戦犯国なのに」
2022年5月23日、韓国・毎日新聞は、「訪日中のバイデン米大統領が日本の国連安全保障理事会(安保理)の常任理事国入りを支持する旨を明らかにした」と報じた。
記事はNHKのニュースを引用し、バイデン大統領が東京・元赤坂の迎賓館で行われた岸田文雄首相との首脳会談で日本の安保理常任理事国入りについて賛意を示したと報道。両首脳は安保理を含む国連の改革と強化の必要性について一致し、安保理改革が実現した際には日本が常任理事国になることが語られたという。
安保理は恒久的な地位を持つ常任理事国5カ国と、総会が2年の任期で選ぶ非常任理事国の10カ国で構成されており、常任理事国は安保理の議決拒否権を持つ。記事は「現在、安保理の常任理事国は米国、中国、ロシア、英国、フランスの5カ国で、いずれも第二次世界大戦の戦勝国だが、日本は敗戦国だ」と主張。「安保理で常任理事国が変更されたのは、1971年に台湾(中華民国)から国連に新たに加入した中国(中華人民共和国)へ権限が継承されたのと、1991年にロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を承継した2件のみ」と説明している。
韓国のネットユーザーからは、「韓国から巨額の支援を受けておいて、日本を常任理事国にするとは」「最悪な気分。韓国を中国に対する当て馬にしておいて、保障は日本に?」「韓国は今回のG7にも招待されてないのに、戦犯国の日本を常任理事国にするの?米国は正気なのか疑う」「戦犯国である日本の常任理事国入りに反対だ。冷酷な米国人に利用された尹政権は無能」「だから韓国へ先に来たのか」「韓国の外交における大惨事」など、怒りや反発の声が相次いでいる。

というか、戦勝国連合の理事国になるにあたり敵国条項を撤廃しないと意味がありませんし、現在の戦勝国連合は形骸化しているといってもよいでしょう。
だって、ロシアの侵攻を止めれませんし、中共による人権侵害を止めることもできていません。
戦争が終わったら国際連盟から国際連合に変えたように中共とロシアを排除した組織を作り直しましょう。

亜細亜は亜細亜で様々な動きがありますが、欧州のドイツもなんだかな~って感じです。
独、6月G7サミットにインドや南アなど4カ国を招待
 [ベルリン 2日 ロイター] - ドイツ政府報道官は2日、6月にドイツで開催される主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)に、セネガル、南アフリカ、インド、インドネシアがゲストとして招待されると明らかにした。
いまいち選定基準が判らないですね。
かといってどこがいいのかというとどこがいいのでしょうね?

様々な勢力争いがある腹黒い世界
その中で日本はどうできるかを考えていきましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2022/06/01 06:00
コメント:

管理者のみに表示