fc2ブログ

暗礁に乗り上げる万博

蕎麦の城
先日、長野県の阿南市に行ってきました。
そこには蕎麦の城というものがあり、名物の蕎麦がいただけるとの事、マシッソヨ

と、大人の休日を過ごしていましたが、故郷である大阪で橋下維新が無茶苦茶なことを行っており、万博が暗礁に乗り上げたそうです。
<独自>万博PR船が座礁、交代へ 世界一周は断念 ポケモンと並ぶ盛り上げ役が…
2025年大阪・関西万博を運営する日本国際博覧会協会(万博協会)が万博を盛り上げるために「スペシャルサポーター」として任命した船舶、ポリマ号が、インド・ムンバイ沖で座礁して損傷し、当初予定していた世界各地でのPR活動ができなくなっていたことが1日、分かった。ポリマ号は人気キャラクター、ポケットモンスターとともに協会公式の盛り上げ役として期待されていた。運航するNPO法人は計画していた世界一周は取りやめ、代わりの船を用意して日本でのPR活動に切り替える。
運航するNPO法人・ゼリ・ジャパン(東京)は万博に出展する13の民間企業・団体の一つ。夢洲(ゆめしま)(大阪市此花区)の会場では、「ブルーオーシャン」がテーマのパビリオンを出し、海洋汚染防止や海の持続的な活用を訴えることにしている。
当初の計画では、化石燃料を使わず太陽光や風力、水素エネルギーで動かすポリマ号を万博の会期前から運航。世界の寄港地で海洋プラスチックごみに関する啓発活動や万博のPRを行い、万博開催中の令和7年に大阪港に入る予定だった。
万博協会は4年3月、ポケモンに続くスペシャルサポーターとしてポリマ号を任命。「SDGs(持続可能な開発目標)のゴール達成への貢献を掲げる万博のプロモーション活動にご協力いただく」としていた。

インド・ムンバイ沖で座礁
関係者によると、ポリマ号は3年12月、万博協会からのメッセージを託されて大阪港を出港し、4年3月に当時開催中だったドバイ万博に到着。8月にインド・ムンバイから次の目的地のモルディブに向かおうとした数時間後、ムンバイ沖で座礁した。ポリマ号は現在まで、費用などの問題で修理ができない状況が続いているという。
本来、ポリマ号は4年8月にモロッコでの大規模な改装を行ってエンジンや太陽光パネルなどの装備を更新し、ブラジルなどを経由してパナマ運河を通過、米国本土やハワイを訪ね、7年に大阪港に帰る計画だった。座礁を受けて同法人は世界一周を断念し、代わりの船を用意して、日本各地での万博のPRや、瀬戸内海クルーズを行うことを検討している。
ポリマ号に代わる船として、大阪市がかつて所有し、現在は民間が所有している帆船を購入する手続きが進んでいる。この帆船の動力にはディーゼルもあるが、同法人は環境に配慮した燃料に替えて使う意向だ。
万博協会は昨年8月、ポリマ号に関し「悪天候によりインド沿岸の海岸に緊急停泊した」と発表して以降、情報を発信していない。協会によると7月31日現在でポリマ号の同サポーターの任は解いていないといい、今後の活動や代船のサポーター任命については「現時点で新たにお伝えできることはない」としている。(井上浩平)

ゴミを出さないと言いつつ自分自身が塵になってしまったということですね。
/(^o^)\ナンテコッタイ
しかも物理的に暗礁に乗り上げているではありませんか~

しかも、大阪は現金主義だから国際都市にふさわしくないというバカげた論調があるそうですね。
「国際観光都市」に壁 根強い大阪の現金主義 大阪経済部・井上浩平
「そんな近距離なら現金で支払って」。取材を終え、大阪市内の有名ホテルの乗り場でタクシーに行き先を告げて動き出した直後、運転手からこのような言葉を投げかけられた。乗車時には口頭でクレジットカードが利用できることを確認していた。不毛なやり取りをしたくなかったのですぐに車を降り、別のタクシーで目的地に向かうと、料金は千数百円だった。
タクシーに限らず、飲食店などでも大阪の〝現金主義〟は根強いと感じている。サービスの提供側が消費者側に当たり前のように、時に高圧的に現金決済を求めてくる。冒頭のタクシーでの出来事は珍しいことではなく、「またか…」という思いしかない。
キャッシュレス決済が浸透しない事情について、日本総合研究所関西経済研究センターの藤山光雄副所長は「キャッシュレス事業者に手数料を払う必要があり、売り上げの入金までタイムラグが生じる場合もある」と指摘。その上で「キャッシュレス決済が敬遠されるのは、コストを抑え、できるだけ安くサービスを提供したい、運転資金としてなるべく多く現金を確保したいという大阪の商売人気質がありそうだ」と分析する。
大阪は2年後に大阪・関西万博、その先にIR(カジノを含む統合型リゾート施設)開業が控え、大阪の商習慣を知らなかったり、十分な現金を持っていなかったりするであろう外国人観光客を多数迎え入れようとしている。大阪府市は「大阪の国際観光都市化」を目指す方針を掲げているが大丈夫だろうか。
普段生活している大阪への見方は厳しくなってしまうが、実は日本全体が海外と比べてキャッシュレス決済の普及が遅れている。経済産業省によると、2020年の各国のキャッシュレス比率は、韓国の93・6%(参考値)、米国の55・8%などに対し、日本は32・5%にとどまる。
政府は万博開催の25年までに40%程度まで上昇させる目標を掲げており、万博も会場の「全面キャッシュレス化」を喧伝(けんでん)する。キャッシュレスには、現金の取り扱いコスト削減や決済情報の活用など、利用する側とされる側双方に利点がある。政府目標の達成に向けては、大阪をはじめとした各地のサービス提供側の大幅な意識改革が必要だ。

そもそも自国の通貨を円滑に流通するだけの力のない国が始めた偽装通貨などの問題もありますし、政府は信用できないが銀行は信用できるという意味の分からない論調が受け入れられません。
旅行に来る外国人は事前に調査を行わないのでしょうか?現金を余分に用意するなんて海外旅行では常識です。
韓国の様にキャッシュレスにしないと罰則を受ける国でない限り、一定数は現金が残りますし、台湾は現金です。
その国の事情に合わせて旅行を楽しんでください。

なお、海外博物館が一つも決まっていない中、第一号が韓国となりました(笑)
万博海外パビリオン、初の計画書提出は韓国 2030年誘致目指し
2025年大阪・関西万博で参加国が独自に建設するパビリオンを巡り、建設に必要な許可申請の前段階に当たる基本計画書を大阪市に初めて提出したのは韓国であることが29日、関係者への取材で分かった。市が審査して問題がなければ手続きを進める。海外パビリオンはまだ申請がなく、開幕までの完成に懸念の声が上がっている。
市は28日付で計画を受理したが、国名を明らかにしていなかった。提出されたのは仮設建築物許可申請に必要な基本計画書で、建物の図面が記載されているという。計画書の提出から申請を許可するまで通常2カ月程度かかり、着工はその後になる。
金亨駿(キム・ヒョンジュン)駐大阪韓国総領事は今月25日、大阪市の横山英幸市長を表敬訪問した際、韓国・釜山市への2030年万博誘致を目指し「できるだけ早く(大阪市への)申請を出す。早く許可を出してもらいたい」と求めていた。

万博自体は反対しませんが、夢のない環境破壊エネルギーを推進しているのが気になるところですね。
太陽光パネルによる発電は発電量を管理できないのでバックアップが必要です。それをどうするのでしょうね。
その議論を行わないことには意味がありません。クリーンエネルギーである原発の推進が必要でしょうね。

なんか韓国は重要だ~とはほざいている人がいたりしますけど、私は反対です。
確かに韓国人旅行客は多いので旅行業界からしたら賛成なのでしょうが、外国人犯罪の増加も気になるところですね。
ソウルで韓日旅行セミナー 日本旅行業協会長「韓国は最も重要な国」
【ソウル聯合ニュース】日本旅行業協会(JATA)の高橋広行会長は25日、ソウルの総合展示場COEXで日本の観光庁が主催した韓日観光セミナーに出席し、日本人の韓国旅行について、新型コロナウイルス禍以後の回復ペースがこれまで人気だったハワイ、台湾、タイなどに比べてもずっと速いとし、KARA(カラ)、少女時代、BTS(防弾少年団)などのK-POPに続き「愛の不時着」のような韓国ドラマが人気で、今後韓国を訪れる日本人観光客がさらに増加するものと期待されると述べた。
 高橋氏によると、今年5月の日本人の海外旅行は2019年の47%まで回復した。このうち韓国を訪れた日本人客は19年の65%まで回復し、全体をけん引しているという。
 同氏は観光庁とJATAが海外旅行への機運を高めるため、共同で「いまこそ海外!宣言」を発出し、重要な旅行先として24カ国・地域を選定したとし、「その中でも韓国は最も重要な国」と強調した。
 またJATAと韓国観光公社が多様な形で協力して高付加価値商品を開発し、地方都市の広報に努めているなどと紹介した。
 さらに修学旅行先として韓国を検討している学校が日本で増えているとし、姉妹校間の交流のため、両国の政府と地方自治体が積極的に協力してほしいと要請した。
 この日のセミナーには、観光庁の高橋一郎長官や韓国文化体育観光部の朴宗澤(パク・ジョンテク)観光政策局長らも出席した。
 朴氏は「韓国人の日本旅行需要が急速に増え、韓日両国を結ぶ空の便は90%以上回復した」とし、日本人の人気海外旅行先1位がソウルというニュースは旅行業界にとって期待と喜びと伝えた。
 また「地方空港を活用して韓国と日本の交流をさらに活性化する」とし、「韓国訪問の年を機に外国人観光客が気軽に楽しめるKカルチャーイベントを拡大していく」と話した。

修学旅行で観光なんて人生を無駄にしているだけですね。
其れであれば歴史を感じる日本の観光地に行った方がまだましです。
韓国に行って何を感じますか?異国情緒?韓国に行ったことない人の意見は聞く必要はありませんね。
韓国は何もない国です。新しいものというか次々に作るコンクリートのジャングルなだけです。

どちらにせよ、橋下維新の重要な行事であった万博が暗礁に乗り上げている事には間違いありません。
日本人から巻き上げた税金をこのような無駄なことに使うなら自衛隊に回してほしいですね。
それが民意ってものでしょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2023/08/05 06:00
コメント:

管理者のみに表示