fc2ブログ

第2回モンゴル-チベット文化宗教学術シンポジウム モンゴル-チベット相互承認条約調印110周年記念祝典

令和5年7月16日
チベットとモンゴルの間には、13世紀から長きに渡る政治や文化的な繋がりがあった。近現代においては、「モンゴル・チベット相互承認条約」というお互いの主権国家地位を承認した条約が存在する。辛亥革命が発生した1911年にモンゴルが清朝からの独立を宣言し、1913年1月11日にモンゴルとチベットが条約を結び、チベットの統治者ダライ・ラマ法王、モンゴルの統治者ジェプツンダンパことボグド・ハーンであることを承認した。これは、近代においてモンゴルとチベットはお互いを「国」として見なす対等関係を構築したと考える上では象徴的な出来事である。
今年は同条約調印110周年にあたる。ここに至るまで、彼らの運命は列強間の覇権争いに巻き込まれ、大国の権威主義に翻弄されながら、並々ならぬ困難な道のりを乗り越え、人類の近現代史の中でも欠けることのできない一ページを成してきた。しかし、従来の大国史観によりそれが矮小評価、あるいは否定されてきたことで、あまりにも知られていないのも事実である。
モンゴルとチベットの近現代史の検討は、近現代における国際関係の変化、人類が今なお直面する民族間紛争やマイノリティの権利など様々な問題について考える上で極めて重要な視角であろう。このような考えのもと、モンゴルとチベットの歴史を記念して、「モンゴルとチベット文化・宗教に関する第2回学術シンポジウム」を開催する。シンポジウムでは、歴史の真実を伝えることを目的とし、歴史の教訓に学んだ上での今後の東アジアないし国際関係のあり方ついて考える。また、チベットとモンゴルの現状と未来について検討する。

開催要項
日時 2023年7月15日(土)
場所 東京大学駒場キャンパス ホール(21 Komaba Center for Educational Excellence)
京王井の頭線 駒場東大前駅下車 東大口を出て正門より数分

参加費無料
参加希望の方は7月12日までにメールにて申し込んでください。
連絡先info@mongol-tibet.sakura.ne.jp
主催 南モンゴルクリルタイ
共催 チベットハウス・ジャパン
協賛 台湾民主基金
午前から夕方まで開催の予定です。登壇者、プログラムなどは決定次第随時このホームページで掲載いたします。
東京都目黒区駒場3丁目8?1 21 Komaba Center for Educational Excellence(東京大学公式サイトより)

開会の辞:主催者 ジョショープト・テムチルト
来賓・挨拶: ノルジン・ドルマ氏(チベット政権情報と国際省大臣)
10:15 A.M. 第1セッション:チベット-モンゴル相互承認条約及びその歴史的意義
司会 古川郁絵

宮脇淳子(公益財団法人東洋文庫研究員、昭和12年学会会長)
チベット:チャムパ・サウデン教授
台湾:黄曼廷(Manting Huang)
討議

12:30p.m. 第1セッション終了

休憩(1時間)

1:30P.M. 第2セッション:チベットとモンゴルの歴史的、文化的相互関係とその意義
司会 アリチャ(南モンゴルクリルタイ)

モンゴル:ボヤント(南モンゴルクリルタイ)
平野聡先生(東京大学教授)
チベット:アリヤ・ツエワン・ギャルポ(チベットハウス・ジャパン)
討議

3:00p.m.終了予定。

休憩 30分

3:30P.M.  第3セッション:モンゴルとチベットの現況と将来の民族運動の連帯の可能性
司会:オルホノド・ダイチン

モンゴル:アリチャ
チベット:ペントック(チベット政策研究所)
台湾:曾建元
5:15p.m. 阿古智子(東京大学教授)挨拶ならびに閉会の辞
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



講演会 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2023/07/15 06:00
コメント:

管理者のみに表示