参議院選挙 安倍自民党の圧勝!

参議院選が終わり普通の日常に戻りつつあります。
今回の選挙はまさに日本の転機になる選挙であったと思います。
04ca5687.png

しかし、報道機関はねじれの解消としか報道せず相変わらず偏向報道を繰り返しています。
今回の選挙も大変な偏向報道に見舞われました。
こちらの記事をご覧ください。
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130724/ent13072421050009-n1.htm
 参院選候補者を応援した人気グループ「EXILE(エグザイル)」の番組は放送延期なのに、共産党を応援した渡辺えりさんは「あまちゃん」出演OKなの? 24日に行われた石田研一NHK放送総局長の定例会見で、参院選期間中の芸能人の選挙応援について質疑が集中した。

 NHKは今月12日、EXILEのメンバー、USAさんが参院選候補者を応援している写真が候補者のブログなどに掲載されたとして、USAさんが出演するEテレの番組を参院選後に延期。E-Girls(イーガールズ)のメンバーについても同様の措置を行った。この判断について石田総局長は会見で「妥当な判断だと思う」とし、理由として「政治的公平性に疑念を持たれないよう配慮するとガイドラインで決めている」と述べた。

 だが、記者側から「渡辺えりさんは問題視しないのか」と質問が出てから質疑が白熱。共産党が発行する「しんぶん赤旗」の今月14日付の日曜版には、2ページにわたって渡辺さんのインタビュー記事が「庶民のために動く共産党に期待」との見出しで掲載されており、記事で渡辺さんは「貧しい人を犠牲にし、お金持ちを肥え太らせるのが今の政策」「共産党に期待したい」と述べていた。

 渡辺さんは朝ドラ「あまちゃん」に、今野弥生役で出演している。

NHKには在日朝鮮人や共産党員、創価学会など反日勢力が横暴を聞かせ、日本の公共報道機関としての資格を失っています。
そのNHKはもはや解体してもう一度きちんとした国営放送とする必要があります。
時々規制はいけませんや、政府がやると無駄が増えるという話がどこからともなく出てきますが、
少なくとも放送局や公共設備、公共機関、ガス、水道などのライフラインは国が直接運営する必要があります。
財政難だからと言って一企業に任せるわけにはいきません。
少なくとも国が安全を保障する必要があります。
唯の一企業に任せるわけにはいきません。
ましてや放送についてはきちんと国の機関として正確な政府発表が出来る報道機関であることが必要です。

NHKにその資格はありません。
最近、報道局に対する国民からの怒りが起こっています。
株主として偏向報道、ねつ造報道を監視する組織やメディアを監視する機関
街頭に出て国民に如何に報道局の報道が変更しているかを訴える集団
彼らは誰からも報酬を受けずに国家国民のために動いています、活動しています。
それに対抗するのが有田や山本などの差別集団や中核派などの左翼集団なのです。
彼らは共産党や中共、朝鮮などから金をもらい活動しています。
その潤沢なお金を元に日当を出して活動しています。
そのような者たちを許すわけにはいきません。

それを後押ししているのがNHKなどの偏向報道社なのです。
彼らは私たちの質問に対し回答することはありません。
私たちは証拠を付けて回答を求めますが、証拠に対して明確に出来ない部分があるため回答しません。

今回の選挙は日本人が勝ちました。
前国会終盤における安倍総理への問責決議案、これほど国民をばかにした決議はありませんでした。
この事実を忘れるわけにはいきません。
1001187_680971665250714_643058635_n.jpg

安倍総理には日本の今後100年の発展の礎を作ってもらわなくてはなりません。
その為に、私たちは国士を国会に送りました。
盟友であった中川昭一先生の後継者と言われている赤池先生も逆境の中這い上がってきました。
これからが日本の反撃です。現在中共の経済は粉飾がばれてガタガタになっているそうです。
韓国は北朝鮮との停戦協定が破棄され、いつ攻め込まれてもおかしくない状況にありますし、経済は最悪になっています。
今のうちに軍備を整え、内部に居座る白アリを退治し、まっとうな主権国家としての地位を確立しなければなりません。
その為の96条改正、9条第二項改正、そして最終目的は自主憲法制定です。
それに向けて自民党内でも、国民議論も報道機関などでの議論が必要です。
今の国民は一人一人がかしこくなったように見えますが、視野が狭いと感じます。
その視野を広げるためにもきちんとした報道機関が必要なのではないでしょうか?
きちんとした歴史認識、道徳、国語の勉強、ありとあらゆるものが日教組の平等主義によって壊されていきました。
それを立て直すのです。
涙堪える

その為にも安倍総理には長期政権を担ってもらわなくてはなりません。
そしてその安倍総理を支えるのは私達国民一人一人であることをきちんと把握しておかなくてはなりません。
国家・国民のために働く政治家を支えるのはその国民の役目です。
報道機関に騙されずにきちんとした認識で行動していきましょう!
(武ラッキー)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2013/07/28 06:00
コメント:

管理者のみに表示