fc2ブログ

嫌いなのに日本に来る朝鮮人達

竹田城のお蕎麦
先日、朝来にある竹田城に登ってきました。
38℃にもなる高温の中登りましたので汗が吹いて仕方がありませんでしたね。
降りてきたら電車が来るまで1時間もありましたのでお蕎麦をいただきました。
さっぱりして美味しかったですね。
サービスでゴマ豆腐もいただきありがたかったです。
さすがに外国人がいませんでしたがそれなりの観光客でにぎわっていた竹田城、これもまたよいものです。

さて、そのようなお盆を過ごしましたが、また韓国が日本にいちゃもんをつけてきています。
靖国奉納で韓国が「失望」表明
【ソウル=桜井紀雄】韓国外務省は15日、靖国神社に高市早苗経済安全保障担当相らが参拝したり、岸田文雄首相が玉串料を奉納したりしたことを受け、「深い失望と遺憾を表す」とする報道官論評を発表した。
日本との関係強化を目指す韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権は、閣僚の参拝などを批判しつつも、形式的な対応にとどまっている。
論評は靖国神社について「侵略戦争を美化し、戦争犯罪者を合祀(ごうし)している」と指摘。日本の政治指導者に対して「歴史を直視し、歴史を巡る謙虚な省察と真の反省を行動で示すよう」求めた。

大東亜戦争を美化しているって何を言っているのでしょうね。戦争犯罪者というものをこの日本にはいません。
誰のことを指しているのか判りませんし、英霊の方々に対して失礼です。
歴史を直視するのは韓国のほうですね。妓生外交をしており、いまも女性を海外に輸出している国が何を言っているのでしょうか?
一緒に戦った戦友を穢すのもいい加減にしてほしいところですね。

第一、朝鮮半島から逃げてきた不法入国の犯罪者に対して帰れというのは当たり前の話です。
それを勝手に差別に従っているのは誰なのでしょうね。不法入国は犯罪であり、強制送還されるべき人たちです。
「帰れ」という言葉はなぜ差別なのか 背後に見えた「大きな日本」
 在日コリアンに対し、ネット上で「帰れ」という言葉が投げつけられることがあります。
 その問題性について意見書を裁判所に出した板垣竜太・同志社大教授(歴史学、社会学)は、「帰れ」が在日コリアンに深刻なダメージを与える背景に、日本政府の排外的な姿勢があると指摘します。
 川崎市の在日コリアン・崔江以子(チェカンイヂャ)さんは、ネット上で「敵国人め。祖国へ帰れ」と中傷を受けました。「帰れ」という発言は、歴史的にも現代においても、在日コリアンに深刻なダメージを与えてきた排除の言語行為です。
 在日コリアン2世や3世にとって、祖先の出身地は朝鮮半島ですが、生まれ育った国は日本です。多くの人の生活基盤は日本で、「帰る」ところなどない。「帰れ」とは、歴史的経緯を踏まえない理不尽な言葉なのです。

日本が嫌いなら帰れよ!日本が好きなら帰化してください。それ以上も以下もありません。
日本で生まれ育ったのであれば帰化すれば如何でしょうか?どこまで言っても外国人は外国人であって日本人にはなりません。
帰らないで朝鮮国籍を持つのであればそれを誇りに思えばいいのです。
何の理由もなく帰れという人間はいません。朝鮮人達が排他的で攻撃的だから付き合いたくないので帰れ!と言われているだけにすぎないのです。

そんな朝鮮人達ですが、何故か日本に旅行に来たがっているのです。
訪日外国人の4人に1人が韓国人、今年初めて60万人を突破=韓国ネット「あのうわさは本当みたい」
2023年8月16日、韓国メディア・韓国経済TVは「先月に日本を訪れた外国人の数が232万600人に達し月間として今年最高を記録した中、ひと月の間に日本を訪れた韓国人の数も今年初めて60万人を超えたことが分かった」と伝えた。
記事によると、7月に日本を訪れた外国人の数は6月より11.9%増え232万600人だった。国・地域別では韓国が62万6800人で1位を記録し、訪日外国人の4人に1人が韓国人だった。
訪日韓国人の数は今年上半期に毎月40万~50万人台を記録していたが、7月に初めて60万人台に達した。2位は台湾(42万2300人)、3位は中国(31万3300人)だった。
コロナ禍前の19年7月の訪日外国人の数は299万1189人で、そのうち中国人が105万420人で圧倒的1位だった。韓国人は56万1675人で2位だった。
中国では10日に日本や韓国への団体旅行解禁が発表されたため、日本を訪れる中国人は今後大幅に増えると予想されている。
この記事を見た韓国のネットユーザーからは「日本の観光地に行くと日本人より韓国人が多いといううわさは本当みたい」「日本は近くてコスパが最高だからね」「日本は良い。道がきれいで店員さんが親切」「日本人は韓国旅行が好きだし、韓国人も日本旅行が大好き」「韓国の物価が狂っている証拠だ。日本も決して安くないのに、安いと感じてしまうほど」「韓国の観光地はどこへ行ってもぼったくり価格。だから日本旅行の方が断然楽しい」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

韓国の物価は狂っているそうですね。でもジャンクフードが多いので問題ないのではないでしょうか?
原価が安いし、サービスしないので元が安いってイメージですね。
なのに日本に旅行に来るってのがよくわからないですね。韓国の国内旅行でも行けばいいんですよ。

なんか韓国の旅行は外国人には非常に不評のようですね。
韓国は観光ガラパゴス?外国人の再訪率が低い原因は…=韓国ネット「閉ざされた国」「日本では…」
2023年7月24日、韓国・JTBCは「観光ガラパゴスの韓国」と題する記事で、韓国の外国人再訪率が観光大国に比べて大幅に低い原因を分析した。
記事によると、コロナ禍での渡航制限がなくなり海外旅行が復活したことを受け、韓国政府は「4年以内に外国人観光客3000万人時代を開く」と強気な目標を打ち立てた。
記事は「目標達成のためには再訪率を上げる必要があるが、訪韓外国人観光客の再訪率は50%ほどにとどまり、観光大国に比べて大幅に低い」とし、その原因として「英語表記のミス・不足」や「グーグルマップの機能制限」を挙げている。
ある米国人観光客はサンナクチ(タコの踊り食い)を食べるためソウルの広蔵市場を訪れたが、市場内をしばらくさまよった。理由は、サンナクチを出す店のメニューの英語表記が「Grilled octopus(焼きタコ)」となっていたため。さらにその後はソウルから釜山(プサン)に移動する予定だったが、高速バスの予約アプリが韓国語表記のみだったため諦めざるを得なかったという。
別の米国人観光客も「日本ではグーグルマップ一つでどこへでも行かれたが、韓国ではアップルマップやカカオマップなど4種類を使う必要があり、なかなか目的地にたどり着けない」との不満を吐露した。
記事は「グーグルマップは韓国人も海外旅行の際によく利用するが、韓国では軍事保安を理由に機能が制限され、徒歩と車での道順が検索できない」と説明している。
さらに、観光大国に比べて観光コースの開発も遅れている。また別の米国人観光客は、韓国に10日間滞在したがソウルに博物館があることに気付かなかったといい、「外国人観光客が確認できる観光プロモーションイベントがあれば良かったと思う。旅行展示会など、この期間に韓国にいる人は必ず行くべきという情報が知りたかった」と話したという。
これを見た韓国のネットユーザーからは「これが韓国の現実か」「認めよう。韓国は閉ざされた国だ。システム的にも言語的にも国民の文化的にも。自分が外国人でも旅行したいと思わない」「韓国に遊びに来た外国人の友人を見ると、高速バスの予約もできないし、韓国の銀行口座か電話番号がなければできないことが多すぎる。外国人観光客はソウル以外どこも行かれない」「日本でグーグルマップを使ったら地図、ナビ、グルメ、ホテルの予約まで全て解決した」「ちゃんと整備して、もっとたくさんの外国人観光客が気楽に来られるようにするべき。産業競争力が落ちる中、観光産業をさらに成長させるために行政支援、看板・メニューなどの英語版制作に向けた行政指導など改善を怠ってはならない」などの声が上がっている。
一方で「これは違う。ニューヨークに韓国語のメニューがあるか?。韓国に来るなら最低限の韓国語は勉強してくるべきだ」「言語の問題はそんなに大きくないのでは?。再訪するほど面白いものがないだけだ」などの声も見られた。

というか、韓国には観光名所がないってのが一番だと思いますね。
あと、空気が汚いので霞んでいるってのも問題だと思います。
それを考えないのでしょうか?それが改善すべきことではないでしょうか?

韓国国内の観光資源開発に失敗し、日本に観光に来る韓国人
犯罪さえやらなければ歓迎されるでしょうね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



街宣 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2023/08/20 06:00
コメント:

管理者のみに表示