fc2ブログ

自ら動かない韓国

韓国の選択
何の意思決定を行わない韓国、日韓関係の悪化の原因になっているのは韓国の無責任な対応です。
そのことを指摘しているにも関わらず一切の責任を感じておらず自ら行動を行わない韓国は何を考えているのかさっぱり判りません。
そのような韓国が大統領が変わったから関係改善だ~とか言っているそうですが、いうだけで自分たちの引き起こした問題に対する対応を行っておりませんね。そんな韓国に対して日本はどうしろというのでしょうね。

武漢ウイルスによるコロナ禍が落ち着いてきたので観光客が再開したそうです。
<韓国は5月に発足した尹錫悦(ユン・ソクヨル)新政権後、官民挙げてノービザ観光の再開を望むが、日本側は慎重だ......>
<韓国は5月に発足した尹錫悦(ユン・ソクヨル)新政権後、官民挙げてノービザ観光の再開を望むが、日本側は慎重だ......>
韓国政府は6月1日から観光査証(ビザ)の申請受付を開始した。多くの人が駐日韓国領事部館に殺到したが、韓国でも夏休みを前に日本旅行熱が再燃している。
日本人は個人と団体を問わず韓国旅行が可能となったが、日本政府は当面、団体旅行に限って観光ビザを発給するため、韓国人の日本観光はパッケージツアーのみとなる。
韓国は5月に発足した尹錫悦(ユン・ソクヨル)新政権を筆頭に、官民挙げてノービザ観光の再開を望むが、日本側は慎重だ。

韓国でも日本旅行熱が再燃
韓国観光公社は5月31日、22年4月の出入国者数を発表した。4月1日から30日に出国した韓国人は前年同月比201.9%の21万5246人で、入国した外国人は82.4%増の12万7919人だった。
外国人を含めた出国者は34万3165人と、新型コロナウイルス感染症の拡大以来、はじめて30万人を突破した。ワクチン接種完了者の入国時の隔離を免除するなど、防疫措置を緩和した影響とみられている。
航空便予約サイトの「アゴダ(Agoda)」が5月4日に発表した最も人気がある海外旅行先はタイで、米国、ベトナム、フィリピンが続き、コロナ ・パンデミック前まで1位だった日本や人気が高かった台湾、中国、香港はいずれもトップ10から姿を消した。防疫規制の緩い旅行先が好まれたのだ。
5月中旬、日本政府が観光客の受け入れ再開を発表すると日本旅行熱が再燃した。韓国格安航空会社LCCのエアプサンが、5月31日、釜山・金海空港-福岡空港路線をおよそ2年ぶりに運航し、約60人が搭乗した。
金海空港はコロナ禍前には日本国内13空港を結ぶ路線が就航しており、年間300万人が利用、福岡線は77万人が利用していたが、20年3月以降、中断していた。
エアプサンは福岡路線の再開に先立つ5月25日に仁川-成田空港線の運航を再開し、同27日には仁川-関西空港線を新規就航、7月22日から仁川-福岡線を運航する計画だ。

日本も観光客の受け入れを再開するが......
韓国政府は6月1日から在外公館で観光ビザの発給を開始した。東京港区の韓国大使館領事部には前日夜からビザを求める人たちが並び始め、午前9時には800人を超える行列ができたという。行列は10時頃には1000人に達したが、同領事部が1日に受付できる人数は200人程度で、大半が申請できずに帰宅した。
観光ビザの申請受付が始まったとはいえ、申請から発給まで3週間から1か月程度かかるとみられ、実際の訪韓は7月からとなる。福岡領事館は申請から1週間程度で観光ビザを発給する予定だったが、申し込みが殺到して2週間に延長した。
日本政府は一日1万人に制限している入国者を2万人に増やして、6月10日以降、韓国・米国・台湾など98の国と地域から観光客の受け入れを再開する。ただし、当面は添乗員付き団体旅行の利用者に限って観光ビザを発給する方針で、個人旅行は認めない。
一方、北海道・新千歳空港と沖縄・那覇空港の国際線運航を許可すると発表し、大手旅行会社のハナツアーやモードツアー、ロッテ観光開発などがチャーター便を利用する北海道旅行商品の販売を開始した。
中堅旅行会社の訪日ツアーも好調だ。イエローバルーンツアーは7月から8月に出発する日本行きパッケージツアーの5月の予約が前月の7倍に達し、ベリーグッドツアーの大阪行きパッケージツアーは販売開始からわずか2時間で売り切れた。
日本は観光入国を認める98か国・地域からの入国者に関しては6月1日以降、ワクチン接種の有無に関係なく隔離を免除するが、韓国も6月8日以降の入国者はワクチン接種の有無に関係なく、隔離を免除する。また、日韓両政府は、ビジネス利用者の要望が多い羽田-金浦路線を6月15日から再開する方向で準備を進めている。

日本への旅行は、コロナ禍前の3倍から4倍ほど高額
日韓いずれも観光客の受け入れを再開するが、自由観光とは程遠い。まずは高額な旅行費だ。ハナツアーを例に取ると、7月28日に出発して登別や洞爺などを巡る3泊4日のツアーは292万ウォン、小樽や富良野を巡るツアーは329万ウォンとコロナ禍前の2倍から3倍だ。福岡行き3泊4日のツアーも230〜250万ウォンで、コロナ禍前と比べて3倍から4倍ほど高額だ。
米国や欧州行き航空券もコロナ禍前の2倍以上で、バケーションとインフレを合わせた「バケフレーション」という新造語が登場するなど、夏休みの旅行を断念する人たちも現れている。
ビザも自由旅行にブレーキをかける。韓国政府は個人旅行を認めるが、ビザが発給されるまで時間がかかる。日本政府は団体観光客へのビザ発給を再開し、個人観光客を段階的に受け入れた後、ビザ免除を検討するとみられている。
ビザ免除は相互主義が基本で、韓国政府はビザなし訪問の再開を目指して、日本政府と協議を進めたい考えだが、日本は前段階となる個人観光客へのビザ発給を7月の参議院選終了後に協議すると説明しており、1日でも早くビザ免除を再開したい韓国と慎重な姿勢の日本の間で温度差が生じている。

Noジャパンはどこに行ったのでしょうね。そんなに日本に来たいのでしょうか?
韓国国内旅行で十分だと思いますが如何でしょうね。30万円もかけてこなくてもよいと思いませんか?

自衛隊機にレーダー照射をおこなった韓国軍、その対策も行っていないのにこのようなことを言い出しています。
韓国外相「GSOMIA正常化させたい」前政権“破棄”の日韓軍事機密共有協定
アメリカを訪れた韓国の朴振外相は北朝鮮への脅威に対応するため日本との軍事機密共有協定「GSOMIA」の運用を出来るだけ早く正常化させたいと強調しました。

韓国 朴 振外相
「GSOMIAに関しては、我々は韓日関係を改善し、出来るだけ早く正常化させたい」
韓国で、尹錫悦政権が発足してから初めてアメリカを訪問した朴振外相は、ブリンケン国務長官との共同会見で北朝鮮の脅威に対応するには、日米韓での政策の協調と情報の共有が必要だと強調。日本との間での軍事機密共有協定「GSOMIA」の運用を出来るだけ早く正常化させたいと話しました。
またブリンケン国務長官は。
「北朝鮮が我々や同盟国などとの外交や対話に応じない限り、また応じるまで、圧力を継続し、必要に応じて強化する」
北朝鮮に対話を促しながらも、核実験やミサイル発射をやめない限り圧力をかけ続ける考えを示しました。

GSOMIAを一方的に破棄したのは文大統領ですよね。日本は何もしていません。韓国が勝手に破棄を申し出たという話です。
日本は何もしていません。韓国にすべての責任があるのです。行動を起こすのも韓国がやらないことには日本は何もできません。

その認識がないのか、このような発言を繰り返しています。
<インタビュー>韓国外交長官「韓日の懸案解決、包括的に」
◆中国の報復懸念には「韓米が共同対応」
--それでも中国が第2のTHAAD報復のような反応を見せるかもしれない。THAAD報復当時、トランプ米政権は放置した。バイデン政権は違うのか。
「韓米は域内の平和、繁栄のために緊密に協調することにし、こうした規則や規範を守らない行動には共同対応する必要があると考える。域内の他の民主主義国家も同じ声を出すとみられ、環境を有利にする動力になるだろう。韓米同盟と韓中関係の発展は相互排他的でなく、中国も韓米同盟の特殊性に理解を示している」
--尹大統領が候補時代に公約したTHAAD追加配備はもう選択肢から排除されたのか。
「高度化する北の核・ミサイル脅威など安保状況を総合的に考慮し、我々の安保と国益のために最も適した対応を検討することになるだろう」
--「終了効力の猶予」というあいまいな状態のGSOMIAはどうするのか。日本が輸出規制から撤回すべきなのか。
「GSOMIAは地域の平和と安定のためにも正常化しなければいけない。韓日両国が信頼を回復して関係を改善する方向に動けば、GSOMIA問題も自然に解決すると考える」

◆「韓日の懸案解決は包括的に」
--韓日間の過去の問題の解決の原則は。
「過去の問題は国民が納得できるレベルで解決案を見いださなければいけない。日本は日本企業の国内資産現金化を憂慮しているが、外交的解決案の摸索のために努力している。日本も過去を直視するなど共に誠意を見せなければいけない
--輸出規制、福島汚染水の放出など、その他の懸案も多い。
「すべての懸案を協議するものの、先に解決できる問題から着実に接近する包括的な解決が望ましいとみる」

このような認識だから問題が解決しないのです。日韓請求権協定はどこに行ったのでしょうか?韓国軍の火器制御用レーダー照射の問題について対策は考えたのでしょうか?日韓合意を守るつもりは一切なかったということでしょうか?日本海で行っていた瀬取りについての報告もまだですがいつになったら報告するのでしょうか?
いい加減韓国は問題解決能力がないだけではないでしょうか?

しかも日本では問題にすらなっていないことを問題だという韓国にすり寄る馬鹿な新聞もいるようです。
シャングリラ対話で韓国と距離置いた日本、自国でも懸念の声
韓日防衛相会談開催できず、冷ややかな雰囲気 哨戒機と火器管制レーダー照射めぐる2018年の確執が理由に挙げられる
 シンガポールで10~12日に開かれたアジア安全保障会議(シャングリラ対話)で韓日防衛相会談が実現できないなど、冷ややかな雰囲気が続いたのに関連し、日本国内でも懸念の声があがっている。
 朝日新聞は13日、「日韓防衛相会談が開かれなかったのは、日本側の意向とされる」とし、「こうした内向きの施政では、(日本がインド太平洋地域の)秩序作りの牽引役は務まらない」と批判した。産経新聞は「日韓の確執が日本の情報収集に影響を及ぼす懸念もある」と報じた。同紙は、「北朝鮮が今月5日に発射した弾道ミサイルについて、韓国軍は8発と発表したが、日本政府は『少なくとも6発以上』と説明し、その後計8発と修正した」という事例を挙げた。
 シャングリラ対話を機に、2年半ぶりに韓日国防長官会談の可能性が予想されたが、結局実現しなかった。会談だけでなく、演説や会議でも日本側は韓国と距離を置いていた。韓国のイ・ジョンソプ国防部長官は12日の演説で、韓日米協力の重要性と日本との対話に向けた意志を表明したが、岸信夫防衛相は韓国について言及さえしなかった。読売新聞は「岸防衛相が日米韓防衛相会談でイ・ジョンソプ国防長官と目を合わせようとしなかった」と冷ややかな雰囲気を伝えた。
 日本側で取り上げられている理由は、2018年の哨戒機をめぐる確執だ。これは2018年12月、韓国の広開土大王艦が東海で漂流中の北朝鮮漁船の捜索作業を行った時、近くを飛んでいた日本の海上自衛隊哨戒機が、広開土大王艦から火器管制レーダーを照射されたと日本政府が主張して始まった問題だ。毎日新聞は「日本側には再発防止策が示されるまで個別の防衛協力を進めるべきではないとの意見が根強くある」と報じた。

そりゃあ、友軍と思っていた奴らから意味もなく銃口を突きつけられて何の謝罪も対策も行わない人間と話し合えるはずがありません。
その常識が欠けている韓国軍に対して友好的な態度をとれるわけがありません。
韓国の謝罪が先に必要でしょうね。

でも韓国は口先だけで何の行動も起こさないようですね。
「日本と真摯に対話」 対北朝鮮で連携期待―韓国国防相
 【ソウル時事】韓国の李鐘燮国防相は12日、シンガポールで開かれているアジア安全保障会議(通称シャングリラ会合)で演説し、日韓の懸案の解決に向け「日本と真摯(しんし)に対話する意思がある」と関係改善に意欲を示した。日韓の防衛当局間の関係は、2018年末に韓国軍艦艇が海上自衛隊機に火器管制レーダーを照射した事案などが原因で悪化していた。

日韓次官、懸案解決へ協議加速 竹島海洋調査は平行線
 李氏は演説で、北朝鮮の7回目の核実験の準備にも言及し、核ミサイルの脅威の高まりを指摘。日米韓や日韓の連携の重要性を強調し、「韓日間にはさまざまな懸案が残っているが、合理的解決のために知恵を絞っていく」と述べた。

で、対策は?アメリカ大統領が来日している際になんで竹島の調査をおこなったのでしょうか?竹島は日本の領土であり李承晩大統領が不法占拠した島です。いい加減に返してくださいね。

韓国側が一切関係改善を望んでいないことは明白であり、それに対して日本が譲歩しろというのは甚だおかしいですよね。
そんなことできるわけありません。
<独自>政府、日韓首脳会談見送り調整 NATO首脳会議で
政府は今月下旬にスペインのマドリードで開かれる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に合わせた岸田文雄首相と韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領の首脳会談を行わない方向で調整に入った。14日、複数の政府関係者が明らかにした。韓国側はいわゆる徴用工訴訟などで解決策を示していない上、不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)内で無許可の海洋調査なども行っており、環境が整っていないと判断した。
首相は今月29、30両日に日本の首相として初めてNATO首脳会議に出席する方向だ。会議には尹氏も出席予定で、新政権発足を機に日本との関係改善を目指す韓国側には2019年12月以来、約2年半ぶりとなる対面の首脳会談実現への期待が出ている。
だが、韓国側は尹氏の就任後も徴用工訴訟や慰安婦問題などで具体的な解決を示していない。5月下旬には韓国の調査船が竹島北方の日本のEEZ内で、日本の同意を得ずに海洋調査を実施するなど、関係改善に冷や水を浴びせるような行為を続けている。
NATO首脳会議は22日の公示が想定される参院選の選挙期間とも重なる。首相周辺は「韓国はこれまでも約束を守らなかった歴史があり、日本が前のめりになることはない」と話す。短時間の面会やあいさつの可能性はあるが、政府は韓国側が徴用工問題などで解決策を示さない限り、時間を取った正式な首脳会談は設定しない方針だ。

出稼ぎ労働者問題も解決させていません。何もしない人間にこちらから何もする必要はないってことです。
韓国に反省してもらいましょう。謝罪してもらいましょう。まずはそれからです。

反省しない韓国、行動を起こさない韓国
そんな奴らに付き合う必要は一切ないということです。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2022/06/18 06:00
コメント:

管理者のみに表示