fc2ブログ

相当厳しい韓国政府

三峯神社 奥宮
先日訪れました三峯神社の奥宮
素晴らしい景色が広がっていました。
このような感性を忘れないように日々感動を覚える価値観を育てていく事が日本人としての意識になるのでしょうね。

さて、朝鮮人達がいちゃもんをつけてきているいつもの慰安婦問題
一定の決着がつきましたね。
歴史戦の大転換点
[Comfort Women] Professor Mark Ramseyer Speaks Out as Truth Wins
【慰安婦問題】真実が勝利し、マーク・ラムザイヤー教授が口を開く)

日韓両国間でいまだに対立をもたらしている戦時中の慰安婦問題に先月末、大きな進展があった。世界に広まる「慰安婦=性奴隷」説を否定した米ハーバード大学大学院のマーク・ラムザイヤー教授(69)の学術論文が厳正な審査の結果、真実と認められたのだ。論文の発表から実に2年以上が経過した。その間、韓国や米国では抗議が沸騰し、さまざまな問題や課題を浮き彫りにした。一つずつ明らかにしてみよう。
慰安婦が契約による売春婦であるとした学術論文を、教授が米学術ジャーナル「インターナショナル・レビュー・オブ・ロー・アンド・エコノミクス(IRLE)」に発表したのは2020年12月。翌21年1月に本紙に論文要旨が掲載された後、教授は英語ニュース・オピニオンサイト「JAPAN Forward」(JF)に、「慰安婦=性奴隷」説はまったくの作り話だと寄稿した。
韓国や米国の学者たちによる激しい抗議活動がその直後から始まった。教授によると、脅迫状や殺害予告などの嫌がらせメールが多い日には、数十通届いた。さらに、米国やシンガポールの大学教授たちがツイッターなどで一斉に、論文の撤回とラムザイヤー教授の解雇を求めてキャンペーンを開始した。
その中には、大学教授であるにもかかわらず根拠を示さずにラムザイヤー教授を、「白人至上主義者だ」「ヘイト・スピーチを繰り返している」などと口汚くののしるツイートも多数あった。しかし、今回、彼らの敗北が確定すると、これらの問題ツイートを消去したり、自身のツイッターのアカウント自体を閉鎖したりと証拠隠滅を図る大学教授も出た。
一方、ラムザイヤー教授は、こうした「暴力団」のような脅しや印象操作、さらには事実の歪曲(わいきょく)といった圧力にも屈せず、さらに研究を深めたことで新たな発見をすることができた。早稲田大学の有馬哲夫教授と共同で、慰安婦問題の起源を調べ、同問題には北朝鮮人脈が深く関与していることを突き止めた。「慰安婦問題と北朝鮮コネクション」という題名の論文にまとめて連名で発表した。
ラムザイヤー教授は「この2年間、本当に疲れた。しかし、私と有馬先生を攻撃する人々のおかげで、慰安婦問題の本当の歴史、そして問題の裏に北朝鮮の影が濃く潜んでいることが全世界に広く知られたことはよかったと思う」とJFのエディターで、麗澤大学国際学部のジェイソン・モーガン准教授のインタビューに答えた。
上の英文(日本語訳)は、そのインタビューをもとにした3回連載記事の最終回の見出しだ。3回の英語記事を要約した日本語記事「ハーバード大学ラムザイヤー教授の『慰安婦論文』生き残る」も、JFの日本語ページで閲覧することができる。
モーガン准教授はその中で、「ラムザイヤー教授の見事な勝利は、慰安婦問題という歴史戦で大きな転換点になるだろう」と述べている。確かに、勝利はしたが、「慰安婦=性奴隷」という偽りを依然信じる人たちによって、ベルリンをはじめとする世界各地で、慰安婦像の建立が続く。
米学界での慰安婦問題論争はこのまま決着へと向かうのか、「偽りの歴史」を刷り込まれた人たちの行動は今後、変わっていくのか―。まだ予断を許さない。日本人は今後、今回の勝利を海外に伝える努力をすることがこれまで以上に求められている。
ただ、歴史戦が、新たな段階に突入したことは間違いないだろう。JFは、慰安婦問題以外の歴史問題も積極的に伝えていきたい。(JAPAN Forward編集部)

真実を曲解し、事実を認めないレイシストたちの敗北が決定したということですね。
馬鹿を相手にするとめんどくさくなるってことです。

二匹目の泥鰌として挙げてきた出稼ぎ労働者訴訟も朝鮮人の思惑とは反対に暗礁に乗り上げているそうです。
韓日 徴用問題巡り追加協議へ=両外相G20で来週再び対面か
【ソウル聯合ニュース】韓国政府が徴用被害者への賠償問題を巡り、日本側に「政治的な決断」を求めた中、追加協議が注目を集める。
 韓国外交部の任洙ソク(イム・スソク)報道官は21日の定例記者会見で、先週米ワシントンで開催された韓日の外務次官会談とドイツ・ミュンヘンで開かれた外相会談を取り上げ、「ハイレベルの会談が開催され、それに伴う措置があると思う」と述べた。同部の当局者は「会談で議論された結果に対する日本側の反応や検討意見などについて実務級などで協議があると考える」と説明。「先週外相会談が開催されたため、日本でも検討する時間が必要」として、「まだ(協議について)具体的に決まったことはない」と明らかにした。
 来月1~2日にインド・ニューデリーで主要20カ国・地域(G20)外相会合が開催される予定で、韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官と日本の林芳正外相が自然と会う機会がある。
 朴氏はドイツで18日(日本時間19日)に開かれた林氏との会談で、徴用問題について「誠意ある呼応」に向けた政治的決断を求めた。外交当局レベルでは可能な努力をしたため、残りの争点については高度な政治的判断が必要な段階に入ったという意味だ。日本側が関係改善の必要性などを考慮し韓国の要求に応じるかどうかが注目されている。
 日本側の反応などを踏まえ追加協議が行われれば、その結果を受け入れるかどうかなどについて韓国も政治的な決断を迫られるとの見方もある。
 同当局者は政治的な決断を求めたのは両国首脳の意思をくんで意思疎通できる高官級の協議体を設ける必要があるとの意味かを尋ねる質問には、「その部分も含めて全般的に両国の協議が進められている状況で、日本の誠意ある呼応が必要ということを強調する観点からの発言」と述べた。
 法的・歴史的な争点が絡み合う両国の歴史問題を巡っては、両国の首脳の政治的な意志が重要なため、別の協議体が設けられる場合が多い。2015年の旧日本軍の慰安婦問題を巡る合意でも韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権当時の李丙ギ(イ・ビョンギ)国家情報院長と日本の谷内正太郎・国家安全保障局長の非公開協議が重要な役割をした。

日本の誠意なんて関係ない、韓国が国と国との約束を破っているのですから韓国政府が約束を破った司法に対して改善を行うしかありません。
それをしないことには話が進みません。
日本からの謝罪や賠償はありません。韓国の内政問題に日本が口を出しても意味がなく、韓国政府が対応すべきことなのです。

ちなみに出稼ぎ労働者の訴訟と輸出管理の優遇処置を止めたことは全く関係がありません。
フッ酸の横流しに関して輸入した品の履歴管理が出来ていない韓国政府の問題であり、それの改善がなければ許可申請して使用理由を明らかにさせて許可をもらって輸入してください。
改善すべきことはたくさんあります。それが出来ていないのが問題なのです。

韓国の経済はどんどん落ちて行っています。
日韓の経済成長率が25年ぶり逆転、IMFの発表に韓国ネット「一瞬にして後進国に…」
2023年2月1日、韓国メディア・韓国経済によると、国際通貨基金(IMF)が今年の韓国の経済成長率を日本より低いと予想した。IMFの見通しが現実化した場合、日韓の成長率は25年ぶりに逆転する。
記事によると、IMFは今年の韓国の経済成長率の見通しをこれまでの2.0%より0.3ポイント引き下げて1.7%へと下方修正した。一方、日本の成長率は1.6%から1.8%へと引き上げた。韓国の成長率が日本より低かったのは、1967年以降の65年間で80年のオイルショック、98年の通貨危機の2回のみとなっている。
IMFは世界全体の成長率も2.9%と、前回予想より0.2ポイント上方修正した。これにより韓国の成長率と世界の成長率との差は0.7ポイントから1.2ポイントに拡大した。IMF首席副総裁は韓国の成長率見通しを引き下げた理由として「高金利と貿易赤字」を挙げ、「金利が上がったことで消費に影響が出る」「貿易収支の悪化、住宅部門の鈍化など脆弱(ぜいじゃく)性がある」と述べたという。
IMFは、多くの国の成長率見通しが引き上げられたが、景気の下方リスクは続いていると指摘した。ロシア・ウクライナ戦争と中国の景気回復によるエネルギー価格の上昇、労働市場の硬直性などでインフレが持続する可能性にも言及した。また米中対立による世界経済の分節化も警戒したという。
この記事を見た韓国のネットユーザーからは「悪いことは全て前政権のせい。そうやって尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権は任期を終えるのだろう」「尹大統領になってから大規模な貿易赤字にガス・電気代の引き上げと、良いことがない」「韓国より国民所得の高い日本が韓国より物価が安い。それなのに尹大統領はガス・電気代を引き上げ韓国の物価を暴騰させている」「コロナ禍で主要国中1位を走っていた国が一瞬にして後進国に転落した」など、現政権への不満の声が上がっている。(翻訳・編集/堂本)

何かよくわからんですね。
文大統領の際に抑えていた公共料金を引き上げただけです。
徐々にあげれずに赤字を垂れ流していた韓国のインフラ企業が今まであげれなかった分を一気に上げたという話です。
それだけのことですね。

結局、地力がなかった韓国の経済、他人の技術を盗んで伸びていたってだけなのかもしれませんね。
自分達の内需を上げなければならないことに気が付かなかった韓国は海外旅行に行っている余裕はあるのでしょうか?
朝鮮半島の観光名所を作ったほうがよいでしょうね。
それが出来ていない、どこに行っても同じものしかないのが韓国の文化なのでしょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2023/02/26 06:00
コメント:
No title
『相当厳しい韓国政府』に対する意見
http://heigokai.blog.fc2.com/blog-entry-5311.html

>その中には、大学教授であるにもかかわらず根拠を示さずにラムザイヤー教授を、「白人至上主義者だ」「ヘイト・スピーチを繰り返している」などと口汚くののしるツイートも多数あった。


こいつは問題の本質を全く理解していないお馬鹿なのね。
所謂慰安婦問題とは女性に対する人権侵害が問題なのに、この低能教授は全く問題の本質を理解していないわけ。
確かに表向きは本人の自由意思ということになっているが、実態は貧困による身売りなんだよ。
国は、売春を必要悪としてやむを得ず売春婦にならざるを得ない者に許可を与えていたわけだが、進んで売春婦を募集してはいけなかったわけ。つまり、積極的に人身売買に関与してはいけなかったんだよ。
大日本帝国というクソ国家は、国内法にも国際法にも違反していたんだよ。
強制連行だ性奴隷なんて主観に過剰に反応する知能が低い連中は、問題の本質を全く理解していないわけ。

【所謂慰安婦問題】
https://ewkefc.blog.fc2.com/blog-entry-1276.html
『日本軍の慰安所政策について』http://nagaikazu.la.coocan.jp/works/guniansyo.html#SEC3



管理者のみに表示