fc2ブログ

追いつめられる中共

外国人犯罪
今月から外国人の入国制限を緩和するって話ですが、その前に外国人犯罪を無くすことを考えてほしいところですね。
外国人が差別されているって訴える人がいますが、規則を守って生活している外国人は嫌われていません。
規則を守らない人が多いから嫌われている民族がいるって話なだけでそのことが判っていないマスゴミが多すぎるんですよ。
それが日本社会の問題なのでしょう。規則を守り、日本に迷惑をかけない人は嫌われても差別もされていません。
その事実をしっかりと理解してもらいましょうね。

さて、世界の嫌われ者ってことでロシアと中共があります。
今回戦勝国連合の会合で行った拒否権を行使したことに対して釈明を求められたそうですね。
中ロ、拒否権行使を説明 国連初会合、70カ国超演説
 【ニューヨーク共同】国連総会は8日、国連安全保障理事会の常任理事国が拒否権を行使した場合、行使国に理由説明を求める初めての会合を開いた。4月の総会決議で決まり、米国が主導した北朝鮮の制裁決議案を中国とロシアが否決した5月の拒否権行使が最初の適用例となった。中ロを含め70を超える国・地域が演説する見通しで、関心の高さを示した。
 中国の張軍国連大使は「(朝鮮半島の)緊張を高める行為は避けるべきだ」と述べ、制裁強化よりも北朝鮮との対話を優先すべきだと強調した。ロシアの代表は「制裁強化は情勢を行き詰まらせるだけだ」と主張し、米国を「無責任だ」と批判した。

日本からすれば通告なしにミサイルを発射すれば民間の漁船に当たる可能性があるし、産業廃棄物を海に沈める行為も認めることは出来ません。日本海の海産資源が汚染されてしまいます。それは北朝鮮も困るはずですけどね。

そして中共は民族虐殺事件である天安門事件からの文化大革命を必死に隠蔽しようとしていますが、その行為により支那人の若者がその情報に触れるようになってしまっているようですね。
でも、報道させないという自由を束縛するのが中共のやり口です。
【動画】中国 天安門事件報道でNHK放送が一時中断 当局監視か
中国では、NHKの海外向けテレビ放送「ワールドプレミアム」で、天安門事件について伝えた際、カラーバーとともに「信号の異常」などと表示され、放送が一時中断されました。
中国では、国内で放送される外国のテレビ局の放送内容も当局に監視されていて、中国政府や共産党にとって都合の悪い内容については放送が中断されることがたびたびあり、当局が現在も天安門事件をめぐる報道について神経をとがらせていることがうかがえます。

いつものやり口ですね。しかしながらこのような行動を行っていることで中共の悪質な情報操作が明るみになるってこともあります。
でも、隠されると暴きたくなるのも人間の習性です。これによりある程度若い人間でも中共のおこなった文化大革命の悪事が表に出たそうですね。

ちなみに日本人は悪だというレッテルを張ろうとしていますが事実は隠せないという事例があります。
「日本兵がお年寄りをおんぶする写真」の出版社、別の書籍めぐり罰金=中国ネットで批判殺到
小学校の補助教材に旧日本軍の兵士とみられる男性が高齢女性を背負って運んでいる写真を掲載した中国の出版社に対し、別の書籍をめぐって罰金が科された。
現地メディアの報道によると、中国当局はこのほど、陝西人民教育出版社に対し「中華人民共和国反不当競争法」違反により5万元(約98万円)の罰金を科した。同社は、過去に出版した書籍「三国演義」の表紙に「国語の新課目必読書」との宣伝文句を記していたが、「(文言に)根拠がなく、公式に推薦されているとの誤解を消費者に与え、競争優位性を不当に得ようとした」と指摘されている。
同社をめぐっては、小学2年生向けの国語の補助教材の「雷鋒」(中国で人助けと無私の奉仕を象徴する人物)の精神を学ぶページに、旧日本軍の兵士とみられる男性が高齢女性を背負って運ぶ様子の写真を誤って掲載したことが物議を醸していた。同社は同教材について「2016年12月に出版したもので、17年2月中旬に社内の自主調査によって写真の誤りを発見、直ちに発行・販売を停止し、責任者を処分した」と説明していた。
中国のネットユーザーからは「例のあの出版社か」「ずいぶん多い罰金だこと(皮肉)」「この程度では痛くもかゆくもないだろう」「こういう出版社は管理監督されないのか?。問題を起こしてもきちんと調査されず営業を続けている。冗談だろう?」「この程度の罰金では日本兵のあの写真の罰にはならない。良心のない編集者には社会的な死を与えなければならない」「あの写真は明らかな反党、反中。雷鋒への侮辱だ」といった批判の声が相次いでいる。(翻訳・編集/北田)

事実ですから仕方ないのでは?東日本大震災の写真家と思いましたが、大東亜戦争時の写真だったようですね。
同じ日本人の写真なのでわかりませんでした(笑)
でも、よい教材ではないでしょうか?だからこそ写真を使用したのでしょう。その程度で日本は怒りませんので使ってやってください。

そして日本から技術をもらい自分たちで作り上げたということを宣伝していた新幹線がまた事故ったようです。
中国貴州で高速鉄道脱線
 【北京共同】中国メディアによると、内陸部の貴州省で4日午前10時半(日本時間同11時半)ごろ、高速鉄道が脱線した。運転士1人が死亡し、8人がけがをした。駅の手前で土石流が発生し、線路に流入した土砂に列車がぶつかったという。
 他の百数十人の乗客は安全に避難した。交流サイト(SNS)上で、一部が大きく破損した車両の映像が出回った。

土砂を防御するための柵が壊れたそうですけど、そんな工事でいいのでしょうか?排水がうまくいかない状態であったとかいろいろと言われていますが、どうなのでしょうね。
しかも8人しかけが人が出なかったそうですが、そんなに乗車率が悪かったのでしょうか?幸いだったということなのでしょうね。

ちなみに日本を貶めることに必死な立憲共産党、習近平が出てこないシンガポールの会議で首脳会談をするようにと糾弾したら出来ないことが判り恥をかいたそうです。
立民代表「中国と対話を」 首相「呼ばれているのは日本だけ」 シャングリラ対話
立憲民主党の泉健太代表は1日の衆院予算委員会で、シンガポールで開かれるアジア安全保障会議(シャングリラ対話)に出席する岸田文雄首相に「軍事力を高めるだけでなく対話外交が必要だ。中国側とシャングリラ対話で何かしらの会談をすべきだ」と呼び掛けた。
首相は「中国に言うべきことは言い、大国としての責任を果たしてもらう。両国関係を建設的な方向で安定させるために対話が重要だ」と述べた。その上で「首脳で呼ばれているのは日本の首相と地元のシンガポールの首脳だけだ。日中首脳会談は不可能だと申し上げておきたい」と語った。

調べればすぐにわかることなのに何も調べないことが判明した、というか勉強を一切しないで発言していることがよくわかる話です。
さて、このような馬鹿を国会議員にする必要がどこになるのでしょうね。

そして立憲共産党が対話を!とか言っている相手は対話する必要性を感じておらず恫喝を繰り返し行っています。
〈独自〉中露爆撃機が日本列島沿い飛行 ウクライナ侵攻後で初
中国軍とロシア軍の爆撃機計6機が24日、日本列島に沿う形で編隊飛行したことが分かった。日本政府関係者が明らかにした。24日は日米豪印4カ国(クアッド)が首脳会合を日本で開催しており、これに対抗する形で中露が共同行動をとったとみられる。
編隊飛行を行ったのは、中国のH6爆撃機2機と、ロシア軍のTU95爆撃機2機の4機。4機は東シナ海から日本海に抜けた後、中国機が別の2機と交代して太平洋を往復した。航空自衛隊の戦闘機がスクランブル(緊急発進)を行った。
中露の爆撃機が日本周辺で編隊飛行を行うのは昨年11月以来で、ロシアが今年2月にウクライナに侵攻して以降は初めてとなる。昨年10月には中露の海軍艦艇計10隻が日本列島を周回している。
中国の習近平国家主席は2月4日にロシアのプーチン大統領と会談し、「中露は両国の根本的利益を守る努力を断固として支持する」と述べていた。ウクライナ侵攻に国際的な非難が集まる中で、中国がロシアと連携する意図が明確になった形だ。

こんなことをしている戦勝国連合の二か国、日本一国に対して二か国が連動して恫喝を行わないといけないくらいに追い込まれているとみるべきなのでしょうね。
墜落させましょうか(笑)

ロシアがウクライナの侵攻に対して失敗し、同じような状況に台湾がなる可能性が否定できない中共
二の足を踏むってことでしょうね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2022/06/13 06:00
コメント:

管理者のみに表示