fc2ブログ

多くの人が愛した安倍総理

安倍総理の追悼碑
今月の1日に安倍総理の追悼碑が奈良県の三笠霊園にて建立されました。
本来なら大和西大寺の近くに建立されるべきだったのですが、様々な妨害や駅近くでは左翼による破壊工作も心配されこの場に落ち着いたとかなんとか、本日7月8日には多くの人が訪れることでしょう。

本日、明日と大和西大寺では献花台が設置されるとのことです。
安倍氏一周忌の献花台設置、奈良市長「要望あれば柔軟に」 - 関係団体に協力姿勢、奈良市としては設置せず
 昨年7月8日、奈良市の近鉄大和西大寺駅前で安倍晋三元首相が銃撃されて死亡した事件から間もなく1年を迎えるのを前に、同市の仲川元庸市長は8日、事件現場での献花台設置について、「市としては検討していないが、今後要望などがあれば柔軟かつ慎重に判断したい」と述べ、関係団体などの動きがあれば協力する姿勢を示した。事件現場を巡っては、市は「慰霊碑」などの設置は見送り、歩道に花壇を整備。ただ、安倍氏の一周忌には事件直後と同様、多くの人が献花に訪れることが予想されている。
 同日の市議会6月定例会で、太田晃司氏(自民党奈良市議会)の代表質問に答えた。
 太田氏が一周忌を迎える安倍氏の死を悼み、献花台を設置する考えをただしたのに対し、仲川市長は「現在、市として献花台の設置等は検討していない」と否定。ただ、他の団体などによる設置については、「今後要望などがあれば柔軟かつ慎重に判断したい」とし、関係機関と調整する考えを示した。
 太田氏は、自民党などが現場の保存やモニュメントの設置などを要望してきたことを振り返り、「現場では今も定期的に花を供えに来る人もいる。来月8日には東京での法要とともに、事件現場に供養に来る人が多いと思われる。献花台を設置すべきでは」とした。
 議会終了後、報道陣の取材に対し、仲川市長は「(事件直後は)市で献花台を設置したが、(今回は)市が主催するのは税金などの問題もありできない」としつつも、「自民党県連などからも相談が来ており、警備などを県警と協議している。一番は交通安全上の問題で、市に管理責任があり、自民などで献花台を設置する動きが出てくれば、事前に調整をしたい」と述べた。

献花台が設置される大和西大寺の駅、大雨が降る予定ですが多くの人が参列することでしょう。

大紀元では安倍総理の追悼の記事が載っています。
インド太平洋構想からクアッドまで 安倍晋三元首相の功績
インド太平洋構想
昨年7月、非業の死を遂げた安倍晋三元総理の世界的な功績はインド太平洋構想の提唱である。かくも雄大な構想を世界に向けて提示し、米国やその他の国々の賛同を得て具体的に推進した日本の総理は戦前を含めていなかったし、これからも現れないだろう。安倍晋三氏は空前絶後の大政治家であった。

ログインしないと全文は読めませんので最初だけですが、読んでみていただければ幸いです。

アメリカのボルトン元補佐官もこのように話されていました。
ボルトン元米大統領補佐官「国際社会リードした戦略家」
安倍晋三元首相は国際問題において非常に創造的な思想家であり、戦略家だった。世界での日本の位置付け、対米関係、北朝鮮や中国の脅威への対処を考えていた。日本、インド、オーストラリア、米国による協力枠組み「クアッド」を推進した功績は大きい。
安倍氏は憲法など日本が普通の国として歩み続けるために必要な考えを示した。もし首相を続けていたら、国際問題で指導的な役割を果たし続けていただろう。安倍氏が亡くなったことは日本、米国、そして全世界にとって大きな悲劇だ。
安倍氏が国際的に非常に有能だったのは、自身の頭の中にあるテーマや優先事項についてとても詳しかったからだ。他国の指導者たちと良い関係にあり、日本の立場を分かりやすく説明し、なぜ日本と組むことがその国の利益になるのか納得させることができた。静かなスタイルのリーダーシップだった。
他の首脳の多くは分かっていなかったが、安倍氏はトランプ大統領(当時)を良く理解し、どう付き合うか心得ていた。トランプ氏の発想も見抜いていた。
トランプ氏があれやこれやとしゃべるのを辛抱強く聞き、中国や北朝鮮など安倍氏が協議したい話題にいつも引き戻していた。
定期的に電話や対面で会談し、ゴルフもするなど安倍氏ほどトランプ氏と時間を共にした外国の首脳は他にいなかったと思う。なぜなら安倍氏は米国の大統領と直接、意思疎通を図ることが日本の国益に最も資すると考えたからだ。
私が大統領補佐官の間、安倍氏はトランプ氏と会談する際は必ず拉致問題を「北朝鮮に提起してほしい」と要請していた。実際、トランプ氏は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長(当時)と会談する度に拉致問題を提起した。
安倍氏と初めて会った2002年の官房副長官の時も拉致問題に取り組んでいた。トランプ氏に頼るだけでなく、独自の外交も進めていた。多くの政治家は、核となる信念が非常に表面的だが、安倍氏を20年にわたってみてきた中で、彼が拉致問題を見失うことは決してなかった。拉致被害者家族らに対する真摯(しんし)な思いは、安倍氏への称賛につながったと思う。
また、現在の岸田文雄首相が取り組む防衛費増額は、安倍氏の影響力が自民党内で続いていることの証拠だろう。北大西洋条約機構(NATO)のような集団的な防衛態勢が存在しないインド太平洋地域で、大きな安全保障協力体制を構築する努力を進め、台湾も加わる方法を見つけていくことは重要だ。
私が大統領補佐官に就任して間もなく、米南部フロリダ州のトランプ氏の私邸マールアラーゴで再会した安倍氏は、私を見てほほ笑み、握手を交わし、体を寄せて「あなたが戻ってきてくれてうれしい」と英語で語り掛けてくれた。彼は本当に偉大な人物だった。みなさんの記憶に安倍氏が残り続けることを願っている。(聞き手 坂本一之)

日本人だけではなくアメリカ人からの賞賛される安倍総理、本当に惜しい人を失くしました。(´;ω;`)ウゥゥ
信念を持った政治家である安倍総理、彼の意志を継ぐ人々のこれからの活躍に期待しましょう。

安倍総理の留魂費が大和西大寺の近くの霊園に建立されました。
「安倍氏の慰霊碑」が奈良市内に設置 建立式行われる 安倍元総理銃撃事件からまもなく1年 高市大臣らも出席 昭恵氏『思い出していただければ何よりの供養』
安倍晋三元総理(当時67)が銃撃され死亡した事件をうけて、7月1日に奈良市内の霊園に安倍元総理の慰霊碑が設置されました。
去年7月、奈良市の近鉄「大和西大寺駅」前で安倍晋三元総理が演説中に銃撃され死亡しました。
県ゆかりの自民党の国会議員などで構成された有志の団体は、奈良市にある三笠霊苑に私費で安倍元総理の慰霊碑を設置しました。
「留魂碑」と名付けられた慰霊碑には安倍元総理が生前に書いた「不動心」という文字が刻まれています。
午後1時から非公開で建立式が行われ、高市早苗大臣らが出席しました。その後は一般開放され、慰霊碑に一般の人も手をあわせられるようになっています。
7月8日には安倍元総理の1周忌を迎えます。
慰霊碑は7月1日以降、午前8時から午後5時まで誰でも参拝できるということです。
 また、慰霊碑の設置に合わせて、安倍晋三氏の妻・昭恵氏がコメントを寄せました。

 《安倍昭恵氏のコメント》
 本日はお忙しい中お集まりいただきありがとうございました。また、佐藤啓先生はじめ多くの関係者のご尽力により三笠霊園に立派な留魂碑を建立していただきましたこと、心より感謝申し上げます。今後、多くの方に訪れていただき、主人を思い出していただければ何よりの供養になるかと思います。そしてこの留魂碑を通して新たに多くの種がまかれ育っていくことを、主人も楽しみに見守っていくことでしょう。安倍昭恵
 慰霊碑をめぐっては、現場となった近鉄・大和西大寺駅前に設置することも検討されましたが、奈良市は碑などは設置せず、現場を当初の予定通り車道として整備をすすめています。

留魂碑ですね。慰霊碑ではなく留魂碑なのですね。松田松陰と同じように志半ばで暗殺されましたが、その魂は私たちを動かすことでしょう。
私もいずれ訪れたいと思います。

多くの人に愛された安倍総理
本当にありがとうございます。これからは日本を空から眺めていてください。
安心して眠れるように憲法改正、拉致被害者の奪還、自衛隊を国軍への道筋をつけていきましょう。

(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



自民党 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2023/07/08 06:00
コメント:

管理者のみに表示