fc2ブログ

不法入国、不法滞在は犯罪です。

霧氷の由布岳_2
先日の由布岳の一シーン
言葉にならないくらいに綺麗でしたね。
このきれいなお山を守りたいものです。
霧氷に青空のコラボレーション
秋の山にふさわしい光景でした。

さて、最近入国時の難民申請しないで観光客として入国し、そのご不法労働を行いまだまだ働きたいので難民申請をおこなう輩が増えています。
「日本は人権を尊重する国と思ったのに…」難民審査待たされ野宿3カ月 行き場をなくした外国人が増えている「日本は人権を尊重する国と思ったのに…」難民審査待たされ野宿3カ月 行き場をなくした外国人が増えている
 新型コロナウイルス禍の入国制限が緩和されて難民認定を申請する外国人が急増する中、申請中のアフリカ出身の外国人男性らが東京都内の公園で3カ月にわたり、集団で野宿生活を送っていた。難民認定の審査に時間がかかり就労ができない上、公的支援も得られず、行き場がなかったという。認定を巡っては認定率の低さだけでなく、こうした申請中の人たちが置かれている状況も深刻化している。(中村真暁)

◆食事は1日1食、発熱など体調不良も
 「私たちは難民です。日本は平和で安全な国だと思い、やってきました」
 11月6日夜、約20人が野宿していた閑静な住宅街の公園。記者が英語や翻訳アプリで話しかけると、男性たちは困り果てた様子でそう話した。
 紛争や反政府運動への弾圧が続く母国を逃れるため、それぞれ8月以降に別々に単独で来日したという。お互い知り合いでもない。難民認定申請したが滞在場所がないため、自然に公園に集まって助け合うようになったという。
 男性らによると、野宿生活の食事は1日1食。悪天候の日は眠れず、一晩中立って過ごしたという。高熱や頭痛など体に不調を来す人もおり、一人は「日本は人権を尊重する国と思っていた。こうなるとは思っていなかった。将来的には尊重され、自由な生活を送りたい」と漏らした。

◆審査中の「保護費」受給できても数カ月後
 男性たちの申請を支援した認定NPO法人「難民支援協会」は、増加する申請者について一時的な滞在場所を提供するなどしているが、追いついていない。
 公園の男性らには、別の支援団体が11月中旬に滞在場所を用意できた。だが、11月末現在で10人ほどの野宿が確認された。これほど野宿者が目立つのは過去にない状況という。
 申請する外国人は親族や知人らのつてがなく、手持ち資金も乏しいことが多い。外務省は審査中の人には生活費として「保護費」を支給するなどしているが、協会によると、受給には申請や審査で数カ月~半年ほどかかる。一時的な就労許可も、出入国在留管理庁の手続きは8カ月程度かかることが多い。
 難民申請者への保護費 生活に困窮する難民認定申請者への公的支援。外務省の委託でアジア福祉教育財団難民事業本部が運営する。原則初回申請者のみが対象で、1日の生活費として12歳以上に1600円、12歳未満に1200円、住宅費として単身世帯で家賃上限6万円を支給する。ほかに医療費も出る。生存権を保障する生活保護と比べると、東京都内単身者で支給額は3分の2程度。支給期間は原則4カ月。このほか、保護費申請者で必要性がある人には緊急宿泊施設を提供しており、2022年度は25人が利用した。

◆野宿者広がれば住民とあつれきも懸念
 協会は今後も申請者が減る兆しはないとみている。野宿者が広がれば地域住民とのあつれきも懸念される。協会広報部の田中志穂さんは「住民から不安の声を聞くこともある。知らない外国人に不安を抱くことは理解できるが、彼らが問題なのではない」と理解を求める。
 外務省人権人道課は「個別具体のことは、詳細に答えていない」としている。

◆とびぬけて低い難民認定率、それでも来日・申請増
 日本の難民認定率は22年で2%。欧米主要国に比べて著しく低いことが問題視されてきた。これに加え、認定審査中の人の処遇があらためて課題として浮かび上がる。
 「難民支援協会」によると、申請者が増えたのは入国制限が2022年秋に緩和されて以降で、観光ビザなどで来日している。要因として、世界各地で紛争が多発していることも影響しているとみられる。
 協会と名古屋、大阪の三つの支援団体が確認した今年の申請者は現在、少なくとも1万2000人。コロナ禍前の19年の約1万人をすでに超えた。支援協会には毎日、コロナ禍の6倍ほどとなる約30人が相談に訪れている。

◆難民条約加入しているのに制度が不十分
 難民制度に詳しい国士舘大の鈴木江理子教授(国際人口移動)は「日本は難民の権利を保障し保護する難民条約に加入している。認定審査を待つ申請者を支える必要があるが、そのための仕組みが全く整備されていない」と強調する。
 鈴木教授は(1)申請者の生活を支える保護費の支給制度は根拠法がない(2)支給されず、不服があっても異議申し立てができない(3)支給までに時間がかかる(4)支給水準が生活保護の基準となる最低生活費より低い—などの問題を列挙する。
 さらに申請者は一定期間は就労も認められないため、「公助も自助もない中で、市民団体などの共助が隙間を埋めてきたが、申請者の増加で限界を迎え、野宿せざるをえない人もいる」と指摘。「入国時から安定的な支援が得られれば、その後の自立の可能性は広がる。日本政府は難民条約締結国として、最低限の義務を果たすべきだ」と説く。

観光ビザなどで入国しているところで虚偽申請を行っています。入管法違反の犯罪者ですね。
査証が下りているということで反政府運動などには関与していません。普通に暮らせる人になります。
なので日本が受け入れていない経済難民ってことですね。ただの不法滞在の犯罪者です。

そしてこのように制度を悪用した人間が権利を欲しがっている人と日本の制度を破壊したがっている人が共謀する動きもあります。
来日32年、難民認定されないエリザベスさんに「在留特別許可を」茨城県牛久市議会で意見書可決
難民申請中のナイジェリア人、オブエザ・エリザベス・アルオリウォさん(55歳)に在留特別許可を求める意見書案が、エリザベスさんの住む茨城県牛久市議会で12月15日、賛成多数で可決された。
今後、牛久市議会として、法務省や出入国在留管理庁などに対して、在留特別許可を求める意見書を提出する。
市議会終了後の記者会見で、エリザベスさんは「今日は私の一番いい日」「いつも神さま、誰かが私を見つけてくれるようにとお祈りしている。きょうは本当にありがとうございます」と喜びを口にした。

●来日32年のエリザベスさんは「難民認定」されていない
エリザベスさんは1991年、女性器切除(FGM)の強制から逃れるために来日した。また、「ビアフラ」という地域の民族組織のメンバーであるため、もし仮にナイジェリアに強制送還された場合、逮捕や処刑されるおそれがあるという。
これまで2回にわたって難民申請しているが、いまだに認定されておらず、日常の暮らしが制限される「仮放免」という立場だ。しかし、牛久市にある東日本入国管理センターに収容されている外国人を支援する活動に身を捧げている。
今回の意見書可決の原動力となったのは、茨城県民の思いだった。エリザベスさんを取り上げたドキュメンタリー番組『エリザベス この世界に愛を』(ETV特集/2021年1月)を観た人たちが市民グループ「with Elizabeth」を立ち上げた。
今年春には2度も、在留特別許可を求めるネット署名(現在までに計約3万8000筆)を法務大臣宛に提出した。しかし、まったく動きがなかったため、今年10月に入って、エリザベスさんが住む牛久市を中心に署名(1247筆)を集めて、市議会に請願していた。
「with Elizabeth」の柳沢由実子さんは、記者会見で「私たちの請願が意見書として法務大臣と入管庁に届けられるということが、すごくうれしくて感激しています」と話していた。

不法滞在の外国人を雇うことは不法であり、犯罪です。
32年間も何をして生活していたのでしょうか?不法就労して生活費を稼いでいたとしか考えられません。
32年の生活実績があって審査をしていて難民申請が下りないってことは難民ではないってことでしょう。
自国での活動実績がない政治難民なんて認められるわけがありません。

このような犯罪者が増えると治安が悪化しているのです。
一刻も早く犯罪者は強制送還させましょう。
北関東各所に日本人お断りの「闇スポット」が乱立中!? 薬物乱用が横行するも摘発されず
レッド、イエロー、パープル。明滅する色とりどりのレーザーライトがフロアを妖しく照らし出す。フロアの中央にある電飾で彩られたお立ち台では、ビキニ姿の若い女性が激しく腰を揺らす。激しいダンスミュージックのリズムに合わせて団子状態で抱き合い、踊る男女は恍惚の表情を浮かべていた――。
筆者が入手した動画に映し出されていたのは、北関東の某所にあるクラブの店内の様子である。一見、乱痴気騒ぎに興じる「クラバ-」たちの日常を映しただけのようにも映るが...。動画を撮影した男性がこう声を潜める。
「実はこのクラブ、地元では有名な『クスリ箱』なんです。いわゆる違法薬物が黙認されているクラブってこと。しかも、集まるのは日本人じゃない。客のほとんどはベトナム人たち。技能実習生や留学生として日本にやってきた若者が羽目を外す場所なんです」
男性は、ベトナムやインドネシアなど、おもにASEAN諸国からやってくる外国人労働者と、人手不足にあえぐ建設会社や農家などをつなげるNPO団体の代表として活動している。そうした「表」の顔とは別に、技能実習の現場から逃げ出して不法滞在となっている外国人に仕事を斡旋する「裏」の顔も併せ持つこの男性が、「面白い場所がある」と連れて行かれたのが件の「ベトナム人オンリー」のクラブなのだという。

■警察も存在を把握せず?
「彼らの多くが手を出しているのがコカインです。いま、ベトナム人の間ではコカインが大流行していて、このクラブ内でも闇取引されているんです。人の目などお構いなしで、目の前でキメているやつもいた。摘発の心配はないのかって? そんな心配をしていそうなヤツはいませんでしたね。そもそも当局側は、ベトナム人ばかりが集まるこんなクラブがあること自体把握していない。まさに治外法権ですよ」(前出の男性)
男性は取引のある建設会社の社長に連れられてクラブに足を踏み入れた。
ベトナム人コミュニティーに深く入り込んでいるこの社長の案内がなければ「入ることはできなかったはずだ」と男性は振り返る。
駅前の繁華街を抜け、車の通りもまばらな国道沿いを20分ほど走った場所に、ポツンと、クラブが入居する古びたビルが建っていたという。
「1階にはベトナム料理店があり、地下1階がクラブになっていました。でも、看板も出しいないしバーとして営業しているから、通りから見てもクラブがあるなんてわからないはずです。入場料は1000円。メニュー表も何もかもベトナム語で書かれていて、ベトナム人以外は容易に立ち入れない雰囲気です」(同)
まるで異国に迷い込んだかのような感覚に陥った、と男性は証言した。
ただ、こうした光景は珍しいものではない。いま、北関東の各所にこうしたベトナム人向けの「裏スポット」が次々と出現しているのだという。前出の男性は内情を打ち明ける。
技能実習生としてやってくるベトナム人たちの働き先が多いのが北関東。企業の工場や農家など彼らの受け入れ先が集中しているからです。ただ、ベトナム人を集める雇用主の多くは、彼らを安い労働力としかみなしていないのが実情です。雀の涙の賃金で、こき使われて勤務先から逃げ出す技能実習生も後を絶たない。
行き場のなくなった彼らは同胞のコミュニティーを頼り、法務当局の監視の目から逃れて暮らしている。鬱憤を抱えた彼らが憂さ晴らしの場を求め、北関東のあちこちに自分たちのテリトリーをつくっているのです」(同)
出入国在留管理庁が公表している統計によると、2022年12月末時点で日本の在留外国人数は307万5213人。このうち、76万1563人でトップの中国人に次いで多いのが、48万9312人が暮らすベトナム人とされる。
さらに、厚生労働省がまとめている「外国人雇用状況」の統計では、2022年10月末時点でベトナム人労働者の数は46万2384人に達しており、国別ではトップだ。外国人労働者全体の25.4%を占めるという彼らのコミュニティーが日本各地に形成されているというのは、自然な流れである。
都内では、上野にほど近い湯島にベトナム人向けのガールズバーやベトナム料理店、クラブが乱立し、さながら「ベトナム人街」の様相を呈しつつあるというが、こうした流れは今後もさらに加速していきそうだ。

このような存在が治安の悪化を招いているってことです。
それが判っていないのでしょうか?安い労働力を求めている企業はもっと人にお金をかける必要があることを認識してもらいたいものですね。

日本で稼ぎたいなら一生懸命働いていけばいいのですよ。日本が嫌いなら変えればいいのですよ。
それを差別だなんだといってよいこと取りするから嫌われるのです。
ビートきよしが‟密入国デマ被害”のアンミカに苦言「嫌なら帰ってください」発言のワケ
 タレントのアンミカに密入国疑惑が浮上し、世間を騒がせている。事の発端は、ネットアイドルとしても活動していた東京都・港区議会議員の新藤加菜氏が12月8日にポストしたX。新藤氏はアンミカが出演したカップ麺の公式CM動画を引用し、「密入国者をCMに使う企業は許されて…」などと批判的な意見を投稿。《密入国者とするべき根拠を示すべき》といった反論が殺到し、当該ポストは削除されたが、同12日更新のXで「木製の小舟でどうやって入国審査を受けるのだろうか」「密入国だと信じるに足りる表現をTBSはされていたと思います」と意味深なコメントを残した。
 新藤氏が12日のXで指したと思われるのは、2017年の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS)で放送されたアンミカの半生を辿る特集。アンミカは韓国出身で、4歳の頃、家族で日本に移住。このときの再現VTRでアンミカの家族らが小舟に乗って日本へ向かうシーンがあり、これが密入国説の要因になったと見られている。再現VTRではアンミカ一家が「見ろ、日本だぞ!」と身を寄せ合うシーンがあり、その緊迫感から密入国を連想させたのかもしれない。
 密入国疑惑については、アンミカは23年11月下旬、スレッズで「密入国したって、本当ですか」という一般ユーザーからの質問に「そんなわけないじゃないですか。この噂はどこからきたのか私も不思議でなりません!!」と完全否定している。
 密入国説は大きな誤解だったが、ツイッター速報が12月11日に更新した「アンミカさん、『密入国』というネットの噂を明確に否定」とのポストに、お笑いタレントのビートきよしが「何入国だとしても世界の恥と泣きながら訴えるくらい嫌なら帰ってください」と反応した。
「きよしが指したのは18年、アンミカの情報番組での発言と思われます。同年、自民党の杉田水脈衆院議員が月刊誌に〝LGBTのカップルは生産性がない〟などと記したことについて、アンミカは『オリンピックの代表の方々もカミングアウトして堂々と戦っているアスリートがいる中で、日本は世界の恥です。これが表に出ること自体、すごい傷つきました』などと涙ながらにコメントしました。日本を愛してこその発言でしたが、きよしは前述のポストに続けて『良くないなって所があったとしても僕は日本は世界の恥だとは全く思いません』『ほんの一面見て世界の恥と言い切るならそんな恥ずかしい国にいないで世界に誇れる自分の国に帰ればいいんです』と持論を展開しました」(芸能記者)
 アンミカもきよしも、日本を思っていることは間違いない。

日本が嫌いなのに日本にたかる朝鮮人気質が嫌われる理由の一つなのでしょうね。
だから嫌われるのですよ。

嫌われるして嫌われる不法入国している犯罪者たち、虚偽申請は犯罪であることを知らないのでしょうか?
そんな人たちに日本の税金を渡すわけには行きません。日本は日本を守る義務があり、その責任があるのです。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2023/12/19 06:00
コメント:
No title
>日本が嫌いなら変えれば

帰ればの誤変換ですよね。
変えられると大変なことになってしまいます。
現に日本を変えようとする外人ばかりで困りものです。

管理者のみに表示