fc2ブログ

本当は日本が好きな韓国人

安倍神像神社
先日参拝した安倍神像神社です。
安倍総理は世界の平和に尽力した人であり、日本の安全の確保に奮闘した人物でもあります。
台湾ではもっと大きな像が立っていますが、日本では小さな像しかありません。
しかも、交通の便のよろしくない田舎にあり、人が訪れるには苦労が伴うことでしょう。
安倍総理は日本を取り戻すを合言葉に動いていました。日本人が自分で自分たちを守れる体制にする、戦後からの脱却が目標であり、その手段としての憲法改正、自衛隊の国軍化でした。
そのため、様々な辛苦をなめながらでも奮闘していたのです。

さて、安倍総理と思想をともにしている人が多い産経ですが、このような記事を書いています。
産経は「親韓」新聞である 論説副委員長・長戸雅子
産経新聞は親韓新聞です」。こう発言すると、目の前に並んでいた韓国人記者団がギョッとし、しんとしてしまったのが分かった。
昨年秋にソウルで行われた日韓の新聞協会主催による交流セミナーでのことである。
韓国側を挑発したわけでは、無論ない。産経新聞は創刊時から反共産主義であり、自由と民主主義を標榜(ひょうぼう)してきた。
これを朝鮮半島にあてはめれば、独裁の共産主義国である北朝鮮ではなく、自由主義経済や民主主義の実現を掲げた韓国を重視するのは道理である。

先般、創刊90周年企画である「産経はこう『主張』してきた」で「日韓国交樹立」を担当し、その思いを強くした。当時の紙面から伝わってきたのは、14年に及んだ交渉を経て新時代を迎えたことへの安堵(あんど)だ。
調印式翌日の昭和40年6月23日付社説は、東西両陣営の対立が深まる中「アジア自由主義連帯の欠け目がこれで完全につながり、一本化した意味も高く買いたい」とうたっている。
同年12月の批准書交換時の社説も、経済協力による「日韓共栄の実現」を掲げ、「三八度線で、北朝鮮、中共などの共産主義勢力をがっちりとささえているという韓国」の地政学上の重要性を説いている。
対照的なのは朝日新聞だ。調印時の社説は「もしも将来、韓国政府が、日本と北朝鮮の友好関係樹立への努力にあくまでも反対するならば、われわれの真意と期待を、いちじるしく裏切ることになろう」と北への配慮に満ちている。
批准時も「わが国は中国、北朝鮮と一衣帯水の関係」にあるとし、「冷戦的立場からではなく、統一された南北朝鮮との国交正常化が望ましいが、現状では容易ではない」ので日韓関係正常化を支持したと説明する。 国交樹立を歓迎した産経と韓国の関係が厳しくなっていくのは、根強い反日感情もさることながら、司法や教育界、労組など社会のあちこちに親北勢力が入り込み、公正さを阻む既得権益となっていったことに因(よ)る。産経は「韓国内の北朝鮮」を批判してきたともいえる。
「親韓」とは韓国側が「聞きたい」と思うことをささやくことではない。自由主義の隣国として重視するからこそ、言うべきことをいい、苦言も呈す。
冒頭の発言は「妄言」と思われたのか、客人への配慮からか反論も批判も出なかった。

親しいものには苦言も呈すってことです。相手の良いことだけ話して陰口をたたくのは間違っています。
それが判らないことには真の友人、親友になれないってことです。

そんな韓国ですが、反日教授がまた変なことを言い出しています。
タイの有名レコード会社の名前が「Kamikaze」…韓国教授、抗議メール送る
YouTube(ユーチューブ)のチャンネル登録者数が約1000万人に達するタイの有名レコード会社の商号が「Kamikaze(カミカゼ)」という事実がわかり、議論となっている。
 1日、韓国のソンシン(誠信)女子大学のソ・ギョンドク(徐坰徳)教授は「最近、ネットユーザーらが情報提供をしてくれて知り、すぐに抗議メールを送った」と明らかにした。
 今回のメールで、徐教授は「カミカゼは第2次世界大戦終盤に、軍備不足のため米軍の上陸を防ぐ力がなかった日本が最後の手段として使った自殺特攻隊」とという歴史的事実を知らせた。
 また「2014年、日本はカミカゼ操縦士らの遺書をユネスコ世界記憶遺産に登録しようとして大きな論議を呼んだ」と付け加えた。
 さらに、「タイの若年層に間違った歴史意識を植え付けるおそれがあるため、レコード会社名を必ず変えなければいけない」と強調した。
 特に数年前、たゆまぬ抗議で全世界の人々が多く使うメッセンジャープログラムであるテレグラムで神風絵文字の名前を変更させた事例を一緒に紹介し、はやい是正を促した。
 これに対して、徐教授は「カタールワールドカップ当時、日本のサポーターがカミカゼのTシャツを持って応援する場面が公開されて大きな論議を呼び、直ちにFIFA側に告発して再発防止を要請した」と伝えた。
 彼は「このようにまだ世界各地でカミカゼの用語が使用および商品が堂々と販売されているが、今後もネットユーザーと共に着実になくしていく」と述べた。

ただのいちゃもんですね。神風特別攻撃隊は様々な議論を呼ぶことは判っています。
ですが、大きな戦果を挙げ祖国を守り抜いた英霊に対して失礼なことを言うのは辞めてもらいましょう。
このような下らない奴の相手は必要ありませんね。

といっていても韓国人が日本が好きだという事実は否定できません。
皇を表す帝という名のすしチェーンが韓国にあるそうですね。
それが外国に進出するという記事があります。
韓国の寿司チェーン「みかどすし」がベトナム進出、負担のない価格が特徴
 外食事業を手掛ける韓国のオルバルンF&Bはこのほど、自社が展開する寿司のフランチャイズ(FC)店「みかどすし(Mikado Sushi)」をベトナムで展開すると発表した。ホーチミン市を中心に外食事業を展開する韓国系のディビナ・サービス(Di Vina Service)とマスターフランチャイズ契約を締結した。同社にとっては初の海外進出となる。
 「みかどすし」が海外進出をする背景には、物価や人件費の上昇で韓国市場が委縮傾向となっていることがある。そこで海外に目を向け、特に韓流人気の高いベトナムへの進出を決定した。インドネシアやインドなど、東南アジアの近隣国へ店舗を拡大する足掛かりにできるともみている。
 同社のコ・ヨンホ代表は、韓国のFCブランドによる海外進出を支援する業界内の協議体「グローバルKフーディエロ(Global K-Foodiero)」の経営諮問統括を務めている。
 「みかどすし」は現在、韓国全土に60店舗以上を展開している。70種におよぶメニューを、負担のない価格で楽しめる点が特徴だ。寿司のほかにもうどんや天ぷら、デザートなどのサイドメニューも提供する。今年1~6月期には、月平均の売上高が1億ウォン(約1100万円)以上を記録した加盟店が全体の約30%に達したという。

帝も寿司も韓国関係ないのではないでしょうか?よっぽど日本が好きなようですね。
日本のお寿司は大衆文化から高級料理になったやつです。
繊細に味に舌鼓をしていきましょう。

そして韓国人は日本旅行を大いに楽しんでいるという事実があります。
韓国人313万人が訪日…韓国を訪れた日本人はわずか86万人
最近、円安とエンデミックで今年上半期に日本へ旅行に行く韓国人観光客が300万人を超え、韓国を訪問した日本人の3倍を超えたことが分かった。円安による影響もあるが、日本は東京以外の地域の観光地も人気を集めている点が要因として挙げられる。
31日、韓国観光公社と日本観光庁によると、今年上半期に日本を訪れた韓国人は312万9000人で、韓国を訪れた日本人(86万2000人)の3.6倍だった。
訪日韓国人はコロナ禍前の2019年上半期(386万3000人)に比べると81.0%まで回復した状態だ。一方、訪韓日本人(86万2000人)は2019年上半期(165万4000人)に比べて52.1%にとどまった。
訪日客のうち、韓国人は全体の29.2%を占めて1位だ。訪韓客のうち日本人も1位だが、割合は19.5%でさらに低かった。
今年上半期に日本を訪れた外国人は1071万2000人で、韓国を訪れた外国人(443万1000人)の2.4倍だった。韓国人だけが日本を多く訪れるのではなく、他の外国人も韓国より日本を多く訪れている。
上半期に日本を訪れた台湾人は177万1000人で、韓国を訪れた台湾人(40万2000人)の4.4倍だった。
香港人も訪日客が91万人で訪韓客(16万9000人)の5.4倍であり、米国人の場合、訪日客が97万2000人で訪韓客(51万4000人)の1.9倍だった。
タイやベトナムなど東南アジア諸国や英国、フランス、ドイツなど欧州諸国も訪日客が訪韓客より多い。
韓国をはじめとする外国人観光客が日本を多く訪れるのには、歴代級の円安とともに、地域ごとに有名観光地が作られていることが要因として挙げられる。
ウォン円相場が昨年1-3月期には100円=1000ウォンを超えたが、最近は910ウォンを少し上回る水準だ。今月初めには100円=900ウォンを割り込んだ。日本はインフレで悩まされていた他の国々とは異なり、数年間物価も停滞してきた。
また、日本は東京の他にも大阪、京都、福岡、札幌、沖縄など有名観光地が均等に分布している点が強みとして挙げられる。韓国を訪れる外国人観光客の大半はソウルを訪れ、釜山(プサン)や済州(チェジュ)などを訪れる場合が一部ある。
このため、韓国がインバウンド(国内流入観光)観光客をさらに誘致するためには、地域の観光競争力を提供しなければならないという意見が少なくない。
ある旅行業界関係者は「日本に行ってみると、地方の空港インフラ施設が非常によく整っている」として「そのため、地域観光が韓国よりは楽で、さらに訪れるようになる面がある」と話した。
他の旅行業界関係者も「地域の差別化したコンテンツの開発を講じる必要がある」として「国内ではある地域で『吊り橋』が人気があるとすれば至る所がコピーするのが現実」と指摘した。

日本に来るのはいいのですが、最近外国人犯罪が増えているのが問題視されています。
犯罪の多い外国人は強制送還及び査証の復活が適切との議論も出てきていますね。
のんびりと出来る文化である日本、大いに楽しんでもらいたいものです。

結局、韓国人は日本が好きだけど韓国社会は反日ってだけなのでしょうね。
いつまでこんなことを続けていくのでしょうか?
いい加減にしてもらいたいものです。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2023/08/04 06:00
コメント:

管理者のみに表示