fc2ブログ

犯罪者の多いクルド人

おろしそば
越前そばの里は30周年を迎えたそうです。
手打ちそばの実習が行えるとあって子供たちに人気の場所であり、おいしいおろしそばがいただける場所でもあります。
夏休みに入り蕎麦打ち道場は超満員となっていました。
平和な日本に感謝です。

さて、埼玉の川口では違法難民と化したクルド人たちが暴挙に出ているとの事、最初は朝鮮人で次に支那人、今度はクルド人とどんどん治安が悪化していく川口
何が発生しているのでしょうか?
乱闘…病院で100人が大騒ぎ、続く逮捕 両グループの男ら刃物で切り合う 襲われた男、じつは襲っていた
 埼玉県川口市の路上で7月4日夜に起きたトルコ国籍の男同士による切り付け事件で、県警組織犯罪総合対策本部と武南署の合同捜査班は1日、殺人未遂の疑いで、川口市安行慈林、同国籍の解体業の男(27)を新たに逮捕した。この事件での逮捕者は5人目。

大宮で暴力団と不良グループの乱闘もあった 暴力団を車ではね飛ばした不良
 逮捕容疑は同日午後8時30~33分ごろ、川口市安行原の路上で、同国籍の男性(45)を刃物のような物で切り付けるなどして、殺害しようとした疑い。男性は後頸部(こうけいぶ)の切創で2、3週間の傷害を負った。
 国際捜査課によると、男は事件発生時、複数の男に襲われ負傷した被害者だったが、防犯カメラの捜査や目撃者からの聴取などから男として特定した。切られた男性は男を切り付けたとして、同月5日に逮捕され、26日に処分保留で釈放された。
 県警は、どちらが先に切り付けたかなど当時の詳しい状況や経緯を調べるとともに、他にも複数人が事件に関与しているとみて捜査している。

■複数の男に襲われ男性重傷の事件、搬送先で乱闘も(以下、初報記事)
 7月4日午後8時半ごろ、川口市安行原の路上で、トルコ国籍の男性(36)が刃物のようなもので頭や首を切りつけられ、重傷を負い病院に搬送された。
 同課によると、男性は知人男性と川口市内を乗用車で移動中、複数の車に追いかけられて停車。下車したところを複数のトルコ国籍の男たちに襲われた。襲った男たちは逃走したが、うち24歳の男が腕を負傷して救急搬送され、45歳の男も軽傷を負い、自力で病院に向かった。
 男性らが運ばれた市内の病院の敷地内には、事態を聞きつけた双方のグループの知人ら約100人が駆け付ける騒ぎになり、県警の機動隊員らが出動した。

暴力団となんも変わりませんね。これがマスゴミたちがかわいそうとか言っていたクルド人の正体なのでしょう。
優遇されるとすぐに調子に乗って馬鹿なことを始めるってことでしょうね。

このクルド人の乱闘で病院が5時間も機能停止に陥ったそうです。
病院でクルド人「100人」騒ぎ、救急受け入れ5時間半停止 埼玉・川口
埼玉県川口市で今月初め、トルコの少数民族クルド人ら約100人が病院周辺に殺到、県警機動隊が出動する騒ぎとなり、救急の受け入れが約5時間半にわたってストップしていたことが30日分かった。同市は全国で最も外国人住民の多い自治体で、クルド人の国内最大の集住地。現在国内には約314万の外国人が住んでおり、うち約7万人は不法滞在とされる。同市では近年、クルド人と地域住民との軋轢(あつれき)が表面化している。
関係者によると、今月4日午後9時ごろから、同市内の総合病院「川口市立医療センター」周辺に約100人とみられる外国人が集まり始めた。いずれもトルコ国籍のクルド人とみられ、翌5日午前1時ごろまで騒ぎが続いたという。
きっかけは、女性をめぐるトラブルとみられ、4日午後8時半ごろ、トルコ国籍の20代男性が市内の路上で複数のトルコ国籍の男らに襲われ刃物で切りつけられた。その後、男性の救急搬送を聞きつけた双方の親族や仲間らが病院へ集まり、救急外来の入り口扉を開けようとしたり、大声を出したりしたという。病院側は騒ぎを受けて警察に通報。その後、救急搬送の受け入れを停止した。
県警からは多数のパトカーや機動隊が出動。その際、男2人が暴行や警察官に対する公務執行妨害の現行犯で逮捕されたほか、別の男4人が男性に対する殺人未遂容疑で逮捕された。
同病院は埼玉南部の川口、戸田、蕨(わらび)の3市で唯一、命に関わる重症患者を受け入れる「3次救急」に指定されている。
地元消防によると、受け入れ停止となった時間は4日午後11時半ごろから翌5日午前5時ごろの約5時間半。この間、3市内での救急搬送は計21件あった。このうち搬送先が30分以上決まらないなどの「救急搬送困難事案」は1件だが、幸いにも命にかかわる事案には至らなかったという。
同病院は「騒ぎが救急搬送に影響したかどうかは分からない」(病院総務課)と原因を明らかにしていないが、関係者は「病院周辺は騒然としており、とても救急車が入れるような状況ではなかった」という。
騒ぎを目撃した飲食店の女性は「男たちがわずかな時間に次々と集まってきた。サイレンが鳴り響き、外国語の叫び声が聞こえた。とんでもないことが起きたと思い、怖かった。こんな騒ぎは初めて。入院している方も休むどころではなかったのではないか」。
別の住民男性(48)は「背丈が2メートルくらいのクルド人の若者が、片言の日本語で『親戚が刺された』と叫んでいた。病院前の道路にどんどん車が集まってきた」と話した。
川口市は人口約60万人のうち外国人住民数が約3万9千人と人口の6・5%を占め、令和2年からは東京都新宿区を抜いて全国で最も外国人住民の多い自治体になった。トルコ国籍者も国内最多の約1200人が住んでおり、その大半がクルド人とみられるが、内訳や実態は行政も把握できていない。
トルコ国籍のクルド人の多くは祖国での差別や迫害などを理由に日本で難民申請しているが、認定された人はほとんどおらず、不法滞在の状態が続いている人も少なくないという。

国を持たない最大民族の「国」ワラビスタン
クルド人は、トルコやシリアなどを中心に3千万人いるとされ、それぞれの国では少数民族のため「国を持たない最大の民族」と呼ばれる。
川口市に隣接するJR蕨駅周辺は、在日クルド人の一大コミュニティーとなり、中東料理や食料品の店が点在。一帯は「ワラビスタン」と称される。スタンはペルシャ語で「土地、国」を意味する。
トルコと日本の間には短期滞在査証(ビザ)免除の取り決めがあり、渡航の容易さから1990年代以降、多くのクルド人が来日するようになった。
彼らは、国内での「差別や迫害」を理由にビザの期限切れ後に難民申請するケースが多いが、トルコ国内にはクルド系の国会議員や実業家などもおり、一概に「差別されている」かどうかの判断は難しい。政府発行のパスポートを持ち、高額な飛行機代を支払えていることなども議論の対象になることもある。
川口市一帯は鋳物産業などで栄え、在日韓国・朝鮮人も多く住むなど、従来から多民族が暮らす土壌があった。また東京に近く、家賃など生活費が比較的安いことから、中国人やベトナム人らが多くやって来た。
クルド人も、先に来日した親族などが川口市周辺に住んでいることが多く、彼らを頼って来日、ここ20年ほどの間に国内最大の集住地となったという。

不法滞在の犯罪者は強制送還でよいでしょうね。理由はいくらあっても足りませんが、パスポートを持っていて日本に入国したのですから差別されているとは言えません。
平和で差別のない日本で暮らしたいからという理由なのでしょう。そのような我儘を通用させてはいけませんね。

ちなみにトルコはトルコで厳しい現実があるようですね。
世界的な資源高を受けてインフレが進んでいるとのことです。
トルコ、7月インフレ率47.8% 家賃高騰でトラブル多発
【イスタンブール=木寺もも子】激しいインフレに見舞われるトルコで賃貸トラブルが多発している。資産防衛を目的に不動産市場に資金が流れ込んだ結果、家賃が高騰したためだ。3日に発表された7月のインフレ率は47.8%と9カ月ぶりに加速しており、問題が収まる兆しはみえない。
「相場は5万リラ(約26万円)だ」。イスタンブールに住む大手企業の男性管理職は7月、家賃改定交渉で大家から現在の5倍に引き上げること...

日本に居るクルド人が帰りたくない気持ちは判ります。
でも日本の法律、規則を守らないのであれば帰ってもらうしかありません。

世界の人々は日本の様に生ぬるい環境で暮らしてはおらず刹那的な社会を生きてきています。
その感覚で日本に住まれると日本人が困るのです。
日本を尊重し、日本の文化伝統を大切にしてくれる人だけ日本に住むことを許すという基準が必要ですね。
それが出来て初めて外国人を受け入れることが出来るのです。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2023/08/10 06:00
コメント:

管理者のみに表示