いらないことをする菅直人

菅直人が台湾での反原発運動の講演会に出席して講演する話を台湾政府が拒否したことは有名ですね。
その後、懲りもせずに外国に行き反日講演を行いました。

その場所は菅直人の隠し子がいると言われている韓国です。
菅直人元首相、韓国TV局の福島原発特集に出演し衝撃告白
 韓国SBS放送が15日に放送した福島第1原発事故の特集番組に菅直人元首相が特別出演し、事故当時、東京電力から十分な報告がなかったことなどを告白した。韓国のメディアは、「元首相が驚くべき真実を告白した」、「信じられぬ日本」などと伝えた。
 特集は「死の襲撃者-福島発放射能の恐怖-」と題し、事故から2年6カ月が経った福島原発の現状や、原発をめぐる今後の課題について取り上げた。日本が直面する汚染水問題、水産物への影響、韓国原発のずさんな管理態勢などを、関係者の話を交えながら紹介した。
 菅氏は、原発事故が起きた当時の首相として出演した。「残念ながら現場の原子炉がどのような状況になっているのか、正確な情報がなかなか伝わってきませんでした」などとインタビューに答え、東京電力への不信感をあらわにした。
 番組は、東電が最近になり汚染水漏れを公表したことや、健康被害は出ていないとする日本政府の発表などを挙げ、政府や東電は事実の隠ぺいに血眼になっていると指摘した。安全だとして日本から韓国に輸入された1万4000トン(2013年)の水産物も、日本への不信感から韓国国民は警戒感を示しているという。
 実際、韓国では今年に入ってから放射能への恐怖が限界にまで達し、SNS上では根拠のない「放射能怪談」が拡散。韓国政府が「流布者を処罰する」と発表する事態にまで発展した。
 韓国メディアは、SBS特集の内容を紹介しながら、「日本は信用できない内容を発表しておきながら、韓国には輸入禁止撤回を要求している」とし、「韓国よりもはるかに厳しい輸入規制を設けている中国に対しては何の要求もしていない。ロシアにも台湾にも沈黙している」と日本の対応を非難。「韓国に対してだけ世界貿易機関(WTO)への提訴をちらつかせるなど圧迫している」と主張した。(編集担当:新川悠)(イメージ写真提123RF)

当時、東日本大震災における最高責任者であった菅直人、しかし責任を負うつもりがなかったことは有名です。
原子力発電は非常用電源が損失したからあのようになったと言われていますが、その電源車を用意に回収したのは菅直人でしたね。
菅首相が介入、原発事故の混乱拡大…民間事故調
 東京電力福島第一原発事故に関する独立検証委員会(民間事故調、委員長=北沢宏一・前科学技術振興機構理事長)は27日、菅前首相ら政府首脳による現場への介入が、無用の混乱と危険の拡大を招いた可能性があるとする報告書を公表した。
 報告書によると、同原発が津波で電源を喪失したとの連絡を受けた官邸は昨年3月11日夜、まず電源車四十数台を手配したが、菅前首相は到着状況などを自ら管理し、秘書官が「警察にやらせますから」と述べても、取り合わなかった。 バッテリーが必要と判明した際も、自ら携帯電話で担当者に連絡し、「必要なバッテリーの大きさは? 縦横何メートル?」と問うた。その場に同席した1人はヒアリングで「首相がそんな細かいことを聞くのは、国としてどうなのかとゾッとした」と証言したという。
 翌12日朝、菅氏は周囲の反対に耳を貸さず、同原発の視察を強行。この際、同原発の吉田昌郎前所長(57)が東電本店とのテレビ会議で、「私が総理の対応をしてどうなるんですか」と難色を示す場面を目撃した原子力安全・保安院職員もいたという。
 報告書は、官邸の対応を「専門知識・経験を欠いた少数の政治家が中心となり、場当たり的な対応を続けた」と総括し、特に菅氏の行動について、「政府トップが現場対応に介入することに伴うリスクについては、重い教訓として共有されるべきだ」と結論付けた。

責任を取らない責任者にも恐れ入りますが、素人が素人考えで突発的に現場に支持するのは得策ではないことは現場を知っている人間からしたら当然です。
あまりコロコロ指示を変えると現場が混乱します。
そして、指示したことは後で確認できるように文章で残すことが当たり前になります。
旧大日本帝国であっても、現日本国であっても基本は同じです。
文章が残っていない=指示は存在しないというのが当たり前なのです。
が、民主党政権は議事録を残さないという謀略を行いました。これは後後の世にも重大な禍根を残す可能性があります。

さて、菅直人の震災における発言ですが下記のような話らしいです。
▽菅氏の主な発言
 東京電力が記録していた昨年3月15日未明の菅直人首相(当時)の主な発言は以下の通り。
・被害が甚大だ。このままでは日本国滅亡だ
・撤退などあり得ない。命懸けでやれ
・情報が遅い、不正確、誤っている
・撤退したら東電は百パーセントつぶれる。逃げてみたって逃げ切れないぞ
・60になる幹部連中は現地に行って死んだっていいんだ。俺も行く
・社長、会長も覚悟を決めてやれ
・なんでこんなに大勢いるんだ。大事なことは5、6人で決めるものだ。ふざけてるんじゃない
・原子炉のことを本当に分かっているのは誰だ。何でこんなことになるんだ。本当に分かっているのか

で、自らの責任はどこに行ったのでしょうね。はっきり言ってこのような発言は発破かける以外に意味はありません。
現場が混乱しているのであれば自ら冷静になって自体を収めることが求められます。
しかし、菅直人は現場を混乱させただけでした。
しかも、自ら引き起こした問題を自民党の責任にすることで自分は悪くないと言い張るつもりのようです。

今回の原因は東日本大震災にあったとされますが、それを収束せずに放置していたのは菅直人率いる民主党政権であったことは皆さん忘れてはならないと思います。
自民党政権であったならば回避できたか否かはわかりません。
しかし、確実に民主党政権下で悪化したことは言うまでもないと思います。
最近、元民主党が新しい政党を設立して脱民主党を考えている地方議員の会が多数あります。
岩手県に至っては三つに分裂したようにみえても協力しているそうです。
皆さん、隠れ民主に騙されては逝けません。
きちんとその人の政策を考え、思想を聞ききちんと政治家を選んでいきましょう。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
| コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2013/09/23 06:00
コメント:

管理者のみに表示