fc2ブログ

マスゴミや左翼たちの絶望が響き渡った国葬

国葬反対派は少数
デジタル献花も含め多くの人が弔意を示した安倍元総理への国葬
反対派の少なさが大きく報じられた日でもあります。
マスゴミたちは国論を二分するとか言っていましたがそれはテレビの中だけにすぎなかったことを物語っていますね。
情報は公平にというしがらみがあるはずのマスゴミたちが偏向報道を行っているという証拠が出たことを物語っています。
大多数の人々が弔意を示したことを報道しないマスゴミたち
これから先どうするつもりなのでしょうね。

テロリストがデモを開催することが出来る日本、それだけ自由がある証拠でもあります。
安倍元首相「国葬」で中核派がスクラムデモ 怒声飛び交う現場で機動隊と衝突〈dot.〉
 安倍晋三元首相の国葬が行なわれた27日、会場となった日本武道館にほど近い、東京都千代田区の九段坂公園には一般に向けての献花台が設けられ、午前10時からの予定を30分早めて献花が始まった。
 献花を待つ人たちが500メートルくらいの行列を作っていた。献花した大学4年生の男性(22)は、同じ大学の彼女と2人でやって来た。手には「日の丸」とデパートの紙袋を持っていた。
「今日は授業のない日だったんです。デパートで昨日のうちに花を買って、用意しておきました。『学生なんで予算少なめで』とお願いしたんですが、1500円と安くはなかった。自民党を支持している若者が多いと聞くから、献花に来るのかなと思ったら、意外と若者は少ないですね。ご年配の方が多い」
 安倍元首相についてはこう話す。
「安倍さんはものすごい功績を残された方。外交安全保障に強く、平和のために尽くされた。小泉純一郎内閣で官房長官だったころからすごい政治家だなと思っていました。安倍さんは尊敬する人です
 静かな献花台近くでは、東京都大田区から来た56歳の男性が「国葬反対」のビラを持って、反対を叫んだ。通りの向かい側では言い争う声。行ってみると、30代の女性が「献花台の近くなのに『国葬反対』のチラシを持っていた。警察は何もやらないから、取り上げてやったのよ」と、手に持ったくしゃくしゃの「国葬反対」のチラシを見せた。
 献花を終えた20代の男性は、チャンネル登録者数が2万人超えのYouTuberだという。
「今日はYouTubeの撮影がてら来ました。朝7時頃にやって来て、整理券を取って2時間から3時間くらい並んで待ちました。献花で安倍さんに思いを伝えられるのは一生に1度のこと。国葬反対デモには反対です。やっても意味がないと思うから。2時からの国葬に合わせて何かが起きるというので心配なんです。これから国会議事堂の方へ行ってきます」
 千代田区神田淡路町の淡路公園には「改憲・戦争阻止!大行進」実行委員会主催の「安倍国葬粉砕! 9.27 武道館へ怒りのデモを!」集会が開かれた。労働者、市民などいろんな人たちが参加している。その中には「革命的共産主義者同盟(革共同)中核派」の姿も。
 集会が始まると、数十人が「中核派」「全学連」の白いヘルメットを被った。革共同政治局員の石田真弓氏(35)はこう話す。
「ヘルメットを被ってのデモはしばらくやっていませんでした。昨年も一昨年もやってませんね。今年に入ってデモは3回目。ヘルメットは前回のデモでもかぶりました。私たちが強調しているのは戦争のための国葬を阻止しようということです。安倍政治は改憲や戦争準備を推し進めた。国葬はそれを功績として讃えるものです」
 集会に参加していた27歳の女性は、「昨日、京都から国葬反対集会に参加するために来ました。障害者のグループホームで働いています。国葬の強行は戦争への道を開くものだと思っています。人の命を守るために国葬に反対しています」と話す。
 看護師の新井佳世子(48)さんは、「国葬は絶対反対です。国葬を強行することで労働者を黙らせ、安倍さんがやりたかった“戦争のできる国”に向かって進めようとしている。日米は軍事練習をし、国際的な核の共有の動きもある。岸田政権は国葬をきっかけに挙国一致の体制を作ろうとしているんです。私はデモでは太鼓をたたいて抗議の意思を示します」と話した。
 久々に見る中核派のデモ。デモ隊が通り過ぎる時、通行人は珍しがってスマホで写真を撮る人が多かった。中核派は武道館近くではお互いががっちりスクラムを組んだ。近くにいた男性が「中核派のデモってギャグかと思ったら本気かよ、この野郎」と叫ぶ。別のスーツの男性も何やら大声で叫び、何度も隊列に突っ込もうとしていたが警察官に体で止められていた。
 国葬が始まった午後2時頃になると、九段下の交差点付近で、機動隊数十人と「改憲・戦争阻止!大行進」実行委員会の中核派、労働者、市民グループが激しく押し合っていた。機動隊が「これ以上入るな」と押しまくっていた。実行委員会のメンバーも負けじと機動隊とぶつかり合い、押し戻す。「なぜ規制線を深くするのか」「警察は帰れ」「国葬中止」と叫んでいた。
「あまり武道館に近づくと、向こうから国葬に反対する様子が見えて格好が悪いから規制線を深くしたんでしょう。機動隊はこういうことをするんですよ」(グループの労働者)
 前出の新井さんは、「あれ程の警察権力の弾圧を跳ね返して、デモには600人、その後の武道館近くでの抗議行動にも300人が参加した。そして沿道から両手を高くあげて手を振って連帯の意思を示してくださった民衆のみなさんと一緒に、最後まで反対の意思を示す闘いをやり抜けたことに感動しました」
 世論が割れたまま行われた安倍元首相の国葬。政府による説明不足が混乱を拡大させていることは間違いない。

ボランティアが数えた307人という数字が正しかったという実例が乗っていました(笑)
まあ、そんなことは置いといて反対派は何も考えていないただのおばかっちょですね。
ありえないくらいに考えない人たちです。

そしてこのような主張もあります。
【速報】安倍氏「国葬」 都内各所で反対デモ 国会前では数千人規模に
安倍元首相の「国葬」反対を訴えるデモが、都内各所で行われている。
警視庁によると、デモとして届けられているのは、都内4か所だが、その他にも、小規模な反対行動などが行われているとみられる。また、国会前には、市民や野党の代表が集まり、国葬開始時刻に合わせて反対の声をあげている。国会前に集まった人は、数千人規模にのぼるとみられる。
また、国葬に反対するデモは、会場となった日本武道館周辺でも行われていて、警備担当の警察官との小競り合いも見られた。警視庁は、混乱が起きないよう警視総監をトップとする最高警備本部を設置して、全体で2万人にのぼる警察官による最高レベルの警備体制を敷いている。

国会前に集まった人々って300名程度ではないでしょうか?写真を見ると数千人いるようには思えません。
反対派ごく少数ってことでしょうね。このような報道をしても反対派が少ないことには間違いありません。
それだけ焦っているのでしょうね。

ちなみに国会議事堂前に集まっても誰も国会にはいませんので意味がなくただのアピールでしかありません。
国会前の国葬反対デモ 黙祷の時間に太鼓やタンバリンを鳴らして対抗
 27日、安倍晋三元首相の国葬と同時刻に国会正門前では国葬反対デモが行われている。
 国葬開始前から国会正門付近に続々と人が集まった。「国葬反対」「弔意の強制拒否」などのプラカードを持つ人たちがたくさん。年配の男女が目立っていた。国会前庭にはビニールシートを敷いて、おにぎりを頬張る人たちも。長期戦に備え、エネルギー補給をしていた。
 このデモは事前に「音のなるもの」を持参するよう呼び掛けられていた。実際に武道館で黙祷が行われる午後2時11分には武道館方面に向かって、「民主主義を取り戻そう」「反対世論の声を聞け」というコールに合わせて、太鼓やタンバリンの音が鳴らされた。
 デモには国会議員も駆けつけた。社民党の福島みずほ党首は「国葬に断固反対です。国葬に道理がありません。岸田総理は強行していますが、国葬令は1947年に廃止をされ、法的根拠はありません。まさに法の下の平等に反する、思想・良心の自由に反するために国葬令が廃止になったのではないでしょうか」と訴えていた。

平成12年に制定された法律を知らないって国会議員は何を考えているのでしょうね。
馬鹿ですね。成長しませんね。うんざりです。こんな人たちに貶められる安倍元総理ではありません。

結果として国論を二分するわけもなく煽っていただけのマスゴミたち、恥をかいた方がいいですね。
その体現がこのような馬鹿な人間を作り出しているのです。
橋下徹氏「こんな形の国葬はいやです」「残念」 安倍元首相「実体は内閣葬」
 元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が27日、TBS系「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」にリモート出演し、東京・日本武道館で行われた安倍晋三元首相の国葬について「こんな形の国葬はいやです」と明言した。
 国葬について尋ねられた橋下氏は「日本を引っ張っていただいた安倍さんには本当に感謝をしていますし、家族葬は終わられましたけども、あらためまして本当にありがとうございました」とまずは感謝と弔意を示した。続けて「死を悼み、礼を尽くすというのは国家としては当然のことだと思います」とした上で「戦後77年、こういうことを考えてこなかった。国家に対して貢献した人に対してどう礼を尽くすのかを考えてこなかった」と「国葬」の定義もさだまらないままだったと指摘した。
 「岸田政権、自民党が誤ったのは、これを簡単に『国葬』と名付けたことですね」と「国葬」にしてしまったこと自体を“誤り”と断言。この日の安倍氏の国葬については「完全に実体は内閣葬ですよ」と断じた。「内閣葬」と明言して、全額国費で行い、その上で「『安倍さんに礼を尽くしましょう』ということでよかったんじゃないか」と持論を展開。「こんな形の国葬は日本の国葬としてはいやですね」と言い切った。
 「国葬」とするなら「国民全体を巻き込んで、弔意を求める」べきとし、できないのであれば「内閣葬」にするべきと提言。「そこをはっきり区分けできない日本の政治、やっぱり国家の背骨が本当にない国ということを感じて残念で仕方がないです」と表情を曇らせた。

陛下の勅使がいらっしゃったことを知らないのでしょうね。物事を知らないで自分の知っている事だけで判断してきた馬鹿
下らない奴に落ちたものです。

左翼の、中共の狗の悲鳴の聞こえた国葬になりました。
分水嶺なのでしょうね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2022/10/03 06:00
コメント:

管理者のみに表示