阿里山森林鉄道と黒部峡谷鉄道が姉妹提携しています。

だいぶ遅れての挙げることになりましたが、阿里山森林鉄道と黒部渓谷鉄道が姉妹提携を結びました。
IMG_9864.jpg

阿里山鉄道は日本統治時代に作られた鉄道であり、阿里山の檜や杉の伐採に使われるために作られた線路です。
阿里山森林鉄道は、インドのヒマラヤ鉄道、チリからアルゼンチンまでのアンデス鉄道とともに、世界で3本しかない登山鉄道の1つです。
路線は平地の嘉義~竹崎(14.2キロ)と山間部の竹崎~阿里山(57.2キロ)に分かれます。機関車が最後尾から車両を押していくやり方で独立山まで行き、そこをグルグル3回まわって(長さ約5Km、高度200m)、スイッチバックを繰り返して山頂へ向かいます。途中、熱帯林から温帯林へ変っていく樹林の生態や山脈、渓谷美を眺めながらのコースです。
阿里山は、標高 2216m もあるので夏場でもかなり涼しいです。祝山での朝日を見るときなどは早朝のため、寒いくらいです。夏場の旅行でも阿里山に行くときは、厚手の長袖の服が必携です。なお、阿里山の宿ではダウンジャケットの貸し出しがあります。
その特徴として
1.世界三大登山鉄道の一つ。
2.海抜 30m:嘉義駅~海抜 2216m 阿里山駅まで運転。最大斜度 6.26%、最小曲線半径 40m で運転。
3.登りでは、機動車(ディーゼル機関車)を最後尾に配置して運転。推し上げる形。
4.独立山では、螺旋(スパイラル)状になった線路:三周(約 5km、標高差 200m)を運転。
5.俗称「阿里山ホウ壁」と呼ばれる所では、Z字転換(スイッチバック)方式で運転。スイッチバックは三カ所で行われています。第一分道/第二分道/第三分道。
6.阿里山の5大奇景:鐵路,森林,雲海,日出,晩霞。
があげられます。
ff90b8c4-s.png

その阿里山森林鉄道と黒部渓谷鉄道が手を結ぶ
これは素晴らしいことだと思います。
黒部渓谷鉄道と阿里山森林鉄道 姉妹提携
平成25年4月20日に黒部峡谷鉄道は、台湾の阿里山森林鉄路と姉妹提携を結びましたsign03
当初の建設目的の違いはありますが、山岳鉄道としてほぼ100年の歴史を有し、資材の運搬のみならず観光列車であるということ。
軌道幅が同じ762mmという点など、数々の共通点を持つことから今回姉妹提携を結ぶことになりましたflair
今回の提携で富山県と台湾のさらなる交流の活性化につながればと期待しています。


そして来年の6月にその阿里山森林鉄路が全線復旧する予定になっています。
阿里山森林鉄道が100周年、全線復旧は2014年6月を予定
阿里山森林鉄道が100周年、全線復旧は2014年6月を予定
 嘉義市と阿里山を結ぶ阿里山森林鉄道が12月25日に、開通100周年を迎える。阿里山森林鉄道は日本統治時代の1906年に着工され、1912年12月25日にヒノキを満載した貨物列車が二万坪駅から嘉義の北門駅まで運行され、正式開業した。
 阿里山森林鉄道はその後、二万坪駅から阿里山駅まで延伸され、71.4キロの本線(阿里山線)が全通。また、眠月・石猴線などの支線が建設され、1930年の時点で総延長108キロに達した。開業当初は木材貨物輸送がメインであったが、近年は観光鉄道として生まれ変わり、1986年には阿里山観光の目玉である「日の出」列車を運行する祝山線も開業した。
 阿里山森林鉄道は、途中の独立山を螺旋状のスパイラルループで上り、さらに「Z」字状のスイッチバックで何度も向きを変えながら海抜2,274メートルの阿里山まで上っていく。その変化に富んだ風景は、観光客に特に人気がある。
 2009年8月に台風8号(モーラコット)による「八八水害」(台湾南部大水害)で、阿里山森林鉄道は甚大な被害を受け、祝山線(阿里山~祝山)と神木線(本線の阿里山~神木)を除いて運休が続いているため、本線の大部分(神木~嘉義)が運休のまま開通100周年を迎えることになった。100周年記念イベントは、沿線5カ所の駅などで、阿里山森林鉄道の歴史を伝える展示等が開催される。
行政院農業委員会林務局によると、2014年6月の全線運行再開に向けて、本線の寸断区間の復旧工事が進められている。

4c3c4a6e-s.png

これには是非行きたいものです。
私も去年台湾へ遊びに行きこの阿里山森林鉄路の電車に乗りましたが、素晴らしい光景でした。
100年をはるかに超える檜や杉、森林の慰霊塔がある寺院、清らかなる空気、大きなお寺などなど
なかなか良い観光となりました。
IMG_9860.jpg

ご来光は生憎曇っていたため見ることはかないませんでしたがそれでも良い経験です。
皆さんも一度行かれてみてはいかがでしょうか?
台湾での楽しい旅が待っています。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
| コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2013/08/10 06:00
コメント:
No title
 シェイギャード健在なんですね!
 是非行きたい!
 この機関車には、ロッドを振り回すロコモーションがありません。
 蒸気機関車でありながらボギー台車で急カーブに適合しています。
 ボイラーが少し左側に寄っています。
 あいた右側のスペースに蒸気エンジンがあって、エンジンの前後からユニバーサルジョイントとシャフト、そして笠羽歯車で駆動する大変珍しい構造です。
 ダイヤモンドチムニーを振り振りシャカシャカ(そんな感じだろうと想像するのですが・・・)と走る愛らしくも健気な姿を想像すると・・・矢も盾もなくなる思いです。

管理者のみに表示