fc2ブログ

我が国の食文化を楽しみましょう

赤星
我が国の食文化は米と共に育んできました。
そしてそれはお酒も一緒なのです。
現在の日本酒製造は江戸時代に花開いたといわれており、あの済んだ色は偶然の産物と言われています。
まあ、江戸のお酒は金魚が泳げたそうですが(笑)

さて、そのような日本の酒文化、木工とも相性がよろしいようですね。
日本酒の新酒楽しむ「蔵開き」 木工体験も 富士河口湖町
この時期ならではの日本酒の新酒を楽しんでもらおうと、週末の2日間、富士河口湖町の酒蔵で蔵開きが行われ、地元の人や観光客などでにぎわいました。
富士河口湖町にある酒蔵は、例年、この時期に一般の来場者を招いて新酒をふるまう蔵開きを迎え、ことしも18日までの2日間、行われました。
会場では、訪れた人たちが搾りたての純米吟醸酒のフレッシュな味わいを楽しんだほか、杜氏が蔵の中を案内して酒造りの方法を紹介する催しや、酒かすの詰め放題といったイベントも行われました。
近くに住む50代の男性は「近所の仲間と集まる恒例行事になっています。新型コロナの影響で減っていたお客さんが戻ってきた様子で、わくわくしています」と話していました。
会場ではこのほか、地元の木工作家、青木卓也さんによるキーホルダー作りの体験コーナーも設けられました。
使われている木材は、去年、富士山麓の大室山でナラ枯れのため伐採された、樹齢数百年とみられるミズナラで、自然の大切さを感じてもらおうと企画されました。
参加した人たちは、手のひらサイズの木材の角を紙やすりで丸くしてから、木の表面を焦がすペン型の器具で思い思いに絵や模様などを描いて、オリジナルのキーホルダーを完成させていました。
夫と一緒に体験に参加した鳴沢村の60代の女性は「貴重な木で作らせていただいて、よかったです。大切にしたいと思います」と話していました。
酒蔵「井出醸造店」の井出與五右衞門社長は「できたてのおいしいお酒とさまざまな食事のマッチングを大勢の方に楽しんでいただけてありがたいです。コロナ禍を経て、人と人とのつながりの大切さを改めて感じるひとときにしてもらえればと思います」と話していました。

日本酒は新酒からひやおろしまで四季浦々楽しめることで有名ですね。
それを仲間と共にいただけるってのは良いことだと思いませんか?
美味しいお酒に四季の旬をいただくのが最高なのです。

そんな食文化に水を差す差別主義者の集団がこんなことを言い出しています。
「世界の酒税は低すぎ」、WHOが増税と全酒類への課税求める
[ロンドン 5日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は5日、世界の政府に対し、酒税引き上げと、一部欧州諸国で免税扱いとなっているワインなどの商品に対する課税を求めた。砂糖入り飲料の税率も引き上げるべきとした。
WHOは、世界で毎年260万人が飲酒が原因で、800万人が不健康な食生活が原因で死亡していると指摘。健康推進部門担当者は、こうした商品に対する増税により健康が促進されるほか、アルコールに関しては暴力や交通事故の抑制にもつながると述べた。
また、WHOはこの日、たばこ、砂糖入り飲料、アルコールを対象とする「課税マニュアル」を公表した。
大半の酒税は「低水準で、好ましい設計になっていない」と指摘。特に、ワインは欧州を中心に22カ国で免税対象だとし、各国政府に主税引き上げと全品目への課税を求めた。
酒類の業界団体は、増税は売上高と税収の減少につながるほか、一部企業には死活問題だと訴えている。

どうも水より安いワインが問題視されているようですね。
普通に飲める水を提供でいてないWHOが恥じるべきことで合って酒税を揚げるってのは間違っていると思いますよ。

お酒が飲める量は人それぞれ基準を作ったところで意味がありません。
美味しく楽しめる余裕がない人がいるってのが問題であり、基準は必要ありません。
国の飲酒基準に居酒屋は「お通しでほぼ終わり」の懸念 ノンアル開発強化で適正飲酒開拓も
飲酒に伴うリスクを周知し健康障害を防ぐため、厚生労働省は初の指針「健康に配慮した飲酒に関するガイドライン」が19日に公表された。リスクを高める1日当たりの飲酒量の例示で、男性はビールの中瓶2本、女性は1本と酒好きにはやや厳しめの設定だ。飲食店からは利用客の飲み控えを懸念する声が上がる一方、ビール業界はノンアルコール飲料の開発など今後を見据えた取り組みを強化している。

女性はロング缶1本
「ガイドラインで示された基準の飲酒量は、人によってはお通しの段階で、ほぼ終わっちゃう。消費量に極端な影響が出なければいいけど…」
東京都文京区の居酒屋経営者は、指針に理解を示しつつも需要減につながることを心配する。
指針では、アルコール量を飲酒量に換算した1日当たりの基準量が、男性の半分となる女性で見ると、アルコール度数5%のビールでロング缶1本だ。12%のグラスワインとなれば2杯で〝超過〟する。

適正飲酒は世界の流れ
国内では少子高齢化や若者のアルコール離れが進み、出荷量や成人1人当たりの消費量などが減少傾向にある。飲食や酒類などの業界にとって厳しい状況にある上、欧米をはじめ適正な飲酒に向けた取り組みは世界的な流れになりつつある。
キリンホールディングス(HD)の磯崎功典社長は「(欧米に比べ)今まで日本は寛大だった」とし、今後も指針の内容は今以上に厳しくなっていくと予測。同社が掲げる社会課題の解決を重視した経営の「一丁目一番地にあるのがアルコール問題」と述べ、対応強化を進める考えを示した。
サントリーHDの新浪剛史社長も、ノンアルコールや低い度数の商品など、消費者に選択肢を提供していることを強調。適正飲酒を呼びかけるのは「企業の社会的責任」と訴えた。(福田涼太郎)

肉体的なことを考えればお酒を控えたほうがよいのは判っています。
しかしながら精神的なことを考えれば適量を飲んでリラックスするのも必要なこと
毎日吞んでいる私が言うのもなんですが、適量を守れば問題ないでしょうね。

朝鮮系と手を組んでいるといわれているサントリーはこんなことを言い出しています。
ストロング系酎ハイ撤退の動き活発化 ガイドライン公表で対応迫られるキリンとサントリー
厚生労働省がビールロング缶1本のアルコール摂取でも大腸がんの発症リスクが高まるなどとするガイドラインを19日発表したことで、ビール各社が「ストロング系」と呼ばれる低価格で酔いやすい高アルコール酎ハイの販売から撤退する動きが活発化しそうだ。今年に入りアサヒビールとサッポロビールがアルコール度数8%以上の缶酎ハイの新商品を販売しない方針を示しており、キリンビールも今後のストロング系の販売方針について検討を始めた。サントリーの対応にも注目が集まる。
「安く酔える」を売りに、コスパやタイパを訴求したストロング系酎ハイは2010年前後から需要が拡大してきた。しかし、近年は健康志向の高まりや、飲めるけれど、あえてお酒を飲まない生き方「ソバーキュリアス」の若者への浸透などもあり、ストロング系の市場は徐々に縮小。調査会社インテージによると、20年に約1776億円だった販売額は23年に約1365億円にまで減少した。
市場縮小を踏まえ、アサヒは20年末に79品目あったストロング系商品を、現在は1商品に絞り込んでいる。18年にはストロング系を最大20商品展開していたサッポロも現在販売するのは1商品のみだ。
一方で、サントリーは「―(マイナス)196℃」、キリンは「氷結」のブランドでストロング系で強い販売力を持つ。23年の缶酎ハイやハイボールの国内販売額のうち、度数9%台のストロング系は23・7%を占めており、「そのうちのほとんどをサントリーとキリンの2社が握っている」(ビール大手関係者)とされる。そのため、「この2社は強みのあるストロング系の撤退には慎重姿勢を示している」(同)という。
アサヒは低アルコール化の流れをビールにも波及させており、昨年10月には主力ブランドの「スーパードライ」で、度数が3・5%(通常の度数は5%)と低い新商品「ドライクリスタル」を発売している。他のビール各社は低アルコールビール市場形成の成否を見極める試金石として、ドライクリスタルの販売動向に注目しているとみられる。ドライクリスタルについて、アサヒは「売れ行きは堅調」と説明している。厚労省が公表したガイドラインを追い風に販売拡大を期待する向きもありそうだ。

お酒を楽しむ余裕が必要でしょうね。若者はそこまでの余裕がないってことでしょう。
美味しく楽しんでもらいたいものです。

お酒と犯罪はつきものです。
お酒を楽しむ余裕がない人が良い鯛というだけで呑んでいるのが問題なのですよ。
楽しんでいきましょう。
(ブラッキー)
”ブルーリボン拡散運動”

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2024/02/22 06:00
コメント:

管理者のみに表示