「震災支援、日本人は忘れていません」

先日、台湾にて強化チームによる野球の試合があったことが覚えていらっしゃいますか?

日本が台湾への感謝を表す横断幕=「泣きそうになった」「必要なのは人間性」―中国版ツイッター
2013年11月12日、台湾台北で先日行われた野球の日本代表と台湾代表の試合で、日本代表チームが台湾の人々へ向けて東日本大震災の義援金に感謝を表す横断幕を掲げたことが、ネット上で話題となっている。
bbl13111108120001-p1.jpg
横断幕には中国語で「東日本大震災の時の援助を、日本は永遠に忘れません。私たちは心から台湾人民に感謝しています」と書かれていた。
このニュースに「中国版ツイッター」と呼ばれる簡易投稿サイトには多くのコメントが寄せられた。以下、寄せられたコメントの一部。
「これぞ小日本(※日本の蔑称)のやり口だ」
「中国の援助にはなぜ触れないのだ?」
「日本人は口では何とでも言う。信じてはいけない」
「心温まる話だ」
「人と人の愛は政治的な対立を超える」
「恩を知るというのは何よりも大切なこと」
「泣きそうになった。受けた恩を忘れない人は、人を感動させる」
「われわれ普通の国民にとっては恨みなど必要ない。必要なのはこのような人間性」
「中国政府はもともと恩知らず。日本が中国に行った経済援助なんて考えもせず、国民に復しゅう感情を植え付けている」
「日本、頑張れ!きっと復興の!」


日本人は感謝を忘れていません。
試合では全力で戦い台湾チームに対し3連勝を飾っています。
そして試合終了後台湾の観客に向けて小久保監督以下、日本の選手やコーチらが、グラウンドで横断幕を掲げました。 横断幕には、中国語で「東日本大震災の時に支援をしてくれたことを日本人は忘れていません。ありがとうございました」と感謝のメッセージがつづられ、詰め掛けた台湾のファンに、お礼の気持ちを伝えたそうです。

台湾から受け取った200億もの義援金に対するスポーツマンシップによる爽やかな返礼です。
去年は公立高校として初めて修学旅行を台湾で行った学校がありました。
台湾旅行で「日本人の誇り」 海外雄飛へ国際感覚磨く 熊本・大津高校
 熊本県立大津高校(緒方一夫校長)は平成23年、熊本県内の公立高校として初めて、修学旅行先に台湾を選んだ。反日意識が強い中国や韓国へ行く高校が全国に数多くある中、異論もあったが、当時の校長と教員、PTAが努力し、日本と関係が深い台湾への修学旅行を実現した。この取り組みは、日台の草の根交流につながっている。
 23年、当時校長だった白濱裕氏は、生徒の内向き志向を懸念していた。若者が世界を目の当たりにする機会をつくろうと、これまでスキーだった修学旅行先を海外に見直すことにした。ことさら“戦争犯罪”を強調し、生徒にまで謝罪を求めるような中国、韓国よりは、友好的な台湾がふさわしいと考えた。 県内の公立高校では台湾だけでなく海外への修学旅行は前例がなかった。一部の保護者から安全面などを心配する声も上がったが、白濱氏が説得を続け、賛同の輪が広がった。
 生徒も一念発起した。渡航前に中国語の特訓を受け、台湾のこと、台湾の近代化に貢献した日本の先人について学んだ。
 「初めて自分が日本人であることを自覚した」「日本の良さを知り、日本人としての誇りを持てた」
 生徒の感想からは、修学旅行の成果が読み取れる。
 修学旅行は双方向の親善にもつながっている。
 大津高校は修学旅行で台湾・新北市立海山高級中学を訪れ、交流している。この海山高級中学の生徒67人が今月8日、修学旅行として大津高校を訪れた。大津高校の生徒は英語や中国語を駆使し、くまモンと一緒に歓迎した。
 大津高校に後押しされるように、行政も台湾との交流に歩み出した。
 9月9日、蒲島郁夫知事と熊本市の幸山政史市長が台湾・高雄市を訪れ、国際交流促進覚書を締結した。今後、熊本-台湾定期航空便も視野に入れるという。
 昨年3月に校長を退任した白濱氏は、こう語った。
 「生徒には台湾への修学旅行をきっかけに日本人としての誇りと自覚を抱き、グローバルな視点を持って羽ばたいてほしい」


ことさら韓国への修学旅行を行い続ける日教組の職員に対して素晴らしい考えの先生達です。
油が合わなかった時の台湾料理は少しきついものがありますが、それでも素晴らしい体験をしてきたのではないでしょうか?高雄は昔から原住民により栄えてきた街です。
すぐ近くの台南には飛虎将軍廟があり、今でも称えられています。

皆さんも一度台湾の地に訪れてみては如何でしょうか?
歓迎されること間違いがありません。
(ブラッキー)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
歴史 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2013/11/18 06:00
コメント:

管理者のみに表示