fc2ブログ

台湾有事は日本有事

日本の戦う覚悟
台湾の有事が迫っています。
来年の総統選挙にて台湾側の人間が総統になると有事が発生するという分析が出ていますね。
そのくらい身近になってしまっている台湾有事
その時、日本は友人を助けることが出来るのでしょうか?真剣に考えないといけませんね。

さて、そのことを想定して麻生さんが戦う覚悟が必要であると発言しました。
自民・麻生副総裁が台北で講演、戦争回避のために「戦う覚悟」重要と訴え
 【台北=上村健太】台湾を訪問中の自民党の麻生副総裁は8日午前、台北市内で開かれた国際フォーラムで講演し、台湾海峡での戦争を回避するために、抑止力強化に向けた「戦う覚悟」が重要だと訴えた。
 麻生氏は、昨年8月に中国が台湾周辺に複数の弾道ミサイルを発射したことに触れ、「今最も大事なことは、戦争を起こさせないことだ」と強調。「今ほど日本、台湾、米国をはじめとした有志国(・地域)に、強い抑止力を機能させる覚悟が求められている時代はない」と指摘した。台湾は法の支配などの価値観を共有する国々にとって、「欠かすことのできない仲間だ」とも述べた。
 政府が昨年末に改定した国家安全保障戦略などの安保3文書についても説明した。安保戦略に基づく日本の防衛力強化が、「戦争を未然に防ぐ揺るぎない抑止力となり得る」と語った。

台湾が中共の侵略を受けた際に日本はそれを助けるための行動を行わなければ沖縄が奪われる危険性があります。
それを防ぐためにも初動で中共を抑えなければなりません。
そのための覚悟を日本人は持たなければならないという基本的な話です。

その麻生さんの発言にビビったのか?中共が即座に反応してきました。
大国の器じゃないですね。
【速報】中国、麻生氏を「身の程知らず」と批判
 【北京共同】在日本中国大使館は9日、日米や台湾に「戦う覚悟」が求められているとした自民党の麻生太郎副総裁の発言を巡り「身の程知らずで、でたらめを言っている」とする報道官談話を発表した。
身の程知らずはどちらなのでしょうね。
どっしりと構えることが出来ない支那人の気質なのでしょうね。
常に他人を攻撃して下にもないと損をするって話でしょう。文化の違いですね。

何故か日本の政党である立憲共産党がこれに対して反応しています。
立民・岡田氏「軽率だ」 麻生氏日米台の抑止力強化言及で
立憲民主党の岡田克也幹事長は8日の記者会見で、自民党の麻生太郎副総裁が訪問先の台湾での講演で、台湾有事を念頭に日米や台湾には「戦う覚悟」が求められていると言及したことに対し、「非常に軽率だ」と批判した。
岡田氏は「台湾有事にならないように外交的にどうするかが求められる。アメリカは(台湾有事になった場合)はっきりと軍事介入するとは言っていない。含みを持たせている。それが外交だ」と述べた。「最終的に国民の命と暮らしを預かっているのは私たち政治家なので、軽々に言う話ではない」とも語った。

では立憲共産党はどのような対応を行うつもりなのでしょうか?
沖縄県を見捨てるのでしょうか?そのような対応は日本有史以来やったことありません。
日本は軍属が積極的に民間人を助けており、戦闘は軍属のみが行っていました。
支那はそうではないですよね。便衣兵などもいますし、工作員もいます。
立憲共産党がどのようにするのかを教えてほしいですね。

日本人は台湾人を友人であると認識しており、台湾もまた同じように考えていると信じています。
それが友好ってものですね。
石平氏「彼らこそ友人だ」 台湾が首里城復元にヒノキ提供 外交部「手を差し出しあう良い循環」
台湾外交部(外務省)は1日、2019年に焼失した沖縄県の首里城再建に使う建材として、台湾産の紅ヒノキ5本を提供することを決定したと発表した。台湾の紅ヒノキは柔らかく腐敗に強い特性があり、有名な神社仏閣や神殿などの建築に使用されている。中国の覇権拡大に対峙(たいじ)する日本と台湾の連携強化が求められるなか、日台友好の証しとなりそうだ。
「互いに助けが必要な際に、手を差し出し合う良い循環の表れだ」
台湾外交部は、日本からの新型コロナウイルスワクチンの提供に触れつつ、こう表明した。
提供されるのは、20年に伐採した人工林のヒノキだという。台湾では環境保護の目的で木材の輸出が規制されているが、間伐したヒノキであることなどから提供を決めた。台湾は沖縄と気候が似ており、台湾産ヒノキは、1992年の首里城復元でも使われた。
首里城は2019年10月に火災が発生し、正殿や南殿を含む主要施設7棟、4000平方メートル以上が焼失した。
台湾の蔡英文総統は当時、「多くの台湾人が心を痛めている」「首里城が再建され、かつての華麗な姿を取り戻せることを心より願っています」とツイッターに書き込んでいた。
日本政府は20年3月に復元に関する工程表を発表し、昨年11月に正殿再建の起工式が行われた。26年の復元を見通す。国産ヒノキを中心に使う方針を示しつつ、台湾産ヒノキの使用も検討すると記している。
政府の資料によると、かつて首里城に使用されていたと推定されるチャーギ(イヌマキ)や、オキナワウラジロガシという樹木は希少材となり、大量調達の困難も課題に挙がっていた。
日台関係をめぐっては、台湾の游錫堃(ゆう・しゃくこん)立法院長(国会議長)らが先月、沖縄県・与那国島を訪れたほか、民間を含め、さまざまなレベルで友好深化の動きが加速している。
中国事情に詳しい評論家の石平氏は「台湾の紅ヒノキの提供は、日本や沖縄に対する台湾の人々の友情や、心持ちが自然と現れたものだろう。台湾有事の危機など、安全保障面でも台湾と沖縄は『運命共同体』だ。細かいことからでも交流を積み重ねることは重要だ。一部で、中国との友好を深める動きもあるが、沖縄にとって中国は脅威であり、台湾こそ友人だ」と語った。

友人を助けることが出来る、恩を返すことお互いに助け合うことが国家間で出来る関係というのは尊いものだと思います。
それが出来る国、日本と台湾
中共や朝鮮などとは文化が異なるので出来ないことでしょうね。

台湾有事は日本有事、これは当たり前の価値観として伝えていく事が必要でしょう。
支那人なんかに台湾を占領させないようにしていかなくてはなりません。
その昔、犬が去って豚が来た・・・
日本人と支那人の気質の違いを見事に表している言葉ですね。
再びそうならないようにやるべきことをやりましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



国防 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2023/08/15 06:00
コメント:

管理者のみに表示