仁徳天皇陵について

少し話題となっておりますが、
その話題に関連して仁徳天皇陵についておさらいしたいと思います。

宮内庁ではこのように記載されています。
仁徳天皇陵

仁徳天皇陵は第十六代天皇で在らせられます仁徳天皇のお墓になります。
仁徳天皇のお人柄にはこのような話が残っています。

仁徳天皇のお住まいになられていました難波高津宮は屋根も葺(ふ)き直さず、色も塗らず、垂木や柱に飾り気のない質素な建築だったという。
仁徳天皇はこう考えていた。
「民は耕作や機織りで忙しい。民を余分な宮殿造りに徴集しなければ、自然に富裕するというものだ」
ところが、三年たっても民は一向に富裕しなかった。
 飯時に高殿から都を眺めても、人家から飯を炊く煙が上がっていなかった。
「これはどういうことだ?民は飯時に炊く米もないほど困窮しているというのか?都でさえこんな状態ということは、地方はもっとひどいであろう」
 平群氏の祖・近臣の平群木莵(へぐりのつく)が言った。
「近年、日照りや水害が続き、穀物が実らないのです。それさえ収まれば富裕するかと」
「そうとはいえ、民が苦しんでいるのを見て見ぬふりはできぬ。朝廷の食糧はどれほど蓄えがあるか?」
「常時三年分は備えておりますが」
「緊急時だ。それを使うしかあるまい」
「施されるので?」
「いや。それは朝廷で使い、民の負担を軽くする」
「つまり、減税ということで?」
「そうではない。これより三年間、すべての税を免除する。租税も労役も皆無だ」
「皆無!それも三年間も……」
 木莵は驚いたが、反対はしなかった。

このようにして三年後には各々の家から炊事の煙が昇ったといわれております。
無題

さて、このように皆から尊敬されていましT仁徳天皇のお墓である御陵に対してものすごい発言をした人間がおります。
維新の会の幹事長 松井です。
世界遺産へ「仁徳陵に電飾を」…維新・松井氏
 大阪維新の会の松井幹事長(府知事)は5日、堺市長選(29日投開票)を前に同市で開いた集会で、世界文化遺産登録へのアピール策として、百舌鳥もず・古市古墳群の仁徳天皇陵古墳にふれ、「宮内庁がどう言うかはあるけどイルミネーションで飾ってみよう、中を見学できるようにしようと色んなアイデアを出して初めて指定される」と述べた。
 宮内庁が陵墓に指定・管理する古墳は尊厳を保つ目的で、原則、立ち入りが禁止されている。
 集会は、橋下代表(大阪市長)や、堺市長選への立候補を表明している西林克敏氏らが市民に大阪都構想などの政策を説明する「タウンミーティング」。松井幹事長は、都構想に反対し、再選を目指す現職の竹山修身市長が、府と大阪市で進めるイルミネーション事業に参加しないことを批判した上で、仁徳天皇陵古墳を取り上げた。

なにをどのように考えればこのような発言が出来るのでしょうか?
やるのであればまずはご自分のお墓、家、事務所を飾って周りの人間の目を見てもらえませんか?
少なくとも正常な人間の考えではありません。
そのようの人間が大阪の知事になっていることは悲しむべきことです。
人間の感情を逆なでするようなこと、人として受け入れられないことがあるという常識を覚えてほしいです。
御陵は観光資源ですか?違います。安らかなる眠りについていただくための家です。
私にはこのような発言は理解不能です。
仁徳天皇陵を世界遺産にする必要がありますか?
世界遺産にしてなんになりますか?日本ではお墓をそのように扱い人間はいるとは思えません。
お墓を暴き見世物にする、これは親族からすれば好い気はしません。
ましては第十六代天皇陛下のお墓です。
先祖をたどっていけば天皇陛下の家系にたどり着くといわれている日本人の考えとは思えません。
このような浅はかな考えをもって人間が責任者となっている維新の会は今回の選挙は負けるのではないでしょうか?
もし勝つとすれば、維新の会の候補者を自民党が支持したときでしょうね。
橋下も馬鹿だが松井も馬鹿だったということですね。
西村信吾先生がいない維新の会に平沼さんや中山夫婦、三宅さんはどのようにみているのでしょうか?
寧ろ、西村さんがいなかったので松井が調子こいてこのような発言をしたのかもしれませんね。

今回、維新の会は選挙に負けることでしょう。
所詮、橋下独裁でしたね、確かな野党はどこに行ったのでしょうか?
憂鬱になります。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2013/09/13 06:00
コメント:

管理者のみに表示