fc2ブログ

嫌われるには嫌われる理由がある

不味いラーメン
先日、湯布院に行ってきました。
観光客がたくさんで賑わっていましたね。何がそうさせるのでしょうか?
湯布院なんて温泉のメッカですが、それ以外に見るべきことはないと思うのですが、とにかく人がたくさんでしたね。
まあ、のんびりと過ごせるのであればそれはそれで又よし
でも、そこで頂いたラーメンが美味しくありませんでした。
観光客である韓国人向けなのでしょうか?
韓国冷麺の麺にキムチと地鶏(柚子胡椒味)を乗せた麺料理
キムチの酸っぱさと柚子胡椒のさわやかさが喧嘩して美味しくありません。
麺も美味しくありません。なんでこんなものを食べてしまったのかを後悔しました。
美味しくないものを食べてしまった私、後悔だけが印象に残りましたね。
まあ、仕方がありません。

韓国料理が日本人の味覚に合わないのは事実、というかただの漬物をなんでそこまで持ち上げれるのでしょうね。
【グローバルアイ】真の味、真のキムチ
「バーレーンに韓国人労働者数千人が働きに行くことになりました。韓国人はキムチなしではご飯が食べられないので、韓国企業がキムチを納品することになりました。ところがうまく事が運ばなかったようです。キムチ納品の件はなかったことになりました。キムチ工場でキムチを山ほど準備したのに売る場所がなくなったと連絡が来ました。どうにかならないか、と。その話を聞いて私たちが日本で売ってみると言ったんです。それが韓国キムチ輸入の始まりでした
23日、東京新宿歌舞伎町のキムチ祭り会場。韓国「キムチの日(11月22日)」が日本記念日協会に記念日として登録されたことを広報するために開かれた行事だ。見慣れたキムチブランドの中で初めて見る社名がひとつ目に入った。「三輝」だ。1986年、日本で初めて韓国キムチを輸入した会社で、今まで韓国取引先を維持して韓国キムチの味をそのまま守っている。新川幸也代表は容器に入ったキムチを見せながらこう言う。「韓国式はキムチの上にヤンニョム(調味料)をこのようにのせて売っています」。韓国人の母親がしているそのままに、キムチを漬けて残ったヤンニョムをキムチの上にのせているということだ。ハクサイも韓国産、ヤンニョムもすべて韓国産。あらゆるものを韓国で作り、何も足し引きせずにそのまま販売している。
キムチを輸入して売ることは容易ではなかった。商店街を回って納品を始めたが、当初は「ニンニクのにおいがする」と言って門前払いしていた商人たちは、韓流ブームが到来するとキムチを一つ二つと受け始めた。「今年で37年目ですが、韓国キムチの真の味をそのまま守るのが目標」という新川社長の言葉は一見悲壮に聞こえる。なぜだろうか。その背景には日本キムチ市場独特の構造がある。キムチ最大輸入国である日本でキムチは「大流行」中だ。地元スーパーはもちろん、コンビニでもキムチを売るほどだ。「日本消費者の9割が冷蔵庫にキムチを置いて食べるほどキムチの大衆化が進んだ」(ユン・サンヨン韓国農水産食品流通公社東京支社本部長)という調査結果も出てくるほど。
だが、日本キムチ市場の大部分は日本の会社が日本のハクサイで作った日本産キムチが占めている。消費者はやや甘い味付けの日本キムチに慣れると、韓国キムチを買って少しでも発酵が進むと「傷んだ」という。発酵が進んだ味、ムグンジの複雑で深い味わいをまだ日本の消費者が分かってくれないということだ。日本でキムチを業とする人々の間で「真の韓国キムチの味を知らせてこそ、キムチが日本で愛される」という言葉が出る理由がここにある。世界93カ国輸出というキムチの成績表も重要だが、真のキムチの味を伝えることにも集中しなければならないのではないか。

そこまで美味しいとは思えませんし、韓国でも浅くつけられたキムチもありますよね。
様は好みであり、日本人は数多くのおかずがある中、漬物としてのキムチが添えられているだけにすぎません。
主役には力不足なのです。

そのようなキムチを主役にするから韓国料理はジャンクフードを言われており、美味しくない、すぐに飽きるといわれています。
その料理っぽいものを紹介する料理番組は程度が低い、見た目が悪いといって不評になっているようです。
「韓国料理って言うと荒れる」 料理研究家リュウジ、一部反応に「悲しい」「料理に罪無くない?」
 料理研究家でYouTuberのリュウジさんが2023年11月25日、前日に公開した韓国料理のレシピ動画に否定的なコメントが寄せられたとし、「韓国料理って言うと荒れる」「悲しい」とX(ツイッター)でこぼした。
■「キムチを使ってもなんも言われんのに」
 発端となったのは、リュウジさんが24日に公開した動画。韓国で親しまれている「チュモッパ」というおにぎりの作り方を紹介したものだ。
 リュウジさんは25日のXで、「昨日、韓国のおにぎりの動画をアップしたんだけど」と切り出した。続けて、「『リュウジさん好きだけど韓国料理だけはちょっと...』ってコメント未だについてて悲しい」と、動画に寄せられた一部視聴者の反応を伝えた。
 リュウジさんは、「特に料理にキムチを使ってもなんも言われんのに『韓国料理』って言うと荒れる」とし、「料理に罪無くない? 荒れる理由がわからん...」と訴えた。続く投稿では、動画のURLを添え、「チュモッパめっちゃ旨いよ、和食や洋食にはない味なので是非試してみてね」と呼びかけている。
 投稿に対し、ユーザーからは「美味しいもんは美味しいでいい」「思うのは勝手自由やけど いちいち本人に言うものではないよなぁ...」などリュウジさんに賛同する声が多く寄せられた。

ちなみに韓国に冷食(冷えたごはん)を食べる文化はありません。おにぎりをパクっただけの勝利ということが判っているので韓国料理って言われても五目おにぎりと何が違うの?って感じなだけであり、それを無理やり韓国料理にしているだけにすぎないのです。
そんなもの美味しいですか?韓国で人気なのですか?下らない料理っぽいものを取り上げているから炎上するのではないでしょうか?

そのように嫌われる韓国ですが、韓国製の現代自動車も売れていないそうですね。
オンライン販売専業の韓国「ヒョンデ」 日本で定着したのか?
KONA発表に各方面から注目集まる
ヒョンデのコンパクトSUV「コナ」のジャパンローンチが10月30日に開催。日本に導入されるのはEV仕様となる。
お台場の東京ビッグサイトで東京モーターショー改め、第1回ジャパン・モビリティショーのプレスデーが終わった翌週、渋谷ヒカリエ内のカンファレンスホールに、多くの報道陣がつめかけた。
韓国のヒョンデが「KONA(コナ)」の日本導入に関する記者会見を開いたのだ。
KONAはヒョンデのグローバル市場向けのコンパクトSUV。初代は2017年に登場し、これまで累計23万台を販売したヒョンデの稼ぎ頭の1つだ。
2代目モデルは2023年3月に韓国でワールドプレミアし、日本を含めて北米や欧州でも同年11月から発売を始める予定だ。
ボディ寸法は、全長4355×全幅1825×全高1590mm、ホイールベースが2660mm。
日本にはEVモデルのみが発売されるKONAだが、その他の市場ではガソリン車などのラインナップがある。
EVまたは燃料電池車に特化した商品の訴求を進めているヒョンデとしては、KONAでも日本では“EVのみを設定”するのは、当然の流れだと言えるだろう。
近年、日本市場ではトヨタ、日産、スバル、三菱などが軽自動車から上級モデルまでEVを投入しており、また中国のBYDの動きも気になるところだ。
そうした中、ヒョンデは今後も、オンライン販売専業という独自路線を貫くのか?

ヒョンデ 日本のみの試みとは
コナ・ラウンジ2トーンの展示車。ネオテリックイエローというビビッドな色も日本で販売する。
時計の針を少し戻すと、ヒョンデは2022年2月、日本への再参入を発表。以前、ヒュンダイブランドとして日本国内で販売を行っていたが、それから12年ぶりとなった日本再参入について、ヒョンデ本社の幹部は「過去の事案から多くを学んだ」という表現をした。
ヒョンデグループは直近の2022年実績で、自動車販売総数が約685万台で、トヨタグループ(1048万台)、フォルクスワーゲングループ(826万台)に次ぐ、世界第三位の自動車メーカーである。第四位はルノー・日産・三菱アライアンス(616万台)だ。
2000年代から2010年代にかけて、北米やインドで販売を伸ばしてきた。
そうしたグローバル企業であるヒョンデにとって、日本は「世界屈指の対応が難しい、チャレンジングな市場」という見解を示している。
そこで、ヒョンデが選択した事業戦略がオンライン販売専業という大胆な発想である。
新車のオンライン販売については、中国の大手ポータルサイトが自動車メーカー各社と連携し2010年代から事業化している。これは、中国内陸部などで“販売店がない地域に向けた考え方”が主体として始まったものだ。
中国の都市部においては、ヒョンデも実店舗を構えており、そこのオンライン販売の一部を採用すると言った形である。
日本でのオンライン“専業”は、ヒョンデとしても世界初となる。

オンライン販売専業化は必然?
KONA発表会見で、改めてヒョンデに「なぜ、日本ではオンライン販売専業」なのかを聞いてみた。
最も分かりやすいのは、「既存の販売店がないことで、新しいチャンレジができる」という点だ。
ヒョンデの主力市場である、北米、インド、韓国などでは販売会社での新車販売契約を取り付けて販売網を広げるという、自動車産業界としてみれば一般的な事業手法をとってきた。
そのため、オンライン販売を行うにしても、実店舗販売のサポート的な位置付けとせざるを得ない。
これは、日本でのボルボや、アメリカでの三菱などでも見られるような、リアルとオンラインでのハイブリッド販売方法となる。
それが、そもそも販売店がない日本でのヒョンデの場合、中途半端な考え方ではなく、思い切ってすべてオンライン販売にするという発想が生まれたのは、いま思えば当然の成り行きだったようにも感じる。
その上で、今回の記者会見の質疑応答で、筆者はヒョンデ・モビリティ・ジャパンの代表取締役社長、趙源祥(チョ・ウォンサン)氏に「昨年からの事業の振り返りと今後の事業戦略」について聞いた。
それに対して、趙社長は言葉を選びながらも、自身の言葉でしっかりと回答した。

目指すのは「マインドシェア」の拡大
趙源祥 社長を中心に開発陣が横並びに腰を掛け、報道陣の質問に答える。日本の自動車メーカーの発表会では考えられないリラックスした雰囲気が印象に残った。
2022年に日本に再参入して以来、「IONIQ 5」を中心とするこれまでの日本市場販売台数は、累計1000台弱であること。
また、KONAの販売台数規模の予測については明言を避けた。

その理由について「我々は単なるマーケットシェアを拡大するのではなく、ユーザーの皆さんのマインドシェアを広げていきたい」という説明をした。
趙社長がいうマインドシェアとは、新車のオンライン販売に対して、ヒョンデが風穴をあけるという意味である。
確かに、2010年代以降、スマートフォンの急速な発達によりオンライン販売に対する人々の心のハードルは一気に下がった。
また、中古車についてオンラインで検索して、実車を確認するといった買い方がかなり浸透してきたと言える。
だが、新車については、まだユーザーの心のハードルは高い。
そのため、試乗やアフターケアの拡充は必須だ。現在、ヒョンデは横浜など直営のカスターエクスペリエンスセンターと、48のアフターサービス拠点を設けており、今後も拠点数の拡充を目指す。
そして、メーカー直販の強みとして、3年間の車検・点検サポートを新車販売の標準付帯とする、アシュアランス・プログラムの重要性を強調した。
ヒョンデのオンライン販売の今後の動向を見守っていきたい。

でも、炎上するんですよね。
オンラインのみで販売ってことはいつでも撤退できるってことですし、全国で48点しかサービス拠点がないってのも致命的ではないでしょうか?
本当に販売する気があるのでしょうか?いまだ買う気になれない電気自動車
炎上しないでね。

そして被害者ぶる朝鮮学校、いまだ一条校という資格を取らないで学校を名乗っている私塾であり、拉致実行犯を匿った実績のある組織です。
公安監視下にある私塾がこんな被害者ブル発言を行っています。
「堂々と制服着られる社会に」 大阪朝鮮学校が文化祭公開
 朝鮮学校を広く知ってもらおうと、大阪朝鮮中高級学校(大阪府東大阪市)が26日、文化祭を公開し、多くの市民でにぎわった。公開授業や、生徒による伝統芸能、チマ・チョゴリのファッションショーなどが行われた。「昔のようにチマ・チョゴリの制服を堂々と着られる社会に戻ってほしい」と、差別根絶を願う声も聞かれた。
 仮面をかぶって踊る演劇「タルチュム」が披露されると、観客から大きな拍手が起きた。ファッションショーでは、豪華絢爛な婚礼用から、花柄の現代的なデザインまで、多彩なチマ・チョゴリを着た生徒らが登場。多くの歓声が飛んだ。高校2年の洪美来さんは「緊張したが、民族としての誇りを感じた」と話した。

悪さをしていないなら着ればいいのです。なんも後ろめたいことがなければ着ればいいのですよ。
誰も相手にしないだけであり、注目すら浴びないことでしょう。
でも、派手すぎて痛い人と思われるだけです。それに高校無償化を補助金をよこせという訴えをやっている厚かましい奴らってなだけでしょうね。
正々堂々とできない理由を自分たちで作っているだけにすぎません。
話はそれからです。

結局、朝鮮人は自分たちのことしか考えていないで終わったこともすぐに蒸し返す約束を守らないことが嫌われているのです。
だからこんな判決を出して日本からダメ出しをされているのですよ。
外務次官が韓国大使を呼び抗議 慰安婦訴訟支払い命令 上川陽子外相は是正措置要求
韓国の元慰安婦らが日本政府を相手取り損害賠償の支払いを求めた訴訟の控訴審判決で、ソウル高裁が原告側の請求全額の支払いを日本政府に命じたことを受け、外務省の岡野正敬事務次官は23日、韓国の尹徳敏(ユン・ドンミン)駐日大使を同省に呼び、抗議した。
岡野氏は「(主権国家は外国の裁判権に服さないとされる)国際法上の『主権免除』の原則の適用が否定され、原告の訴えを認める判決が出たことは極めて遺憾だ。日本政府として断じて受け入れられない」と強く抗議した。
上川陽子外相は23日に発表した談話で、判決について「国際法および日韓両国間の合意に明らかに反するものだ」と指摘。「韓国に対し、国家として自らの責任で直ちに国際法違反の状態を是正するために適切な措置を講ずることを強く求める」とした。
上川氏は日中韓外相会談に出席するため、25、26両日に韓国を訪問する予定だが、韓国の朴振(パク・チン)外相と個別に会談を行う場合は、是正措置を強く求めるとみられる。
日本政府は、慰安婦問題を含む日韓間の財産・請求権の問題は、昭和40(1965)年の日韓請求権・経済協力協定で解決済みとの立場だ。日韓両政府は平成27(2015)年12月の日韓合意で慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認している。

結局、約束を守らない、自分たちが不利な約束は知らない、自分達への不利益は認めないという国民性がそうさせるのでしょうね。
文化人ではありませんね。

このようなことをやっているから嫌われるのですよ。
それがいつまでたっても判らないのが困るところですね。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2023/12/02 06:00
コメント:

管理者のみに表示