fc2ブログ

どんどん墓穴を掘っていく橋下維新

橋下維新のウソ
嘘が嘘を呼びどんどん追いつめられる橋下維新
いまだ上海電力の件を説明できていません。そのため、橋下維新は嘘吐きと呼ばれており、参議院選挙では不利になっているともいわれています。
それでもまだ無責任を貫きますか?それを選ぶのは橋下維新です。

さて、そのように橋下が院政を引いている政党ですが訴えられたそうです。
<維新とカネ>松井代表と東参院議員を刑事告発 維新の会の柴田議員への寄付不記載は虚偽記載か 「維新には遵法精神ない」と専門家指摘
日本維新の会が、2019年に所属する柴田巧参議院議員の後援組織「柴田巧連合後援会」に250万円の寄付をしたにもかかわらず、政治資金収支報告書(以下、収支報告書)に記載していなかったとして、松井一郎代表と会計責任者の東徹参院議員が4月に刑事告発されていたことが分かった。(フリージャーナリスト・鈴木祐太)

◆裏金収入の可能性?
告発状によると、「柴田巧連合後援会」(以下、柴田後援会)は日本維新の会から2019年10月29日に250万円の寄付を受けたと政治資金収支報告書(以下、収支報告書)に記載されているのに、日本維新の会の収支報告書には、250万円を寄付支出した記載はなかった。
日本維新の会は、収支報告書に支出の記載していないため、実際の寄付の原資の250万円の収入も記載しないことになる。松井代表と東議員は、収入と支出の各250万円の不記載の政治資金規正法違反の罪で2人は刑事告発された。告発したのは上脇博之神戸学院大学教授。
また告発状では、2019年に寄付をした250万円の原資の収入がなったとしても、250万円の寄付支出をしていれば、繰越額は収支報告書に記載された金額よりも250万円少なかったはずだが、2020年の収支報告書にもその記載はなく、政治資金規正法違反の虚偽記載罪にあたると指摘している。
告発した上脇教授は理由を次のように述べる。
日本維新の会が柴田後援会への寄付を記載していないのは、政治資金規正法違反になります。250万円の寄付支出を記載しなかったのは、その原資の250万円が裏金収入だったからではないでしょうか」と、表に出せないお金だった可能性を指摘した。
上脇教授が続ける。
「柴田後援会に寄付したのが日本維新の会以外の者だった場合に備えて、維新の柴田巧議員らも政治資金規正法違反の虚偽記入罪で予備的告発をしました。いずれにしても、政治資金規正法違反になるのです。遵法精神がないのでしょう」
柴田後援会への250万円の寄付は、日本維新の会からのものだと記載されているが、この記載が仮にミスであったとしても、やはり法律違反になると、政治資金問題の専門家である上脇教授は指摘した。

◆柴田議員も虚偽記載で刑事告発さる
柴田議員は2019年7月に日本維新の会から参院比例区で立候補して当選。地盤は富山県で現在、党政調会長代行を務めている。柴田議員と後援会の関係者は、別の一件で4月に上脇教授から虚偽記載の疑いで刑事告発されている。
柴田議員は2019年の参院選前に後援会から選挙関係費として約595万円の寄付を受けたと選挙運動収支報告書に記載していたが、その後、その大部分の587万円を選挙運動収支報告書から削除した。一方、後援会の収支報告書では記載されたままになっていた。
つまり、後援会は587万円の寄付をしたのに、受け取った柴田議員は受領の記載をしていない。これが虚偽記載に当たるということだ。
まもなく夏の参議院議員選挙だ。日本維新の会は「身を切る改革」をしきりにアピールしているが、不明朗なカネの問題が露呈し続けている。これでどこが「身を切る改革」なのか。選挙向けのパフォーマンスと言われても仕方ないだろう。

これが橋下維新の方針なのでしょうね。身を切る改革と言いながら実態は身内からの裏金を作り出して豪遊しているのでしょう。
まあ、共産党と同じように上納金が必要なのでしょうね。金持ち維新の典型なのかもしれません。

なんだか次々出る橋下維新の犯罪者たち
〈独自〉維新落選候補を買収疑いで書類送検 滋賀県警
10月31日に投開票された衆院選に滋賀3区から立候補し、落選した日本維新の会の直山仁(ひとし)氏(49)の陣営をめぐり、選挙運動の見返りとして運動員に報酬を支払ったとして、滋賀県警が29日、公選法違反(買収)の疑いで直山氏を書類送検したことが、捜査関係者への取材で分かった。また、運動員として報酬を受け取った大学生ら11人も同法違反(被買収)の疑いで書類送検した。
捜査関係者によると直山氏は公示後、数回にわたり、滋賀県草津市の選挙事務所で、投票を呼び掛けるといった選挙運動の見返りとして、運動員だった大阪府内の大学に通う学生ら11人に計約6万円を報酬として渡した疑いが持たれている。
公選法の規定では、選挙運動は原則無報酬と定めているが、運動員には1人当たり数千円程度の現金が支払われていたとみられる。
直山氏は産経新聞の取材に対し、「何のことか分からない。心当たりがない」と事実関係を否定。「(運動員が)いつ、何回来たかも覚えていない」と述べた。
直山氏は大阪市出身の会社員で、衆院選では滋賀3区から維新の公認候補として出馬。同区には4人が立候補し、自民党の武村展英氏(49)に次ぐ4万1593票を集めたが、比例復活はならなかった。

運動員に対して報酬は出せません。茶菓子程度なら許されますがお金はダメですね。
どうしても出したいというならお弁当とお茶くらいにしておきましょうね。

公示前に事前運動を行っていた橋下維新のラスプーチンはまたこんなことを言って国民から糾弾を受けています。
鈴木宗男議員“物価高も考えて”とウクライナへ撤退呼びかけも批判殺到…駐日ウクライナ大使も抗議
6月16日、日本維新の会の鈴木宗男参院議員(74)がブログを更新。未だ続くロシアのウクライナ侵攻について綴ったが、その内容が物議を醸している。
鈴木議員はロシアによるウクライナへの軍事侵攻について、《ウクライナゼレンスキー大統領は『武器を供与してくれ、少ない』と訴えている。欧米諸国は協力する姿勢を示しているが、それでは戦争が長引き、犠牲者が増えるだけではないか》《自前で戦えないのなら潔く関係諸国に停戦の仲立ちをお願いするのが賢明な判断と思うのだが》と私見を述べ、ゼレンスキー大統領の姿勢に苦言を呈した。
また、《名誉ある撤退は「人の命を守る」上で、極めて大事なことである。また、物価高で世界中が悲鳴を上げていることを考えるべきだ》ともつづった鈴木議員。ウクライナが戦闘を続けることで世界的な物価の上昇が起きているというのだ。
しかし、報じられている戦況から見えてくるのはロシアの身勝手な侵攻ぶりだ。
「2月末に侵攻が始まった当初から、ロシアの一方的な軍事行動は国際法違反であると指摘されていました。、またロシアはウクライナの病院や学校も攻撃しており、民間人の犠牲者も多数報告されています」(社会部記者)
各国はこの事態を重く受け止め、ロシアに経済制裁を加えるなど厳しい措置をとっている。
「ファストフードのマクドナルドやコーヒーチェーンのスターバックスも、ロシアでの事業を撤退しました。鈴木議員はウクライナの責任を指摘していますが、一方的な侵略で物価の上昇を引き起こしているのはウクライナではなくロシアなのではないでしょうか」(前出・社会部記者)
ウクライナに“名誉ある撤退”を呼びかけた鈴木議員。この発言に対し、インターネット上では批判の声が殺到している。
《主権を侵害されたので、国民が命がけでそれを防ごうとしているのにそれを他国の政治家が物価高だから諦めて降伏せよとは何事ぞ》
《物価高の原因はロシアが侵略を始めたからでしょう。日本維新の会はこういう国会議員を野放しにする政党なのでしょうか?》
《「物価が高いから降伏しろ」って、どういう政治信条を持っていればこんな人の心を無くした発言ができるのかわからない》
さらにセルギー・コルスンスキー駐日ウクライナ特命全権大使もTwitterを更新し、次のように抗議した。
《鈴木さん、私の唇を読んでください、私たちは降伏しません。プーチンは悪そのものであり、ロシアは戦犯である。我々は、武器があろうがなかろうが、戦います。素手で戦います。なぜなら、我々は何のために戦っているのか知っているからです。それを知っていますか、鈴木さん?

祖国の未来のために戦っているウクライナ人を侮辱するのは橋下維新の方針のようです。
そんな人間を日本の代表の一人にしたいのでしょうか?私はごめんですね。
結局、このように人の心が判らない奴がトップにいる組織で利権だけを吸うために活動している橋下維新
下らない奴らです。

そして口を開けば他人のあらさがしから始まる自画自賛
いい面もあれば悪い面もあります。でも愚痴を聞かされる方の身になれって感じですね。
維新、固定票の獲得に苦慮 京都市政批判は通用するのか
「主婦の目線で、サラリーマンの目線で、政治を変えていきたい」。4日、京都市内で演説した日本維新の会新人で大阪ガス社員の楠井祐子氏(54)は、応援にかけつけた松井一郎代表(大阪市長)と、車上から通行人に呼びかけた。
楠井氏は京都市出身で同志社大卒。ただ社会人としての活動歴は大阪で、見方によっては「落下傘候補」だ。維新は一般人からの候補者像を前面に出して浸透を図る一方、地元行政をからめて選挙戦を演出している。
戦略の一つが、京都市の財政難を、大阪市の財政難を解決した維新への期待につなげる訴え。5月14日に京都入りした大阪府知事の吉村洋文副代表は「京都市はエレベーターに500万円もする漆塗りの扉を設置した。財政難と訴える市になぜ漆が必要なのか」と財政運営を攻撃し、「京都の政治には改革勢力が必要だ。自民、共産が強すぎる」と繰り返した。
「国政選挙と地方選は違うんだが…」と顔をしかめるのは他党の関係者だ。門川大作京都市長は4月の知事選で、維新と共産を除いた国会議員や地方議員と市内の演壇に立っており、関係者は「京都市政批判が参院選と結びついてしまう」と困惑。楠井氏自身も、演説でしばしば市の財政をやり玉に挙げる。
吉村氏からは「維新は京都ではまだ小さい。立憲民主党が戦いの相手だ」と立民を標的化する発言もあった。だが、自民の西田昌司府連会長は5月21日、岸田文雄首相を招いた京都市内の会合の席上で「こちらの油断を誘う戦略だ」と述べ、維新を意識していることをうかがわせた。
府内では維新の躍進が目立つ。昨年の衆院選京都1区は、共産の穀田恵二氏と肩を並べて維新の堀場幸子氏が比例で復活当選。4月の府議補選も維新新人が自民、立民、共産を含む候補者4人の中で唯一、五桁の得票で勝利した。自民強しとみられた北区で、維新陣営にすら驚きがあった。
参院選でも各党が警戒を強める中で、維新が苦慮するのは固定票の獲得だ。維新関係者によると、京都市議会のある会派に応援を要請したが「国政選挙では協力できない」と難色を示された。「自民、共産でなければ国政選挙で勝てないといわれた時代もある土地柄だ。古くからの地盤を崩すのは容易ではない」と苦心が続く。(平岡康彦)

地道な活動もやっている橋下維新ですが、組織としては非常に閉鎖的な政党であり、地方議員が国会議員よりも上にいるといういびつな状態が続いています。
しかも知事をしている吉村や市長をしている松井が外遊している姿を見て仕事をしていないといわれることが多く、実際に公務をやらないで遊んでいることが多いようです。
そのことに反発する市民、府民が多く足元から崩れかねないという話もあるようです。

そして埼玉に行くと帰れコールが響き渡ったそうです。
維新“関西ローカル政党”からの脱皮に暗雲…埼玉で吉村大阪府知事に「帰れコール」鳴り響く
 この週末、SNSで話題になったのが日本維新の会の吉村洋文大阪府知事の街頭演説。参院選予定候補の応援で首都圏を回ったのだが、11日夕方、埼玉・大宮駅西口に吉村氏が登場すると「帰れコール」が鳴り響いたのだ。
 大阪維新の会の公式ツイッターにアップされた動画に、その様子はしっかり記録。吉村氏の到着がアナウンスされ、街宣カーに乗り込むあたりから「帰れコール」が始まり、吉村氏の演説の冒頭部分がかき消されるほどだった。
 SNSでは<埼玉県民の帰れコールの大合唱! 関西人には分からないんだろうな><関西圏以外では嫌われてるんだな>などの書き込みが散見された。

仕事をしないで遊びに埼玉まで来ているのですから帰れコールは正しいと思います。
というか仕事したことあるのか?前職は消費者金融のスラップ訴訟の代行人だったらしいけど社会常識あるのでしょうか?
仕事はしないけど他人の悪口だけを言い出す奴は嫌われるんですよね。

結局、人のことを考えない人間は嫌われるってことです。
そのことが判っただけでも橋下維新の存在は必要だったということかもしれませんね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2022/06/27 06:00
コメント:

管理者のみに表示