fc2ブログ

戦い続けた男

国葬反対派は少数
必死になって捏造を続ける反社たち、参加人数が少なく、ごく少数しか反対していないかった安倍元総理を嫌う人たち
老害ってこのことなのでしょう。年金もらってやることないので反社活動を行っているとの話です。
何がしたいのでしょうね。もっと生産的なことやればいいのにね。

安倍総理に関してこのような記事があります。
安倍晋三元首相の国葬に寄せて 確かな足跡、世界からの敬愛を実感も…メディアはいまだに「戦後体制」下にある
安倍晋三元首相の「国葬(国葬儀)」の日を迎えた。
沖縄県・尖閣諸島や、北朝鮮による日本人拉致の問題に関わってきた者として、首相在任中だった安倍氏に対し、私は厳しい意見を述べることが多かった。某民放番組にゲスト出演された安倍氏に、「拉致被害者救出に自衛隊の活用を!」と直談判したこともある。
「戦後レジームからの脱却」を掲げた安倍氏が目指していたところは、戦後体制によって失われた日本の尊厳を取り戻し、世界平和に資するという私のそれと同じであったと思う。
教育基本法を改正し、戦後軽んじられてきた「伝統と文化」を尊重し、危険視されてきた「国を愛すること」を堂々とうたうなど、確かな足跡を残しながらも、日本はまだ真の意味での独立国には程遠く、志半ばで凶弾に倒れたというのが実情であったろう。
恥ずかしながら告白すれば、その後の諸外国からの反応の大きさは、私の予想をはるかに上回るものであった。世界において、ここまで存在感を発揮し、敬愛されていたのかと感じ入った。
対照的に、国内においては死者にむち打つかのような「国葬反対」の声が大々的に報じられ、また連日、旧統一教会(世界平和統一家庭連合)と自民党議員の「ズブズブの関係」ばかりを扱う地上波テレビの報道に、強い違和感を覚えざるを得ない。
本来、安倍氏は理不尽な殺人事件の被害者である。そして、彼の命を守る責任があった警察は「世紀の大失態」を犯した。だが、そこに国民の関心が集まらないように、意図的な報道が行われているように思えてならないのだ。
私にとって、これには既視感がある。
今から12年前の9月、尖閣諸島沖中国漁船衝突事件が起きた。当時の民主党政権は、当初、現場映像の公開を渋っていた。そこに義憤を覚えた海上保安官・一色正春氏がユーチューブに映像を投稿したことによって、「尖閣の海で何が起きたのか」を国民は知ることができた。事実を知った国民からは、政府の「事なかれ対応」への怒りの声がわき上がった。
だが、映像の投稿者が判明するまでの間、テレビを付ければどのチャンネルも「犯人捜し」をしていた。つまり、公務員なのに秘密を漏洩(ろうえい)したのは、どこのどいつだということにばかりスポットライトを当て、その背後にあった巨悪(=国の尊厳を売るような民主党政権の対応)を隠すという、「目くらまし」報道を行っていたのだ。
かくもメディアはいまだに「戦後体制」下にある。
その現実を肝に銘じ、そこから脱却することを目指した安倍氏の遺志を継ぐ決意を新たにし、謹んで「安倍さん」を見送りたい。

マスゴミの捏造は今に始まったことではありません。
関心をそらすために被害者を追い込むことを平気で行う人々です。そんな人たちと安倍元総理は戦ったのです。

私たち日本人の良さを世界に知らしめましょう。
マスゴミの様に醜い人々が主役ではないのです。
美しい日本の姿を国葬で示そう
「日本を取り戻す」と誓った安倍晋三元首相の国葬儀が27日に迫った。
日本人とは、日本国とは、どんな存在かを問い続けたのが安倍氏だった。占領統治のために都合よく日本を縛り上げたにすぎない臨時のルールとしての米国製憲法を今日に至るまで改正し得ていない日本を振り返って、安倍氏は日本が失い果てた日本らしさを取り戻そうとしたのだ。

国柄を取り戻そうとした安倍氏
一言でいえば安倍氏は立派な日本の心を取り戻そうとした。先人たちは日本列島で何を守るために暮らし生きたのか。先人たちは何を守るために戦ったのか、何を守って死んでいったのか。安倍氏が取り戻そうとしたのは、家族や共同体を支えた価値観、国民と国家の絆、自然との折り合いのつけ方、死者との関係など全てにおける日本らしさだった。
教育改革にとりくみ、家族法制にこだわり、だれ一人この国が嫌になることのないように社会保障政策を研究したのもそのためだ。国際社会に向けては日本的価値観を戦略に反映させて力となし、存在を高めた。
安倍氏の「自由で開かれたインド・太平洋」戦略はインドの国柄、歴史、その戦後の国際関係を理解し受け入れた日本がいて、初めて実現した。日本発の大戦略は今、米欧とアジア諸国を巻き込む最大の対中抑止力を構築する国際秩序の基盤となった。
日本を守るのに必須の日米同盟を真の互恵関係にさらに一歩近づけたのは、安倍氏が烈(はげ)しく戦って実現した平和安全法制である。自国を自力で守るのは当然で、憲法改正が欠かせない。しかし、実現には時間がかかる。それを見越して、内閣法制局長官人事に大鉈(なた)を振るって平和安全法制を実現させた。

世界に日本の存在を示した
安倍氏は国内では日本らしさを取り戻す仕組みを整え、世界には穏やかながら雄々しい日本国の価値観と存在を示した。それ故に世界の指導者らはこぞって安倍氏の死を悼んだ。安倍氏の示した道程こそ、人類普遍の価値観を踏まえた公正な国際社会の構築につながることを理解しているからだ。
その安倍氏に私たちは心からの感謝と敬愛を捧げたい。日本人は死者を貶(おとし)めたりはしない。肉体は滅びても死者の魂は日本国の空、深い森や清らかな水辺のどこかにいらして、生者である私たちと日本国を見守って下さっている、と信じている。亡くなった人の功績を讃たたえ、真摯な祈りを捧げる品格ある姿勢を守り通そう。日本国のために闘い続けた安倍氏への深い感謝を国民こぞって静かに捧げる美しい日本の姿を国葬儀で世界に示そう。(2022.09.26国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

日本人らしい国葬となりましたね。多くの人が静かに故人を称え、弔問しに東京を訪れました。
それが2万5千人以上の献花という結果になりました。

菅元総理の挨拶も印象的でしたね。
竹田恒泰氏、菅前首相の追悼の辞に感動「自分も元総理なのに『総理』と語りかけるところは…」
 明治天皇の玄孫(やしゃご)で作家の竹田恒泰氏が28日、自身のツイッターを更新。27日に行われた安倍晋三元首相の国葬について綴った。
 国葬では、官房長官として安倍氏を支えた菅義偉前首相が、友人代表として追悼の辞を読んだ。竹田氏は「自分も元総理なのに『総理』と語りかけるところは、長年馴染んだ自然な呼び掛けだった。銀座の焼き鳥店でのはなし、そして最後の歌のはなし、どこを切り取っても心に迫るものがあった」とつづった。
 菅氏は、首相を一度退陣した負い目から12年の総裁選出馬を迷っていた安倍氏と銀座の焼き鳥店に行き、懸命に口説いた結果、3時間後には首を縦に振ってくれたと強調。「菅義偉生涯最大の達成として、いつまでも誇らしく思うだろう」と胸を張った。

涙が出てきましたね。
素晴らしい心のこもった挨拶でした。

奈良市長は事件が風化しない様に安倍元総理の銅像などの建設を計画しているそうです。
安倍元首相銃撃事件 現場の今後 奈良市長「9月中に判断」
ことし7月、安倍元総理大臣が演説中に銃撃された現場について、奈良市の仲川市長は、28日開かれた市議会の委員会で、事件があったことを示すものを設置するかどうかなどの判断を9月中に行う意向を改めて示しました。
安倍元総理大臣が銃撃された現場は、奈良市が今年度中に広場や道路に整備しようと作業を進めていたエリアでした。
そのさなか、事件が発生したことで、市は、対応に苦慮しています。
事件現場の扱いについて、奈良市には今月21日までに73件の意見が寄せられているということで、市によりますと、像やモニュメントなど、事件があったことを示すものを設置するかどうかについては、肯定的な意見が21件だったのに対し、否定的な意見が52件だったということです。
28日開かれた市議会の予算決算委員会で、仲川市長は、「これまで9月末をメドにと言ってきたので、どういったことをするか、しないか確定していく」などと答弁し、改めて今月中に判断を行う意向を示しました。
仲川市長は委員会のあと、報道陣の取材に応じ、「事件が社会にどのような影響を与え、歴史的にどう位置づけられるのか、まだ定まっていない。何が正解か、100点満点がないなか、判断を求められているという意味で、私自身悩んでいる」と述べました。

是非設置していただきたいものです。

安倍元総理はたくさんのものを残しました。
その意思を私たちが受け継いでいきましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2022/10/04 06:00
コメント:

管理者のみに表示